e3305d279a379ec89618f3defd54805a_s
Pocket

 

クレジットカードを使っていて、ふとしたときに「あれ、こんな貯まっていたんだ」と気付いて嬉しいのが還元ポイント。現在多くのクレジットカードでは、利用ごとに1%~のポイント還元が付き、貯まったポイントは提携のショッピングモールはじめ、様々なシーンで活用できることは皆さんもご存知のことだと思います。

 

 

ですが、普段から「効率的にポイントを貯めよう」と意識されている人はそれ程多くはないのではないでしょうか。還元ポイントはちょっと使い方や意識を変えただけで、驚くほど貯まっていくスピードが上がります。

 

 

そこで今回は、クレジットカードの還元ポイントを効果的に貯める方法から、ポイントの理想の使い道、そしてポイントが貯まりやすいお薦めのクレジットカードも合わせて、ご紹介していきたいと思います!

 

 

クレジットカードのポイントが貯まりやすい定義とは?

973f8279e9b6cd1465821039c3d003a1_s

 

 

初めに、 「どうやったらクレジットカードは貯まりやすくなるのか」という点について、基本的な定義からお話していきます。すでに知っているという方もいらっしゃるかもしれませんが、逆にこれを知らないと、新規のクレジットカード選びのときに、なかなかポイントが貯まらないカードを選んでしまって、知らずのうちに損をしてしまう…ということもあるかもしれません。おさらいの意味も兼ねて、一度ご確認ください。

カードの還元率は?

「ポイントが貯まりやすいクレジットカード」として、まずチェックしたいのが、当然ながらそのカードの「還元率」です。少し前までは還元率0.5%あたり(1000円利用時に5円分のポイントが付与される)が比較的多かったのですが、今は多くのクレジットカードが還元率1%以上となっています。年会費無料のクレジットカードでも、ポイント還元率1%としているものが多く、例えば年間で100万円分クレジット決済した場合、1万円相当のポイントが貯まることになります。

 

 

ある程度クレジットカードの利用額が高くなることが見込められる人は、年会費がかかったとしても高還元率(例えば1.5%~2%といった)のクレジットカードを選ばれることをお勧めします。特に、マイルをメインで貯められている方で100万を超えてクレジットカードを利用されるといった場合は、余裕で年会費を上回るポイント額を貯めることができるでしょう。

 

 

また、キャンペーン期間であったり、クレジットカードの運用会社が提携するショップやモールでカード決済したときに、ポイント還元率が2~5%くらいまでアップされることもあります。例えば、「楽天カード」の場合は、

 

通常カード利用: ポイント還元率 1%
「楽天市場」でのカード利用:ポイント還元率 1%+2%
「楽天市場」の『感謝デー』中にカード利用: ポイント還元率 3%

 

──といったように、利用する先やタイミングによって還元率も変わってくるのです。

 

クレジットカードによって還元率の仕組みや特典は大きく異なりますので、申し込み前にしっかりチェックするようにしましょう!

「ポイント付与条件」もチェック

続いてご案内するのはポイントの付与条件です。クレジットカードを長く利用する上で、ポイント獲得数が大きく変わってくるので、ポイント付与条件は是非チェックしてほしいポイントです!

 

 

通常のクレジットカードでは、クレジットカードで商品を購入したタイミングでその購入額に合わせて付与されるポイントが決定されます。多くの場合、ポイント付与対象になる購入額は100円単位で、それ以下は切り捨てになります。ですが、そうなると、仮に99円の買い物を100回行ったとしても、1回の購入額が100円未満なのでいつまでもポイント還元されない──ということになってしまいますよね。

 

 

そういったこともあって、クレジットカードの中では、毎回の購入額に対してではなく、月額合計金額に対してポイントを付与する条件のカードもあります。この場合は、月内の最終的な合計額に対してポイントが付与されますので、切り捨て額は限りなく少なくなります。こういった、ポイント付与条件についても、事前に確認しておくとよいでしょう。

 

 

また、クレジットカードによっては、ポイント還元のタイミングが1,000円単位になっているものも多くあります(特に銀行系のクレジットカードで多いです)。その場合は当然ながら100円単位よりも切り捨て額が多くなり、ポイント貯蓄の積み上げも遅くなるので、ご注意ください。

入会キャンペーンでポイントUPも!

その他意識したいのが、入会キャンペーンで付帯されるポイントです。最近は入会時に数千円単位のポイントを特典付与しているようなクレジットカード会社も多くあります。

 

 

また、同じクレジットカードでもキャンペーン時期で大きく付与額が変わってくることもありますので、現在の入会ポイント額が、これまでの最大ポイントであるかも、インターネットの履歴検索等で確認しておくと良いでしょう。

 

 

ご注意いただきたい点としては、入会キャンペーンで貰えるポイントは、「Yahoo!Japanカード」のように申込してすぐに、審査が通るとその場でT-ポイントが付与される場合もあれば、通常還元されるポイントよりも付与までに時間がかかる場合もあるということです。大分経って、忘れた頃に「入会キャンペーン1000ポイント」などと明細書に記載されることも多いでしょう。もちろんこれも、わざと遅らせて付与しているということではなく、キャンペーン終了後に一斉にポイント付与の手続きをする等、事務局側の様々な理由までに処理に時間がかかっているからだそうです。

 

 

キャンペーンのポイントをすぐに使えるつもりで入会しても、いつまで経っても付与されない…という風にならないように、事前にポイント付与のタイミングを確認して、気長に待つようにしましょう!また、最近では期間限定ポイントとして付与されることも多いのでこちらも併せて確認しておきましょう。

電子マネーチャージも付与されるかどうか

還元率も、付与タイミングも、入会キャンペーンもすでに確認済みで、「更にポイントを貯めやすくするには」を検討されている方には、「電子マネーチャージ」でポイントが付与されるクレジットカードについてもチェックしてみると良いでしょう。

 

 

「楽天Edy」「nanaco」「WAON」といった電子マネー機能のついているクレジットカードは、電子マネーチャージ時にも還元ポイントが付与される特典が付いている場合があります。 つまり、電子マネーにチャージするときと、その電子マネーで商品購入するときとで、通常よりも二倍の頻度でポイントが貯められるということですね。特に電子マネーを普段からヘビーに使われている方は絶対お薦めしたいポイント貯蓄方法です!

 

 

ここで注意したいのが、電子マネーチャージ機能が付いているクレジットカードでも、すべてがチャージ時にポイント還元される訳ではないということです。チャージ時にポイントが付くかどうかは同じクレジットカード会社でもカードの種類によって変わってきますので、ご注意ください。

ポイントの理想の使い道は?

続いては、「貯まったポイントをどう使うか?」という点にもフォーカスしてみましょう。そもそも、貯めたポイントをどう有効活用できるのかのイメージがないと、ポイントを貯めようというモチベーションも沸いてきませんよね。ここでは、3つのポイントの理想の使い道についてご紹介します。どの使い道が一番ご自身に合いそうか、是非確認してみてください!

マイルを利用できる環境であればポイントの価値としては一番お得

4d66ce4efd01fb91c68c986fc0dbdf87_s

 

 

「出張や旅行などでJAL、ANAのマイルを良く利用される」 という方は、クレジットカード利用で貯めたポイントをマイルに交換して利用するのが一番お得です。なぜなら、1マイルは大体1.5円~2.0円の価値になるため、1円分のポイント1円をそのまま1マイルに交換できた場合、価値が1.5倍から2倍まで上がるからです。

 

 

ただし、ポイントからマイルの交換レートが必ずしも1円分のポイント→1マイルになるとは限りません。クレジットカードによっては、2円分ポイントで1マイル分の交換であったり、3円分ポイントで1マイル分の交換になることもありますので、マイルへの交換レートが適切かも確認するようにしましょう。

 

 

目安としては、1マイル=1円~1.5円分のポイントで交換できるのなら、マイル交換が最もお得と言えるでしょう。

 

1円分のポイント=1マイルの場合:マイル利用者でしたら、絶対にお薦めです。ポイントの使い道をマイルに集中していくと良いでしょう。

 

1.5円分のポイント=1マイルの場合:出張の多い方や旅行好きな方であればマイルに交換したほうが良いでしょう。特に海外便など長距離の航空券では、マイル単価も高くなってきますので、よりお得に活用できます。

 

2円分のポイント=1マイルの場合:出張の多い方や旅行好きな方であればマイルに交換することによって、有効活用できるでしょう。ですが、直近飛行機のご利用がないという場合は、無理してマイル交換する必要はないかもしれません。

「楽天市場」「 Yahoo!ショップ」、「Amazon」の三大ショッピングモールで

net-shopping

 

 

クレジットカードの中には、「楽天市場」「Yahoo!ショップ」「Amazon」といった三大ショッピングモールと提携しているカードも多くあります。楽天やYahoo!ショップ、Amazonで商品を購入してポイントを貯めつつ、貯まったポイントでまた買い物ができる、という訳ですね。

 

 

楽天、Yahoo!ショップ、Amazonのメリットは商品のレパートリーがとても幅広く、かつ同じ用途の商品も複数のメーカーから選べるので、機能面や価格面など、買い手の優先意識に沿って商品を選べるところです。中にはリアル店舗ではなかなか入手できないようなレア商品もあったりするので、普段からこれらのショッピングモールをご利用されている方には、鉄板の使い道と言えるのではないでしょうか。

 

 

また、購入商品を全てポイントで支払いした場合でも、現金払い同様の扱いとなり、通常通りポイントが付与されたりする場合もあるのでお得です!

普段から良く利用する方は「Tポイント」や「ponta」ポイントなどの共通ポイントを

0615poinec-300x238

 

 

最近は「Tポイント」や「ponta」ポイントが貯まる提携ショップを選んで買い物をされている人が増えてきています。どちらのポイントもコンビニからスーパー、百貨店、本屋や家電、旅行代理店など非常に多岐にわたる店舗やオンラインショップが加盟していますので、出費の多くをポイント還元対象に回したり、ポイントで商品を購入することができます。

 

 

クレジットカードにおいても、Tポイント、pontaポイントと提携しているカードも多く存在します。日常生活において「Tポイント」や「ponta」ポイントをふんだんに使用されている、という方はクレジットカードの還元ポイントがTポイントやpontaポイントに交換して使用できるカードを利用すると、ポイントのお得感をより強く体感できることでしょう。

 

 

因みに、サークルKサンクス(楽天スーパーポイント)とファミリーマート(T-ポイント)は支払いを全てポイント払いした場合でも、購入金額に対してポイントが通常通り付与されるのでポイントを現金払い同様に利用できるのでオススメです!

ポイントをより多く貯めるコツは?

ここ数年における一世帯の平均年間個人消費額は大よそ300万~600万と言われています。仮にこれらの50%をクレジットカードで利用した場合、ポイント還元率が1%としても1.5万~3万円分のポイントが貯まるということですね。

 

 

前述の「ポイントの理想の使い道」と併せて考えると、誰しも「うまく活用しなきゃ損だな」と思うところではないでしょうか。そこで、続いては、「ポイントをより多く貯めるコツ」についてお話していきます。

公共料金の支払いもクレジットカードで

先に「仮に、個人消費の50%をクレジットカードで利用したら」と述べましたが、日常の出費をどんどんクレジットカードで決済していくのに慣れていない人、抵抗のある人もいるかもしれませんね。もちろん、収入を超えてクレジットカード決済してしまっては大変です。収入の範囲内で、無理のないご利用前提で、ポイントを貯めていく方が良いでしょう。

 

 

ですので、「普段日常で支払っている内容のものを、クレジットカード決済できないか」という風に考えてみるのです。当たり前のように現金で払っていたものが、クレジットカード決済できて、ポイント貯蓄につなげられることは、実は結構あったりします。その中でも代表的なのが、電気やガスといった公共料金の支払いです。実は、これらの支払いもクレジットカード決済できるケースがあるのです。

 

 

「そうは言っても、クレジットカード決済への切り替えの方法は結構大変なんじゃないの?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、一度契約しているガス会社や電力会社のHPをご覧になってみると良いでしょう。結構簡単に、HP上から切り替え作業ができることが多くあります。

 

 

公共料金というと、毎月の支払いが1万~数万になるという方もいらっしゃるでしょう。それらの支払いもクレジットカード決済に変えてしまえば、その分ポイントも貯まるのです。しかも、一回切り替えてしまえば、あとは自動で貯まっていくので、これは利用しない手はないでしょう。

自動車税や固定資産税といった税金もクレジットカード払いで

クレジットポイント1

 

 

日常的に支払うお金でクレジットカード決済できるのは、公共料金だけではありません。自動車税や固定資産税、NHK受信料、水道代金といった各種税金もクレジットカード払いできるケースがあるのをご存知でしょうか。これらの税金の徴収を行う自治体の多くは、「Yahoo!公共料金」のサービスを使っているところが多く、「Yahoo!公共料金」のサイトからクレジットカード決済の設定をすることができるのです。以下「参考」でご紹介する、「Yahoo!公共料金」のサイトにて、お住まいの地域がYahoo!公共料金のサービスを使っているかの確認も可能です。一度チェックしてみると良いでしょう。

 

参考: Yahoo!公金支払い – インターネットで税金支払い、ふるさと納税

 

【注意点】

Yahoo!公共料金で支払う場合、別途手数料が必要になる場合があります。ポイント還元と差し引いた時にマイナスになる場合は、支払い日を延ばすという目的以外の方は結果的に損することになるので気を付けましょう!

 

「残念ながら、自分の住んでいる地域はYahoo!公共料金に加盟していなかった…」という方も、諦めるのは尚早です。お支払いの税金をコンビニ決済にして、その際に電子マネー支払いをすると良いでしょう。とは言っても、税金のコンビニ支払い自体で、ポイントが付与されることはありません。ですが、電子マネーチャージするときにポイントが付くクレジットカードを持っていれば、チャージ時にポイントが付与され、結果的に税金の支払いでもポイントを貯めていけることになるのです。

 

 

因みに、セブンイレブンで電子マネーのnanacoを利用して税金や公共料金を支払えることができるのは有名な話です。nanaco利用者の方はクレジットチャージして支払うだけで利用金額分のポイントを獲得できるので、自動車税や固定資産税など、年間で結構大きな税金の支払いがあるという方は、是非試してみると良いのではないでしょうか。

 

 

nanacoへのクレジットチャージする場合のおすすめクレジットカードはこちらで紹介しています。

DSCF15291
クレジットカードや電子マネーなど利用して、効率よくポイントを貯める節約志向の強い方必見です! ご存知の方

電子マネーチャージも最大に利用

prepay_emoney_brand

 

 

ポイントをより多く貯めるコツ その2でも紹介しました「電子マネーチャージ」ですが、公共料金や税金のコンビニ決済するという以外にも、電子マネーの使用用途は広範囲に渡ります。まさに食材や雑貨、ちょっとしたコンビニでの買い物等──これらをすべて電子マネーで利用するとしたら(すでにそのようにご利用されている方も多いでしょうが)、1ヶ月内でも結構な額になるのではないでしょうか。

 

 

1)-4でも紹介しましたとおり、「楽天Edy」や「nanacoチャージ」、「WAONカード」といった電子マネー機能のついているクレジットカードは、電子マネーチャージ時にも還元ポイントが付与される特典が付いている場合がありますので、ここでポイントの二重取り(少し言葉が良くないかもしれませんが)ができることになります。

 

 

「ポイントをより効果的に貯めていきたい」という方には、電子マネー機能のついているクレジットカードを使いながらの、電子マネーチャージ&購入を活用するのが、とってもお薦めです。

ポイントが貯まる&貯めやすいお薦めのクレジットカード

ここまでポイントの理想の使い道、ポイントを効果的に貯めるコツについてお話してきましたが、更に「ポイントを貯めるうえでお薦めのクレジットカード」をご紹介していきたいと思います。

 

 

新しくクレジットカードを入手された際に、「ポイントをもっと有効に貯めたかったのに、このクレジットカードでは対応していなかった…」であったり、「ポイント還元の効率が低かった…」ということがないように、是非チェックしてみてください。

「楽天カード」

 

初めに紹介するクレジットカードは、楽天カード株式会社の発行する、楽天カードです。楽天カードマンのCMでおなじみの知名度No.1のクレジットカードです。楽天市場をよく使う方にとっては「必須のカード」と言えるでしょう。

 

楽天カードをお薦めする理由としては、以下が挙げられます。

 

ポイント還元率はどこで利用しても1%、
楽天市場での利用で還元率が4%になること
入会キャンペーンでのポイント数が5000~8000P
100円=1ポイントで月額合計金額に対してポイント付与で切捨が最少で済む
提携店舗がとても多く、ポイントの使い道が幅広い
電子マネーチャージ(楽天Edy)対応
JCB選択ならnanacoチャージでも満額ポイント付与
2ポイント単位~ANAマイルへ交換可能

比較的幅広い層で、ポイント貯蓄と貯めたポイントの活用が期待できるクレジットカードと言えるでしょう。とてもお薦めのクレジットカードです。

 

楽天カードの申込・詳細はこちら

 

「オリコザカードポイント(Orico Card THE POINT)」

55423-THE-POINT-M

 

続いてのご紹介は、株式会社オリエントコーポレーションが発行する、「オリコザカードポイント(Orico Card THE POINT)」です。オリコザカードポイントも、楽天カード同様年会費が初年度、2年目以降ともに無料で、ポイント利用対象のオリコモール経由で、Amazonでのショッピングもできるのが魅力のクレジットカードです。

 

オリコザカードポイントをお薦めする理由としては、以下が挙げられます。

 

オリコモール利用においては、還元率が最大17.5%!
入会後半年間は、還元率2%!
入会後のキャンペーンが豊富で、最大18,500円分のポイントを貯めることも
モバイルSuica・SMART ICOCAなどクレジットチャージでポイント満額付与
ANA、JAL両方のマイル移行が可能 

オリコザカードポイントもまた、ポイント高還元、入会キャンペーンの充実さ、電子マネー対応、Amazonショップでの利用可能──といったように、ポイントを貯めやすい、お手頃なクレジットカードです。貯めたポイントはnanacoポイントへの交換もできますので、日常で幅広い活用シーンをイメージできる方も多いのではないでしょうか。

 

オリコザカードポイントの申込・詳細はこちら

 

「アメックスゴールド」

charge_gold_jp_di_480x304

 

最後にご紹介するのは、アメリカン・エキスプレス・インターナショナルが発行する、「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)」です。「ステータスの高いクレジットカードと言えばアメックス」と言われるくらい、ブランド力の高いクレジットカードでほとんどの方がご存知でしょう。

 

 

「アメックスでもポイントって貯まりやすいの?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。アメックスのポイント還元率は1%と、他の国内発行のクレジットカードと同様の還元率であり、それ以外に以下のような特典、メリットがあるのです。

 

・入会キャンペーンにて、対象加盟店でのカード利用ごとに2,000ボーナスプレゼント※最大30回(60,000ポイント)まで

・貯めたポイントはマイルやホテルグループのポイントをはじめ、楽天、Tポイントなどのポイント・プログラムへ移行が可能

・ANAマイル(年間80000マイルまで)、スカイマイル(デルタ航空)は上限なしでマイル還元率1%で交換できます!

※メンバーシップリワードプラス加入時(年/3240円)

貯まったポイントはアメックスならではの、高級感ある厳選アイテムに交換することも可能です。

 

 

300x250_rcpgold_fyf

 

 

一昔前では「アメックスゴールドを持っているか」がひとつのステータスでもあったくらいだったのですが、現在では比較的入手しやすくなってきており、20代の方でもアメックス・ゴールド保持者が増えてきているようです。「以前からアメックス・ゴールドに興味があった」という方は、ポイント貯蓄プランと併せて、検討してみてはいかがでしょうか。

 

アメックスゴールドの申込・詳細はこちら

まとめ

さて、ここまでで「クレジットカードのポイントを貯めるポイント、コツ」、「ポイントの理想の使い道」、そして、「ポイントが貯まりやすいクレジットカード」をご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。

 

 

クレジットカードのポイントは、「知っているだけで、そしてちょっと意識するだけでどんどん効果的に貯まっていく」ものです。今回皆さんはそれらを知ることができたのではないでしょうか。そして、あとは「ちょっとの意識と行動」で、ポイントは今よりもっと貯まっていくことでしょう。今回の記事をお読みになられた皆さんが、より効果的にポイントを貯めて、活用できることを応援しています!

 

 

後悔しないためのクレカ選び、当サイト一押し!楽天カードがおすすめ!

 

Pocket