large
Pocket

 

※2016年3月26日更新

いきなりですが、タダでハワイ行きたくありませんか?

もちろんタダなら、誰もが行きたいと思うはずです。

 

高年収のサラリーマン家庭や自営業・会社経営者はもちろんお金があるので、休みさえあればいつでもハワイに行けます。

こんな方はごく一部です。。。

 

では、どうすればタダでハワイに行けるのか。。。

 

今回は中小企業で働いているサラリーマンの方が、ちょっとしたことを気を付けるだけで、タダでハワイに行ける方法をまとめました。

 

マイルのため方-624x260

 

 

年収3~400万円で、貯金も全く出来ていない状況でもマイルでハワイに行く事は全然可能です!!

5b79125c

 

預金残高0円

 

なぜなら・・・・・・

 

貯金が出来ていないという事は、収入のほとんどを何かしら使ってしまっているという事ですよね!!!


お金を使っているという事なら、尚更簡単にマイルを貯めやすくなります。では実際どうすればよいのか?

 

「現金支払い▶マイルが貯まるクレジットカード払いに変える」

 

たったこれだけです、クレジットカードを1枚に絞ることで、ポイントが分散しないので、より早くマイルを貯めることができます。

 

年収300~400万の支出の中からすべては無理ですが、マイルが貯まりやすいクレジットカードで、出来る限りクレジットカード決済できるお店を選び、さらに、マイレージ提携店を意識的に利用してマイルカードで決済をしましょう~

 

日常生活でクレジットカードで支払えるものリスト

電気代、ガス代、生命保険、自動車保険、携帯電話、インターネット回線、コンビニ・スーパー、外食、ガソリン、高速道路、各種税金(nanaco支払い)、国民年金、服、日用品、美容院、記念写真、電子マネーチャージなど

 

【マイレージ提携店を意識するとは?】

《例えばカフェでコーヒーを飲むとしたら。。》

20120128174650

 

➡もし、ANAマイルを貯めているのであれば、ANAカードでスターバックスを利用するように意識する。。

 

スターバックスはANAマイル提携店でカードポイントとは別で100円~200円で1マイル貯まります。

《例えばコンビニを利用する時は。。》

130426oda_top

 

➡もしJALマイルを貯めているのであれば、セブンイレブンとファミリーマートが選択肢にあったとしたら、特別な理由が無ければファミリーマートを選択してJALカードで決済しましょう。。

 

さらにローソンを利用する場合、JMB×Ponta会員登録して利用した分のPontaポイントがマイルと相互交換が可能になります!

 

ファミマはJALマイル提携店で100~200円で2マイル貯まります。

ちなみにセブンはANAマイル提携店で、カードポイントとは別で200円で1マイル貯まります。。

《食料品の買い物は。》

aeon-plus-jmb

 

➡JALマイルを貯めているならイオンがマイル提携店です!100円~200円で2マイル貯まります。

 

ANAマイルならイトーヨーカドー200円⇔1マイルSEIYUネットスーパー200円1マイル貯まって、一定金額以上で送料が無料!!

《ガソリンを給油》

➡ANA、JALどちらのマイルでも良いのですが、給油する際はENEOSを利用して各社発行のカードで決済すれば、ANAであれば100円で1マイル、JALであれば100円~200円で2マイルを貯める事が出来ます。

 

ユナイテッドのマイレージプラスなら、コスモ石油で1000円で20マイル貯める事が出来ます!

《通勤で》

通勤などでも、例えばSuicaを利用していたとしたら、Suica利用分でもポイントが貯まり、マイルに移行する事でSuica利用分でマイルを貯める事が出来たりします。

 

01_px250

 

因みにANA visa Suicaカードなら、Suicaチャージした金額分のポイントも付くのでよりマイルが貯めやすくなります。


ANAカードやJALカードなどでマイル提携店を利用すると、このような感じで日常の様々なシーンでの決済をマイルに変える事が可能です。

 

↓↓↓

 

さらにANAカードならクレジットカードを決済した分のポイントもマイルに移行できるので、クレジットカード決済でマイルはドンドン貯まります!


素晴らしくないですか!!??

 

このようにマイル提携店を選んで、航空会社のカードで決済をしていけば300万~400万円の支出のうち、半分から2/3くらいの金額はマイルに変える事ができるはずです。


一年でだいたい200万分くらいのマイルが積算される計算です。


単純計算ですが、1マイルを1円と考えると。。。。。200万円=20000マイル

 

この生活を数年続けていけば、ハワイへの特典航空券などすぐに現実のものになります!!

 

沖縄くらいなら一年で行けるでしょう。。

沖縄の海もかなり素晴らしいですよ!

↓↓↓

d06fc15e3da092aa46efa466bf1fbb19_s


ちなみにハワイへの必要マイル数は30000~50000マイル!!!


ワイキキビーチ

↓↓

0cdfbe417f1555fe3101dd4c09ea008c_s

 

『絶対的に出ていってしまう支出の支払い方法をマイルカードで支払ってマイルに変える。。。』


これをやらない手はないと思うのですが・・・・・・

もちろんマイルではなく、ポイントでも良いです。。。

ただ、マイルの方が還元率は高いです!!

 

絶対的に出ていってしまう支出は必ずあるわけですから、その支払いを出来る限りマイル特化カードでの決済にするという事です。

 

その際、必ず支払方法は一括払いにしましょう!

 

リボ払いだとポイント付与率はアップしますが、金利が発生してしまうので余計高くついて無意味となります。(ANAカードならリボ金利を最小にしてポイントを倍に出来たりします)

《具体的なマイルを貯める方法》

1:まずはどこの航空会社のマイルにするか決めましょう!

代表的な航空会社だとANA・JAL・ユナイテッド航空・デルタ航空などがあります。このどれかで基本的に問題ないと思いますが、提携航空会社の違いやマイルの貯まりやすさなどが多少違ってきます。

 

それと、日常生活でマイルを貯める、いわゆる陸マイルの付与が重要になってきますので上記の4つの航空会社がおすすめです!

 

ANA

あまり飛行機に乗る機会が少ない方はANAがおすすめ。陸マイラー向きです。搭乗しずに陸からマイルが貯めやすくなっています。。

 

JAL

よく飛行機に乗る方はJALが良いです。陸マイラーは不向きと言えます、なぜなら継続マイルやボーナスマイルなどの付与に、搭乗が条件になっている事が多いからです。ですのでよく搭乗する方におすすめです。特典航空券の必要マイル数もANAより少なく利用出来ます。

 

ユナイテッド航空

ユナイテッド航空のマイレージプラスはマイルの有効期限が実質無期限です。マイル最終獲得日から18ヶ月有効なので、もし仮に有効期限が迫ってきたら少しでも良いので何かしらカード決済してマイルを積算すれば、また18ヶ月期限を延長できます。また、特典航空券を利用時の燃油サーチャージが無い点も大きなメリットです。因みに、貯めたマイルを国内線で利用する場合ANAが提携便となります、実は国内線の特典航空券に変える場合ほとんど10000マイルで行けるので、同じようにANAのマイルを利用するよりお得になります!

 

デルタ航空

デルタ航空のマイレージプログラムのスカイマイルは、ユナイテッド航空のマイレージプラス同様、マイルに有効期限がありません。また、特典航空券は親族以外の友人でもOK。日本の提携便はスカイマークとなり、スカイマイルのメダリオン会員の方に限り15000~20000マイルで国内線を利用できます。スカイマイルは国際線の特典航空券の交換レートが他社に比べ高いのが唯一のデメリットです。

 

《提携航空会社も重要!!》

上記4社もそれぞれが、複数の航空会社からなるグループに所属していて、同じグループの航空会社だと特典航空券を利用する事ができます。


例えばANAだと、スターアライアンスというグループに所属してますので、同じスターアライアンス所属のユナイテッド航空は提携航空会社となりますので、ANAマイルでユナイテッド航空の特典航空券を利用できます。

 

ANAでの便が無い国に行きたい場合にユナイテッド航空ならある!って時に使えます。ANAとユナイテッドを組み合わせて利用出来たりもします。提携の航空会社が多いほど、世界中の行きたい国への航空便が増えるので行先の選択肢が多くなります。

【世界三大アライアンス】

◆スターアライアンス

(ANA、ユナイテッド航空、アシアナ航空、中国国際航空、エアカナダなど。。)


◆スカイチーム

(デルタ航空、エールフランス、ベトナム航空、チャイナエアライン、大韓航空など。)


◆ワンワールド

(JAL、アメリカン航空、ブリティッシュエアー、マレーシア航空、フィンランド航空など。。)


提携航空会社を考慮して、マイルを貯めて旅行に行きたいと考えている国を考え、どの航空会社のマイレージプログラムに参加するか決めましょう。

 

また、国内でカード決済をする上で、各社のマイル提携店にどんなお店があるのかも考慮しましょう!

2:どこの航空会社にするか決まったら。。。

◆航空会社が発行しているカードの中から、年会費や、その他の諸条件が自分に合っているカードをとりあえず作る。


この際の注意点として、年会費無料のカードばかりを調べるのではなく、自分の年間の利用額を考慮してカードやカードのグレードを選びましょう。

 

年間のカード利用額が多ければ多いほど、年会費の掛かるカードだったとしても年会費を相殺できて、なおかつお得になる可能性が有るからです。

 

それと、だいたいのマイルカードは移行手数料があって、マイレージプログラムに加入して、移行手数料(年会費)を払わないと、なかなかマイルが貯まらないようになっていますので、カード年会費+移行手数料(年会費)の合計金額で考えた方が良いと思います。


※結局のところ、高いカード年会費や移行手数料など、カード維持費を多く使った方がマイル付与率が高く、旅行保険などの付帯サービスも充実してますし、最終的な満足度が絶対に高いです。無料はやっぱり無料だということです。

 

当サイトとしては、やはりゴールドカードなどがおすすめです。後々、満足できると思います!!!

 

5398908333_d6f9ea6c79

3:カードを作ったら。

◆色々な支払いを出来る限りカード払いに集約する。

 

◆電子マネーにチャージして公共料金支払い・高額決済、スーパー、コンビニ、マイル提携店を積極的に活用する。

 

各航空会社のホームページをマメにチェックして、マイルアップキャンペーンなどにエントリー

↑これは以外に皆やってないです。。


◆他で貯めたポイントもマイルに移行する     

 

【ANA】

Tポイント500P⇔250マイル
楽天2P⇔1マイル
nanaco500P⇔250マイル
永久不滅ポイント200P⇔600マイル

楽天でのお買い物などで、ポイント◯倍!!の時に買い物をしたりすれば、よりマイルが貯まる事になります。

 

【JAL】

ポンタ2P⇔1マイル

ポンタPはリクルートポイントと相互交換出来ますのでリクルートポイントからもマイルを貯める事が出来ると考える事が出来ます。

永久不滅ポイント200P⇔500マイル
docomo5000ポイント⇔2500マイル

 カードを申込む前に各カードの入会キャンペーンをチェックしよう!

どのクレジットカードでもそうですが、通常年会費が必要なカードでも、WEBから申込むことで初年度年会費無料や○○○○マイルプレゼントなどの入会キャンペーンが適用されます。期間限定だったり、時期により内容も異なるので、是非一度チェックしてみましょう!

 

JALカード

cf_r_visa

 

初年度年会費無料!JALカードの現在のキャンペーンはこちら

 

ANAカード

01_px250


初年度年会費無料!ANAカードの現在のキャンペーンはこちら

 

MileagePlusセゾンカード

o0800052213037103452


還元率1.5%!MileagePlusセゾンカードの現在のキャンペーンはこちら

 

デルタスカイマイルアメックスカード

5e929dc912b3416e287fb6099cf836aa

 

最大25000マイル獲得可能!!デルタアメックスのキャンペーンはこちら

まとめ

これくらいやれば、1~2年でハワイも全然現実的な話となってきます。

まずは、現在の支出の項目を精査して、現金払いからマイルの貯まるクレジットカードに変更しましょう!

 

因みに、2016年4月よりANAとJALも燃油サーチャージが一時的ですが、無料となるので必要経費を減らせます。

 

是非この方法を実践して、40000マイル貯めてタダでハワイに行きましょう!

※宿泊先のホテル代や空港利用税などは別途必要になります、飛行機代がほぼタダという表現となります。多少の経費はかかりますので悪しからず。。。

 

マイル関連記事

camera
JAL・ANA・ユナイテッド 日本でマイルを貯めるなら、フライトマイル以外の、陸マイルがかなり重要になってきます。

o0800052213037103452
マイレージプラスとはスターアライアンスに加盟するユナイテッド航空が提供する マイレージサービスです。 そんなマイレージプラ

5e827a4a6f1b27c1089a934252cc74d7_m
昨晩のアメトークではケンコバさんは飛行機に乗らなくても生活の中のショッピングだけでもマイルが貯めれるという話から、実はマイル好きで100万マイル(地球5周分

airp2
クレジットカードで貯めたポイントを、マイルへ交換することが1番還元率が高くなる事はご存知でしょうか? マ

Pocket