visual_011
Pocket

 

個人で利用するクレジットカードと違い、法人で利用するクレジットカードは、どうしても使用する金額が大きくなる関係上、少しでも高い限度額であることが望ましいと思います。

 

 

限度額が高ければ高いほど、クレジットカードが利用できるシチュエーションが広がり、結果として、支払いがスムーズになることはもちろんのこと、購入した金額によるポイント分の利益を受けることができたり、売掛取引ができない相手先にも、現金を用意しなくても購入できる(特に交際費等)といったメリットを受けることができます。

 

 

今回は、そんな限度額を少しでも上げるためのコツと、おすすめの法人カードをご紹介いたします。

 

 

限度額の仕組みとは

ca238b4ae8827ce3841d29bdabc9f761_s

 

 

まず、クレジットカードの「限度額」の仕組みからおさらいしておきましょう。

 

 

限度額とは、そのクレジットカードで利用できる最大の金額のことを指します。普段からたくさんの金額を利用する方はご存知かと思いますが、限度額の事を勘違いしている方も多いので簡単に説明いたします。

 

例えば、9月末締め、10月末支払いのクレジットカードの限度額が50万円の場合、9月1日から10月末まで利用できる金額が50万円となります。

 

 

よく、締日毎に利用できる金額が限度額と思われてる方が多いので気を付けましょう。因みに私は、限度額=締日毎に利用できる金額と勘違いしていた1人です(笑)

 

 

よって、このクレジットカードでは約2ヵ月間で50万円までしか利用できないということになります。

 

仮に、限度額いっぱい50万円利用していても、支払日に50万円引き落とされれば、また、50万円まで利用することができます。

 

 

ただし、リボ払い等で支払日に1万円(利息分除く)しか返済していなかった場合、49万円分は利用中ですので、1万円までしか利用することができませんので注意が必要です。

限度額が高いことで得られるメリットは?

では、限度額が高いと、どのようなメリットを受けることができるか、確認してみましょう。今回は、法人カードのご紹介ですので、法人ならではのメリットについてもご紹介します。

得られるポイントが高い

法人で利用する場合、個人で利用するよりも高額な取引が多くなります。そのため、クレジットカードで支払う金額も、高額となり得ます。

 

 

例えば、限度額50万円と限度額100万円のクレジットカードがあったとして、ポイント還元率がどちらも1%であった場合、すべて一括返済とすると、限度額50万円のクレジットカードでは、5,000ポイント分しか貯めることができませんが、限度額100万円のクレジットカードですと、10,000ポイント分貯めることができます。

 

 

1か月でこのポイント差ですので、これが1年続くと、60,000ポイントもの差が生じることとなります。限度額50万円のクレジットカードを利用して、残りは掛取引等の信用取引にしてしまうと、年間60,000ポイントも損をすることとなるのです。

経費の多い会社の場合、支払いが伸ばせる

クレジットカードの支払いサイトは、カード会社によって異なりますが、最長64日間まで支払いを延ばすことができます。

 

 

支払日を延ばせることによって、急な出費でどうしても資金繰りが厳しいといった場合や、売掛取引等で入金サイクルが間に合わない場合に、キャッシュを減らさなくて済みます。

年度末の節税のために

売り上げが上がりすぎて、支払わなければならない税金が多くなりそうな年度末に、経費を使用して利益を抑えるという方法をとるケースもあると思いますが、クレジットカードの限度額が高いと、普段、あまり取引のない企業から消耗品等を購入するというような、通常であれば、現金で支払わなければならない相手先に対する支払いも、支払いを先送りにした状態で費用を計上することができます。

限度額の高いおすすめの法人クレジットカード

ここからは、限度額の高い法人クレジットカードをご紹介いたします。

セゾンプラチナビジネス・アメリカンエキスプレスカード

visual_011

 

 

セゾンプラチナビジネス・アメリカンエキスプレスカードは、セゾンカードとアメリカン・エキスプレスカードのタイアップで誕生したクレジットカードです。

 

 

年会費は、20,000円とプラチナカードの中では非常に安価なクレジットカードとなっておりますが、さらに年間200万円の利用で年会費が10,000円まで減額される仕組みとなっています。

 

 

 

IMG_3634-1024x768

 

 

限度額は、100万円から1,000万円(原則500万円までとなっていますが、利用実績によって1,000万円まで増額可能です)となっており、支払いは、月末締めの翌々月4日払いとなっています。(最長64日)

 

 

年会費が非常に安価ながらも、プライオリティパス無料付帯・コンシェルジュが利用できるといった、プラチナカードとしての優待を備えています。

 

 

ポイントの還元率は0.5%と低めですが、JALマイル還元率1.0%で貯めることができる「SAISON MILE CLUB」に無料で登録することができ、さらに永久不滅ポイントも獲得できるので、貯めたポイントをJALマイルに交換すれば、最高1.125%のマイル還元率となります。

 

 

また、2回程度連続で限度額まで利用すると、カスタマーセンターが限度額UPの相談にかなり前向きな姿勢で乗ってくれます。最短パターンとなれば、電話先で簡易審査をしてくれて、その電話内で100万円単位で上げてくれます。後日審査結果を郵送されるパターンでも、OKなら書類が届く前に管理画面内で利用可能額が増えます。個人的には、利用実績をしっかり積み、支払い実績さえできれば、他のカードより早く限度額を上げることが出来ると思います。

 

 

セゾンプラチナビジネスアメックスは、限度額を早く上げたい方やJALマイルを効率よく貯めたい方におすすめのクレジットカードとなっております。

 

セゾンプラチナビジネスアメックスの詳細・公式サイトはこちら

 

%e3%82%bb%e3%82%be%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%81%e3%83%8a%e3%80%80300x250

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

img_4335

 

 

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、アメックスが発行する法人用ゴールドカードです。年会費は26,000円と他のゴールドカードと大差はありません。

※現在、初年度年会費無料キャンペーンが開催中です。

 

 

限度額は、審査結果に基づき個別に設定されますが、カード到着時の設定額は80万前後となっています。ただ、こちらもセゾンプラチナビジネス同様に利用実績を積めば圧倒的な速さで限度額が上がっていきます。

 

 

img_4336

 

 

 

因みに、上記の画像は、私が2013年11月に加入から3~4ヶ月後の明細書です。1月21日~3月20日の2ヵ月間で約1000万円利用できました、デポジット(事前入金)は一切していません。このように、アメックス法人ゴールドカードは利用実績をしっかり積めば申込後3~4ヶ月間でも限度額1000万までは上げられるということが分かりましたね!

 

 

上記でも少し記載していますが、現時点での限度額がいっぱいになっても、その後にデポジットとして入金することで、クレジットカードで決済することが可能になり、さらに利用した金額に対してもポイントも獲得できます。キャッシュが潤沢にある会社でしたら、利用分のポイントも付与されるのでデポジットもお得な利用方法と言えますね。なお、支払いは、利用者により異なり、カード発行時に個別に通知される形になっています。

 

 

アメックス法人ゴールドカードは、限度額1000万近く利用される方、デポジットを利用したい方、ステータス重視の方におすすめのクレジットカードです。

 

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの詳細・公式サイトはこちら

 

sbs_fyf_300x250

JCBプラチナ法人カード

1600024400 プラチナ法人 FCUG&B

 

 

JCBプラチナ法人カードは、JCBが発行する法人カードの中で、もっともランクの高いプラチナカードとなっています。年会費は、カード使用者1名までなら30,000円、1名追加ごとに6,000円追加となっています。

 

 

このカードを選ぶ最大の理由は、カード発行時に初回から150万円以上の限度額となる点です。初回の限度額が100万円未満に設定されているカードが多い中、最初から限度額が150万円以上というのは大きなメリットですね。また、最高額については、個別に設定されることとなっています。支払いは、毎月15日締めの翌月10日払いとなっています。(最長55日)

 

 

JCBのプラチナカードだけあって、コンシェルジュデスク等、プラチナカード取得者しか利用できないサービスが利用できるとともに、法人利用を見越して、他のクレジットカードよりも高い限度額が設定されています。

 

 

JCBプラチナ法人カードは、初回から限度額100万円以上利用したい方、ブラックカードに近いデザインが好きな方におすすめのクレジットカードです。

 

JCBプラチナ法人カードの詳細・公式サイトはこちら

 

オリコビジネスカードGold

card-oricobusinesscardgold_l

 

 

オリコビジネスカードGoldは、オリコが発行する法人用ゴールドカードです。年会費は2,000円+税(初年度年会費無料)とゴールドカードの中では格安のクレジットカードとなっています。

 

 

限度額は、10万円から1,000万円(1法人で最大20枚まで発行可能で、その総利用可能枠が1,000万円)となっており、支払いは、月末締めの翌月27日払いとなっています。(最長57日)

 

 

1法人当たり、最大20枚までのクレジットカードを発行できるのが特徴で、1枚当たりのカード利用枠を設定できるため、各支店用にクレジットカードを発行し、経費管理するといった活用方法も可能となっています。

 

 

オリコビジネスカードGoldの詳細・公式サイトはこちら

 

オリコ エグゼクティブ ゴールドフォービズ (個人事業主向け)

orico_ex_biz_m_card

 

 

オリコ エグゼクティブ ゴールドフォービズは、オリコが発行する個人事業者向けのゴールドカードとなっています。年会費は、初年度が無料で2年目から2,000円と、こちらもゴールドカードの中では格安のクレジットカードとなっています。

 

 

限度額は、10万円から最高300万円となっており、支払いは、月末締めの翌月27日払い(最長57日)となっています。

 

 

個人事業者向けのクレジットカードとなっていますので、法人用のクレジットカードよりも限度額は低いものの、1年間の利用金額に応じて翌年度から最大1.2%の還元率でポイントを貯めることが出来ますので、節約志向やポイント重視の方の事業主の方にはおすすめの1枚です。

 

オリコ エグゼクティブ ゴールドフォービズの詳細・公式サイトはこちら

 

新規の法人カードの限度額を上げるコツとは?

580b3720f5770b5ecb7ea999b8435be5_s

 

 

どうしても、新規の法人カードの場合は信用が低いため、限度額が比較的低い金額に設定されてしまいます。そのため、クレジットカードを活用したメリットがなかなか受けにくいのですが、それを少しでも解消できるコツをご紹介します。

メインとなるクレジットカードを毎月、限度額いっぱいまで利用する

まずは、メインとする法人クレジットカードを決め、それを毎月、限度額いっぱいまで利用してください。毎月、きちんと支払いを行ったうえで、3か月~半年程度でカスタマーセンターに限度額について交渉すると、たいていの場合は信用ができていますので、他に信用を下げるようなことがなければ、増額に応じてもらえるはずです。

限度額増額まで待てない場合

すぐにでも限度額を増額してほしくても、増額できない場合は、サブとする法人クレジットカードを用意してください。メインのクレジットカードを限度額まで利用した後、不足分をサブのクレジットカードで支払うことによって、限度額増額までの期間をしのぐことができます。また、サブ法人カードと併せることで同時に利用実績が積めて、どちらの限度額も上げることが出来ます。

 

ただし、この方法を利用する場合は、必ず、発行会社がことなるクレジットカードを用意してください。同じ発行会社の場合、2枚のカードの利用総額が限度額までということになるおそれがあります。また、支払いサイクルが近い(理想はまったく同じ)クレジットカードを用意しなければ、支払いが煩雑となり、信用を構築している期間であるにも関わらず、遅延等のリスクが高くなります。

まとめ

限度額=締日後~支払日までの合計金額
キャッシフローが良くなる
利用実績をしっかり積めば6ヶ月以内に限度額1000万円まで上げれる
法人サブカードも同時利用する!

今回は、限度額の仕組みから限度額を確実に上げる方法やおすすめの法人カードの説明をしてきましたがいかがでしたでしょうか?

 

 

限度額の仕組みは意外に知らなかったり、勘違いされてる方が多いので、この機会に覚えておくといいですね。

 

 

法人でクレジットカードを利用する場合は、金額の多さから還元されるポイントが多くなったり、節税のための支出を容易にできたりと、非常にメリットがあります。

 

 

また、個人事業主の場合でも、クレジットカードを活用することで受けられるメリットには変わりありませんので、法人・個人問わず、上記の経営者の方には、限度額の高いクレジットカードをご用意しておくことをおすすめいたします。

 

 

当サイトで1番おすすめする限度額が高く・上げやすい法人カードはこちら⇒

%e3%82%bb%e3%82%be%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%81%e3%83%8a%e3%80%80300x250

 

 

法人カードの審査基準や利用した場合のメリットなど説明しているページは下記よりご覧いただけます。

visual_011
個人で利用するクレジットカードと違い、法人で利用するクレジットカードは、どうしても使用する金額が大きくなる関係上、少しでも高い限度額であることが望ましいと思

 

ポイント還元率の高いおすすめの法人カードなど説明しているページは下記よりご覧いただけます。

orico_ex_biz_m_card
個人事業主として事業を自ら起業して頑張っているビジネスマンの方は、やはり経理管理も自分自身で行っている方が多いでしょう。そうした個人事業主の方のサポートをし

Pocket