08_px3505B15D
Pocket

 

2016年2月8日にJALとANAで国際線運賃に上乗せしている燃油サーチャージが2016年4月からゼロにするという発表がありましたね。

 

原油価格が下落しているのが大きな理由で、実に6年半ぶりだそうです。

今まで、海外旅行に行く場合に必要だった費用がゼロになるわけなので海外旅行者が減少している中、持ち直すきっかけになりそうですね。

 

そんな海外旅行者にとって朗報なニュースがあったので、JAL愛用者やJALカード検討中の方に、よりJALマイルが貯めやすくなるカード、おすすめのポイントやJALマイルの効果的な使い方などをご紹介します。

 

 

JALカードとは

cf_r_visa

 

JALカードはJALマイレージバンク(JMB)のマイル積算に加え、ショッピング時の利用やJAL提携店などで利用するとお得にマイルが貯めれるクレジットカードです。貯めたマイルは国内・国際線の特典航空券として利用できたり、提携ホテルの宿泊代として利用できたりさまざまなシーンで利用することができます。

JALカードステータス情報

ここではJALカードの年会費、還元率、入会キャンペーン情報などJALカードの情報を簡単にまとめました。

年会費

本人:2000円+税(初年度年会費無料)

家族:1000円+税

ショッピングマイル・プレミアム:3000円+税(通常200円=1マイルが100円=1マイルになります)

還元率

通常:0.5%(200円利用で1マイル)

ショッピングマイル・プレミアム加入:1%(100円利用で1マイル)

入会審査

18歳以上(高校生を除く)の日本に生活基盤のある方で日本国内でのお支払いが可能な方

 

基本的に入会資格が18歳以上ということなので、高卒で就職してる方や毎月定期的に出勤してる派遣社員の方も申込むことができることから、比較的審査が通りやすいクレジットカードですね。

主な特徴

ボーナスマイル

入会搭乗ボーナス:1000マイル

毎年初回搭乗ボーナス:1000マイル

搭乗ごとのボーナス:フライトマイルの10%プラス

 

付帯保険

海外旅行・国内旅行時の傷害保険:最高1000万円(自動付帯)

救援者費用(年間限度額):100万円 海外旅行時

 

JAL/JTAの機内販売が10%割引

JAL/JTA機内販売商品*、JAL SHOP機内販売オンラインストアの商品をJALカードでお支払いいただくと、お支払い金額の10%を割引いたします。さらに、JALカード特約店特約店なので、ショッピングマイルも2倍たまります。 また、国際線では「国際線機内販売マイル」もたまります。

 

ミニマイル特典

pic_minimile_008Y15

 

JALマイルには最低600マイル~7000マイルまでお得な商品や提携先のクーポンと交換できるミニマイル特典があります。せっかく貯めたマイルの有効期限が近くなり無駄なく有効的にマイルを使えるサービスです。

 

交換できる商品は600マイルで交換できるJALの卓上カレンダーをはじめ、2000マイルで交換できるファイテンストアやルクーゼのクーポン、7000マイルではUSJの1デーパスポートなどにも交換可能です。最近では大阪のレゴランドの入場券とも交換できるようです。マイルの価値を円で計算すると還元率は低くなりますが、マイルを消滅させることと比べたら使い道が多い分お得に感じますよね!

お得なマイル活用術

20150909081429

 

JALでは数ある特典の中でもポイント交換率が高く便利な e JALポイントというサービスがあります。e JALポイントとはJALホームページでの航空券・ツアー購入代金の一部または国際便の特典航空券を利用する際にかかる税金や燃油サーチャージのお支払いにご利用いただけるポイントです。

 

ANAにも同じようなサービスでANA SKY コインというサービスがあります、こちらは会員ステイタス/ANAカード種類によってポイント還元率が変動する仕組みとなっており、還元率は1-9999マイルまで1%で会員ステイタス者になると50000マイル~交換すると最大1.7%の還元率となります。ただ、ANAカードも所有していないANAマイレージクラブの会員の場合は最大で1.2%となるため還元率はさほどよくはありません。

 

一方、e JALポイントの交換率はかなり高く、10000マイル▶▶▶15000e JALポイントとなり還元率が1.5%となり1マイル2円計算と言われているマイルの価値と比べても多少価値は劣りますが、ANA SKYコインと比較すると還元率の高さとハードルの低さはe JALポイントの方が断然お得ですね!

 

また有効期限は交換してから1年間ですが、追加で交換すればその時期からさらに1年間となるので、11ヶ月間でショッピングなどで10000マイル貯めることが出来れば、毎年15000e JALポイントを増やし続けることが可能となるので、有効期限が実質無期限になるのは嬉しいポイントです。

 

e JALポイントを利用してマイルを使った国内旅行の裏技

①2カ月以上先の旅行を計画

国内線特典航空券の予約は2か月前から可能となるが、先特割引なら2カ月以上前から予約できます。

還元率は下がってしまうが、先特割引きで予約するためにマイルをe JALポイントに交換して航空券を購入すればより早く・より確実に航空券の予約ができます。

 

またe JALポイントで購入した航空券で搭乗した場合、フライトマイルが積算されるのはかなりお得なポイントです!

 

②国内線特典航空券の空席が片道分しかない場合

飛行機によっても異なりますが、特典航空券で利用できる席数は毎便決められています。よって片道の往路の予約が取れるが復路の予約が取れないことがあります。そんな場合はJALマイルをe JALポイントを利用して航空券を購入すれば、実費を使うことなくマイルで席が取れるのは便利です!

 

またJALホームページ限定国内線特典航空券ディスカウントマイル期間中に予約すると、いつもより少ないマイル数で国内線特典航空券を利用することができます。

例.東京-札幌 片道の通常の必要マイル数8500▶▶▶ディスカウントマイル期間中6000マイルとなります。

※対象期間:2016/4/1~5/31(搭乗日)まで 

 除外日2016/4/28~5/9

入会キャンペーン

JALカードではWEB申込限定で選べる入会特典をプレゼントしています!

①Amazon特典コース Amazonギフト券最大11000円+最大5000マイルプレゼント

②マイル特典コース 入って飛んで最大10500マイルプレゼント!

 

因みに通常のJALカードの場合のキャンペーンは、Amazonギフト券最大2000円+最大1000マイルor最大2000マイルとなっています。

 

▼JALカードのキャンペーン詳細はこちら▼

 

JALカードの詳細関連記事はこちら↓

cf_r_visa
ポイント付与条件が四捨五入、50円でも1マイル付与! ETC利用分でもショッピング同等のマイルが貯まる

JALカードTOP&ClubQをおすすめする理由

08_px3505B15D

 

JALカードには通常のVISAカードを始め、国際ブランド違いのカードや提携カードなど申込む際、多くのカードの中から選ぶことができます。基本の年会費や還元率は同じですが、カードによっては通常のJALカードより多くのメリットが得られます。

 

その中で今回1番おすすめしたいカードはJALカードTOP&ClubQです。

JALカード TOP&ClubQ(Visa/Master)は以下の4社が名を連ねています。 

・三菱UFJニコス株式会社

・東京急行電鉄株式会社

・株式会社東急百貨店 

・東急カード株式会社 

国際ブランドは、Visa、Masterのいずれかが選べます。

 

JALカードの基本的な機能として、JALの航空機搭乗、JALカードの利用のほか、DCカード、東急カードの特典により、電子マネーのチャージや東急グループの利用でたまるTOKYU POINTもマイルに交換することができて、非常にマイルが貯めやすいカードになっています。

 

そんな、JALカードTOP&ClubQの最大のメリットはなにか?

 

それは、PASMO/WAONどちらでも電子マネーにチャージした際に最大1.5%のマイルが獲得できることです!

電子マネーをチャージしてショッピングマイルがつく内容を解説します。

PASMOオートチャージ

img_pasmo01

 

PASMOは事前チャージ式のICカード・電子マネーで、首都圏の電車とバスの運賃や駅ナカのお店などでお買い物に利用できます。  PASMOへのチャージをJALカード TOP&ClubQからのオートチャージに設定すると、PASMOの残高が一定の金額以下になると自動的にJALカード TOP&ClubQからチャージがされるようになり、このオートチャージされた金額はショッピングマイル1%が貯まります。  駅で降りようとしたら残高が足りず精算機でチャージしたりとかいう面倒なことがなくなる上に、東急電鉄以外のJRや私鉄やバスの利用でもマイルが貯まるので、電車を利用する機会の多い方は見逃せない特典です。

JMB WAONクレジットチャージ

head_index_01

 

JALカードTOP&ClubQは「JMB WAON」へのチャージで、JALカードショッピングマイル・プレミアム利用なら100円につき1マイルが、JMB WAONの利用で200円につき1マイルが貯まるという、マイルの2重取りができます。  合計200円あたり3マイルで還元率1.5%となり、JALカード TOP&ClubQのクレジット払いよりもお得になります。

おすすめする理由

電車やバスはPASMOで、イオン系のお店ではJMB WAONで、その他はJALカード TOP&ClubQと使い分けることで、他のJALカードにはできないマイルのため方ができるのは、このカードの大きなメリットです。

年会費無料でJALマイルを貯める最得カード

JALカードは年会費2000円+税で還元率は0.5%となり、ショッピング利用時に貯まるマイルは200円の利用で1マイルとなりますが、実は年会費無料でJALカードより還元率の高いカードがあります。

 

recruitcard

 

そのクレジットカードカードはリクルートカード。リクルートカードは年会費無料でポイント還元率が1.2%でリクルートポイントが貯まります。リクルートポイントはPontaポイントと等価交換できるので、そのPontaポイントとJALマイルを相互交換(200ポイント▶100マイル)すると還元率が0.6%となり年会費無料でJALカードよりJALマイルを貯めることができます。さらにリクルートカードで楽天Edyチャージ+おサイフケータイを利用した場合に貯まるポイント分をJALマイルに移行した時の還元率は0.85%となります。

 

よって、飛行機に乗る機会がない方でも年会費無料で高還元で効率よくJALマイルを貯めれるリクルートカードはおすすめの1枚です。

 

リクルートカードの現在のキャンぺーンはこちら⇓

まとめ

JALカードは、飛行機に乗らないとマイルが貯めにくいイメージが強いですが、ショッピングマイル・プレミアム(年会費3000円+税)に入会することでショッピングでクレジットカードを利用した際に貯まるマイルの還元率が1%となります。ミニマイル特典を利用したりe JALポイントに交換することでより無駄なくマイルを利用でき、またお得な使い方もできます。

 

さらに、JALカードTOP&ClubQを選ぶことで、東急電鉄以外のJRや私鉄やバスでもマイルを貯めることができ、WAONのチャージと利用で還元率が1.5%も貯まりさらにイオンでも効果的に利用することができます。

 

また、年会費無料でJALマイルを貯めたい方はリクルートカードがおすすめです!

 

JALカードTOP&ClubQはこんな方におすすめ

・JALマイルを効率よく貯めたい方

・ICカードはPASMOを使う方

・電子マネーはWAONがメインの方

JALカードTOP&ClubQは他のJALカードに比べるとかなりお得にできる内容ですので、東急沿線に住んでいない方、東急グループのお店の利用が少ない方も、おすすめできるクレジットカードです。

 

▼JALカードの詳細やお申し込みは公式サイトにて▼

 

▼リクルートカードのキャンペーン情報はこちら▼

 

Pocket