5e827a4a6f1b27c1089a934252cc74d7_m
Pocket

 

昨晩のアメトークではケンコバさんは飛行機に乗らなくても生活の中のショッピングだけでもマイルが貯めれるという話から、実はマイル好きで100万マイル(地球5周分)貯まっているという話をしていました(笑)

 

コンビニやタクシー、デリバリー○○○で使えるホテル(笑)など用途に合わせてクレジットカードを使い分けているのは驚きました!

 

またそのシーンを見て、クレジットカードを利用してマイルを貯めようかな?なんて思い「クレジットカード+マイル」で検索した方も多いのではないでしょうか?

 

そんな少しでもクレジットカードでマイルを貯めたいと思った方に、実際にマイルを貯める前に知っておいた方がいいポイントをまとめてみました。

 

 

1.マイルの有効期限

1de77452430e02ac5b125bf07e5d3e7c_m

 

みなさんもご存じのとおり日本の航空会社でマイルを貯めれるのはANA(全日空)JAL(日本航空)の2社となります。その他のマイルを貯める場合はデルタ航空ユナイテッド航空のスカイマイルやマイレージプラスでしょうか?

 

各航空会社のマイルの有効期限はこのようになります。

ANA・JAL

マイルを獲得した日から3年

デルタ航空・ユナイテッド航空

デルタ航空のマイレージプログラムのスカイマイルで貯めたマイルの有効期限は無期限です。

 

ユナイテッド航空のマイレージプログラムのマイレージプラスで貯めたマイルの有効期限は最後に獲得した日から18ヶ月となります。

ただマイレージプラスが貯まるクレジットカードを利用すれば毎月マイルが貯まりますので実質無期限です。

注意点

ANA・JALのマイルには3年という有効期限があります、普段から飛行機などを利用される方なら貯めたマイルを使うことができると思いますが、年間で50万円もクレジットカードを利用しない方にはANA・JALのマイルは3年間でよく貯まって15000マイル前後なので国内の特典航空券が1人分使えるかどうかです。それでも問題ない方には大丈夫ですが、もし使い切れなくて有効期限が過ぎた場合は何も残らないので注意した方がいいでしょう。

 

またデルタ航空やユナイテッド航空のスカイマイルやマイレージプラスをクレジットカードで貯める場合、有効期限はないので継続して貯めていければいつかは特典航空券で国内・海外旅行などいくことができますね!

2.特典航空券で必要なマイル数と利用できる人

90fd57cd40c9332a8546f7b21e4330c0_s

 

クレジットカードで貯めたマイルは基本特典航空券に交換するのが一番メリットが高いです、有効期限間近でマイルが残っている場合、座席のアップグレードなどに使うこともできます。

また提携ホテルの宿泊券や商品など特典航空券以外にも使い道があります。

 

特典航空券に交換する場合に必要なマイル数はシーズンなど各航空会社のマイレージプログラムによって異なります。

ANAで特典航空券を交換する場合のマイル数

ANAの2016年のシーズンはこのようになります。

 

L(ローシーズン):1/5~2/26、4/1~4/27、12/1~12/22

R(レギュラーシーズン):2/27~3/17、5/10~8/9、8/23~11/30

H(ハイシーズン):1/1~1/4、3/18~3/31、4/28~5/9、8/10~8/22、12/23~12/31

 

国内

東京発→沖縄以外 

L (ローシーズン):12,000
R (レギュラーシーズン):15,000
H (ハイシーズン):18,000

 

東京発→沖縄

L (ローシーズン):14,000
R(レギュラーシーズン): 18,000
H (ハイシーズン):21,000

国内線の詳細はこちらよりご確認ください。

 

 

64be1bd04e855cb7942e69d7987a43d4_s

 

海外

日本→ハワイ

  L R H
エコノミー 35000 40000 43000
ビジネス 60000 65000 68000
ファースト - - -

ハワイ以外の国際線の必要マイルチャート詳細はこちらよりご確認ください。

 

マイルが利用できる人

貯めたマイルで特典航空券に変えた場合に使えるのは、会員ご本人様、会員の配偶者、会員の2親等以内の親族の方です。

JALで特典航空券を交換する場合のマイル数

JALのディスカウントマイルおよびJALカード割引キャンペーン設定期間

2016年4月1日(金)~2016年5月31日(火)
(除外日:2016年4月28日(木)~2016年5月9日(月))

 

2016年12月1日(木)~2017年2月28日(火)
(除外日:2016年12月23日(金)~2017年1月4日(水))

 

国内

東京発→沖縄含む距離

JALカード割引:11,500
ディスカウントマイル:12,000
通常マイル:15,000

 

東京発→石垣
通常マイル:20,000 のみ

国内線の詳細はこちらよりご確認ください。

 

海外

日本→ハワイ

  通常マイル ディスカウントマイル JALカード 割引
エコノミー 40000 - 39000
プレミアムエコノミー 60000 - -
ビジネスクラス 80000 - -
ファースト 100000 - -

ハワイ以外の国際線の必要マイルチャート詳細はこちらよりご確認ください。

 

マイルが利用できる人

貯めたマイルで特典航空券に変えた場合に使えるのは、会員ご本人様、会員の配偶者、会員の2親等以内の親族の方です。

デルタ航空(スカイマイル)で特典航空券を交換する場合のマイル数

 

日本の提携航空会社はスカイマークとなり1年中同じマイル数でご利用いただけます。

※デルタ航空の会員になっていないとスカイマークはご利用できません。

 

国内

 

  必要マイル数(往復)
羽田-神戸
神戸-鹿児島
神戸-長崎
神戸-那覇
神戸-茨城
福岡-那覇
15000マイル
羽田-新千歳
羽田-那覇
羽田-鹿児島
羽田-福岡
羽田-熊本
羽田-長崎
茨城-新千歳
中部-新千歳
中部-那覇
神戸-新千歳
20000マイル

 

注意:実際には、スカイマークは上記以外の路線にも就航していますが、現在スカイマイルのマイルを使って特典航空券で乗れるのは、上記路線だけになります(上記の対象路線は予告なしに変更されることがあります)

 

海外
日本→ハワイ エコノミークラス(往復) ビジネスクラス(往復)
レベル 1 60000マイル 100000マイル
レベル 2 75000マイル 130000マイル
レベル 3 95000マイル 160000マイル
レベル 4 110000マイル 200000マイル
レベル 5 130000マイル 235000マイル

 

マイルが利用できる人

貯めたマイルで特典航空券に変えた場合に使えるのは、会員ご本人様、会員の配偶者、友人、恋人、どなたでもご利用できます。

ユナイテッド航空(マイレージプラス)で特典航空券を交換する場合のマイル数

ユナイテッド航空の交換マイル数はセーバー特典とスタンダード特典にわかれます。

 

セーバー特典とは

セーバー特典にはご利用いただける座席数の制限があるため、ご利用客数の多い一部のフライトではご利用いただけないことがあります。 一部の提携航空会社では、座席数やご利用可能日が制限される場合があります。

 

スタンダード特典とは

フライトで、ご利用いただける座席数が拡大され、座席数制限の対象となっております。特定のフライトではご利用いただける座席が限られるため、スタンダード特典のほうがセーバー特典よりもご利用いただける空席があります。

 

ANAより安いマイル数!?

またユナイテッド航空はスターアライアンスに加盟していることから、国内線の提携便はANAをご利用することができます。

提携便のANAを利用する場合ANAの必要マイル数よりも低いマイル数で特典航空券が使えるのはかなりメリットが高いです!

 

国内
  必要マイル数(往復)
東京/羽田 – 大阪 10000マイル
東京/羽田 – 札幌 10000マイル
東京/羽田 – 沖縄 15000マイル
東京/羽田 – 石垣 15000マイル

※日本国内の特典旅行(国際線との接続がないもの)は、ご旅行の60日以内、少なくとも4日前までにご予約いただく必要があります。当該旅行の航空券は、発行日から90日間有効です。

 

海外
日本→ハワイ セーバー特典 スタンダード特典
エコノミークラス往復 50000マイル 50000マイル
ビジネスクラス往復 80000マイル 100000マイル
ファーストクラス往復 125000マイル 160000マイル
マイルが利用できる人

貯めたマイルで特典航空券に変えた場合に使えるのは、会員ご本人様、会員の配偶者、友人、恋人、どなたでもご利用できます。

特典航空券に必要なマイル数のまとめ

ANA・JAL・デルタ航空・ユナイテッド航空の国内で特典航空券に交換に必要なマイル数と国際線の例で日本→ハワイに必要なマイル数をまとめてみました。また航空会社によってシーズンだったり、マイルで利用できる席数が限られていたり様々な特徴がありました。

ここまでで分かった大きなポイントは3つです。

・国内線はユナイテッド航空が1番必要マイル数が低い

・ハワイまではANAが1番必要マイル数が低い

・デルタの特典航空券の必要マイルは高い

3.特典航空券を交換した際にかかる諸費用

52858616c4926ccf9d26850a4f574856_s

 

クレジットカードで貯めたマイルを特典航空券に交換すればそれ以外経費はかからないと思っている方は注意してください。

各航空会社によって特典航空券とは別に諸費用がかかる場合があります。

ANA・JALの場合

貯めたマイルを国内線の特典航空券として利用する場合、別途経費が掛かることはありません。

国際線の特典航空券に交換する場合は目的地までの往復分の燃油サーチャージと旅客施設使用料+現地の出入国税が必要となります。

 

また国際線の特典航空券をANA・JALのカスタマーセンターに電話予約する場合は、航空券1件につき2000円+税の手数料が必要となるので覚えておくといいですね。

デルタ航空・ユナイテッド航空の場合

デルタ・ユナイテッド航空では国際線の特典航空券を利用する場合の燃油サーチャージがかかりません。

 

国内線の特典航空券で利用する場合は提携便となりますが、各ホームページから予約すれば手数料がかかることはありません。

ただ国内線・国際線ともにユナイテッド・デルタ予約センター経由で予約した場合航空券1枚につき25ドルが手数料が必要となります。

※デルタ航空の場合、ゴールドメダリオン会員は手数料が免除されます。

※ユナイテッド航空の場合、プレミアプラチナ、プレミア1K 、ユナイテッド・グローバルサービス会員は手数料が免除されます。

 

マイレージプラスでは21日以内の特典航空券を予約する場合緊急発券手数料として75ドル必要になります。

ゆとりをもって予約すれば特に気にするところではないですが、覚えておくといいですね。

4.1か月の生活でクレジットカードの利用額はいくら?

6c1b4cda275b476265733e20157a70ec_s

 

普段の生活でクレジットカードを利用してマイルを貯める場合、自分が毎月どれくらいクレジットカードを利用するかによって変わってきます。

また現在、現金払いしてるものをクレジットカード払いに変えるだけで1年間で貯まるマイル数がカードによっては変わってきます。

生活費の中でクレジットカードで支払えそうなもの

・食費(カード払いができるスーパー) 約30000円

・携帯代 約10000円

・ドラッグストアの生活雑貨 約5000円

・コンビニの買い物(タバコなど) 約5000円

・インターネット通信費 約5000円

・生命保険 約10000円

・光熱費(ガス・電気代) 約15000円

・ガソリン代 約10000円

 

ざっくりですがこれだけでも約90000円です。洋服代や外食費など加えると1ヵ月で10万円以上はクレジットカードで支払うことが可能になってくるのではないでしょうか?家賃がクレジットカードで払えるなら毎月20万円分のマイルを貯めることができます!

5.マイルが貯まりやすいクレジットカードは?

各航空会社のマイルの貯めやすいクレジットカードの年会費の違いやマイル還元率の違い、入会キャンペーンなど特徴を簡単にまとめてみました。

ANA VISA Suicaカード

01_px250

 

年会費:初年度無料 2年目:2000円+税

マイル還元率:1%(10マイルコースを選択した場合)

マイル移行手数料:年間6000円+税

※自動移行コースと都度移行コースがあります。

▼現在のキャンペーンの詳細と申込はこちら▼

 

ANA VISA Suicaカードの詳しい情報や裏技はこちら↓

01_px250
年間3240円のコストで高還元率でマイルを貯める事が出来るカードです! 基本飛行機に搭乗しずにマイルを貯めるならANAがおすすめ!!

 

JALカード

card_jal_visa

 

年会費:初年度無料 2年目:2000円+税

マイル還元率:1%(ショッピングマイル・プレミアム入会した場合)

ショッピングマイル・プレミアム:年間3000円+税

※100円で1マイル貯まるプランです。

 

▼現在のキャンペーンの詳細と申込はこちら▼

 

JALカードの詳しい情報や裏技はこちら↓

cf_r_visa
ポイント付与条件が四捨五入、50円でも1マイル付与! ETC利用分でもショッピング同等のマイルが貯まる

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード

5e929dc912b3416e287fb6099cf836aa

 

年会費:12000円+税

マイル還元率:1.3%(年間100万以上の利用でボーナスマイル3000マイル)

更新特典:2000マイル

▼現在のキャンペーンの詳細と申込はこちら▼

300x250_cl

 

▼年間200万以上の利用される方におすすめ!▼

マイル還元率1.5%のゴールドカード

01_px240
デルタ航空のサービスを優先的に利用できるゴールド上級会員資格とスカイチームエリートプラスに、アメックスプラチナカード並の手厚いサービスが付いた旅行者

MileagePlus(マイレージプラス)セゾンカード

o0800052213037103452

 

年会費:1500円+税

マイル還元率:1.5%(マイルアップメンバーズ入会時)

マイルアップメンバーズ入会:5000円+税

※1000円=15マイル貯まります。

▼現在のキャンペーンの詳細と申込はこちら▼

 

MileagePlus(マイレージプラス)セゾンカードの詳しい情報や裏技はこちら↓

4285801 UAマイレージ一般AMEX_表
「 マイルをコツコツ貯めて海外旅行に行く 」 その為に作られたカード!! 過去にマイルを失効してしまった、、、有効期限を気

マイルが貯まるクレジットカードのまとめ

この4つのクレジットカードの年会費・マイル還元率・マイル有効期限・特典航空券に必要なマイル数などトータル的に見て数字上一番メリットが高いのはMileagePlus(マイレージプラス)セゾンカードとなります。ユナイテッド航空のマイレージプラスは国内線を提携便のANAで沖縄以外ほぼ10000マイルで利用できて、海外の特典航空券の必要なマイル数もデルタ航空ほど多くなくマイル有効期限もないので物凄いメリットの高いカードだと思います。

 

マイルが貯まりやすいランキングも参考に↓

airp2
クレジットカードで貯めたポイントを、マイルへ交換することが1番還元率が高くなる事はご存知でしょうか? マ

 

アメックスが好きな方はこちらも↓

01_px240
クレジットカードの国際ブランドのアメリカンエクスプレスが提携しているゴールドカードの中でどのカードがマイルを貯めやすいか比較してランキング形式にしてみました

6.まとめ

クレジットカードでマイルを貯める時に気をつけるポイントやマイルの貯めやすい各航空会社のクレジットカードの紹介をしてきましたがいかがでしたでしょうか?

各航空会社によって特徴が違うため、よく理解してからどこのマイルを貯めるか決めた方がより早く特典航空券に交換できます

 

最後にこの記事の内容で覚えてほしいポイント↓

・ANA,JALの有効期限は3年

・デルタ航空・ユナイテッド航空はマイル有効期限が無期限

・デルタ航空・ユナイテッド航空の特典航空券は誰にでも使える。

・国内の特典航空券を最小必要マイル数はユナイテッド航空

・マイルが効率よく貯まり・1番効果的にマイルを使えるのはMileagePlus(マイレージプラス)セゾンカード

マイルをこれから貯めようと思う方、少しでも参考にしていただければと思います。

 

Pocket