dカードとdカードGOLDの違いを比較!ドコモ利用者はゴールド一択!

Pocket

 

携帯キャリア大手のドコモが発行するdカードと、上位カードとなるdカードGOLD

 

ドコモのユーザーにとって大きなメリットのあるクレジットカードとなっているほか、ローソン・マクドナルドでの3%割引の優待を受けることができるお得なクレジットカードとなっています。

 

dカードは年間1回以上の利用で年会費実質無料で利用することが可能となっていますが、dカードGOLDは年会費税別10,000円が必要なカードとなっています。

 

dカードGOLDはdカードの上位カードとなっていますので、dカードには無い特典を利用することが可能となっています。

 

しかし、年間1万円のコストの差を埋めるほどのサービスの差が、両者のカードにはあるのでしょうか?

 

今回は、dカードとdカードGOLDを多様な角度から比較して、サービスの違い・差となる部分を徹底検証していきましょう。

 

 

dカードはどんなカード?

携帯キャリア大手のドコモが発行する、ベーシックなプロパーカードとなるのが「dカード」です。

 

dカードでは、カードの利用でdポイントを貯めることが可能となっているほか、ローソン・マクドナルドでの3%割引優待を受けることができるお得なクレジットカードとなっています。

dカード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費

本会員:初年度・無料 2年目以降・税別1250円

家族会員:無料

還元率 1.0%

 

dカードの年会費は初年度無料・2年目以降税別1,250円となっていますが、年間1回でもカードの利用があれば年会費無料で利用できる年会費実質無料のカードとして利用することができます。

 

dカードにはdポイントカード機能も付帯しており、マクドナルドなどのdポイントクラブ加盟店でポイントを貯めることが可能となっています。

 

dカード利用者の声

ここでは、実際にdカードを利用している方の口コミを覗いてみましょう。

 

ポイントがどんどん貯まり、入会して3か月で5,000ポイントを貯めることができました。iDも利用することができるので、コンビニなどでもポイントを貯めることができるのも嬉しいです。

 

ポイント還元率は良い。コジマでも利用することができるのが個人的には嬉しいポイント。

 

ドコモの携帯料金の1,000円に対して10ポイント還元があるので、毎月お得。

 

このように、dカードを実際に利用した方の口コミを確認してみると、ポイント還元に喜ぶ方の声を多く見かけることができます。

 

dカードでは、ローソン・マクドナルドでの3%割引の特典だけではなく、家電量販店のコジマでの3%割引に加えて、2%のポイントを貯めることができますので、合計5%の還元をうけることができます。

 

また、dカードには後払い式電子マネーのiDも搭載されていますので、電子マネーとの併用でもお得にポイントを貯めることができるのですね。

 

dカードの詳細・お申込みはこちらから

dカードGOLDはどんなカード?

dカードの上位カードとして発行されているのが「dカードGOLD」です。

 

dカードGOLDでは、ドコモケータイ料金の10%ポイントバック・最高10万円のドコモケータイ補償など、ドコモケータイをお使いの方に嬉しい特典が数多く用意されています。

dカードGOLD

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費

本会員:税別10,000円

家族会員:無料

還元率 1.0%

 

dカードGOLDでは、カードの特典としてdポイントクラブの上級会員・ゴールドステージに自動的にランクアップする特典があります。

 

ゴールドステージ特典としては、ドコモケータイ料金の10%のポイント還元や、様々なシーンで利用することができるクーポンのプレゼントなどのお得な特典が用意されています。

 

dカードGOLD利用者の声

続いては、dカードGOLDを実際に利用した方の声を聞いてみましょう。

 

海外旅行に行くので、補償とポイント還元率で探しました。海外旅行でも使えるクーポンがあり、これから期待したいですね。

 

家族分け合いで毎月2万円以上の携帯料金を支払っていますので、年会費以上のポイントは確実です。

 

年間100万円以上の利用があり、優待券で10,800円分もらえるので、実質年会費無料といった感覚で利用することができます。

 

dカードとdカードGOLDの大きな差となっているのが、dカードGOLDのドコモケータイ料金10%還元のメリットです。

 

本会員だけではなく、家族カードに登録した家族の携帯料金も10%還元の対象になりますので、家族でドコモを利用している方にはマストのクレジットカードとなっています。

 

また、dカードGOLDでは年間の利用金額に応じた特典があり、ドコモの様々なサービスで利用することができる10,800円〜21,600円のクーポンを獲得することができます。

 

dカードGOLDの詳細・お申込みはこちらから

dカードとdカードGOLDを6項目で徹底比較

ドコモの発行するdカードと、上位カードとなるdカードGOLD。

 

当然、ゴールドカードであるdカードGOLDでは、dカードには無いサービスが数多く用意されていますが、具体的にはどの部分がサービスの差となっているのでしょうか?

 

ここでは、dカードとdカードGOLDを6項目の様々な角度から比較して、サービスの差となる部分を検証してみましょう。

基本情報

まずは、dカードとdカードGOLDの基本情報を比較してみましょう。

 

 

dカード

dカードGOLD

年会費

初年度:無料

2年目以降:税別1,250円

税別10,000円

家族会員

無料

無料

ETC

無料

無料

還元率

1.0%

1.0%

旅行保険

最高1億円

空港ラウンジ

ゴールドカード

専用デスク

 

まず、目を引く違いとなっているのが年会費の違いです。

 

dカードでは、2年目以降も年間1回以上のカードの利用があれば年会費が無料になる、実質年会費無料のカードとして利用することができます。

 

対して、dカードGOLDでは年会費税別10,000円となっていますので、コスト的には大きな違いがあるのですね。

 

年会費がかかる代わりに、dカードGOLDでは最高1億円の旅行保険・空港ラウンジサービスなどの付帯サービスが用意されています。

 

以下では、さらに詳しく付帯保険・付帯サービスの違いを比較していきましょう。

付帯保険

dカードとdカードGOLDでは、付帯保険に大きな差があります。

 

ここでは、両者の付帯保険の違いを比較してみましょう。

 

 

dカード

dカードGOLD

国内旅行保険付帯条件

利用付帯

死亡・後遺障害(国内)

最高5,000万円

海外旅行保険付帯条件

自動付帯

死亡・後遺障害(海外)

最高1億円

家族特約(海外)

最高1,000万円

乗継遅延費用(海外)

2万円

ショッピング保険

年間100万円

年間300万円

 

このように、付帯保険で両者のカードを比較してみると、大きな差があることが分かりますね。

 

dカードGOLDでは、最高1億円の海外旅行保険で、最高1,000万円の家族特約・航空機の遅延費用などの補償が含まれており、プラチナカード級の手厚い補償をうけることができます。

 

また、ショッピング保険の補償金額も年間300万円とパワフルな補償内容になっていますので、お買い物の際にも安心して利用することができるのですね。

付帯サービス

やはり、一般カードとゴールドカードの大きな違いになってくるのは、付帯サービスの内容の差となってきます。

 

つまり、ここでのサービスの差がどのようにあるかで、dカードGOLDが年会費分の価値があるカードなのかを判断することができるのですね。

 

それでは、dカードとdカードGOLDの付帯サービスの違いを比較してみましょう。

 

 

dカード

dカードGOLD

空港ラウンジ
サービス

ゴールドカード
専用デスク

dポイント
クラブ

ブロンドステージ

ゴールドステージ

お買い物優待

ローソン3%オフ

マクドナルド(iD)3%オフ

ノジマ3%オフ

ローソン3%オフ

マクドナルド(iD)3%オフ

ノジマ3%オフ

ケータイ補償

購入から1年間・
最高1万円まで補償

購入から3年間・
最高10万円まで補償

 

このように、dカード/dカードGOLDでは、付帯サービスの内容に大きな違いがあります。

 

dカードGOLDには空港ラウンジサービス・ゴールドカード専用デスクと言った、ゴールドカードに嬉しい付帯サービスが充実しています。

 

dカード/dカードGOLDではドコモケータイ補償が嬉しいメリットとして利用することができますが、dカードGOLDではdカードの10倍の補償額をカバーしています。

 

dカード/dカードGOLDではdポイントクラブの会員ランクが優遇される特典がありますが、dカードGOLDでは最上位のゴールドステージに自動でランクアップする特典があります。

 

ゴールドステージの特典としては、

 

dポイントクラブクーポン
スペシャルクーポン
プレミアムクーポン

 

このような、ドコモのサービスでお得に利用することができる特典が多く用意されているのが特徴となっています。

審査基準

dカードとdカードGOLDを審査基準で比較してみると、やはりゴールドカードであるdカードGOLDの方が審査のハードルは高くなっています。

 

まず、両者のカードを申込資格で比較してみましょう。

 

dカード

高校生を除く18歳以上の方

dカードGOLD

20歳以上で安定した収入のある方

 

このように、両者のカードを比較してみると、申込資格の時点で違いがあることが分かるかと思います。

 

また、dカードGOLDではゴールドカード独自の審査基準で審査が行われますので、ある程度審査に自信のある方でないと申込みの難易度は高くなってしまうかも知れません。

 

しかし、口コミ情報で調査をしてみると、dカードGOLDの審査通過率も高いものになっており、ステータスカードや銀行系のゴールドカードに比較すると審査に通過しやすくなっています。

券面デザイン

dカードとdカードGOLDの券面デザインを比較してみると、一見してわかる違いは券面の色の違いとなっています。

 

 

 

dカードの券面デザインはシルバーのデザインになっていますが、dカードGOLDは一見してゴールドカードとしてわかるゴールドのデザインとなっています。

 

また、dカード/dカードGOLDともに、通常デザインポインコデザインを選択することができますので、好みに合わせてデザインを選択することができますね。

 

 

ドコモユーザーのメリット

dカードとdカードGOLDの大きな差となっているのは、ドコモユーザーの方のメリットの差となっています。

 

それぞれ、ドコモケータイ料金・ドコモ光の料金に応じてポイント還元をうけることができるメリットがあります。

 

dカードではドコモケータイ料金の1%・dカードGOLDでは10倍の10%がポイントバックされるメリットがあるのですね。

 

dカード/dカードGOLDでは、端末の分割料金などを除く携帯電話料金からポイントが還元されます。

 

ですので、月間1万円程度の携帯料金の支払いがある方の場合、ポイント還元の差だけで年会費の元を取ることが充分に可能となっているのですね。

dカードとdカードGOLDの入会キャンペーンを比較

dカードとdカードGOLDでは、それぞれカードの入会・利用でお得にポイントをもらうことができるキャンペーンが開催されています。

 

dカード/dカードGOLDでは、キャンペーンで獲得することができるポイント数にも大きな違いがあります。

 

ここでは、両者のカードのキャンペーンで獲得することができるポイント数を確認してみましょう。

 

dカード

最大5,000円相当

dカードGOLD

最大10,000円相当

 

このように、dカードGOLDでは、dカードの2倍のポイントを入会キャンペーンのプレゼントで獲得することが可能となっています。

 

dカードGOLDの年会費は税別10,000円となっていますので、キャンペーンのプレゼントを考慮すると、初年度年会費無料でお試しをすることが可能となっているのですね。

 

各カードのキャンペーン期間は、2017年4月1日〜2017年6月30日までの期間限定となっています。

 

お得にカードを手に入れることができるチャンスとなっていますので、このキャンペーンの機会にカードを手に入れてみてはいかがでしょうか。

 

▽dカードのキャンペーン詳細、お申込みはこちら

 

▽dカードGOLDのキャンペーン詳細、お申込みはこちら

dカードGOLDには年間の利用金額によってプレゼントがある?

dカードGOLDの大きなメリットのひとつとなっているのが、年間のカード利用金額に応じたプレゼントをもらうことができる点です。

 

年間の利用金額100万円で10,800円相当・200万円以上の利用で21,600円相当のクーポンがプレゼントされますので、年会費以上のプレゼントを獲得する事も可能となっています。

 

年間の利用金額でプレゼントされるのは、

 

ドコモケータイクーポン
d fashionクーポン
dトラベルクーポン
dTVターミナルクーポン

 

このように、ドコモの様々なサービスで利用することができるクーポンを獲得することができます。

 

dカードGOLDをメインカードとして利用すれば、使えば使うほどお得になるカードとなっているのですね。

dカードとdカードGOLD、結局どちらがお得なカード?

今回は、dカードとdカードGOLDのサービスの違い・差を様々な角度で比較してみました。

 

dカードGOLDでは、年会費に税別10,000円のコストが必要になってくるものの、上質なサービス・ドコモユーザーへのメリットが用意されている事がお分かり頂けたかと思います。

 

ここでは、比較内容を検証して、それぞれのカードがおすすめとなる方を解説していきましょう。

カード保有にコストをかけたくない方はdカード

年間1回でもカードを利用することで、年会費無料で利用することができるdカード。

 

実質年会費無料のカードでありながら、dポイントを貯めやすい特典様々な特約店での割引優待などの特典を受けることができます。

 

ローソン・マクドナルド・コジマでのカード利用では、3%オフの還元に加えてカードのポイントも貯めることができますので、合計3%〜5%程度の還元をうけることができます。

 

dカードというと、ドコモユーザーでしか申込みをすることができないカードと思っている方も多いかも知れませんが、ドコモユーザーの方以外にも申込みをすることができるカードとなっています。

 

年会費無料でお得に利用することができるカードをお探しの方にとっては、おすすめのカードとなるのではないでしょうか。

ドコモユーザーの方はdカードGOLD一択

ドコモケータイをお使いの方が大きなメリットをうけることができるゴールドカードがdカードGOLDとなっています。

 

ドコモケータイ料金の10%をポイントバック、さらに最大10万円までのドコモケータイ補償など、ドコモケータイをお使いの方には間違いなくお得なカードとなっています。

 

dカードGOLDでは、家族カードの方でもポイントバック・ケータイ補償の特典をうけることができますので、家族でドコモケータイをお使いの方にはお得に利用することができます。

 

また、ドコモユーザーに関するメリットだけではなく、手厚い付帯保険や空港ラウンジサービスなどのゴールドカードとしての特典も満載となっています。

 

年間の利用金額によってお得な特典をうけることもできますので、ドコモユーザーの方は即決で決めるべきカードとなっています。

目先の年会費だけではなく、お得に利用できる特典を計算してカードを比較しよう

ドコモが発行するdカードと、上位カードとなるdカードGOLD。

 

dカードは実質年会費無料のカードとして利用することができるカードとなっていますので、コストだけで比較してしまうとdカードを選択する方が多いでしょう。

 

しかし、

 

ドコモケータイ料金でのポイントバック
ドコモケータイ補償
ドコモのサービスで利用できる様々なクーポンのプレゼント

 

このようなドコモユーザーへのメリットを考えると、dカードGOLDは年会費以上のメリットのあるゴールドカードであると言えます。

 

通常カードとゴールドカードを比較する際には、お得に利用できるメリットで比較をすることが重要となっているのですね。

 

Pocket