avd
Pocket

 

世界的にステータスの高いクレジットカードブランドと言えば、アメリカン・エキスプレス・カード(通称アメックス)とダイナースクラブカード。

 

 

どちらも日本においては絶大なステータス性を誇るクレジットカードですが、1枚だけ持つとしたら、アメックスとダイナースのどちらにするのが良いのでしょうか?

 

 

 

  …ということで、今回アメックスとダイナース、それぞれのクレジットカードの特徴や長所を様々な角度から見てみました。

 

 

アメックス、ダイナースのクレジットカードの申し込みをご検討の方は是非ご覧ください!!

 

 

アメックスとダイナースのそれぞれの特徴は…!?

アメックスとダイナースはそれぞれいくつかのラインナップを持っていますので、徹底比較!!…と言ってもそのまま単純に比べにくいところがあります。

 

そこで、今回は、アメックスは「アメリカンエキスプレスゴールドカード(通称アメックスゴールド)」で、ダイナースは「ダイナースクラブカード」を用いて、比較を進めていきたいと思います。 

 

 

では、手始めにアメックスゴールドとダイナースクラブカード、それぞれの特徴を見てみましょう。 

 

charge_gold_jp_di_480x304

 

まず最初に、アメックスゴールド。一昔前の1990年頃(ちょうどバブル時期)ではこのゴールドカードを持っているかどうか、というのがひとつのステータスでもありました。現在においてはアメックスゴールドの保持者は増加し、20代で所持している方も多くいたりと、以前よりも大分と手が届きやすくなってきているようです。

 

 

アメックスの特徴としては、その高いステータスと知名度がまず挙げられます。その他、海外に行った時の保険特約やトラブル時の対応が非常に優れている、といった評判が高いことも特徴です。 

 

 

dinersclub-card

 

続いては、ダイナースクラブカード。こちらもアメックス同様ハイステータスなクレジットカードとして高い評価を得ています。

 

 

ダイナースクラブカードの大きな特徴としては、利用限度額は一律の制限が無いというところです(厳密には 個別に利用限度額の設定があり、無制限と言う訳ではありません )。こういった特徴もステータス性の高さの顕れと言えるでしょう。

 

 

そのほか、人気料理店のコース料理を優待価格で提供されたり、会員限定のおもてなしを受けられたりといった、食に関する付帯サービスのクォリティがとても高いということでも利用者の方々から高評価を得られています。 

 

 

このように、共にハイステータスを誇るクレジットカードですが、ステータス以外のところで言うと特徴には違いがあります。…ですが、これだけでは「どちらが良い・優れている」かはわかりませんよね。

 

 

そこで、続いては「年会費コスト」や「ポイントの貯めやすさ」「海外旅行時のフォロー機能」など、各項目に沿っていく形で、2つのクレジットカードの特徴・性質をまとめてみましょう。

それぞれの年会費を比較!!

年会費無料のクレジットカードが多く出回る中、アメックスゴールドとダイナーズクラブカードはしっかり年会費がかかります(笑)。…まあ、それだけ高いステータスを持つカードですので、当然と言えば当然ですが。──では、この年会費、アメックスゴールドとダイナーズクラブカードのどちらの方が高い(もしくはお得)なのでしょうか?

 

 

現在(2016年2月)でいうと、アメックスゴールドの年会費は約29,000円+税なのに対して、ダイナースは約22,000円+税(共に本会員価格)。もちろんこれ以外にどちらのクレジットカードもオプション等で発生する費用はありますが、毎年かかる年会費はダイナースの方がお得なようです。

どちらのほうが「カードが使えるお店」が多い!?

60e9aa9c78ee008475b5aee936cbe0c4_s

 

続いては、どちらのカードの方が「使えるお店が多いか?」についてです。

 

 

現在の国内で言うと、アメックスゴールドダイナースクラブカードのどちらも、ほとんどのお店で使えるようです。たまに使えないお店もありますが、その場合はアメックスゴールド、ダイナーズクラブカード共に使えない、というケースが殆どです。…若干、ほんの少しだけ、ダイナースクラブカードよりアメックスゴールドの方が対応店が多い、といったところでしょうか。 

 

 

「カードが使えるお店」比較ですと、両者クレジットカードはほぼ互角──、といったところです。

ポイントはどちらが貯めやすい・貯まりやすい?!

アメックスゴールドもダイナースクラブカードも、それぞれ用意されているショッピングモールが提携している店舗でお買い物をされると、ポイントが溜まっていきます。

 

hero

 

アメックスは「メンバーシップリワードボーナスポイントパートナーズ」というショッピングモールで、いわゆる高級ショップの提携が多いです。

 

1318601315588

 

ダイナースの方は、「ダイナースクラブポイントモール」というショッピングモールでして、こちらはヤフーショッピング、楽天、一休.com、エクスペディア、じゃらんなどなど一般の方々も良く耳にするようなショッピングサイトも提携しています。

 

 

それぞれのショッピングモールのサイトから提携先のショップ等が確認できますので、両方を確認して、自分が良く利用するショップはどちらのショッピングモールの方が多いかを確認すると良いでしょう。 

 

 

買い物好きという方は、高級店でのクレジットの買い物が多いという場合は「メンバーシップリワードボーナスポイントパートナーズ」 のアメックスゴールドで、ヤフーショッピングや楽天などのショッピングサイトでのクレジットの買い物が多いという場合は「ダイナースクラブポイントモール」のダイナースクラブカードで──、といった風にクレジットカードを決めていくのも良いかもしれません。 

 

 

一般的なポイントの使いやすさ、貯めやすさで言うと、ダイナースクラブカードに大きく軍配が上がりそうです。

どちらのほうが認知度・ステータスが高い?!

3639ee03e76c70ae8fefaea6fea71be3_s

 

続いては、認知度・ステータス比較です。そもそもこれらクレジットカードの所持をご検討されている方々は、このあたりを気にされている、という方も多いのではないでしょうか。

 

 

どちらもかなり高いステータスを誇るクレジットカードですが、認知度の観点で言うと、断然アメックスゴールドの方が上と言えるでしょう。

 

 

恐らくですが、ここ最近テレビCMなどやっていますが『ダイナース』という言葉自体知らない、という方も結構な割合としているのではないでしょうか。反面、『アメックス』はさすがの知名度で、多くの人がアメックスおよびアメックスゴールドを知っています

 

 

重要なのはこの「知っている」ということで、人は「知っている」からこそ、そのものの価値を考えられるということです。どんなに価値があっても、知らない人にとっては無価値、ということですね。

 

 

  …ということで、認知度・ステータス比較を見てみましたが、こちらははっきりとアメックスゴールド優勢…と言える結果でした。

どちらのほうが魅力的な付帯サービスがある?!

 

さて、次は付帯サービス。

 

 

こちらはアメックスゴールドとダイナースクラブカード、どちらも充実しています。その特徴のひとつとしてまず挙げられるのは、「海外旅行保険」

 

 

両クレジットカード共に国際ブランドなだけあって、海外旅行時の傷害・疾病治療費用などの保険はとても充実したプログラムとなっています。

 

どちらも海外旅行保険は最高1億円が自動付帯、国内の場合最高5000万円で利用付帯となっております。また、本会員の家族で家族カードを持っていない人にも補償が付いたり、カード紛失時、翌日には現地で再発行してくれたりと、他のクレジットカードのサービスでは考えられないような高サポート体制を敷いているのです。

 

 

アメックスゴールドの付帯サービスを比較してみると「プロテクション」に関する付帯サービスがかなり優秀で、ショッピングの際に購入した商品が破損したり盗難に遭った場合に適用される「ショッピング・プロテクション®」はダイナースにも同じ内容のサービスはありますが、急な出張や突然の病気で旅行やコンサートなどキャンセルする際にかかった費用を最高10万円まで保証してくれる「キャンセル・プロテクション」やお店で買った商品が返品できない場合、アメックスが代わりに保証してくれる「リターン・プロテクション」などの補償に関する付帯サービスはアメックスゴールドの方が優れています。

 

 

ではダイナースクラブカードの付帯サービスはどうかというと、「特別感」に関する付帯サービスはとても優秀となっており、他のクレジットカードの追随を許さないほどのラインナップ&品質ぶりです。ダイナースの「エグゼクティブ ダイニング」では、人気レストランのコースが2名の利用で1名が無料になり(アメックスゴールドにも「ゴールド・ダイニング by 招待日和」と同じサービスがあります。)、予約の難しい高級料亭を代行予約できたり「サイレンス・スタイル」はダイナースならではのサービスで、専用デスクにご予約いただくと、当日はカードのご提示もサインも不要となり、接待や大事な会食後の会計が無くなることで行動がスムーズとなります。サイレンススタイルは他のカードにはないダイナースだけのサービスです。

 

 

やはり、クレジットカードをご利用される方のライフスタイルが、どちらにより依っているかによって、受けられる恩恵の量は大きく変わることでしょう。

各カード共に様々な特徴がありますので下記の一覧を参考にしてください。

アメックスゴールドの代表的な付帯サービス

ゴールド・ダイニング by 招待日和:所定のコースメニューを2名さま以上でご予約いただきますと1名さま分が無料

 

プライオリティ・パス:国内外700ヶ所以上の空港ラウンジがご利用可能

 

キャンセル・プロテクション:急な病気などで旅行などに行けない場合、キャンセル費用等の損害を年間最高10万円まで補償

 

リターン・プロテクション:購入日から90日以内の商品の購入金額を払い戻し

 

ショッピング・プロテクション®:購入日から90日以内に生じた破損・盗難等の損害を、1名様年間最高500万円まで補償

ダイナースカードの代表的な付帯サービス

エグゼクティブダイニング:対象レストランの特別コース料金を会員を含む2名様以上でご利用いただくと1名様が無料

 

サインレス・スタイル:専用デスクにご予約いただくと、当日はカードのご提示もサインも不要

 

料亭プラン:通常は予約が難しい高級料亭をダイナースクラブが会員様に代わってご予約

 

ショッピング・リカバリー:購入日から90日以内に誤って破損してしまったり盗難などに遭った場合、年間500万円まで補償

 

海外緊急アシスタンスサービス:海外滞在中の急な病気やケガ24時間の医療サポート

入会審査はどちらが厳しい?!

50dfce19e72d4dae934e62199761190f_s

 

いざ、2つのカードを比較して自分に合ったカードを決めたとしても申し込んで審査は通るのでしょうか?

両カードともに申込資格は明言されてはいますが、流石に審査対象までの記載はありません。

 

 

現在、アメックスゴールドの入会資格は25歳以上で日本国内に定住所を持ち、定職のある方となっております、大体年収300万~400万円の中小企業のサラリーマンでも充分審査が通るゴールドカードです。

 

 

またダイナースには申込む前にクイック診断が用意されており、年齢と年収、支払い遅延履歴などを記入してからの申込となり、ちなみに色んな数字を記入して調べた結果、入会資格は27才以上で年収500万以上の数字を入力しないと申込めないようになっていました。

 

ダイナースの審査について

 

以前は32才以上で上場企業の役員や5年以上会社を経営している方、弁護士、医師などしか持てないカードと言われてましたが、現在では昔と比較すると入会審査のハードルはかなり下がっているのではないでしょうか?

 

 

カード申込時に確認される個人信用情報機関はアメックスゴールドとダイナース共に、CIC(シーアイシー)のみとなっていてどちらも銀行系の会社が発行するクレジットカードよりも審査基準が低くなっています。

 

 

上記の内容を比較した結果、申込資格が27才・年収500万以上のダイナースの方が入会審査が厳しくアメックスゴールドの方が審査基準が低いことがわかりましたね。

 

アメックスゴールドの審査について

 

また入会審査の難易度は入会キャンペーンなどのイベント内容からも判断ができます。

 

 

現在(2016年8月)の段階でアメックスゴールドの入会キャンペーンの内容は、初年度年会費無料+利用で最大60000ポイント獲得可能!キャンペーンをやっています。

 

 

またダイナースの方は入会後3ヶ月以内に25万円以上の利用で20000ポイントプレゼントのキャンペーンとなっており、年会費無料の特典はありません。 

 

▼ダイナースクラブの入会キャンペーン▼

 

 

▼アメックスゴールドの入会キャンペーン▼

300x250_%e8%83%8c%e6%99%af%e6%9c%89-1

 

 

各カードの入会キャンペーンを比較してみてもやはり年会費初年度無料且つ、獲得できるボーナスポイント数が倍違います、まず、アメックスゴールドの特徴やメリットを試してほしいという意味もあることから入会審査のハードルも低いと考えられます。

 

19ea47667fc769b06d74f5b5118cb744_s
クレジットカードを作りたくとも、様々な不安な気持ちから、申し込みする前に諦めてしまっている、もしくは二の足を踏んでいる、という方は結構多いのではないでしょう

アメックスとダイナース、ブラックカードまでの道のりは!?

アメックスとダイナースを検討している方の理由の中で、ブラックカードを目指したい方もいるのではないでしょうか?

 

 

両カードはともにクレジットカードのプロパーカードの中でも2大ブラックカードと言われている世界的にも有名で代表的な国際ブランドです。

 

titan

 

まず、アメックスでセンチュリオン(ブラックカード)を目指す場合、アメックスゴールドで最低1年以上の利用実績を積み、アメックスプラチナカードのインビテーションを受け、さらにそこから利用実績を積み、ようやくセンチュリオンカードのインビテーションを受けようやくブラックカードホルダーになれます。

 

 

ただ、センチュリオンはただの利用実績だけではインビテーションを送ることはなく、限られた数の会員数の中、退会した会員が出た段階で新しい会員を増やすなどという噂もあり取得難易度は相当高いです。仮に、インビテーションが来た場合、取得するのに必要な金額は入会金50万円+年会費35万円+税必要となり初年度だけで約100万円が必要です。

 

IMG_4122

 

またダイナースの場合、カードの種類はダイナースクラブカードとダイナースクラブプレミアムカードの2種類のみとなっており、プレミアムカードになった場合にかかる年会費も13万円+税とアメックスプラチナカードと同額でセンチュリオンと比較すると維持費が安く感じます。

 

 

こちらもダイナースクラブカードで利用実績のインビテーション制となってはいますが、最短1年で取得できる方法やある程度利用したのちにカスタマーセンターに交渉して切り替えてもらう、通称:突撃などでダイナースのブラックカードを取得できるなど、センチュリオンに比べ取得難易度はかなり低いようです。

 

 

だからといって付帯サービスが悪いわけではなく、通常利用のポイント付与率が2%と業界最高値の還元率であり、旅行傷害保険も最高1億円、日々の暮らしの中で起こり得る賠償責任をサポート。国内において日常生活中に生じた法律上の賠償責任を1億円を限度に補償してくれる「賠償責任危険担保特約」はダイナースプレミアムカードだけのサービスです。

 

 

結論から言うと、ブラックカードは「ダイナースクラブカードが最も早く取得できる可能性が高いです。

ただクレジットカード格付け断トツナンバーワンのアメックスセンチュリオンカードを目指したい方はまずはアメックスゴールドカードから始めましょう!

 

関連記事

IMG_4122
ダイナースクラブプレミアムカードはアメックスのセンチュリオンカードに次ぐ2大ブラックカードの1つと言われています。

まとめ 

ここまでで、アメックスゴールドとダイナースクラブカードのそれぞれメインの特徴、年会費、使える店舗の多さ、ポイントの貯まりやすさ、認知度・ステータスの高さ、付帯サービスの魅力、入会審査の難易度、ブラックカード取得までの道のりについて見てきました。

 

 

結論から言うと、どちらもそれぞれ長所・メリットがあって、なかなか一概に「こちらのほうが良い」ということは現時点では難しそうですよね。──そこで、今一度、アメックスゴールドとダイナースクラブカードのそれぞれの特徴と長所を纏めてみたいと思います。

 

 

アメックスゴールドの特徴、長所
非常に認知度、ステータスが高い。
プロテクション系の付帯サービスが充実している。
海外旅行保険などの、海外でのサポートがとてもしっかりしている。
ダイナースより入会審査は厳しくない
アメックスセンチュリオンを目指せる

 

ダイナースクラブカードの特徴、長所
(アメックスゴールドと比較して)年会費が安い、リーズナブル。
利用限度額に対して、一律の制限が無く利用できる。
海外旅行傷害保険、最高1億円
ヤフーショッピングや楽天などの、大型の提携店・サービスを多つため、ポイントをためやすい。
付帯サービスが充実している。 特に「食」の付帯サービス
最短1年でブラッカードが目指せる

───いかがでしょうか。このように比較して並べてみると、アメックスゴールドダイナースクラブカードのそれぞれの特徴の違いが良く見えるのではないでしょうか。

 

 

また、「自分だったらどっちのクレジットカードのほうが使い勝手良く感じられるだろう」というイメージも付きやすくなったと思います。つまり、重要なのは「客観的に見てどちらが良い・優れているか」ではなく、「自分にとってより良い、優れていると感じられるのはどちらか」なのです。 

 

 

「そろそろアメックスゴールドやダイナースクラブカードのような、ハイステータスなクレジットカードを持ちたい」と思っている方は沢山いらっしゃいます。

 

 

そして、この記事を最後まで興味深くお読みになられたあなたも、きっとその中のおひとりなのではないでしょうか。そういったときに、「自分に合うクレジットカードは何か」を整理して考えて、そのうえでクレジットカードを選んでいただくことは、今後のクレジットカード生活を営む上で、とても大切なことです。

 

 

   ──アメックスか、ダイナースか。 

 

 

あなたにピッタリのクレジットカードが見つかることを、心より応援しています。

 

▼アメックスゴールドの現在の入会キャンペーン▼

300x250_%e8%83%8c%e6%99%af%e6%9c%89-1

 

▼ダイナースクラブの入会キャンペーン▼

 

Pocket