Pocket

 

空の旅を楽しむ人の為に発行されているクレジットカードが「アメックススカイトラベラー」です。

 

アメックススカイトラベラーには上位カードとして「スカイトラベラープレミアム」が発行されており、より上質なサービスをうけることができます。

 

しかし、アメックススカイトラベラーとスカイトラベラープレミアムには、具体的にどのようなサービスの違いがあるのでしょうか?

 

スカイトラベラープレミアムはアメックススカイトラベラーの上位カードですので、単純にサービスだけを比較すると優れているのは当たり前だといえますが、年会費の差を埋めるほどのサービスの違いがあるのでしょうか?

 

今回は、どちらのカードを作った方がお得になるのか、アメックススカイトラベラーとスカイトラベラープレミアムを様々な項目で徹底比較していきましょう。

 

 

アメックススカイトラベラーはどんなカード?

アメックスのプロパーカードとして発行されている「アメックススカイトラベラー」。

 

アメックススカイトラベラーの利用で貯めたポイントは簡単に各航空会社のマイルに移行することが可能となっており、航空機の利用が多い方には非常にメリットの多いカードとなっています。

 

ポイントの有効期限が無期限になっており、実質無期限でマイルを貯めることができるのも大きなメリットとなっています。

 

 

アメックススカイトラベラー

 

amex_skytraveler_card

 

年会費:本会員 税別10,000円 家族会員 税別5,000円

マイル付与率:1.0%

 

貯まったポイントを各種航空マイルに便利に交換することが可能となっており、通常マイル還元率1.0%でのカード利用をすることができるアメックススカイトラベラー。

 

提携航空会社の航空券などの購入では、通常の3倍・3.0%のマイル還元をうけることも可能となっています。

 

また、空港ラウンジサービスをはじめとした空港サービスにも優れており、海外出張の多い方、家族旅行で海外に頻繁にでかける方にはメリットの多いカードとなっています。

アメックススカイトラベラーの利用者の声

ここでは、実際にアメックススカイトラベラーをご利用中の方の声を聞いてみましょう。

 

100円で1マイルが貯まるので、マイル系のクレジットカードの中では還元率はかなり良いと思います。ポイントの有効期限が無いのも嬉しい。

 

毎月の支払をアメックススカイトラベラーに集中しており、半年で1万マイルくらい貯まります。実家が飛行機でしか行けない場所なので、帰省時に助かっています。

 

このように、実際にアメックススカイトラベラーを利用している方からもマイルの貯まりやすさに満足している声を多くみることができました。

 

▼現在のキャンペーンの詳細の確認・申込はこちら▼

sky_classic_300_250

スカイトラベラープレミアムはどんなカード?

スカイトラベラープレミアムは、アメックススカイトラベラーの上位カードとして発行されているカードです。

 

アメックススカイトラベラーのサービスをさらに充実させたカード構成になっており、頻繁に航空機を利用する方にはメリットの多いクレジットカードとなっています。

 

スカイトラベラープレミアム

 

imgres

 

年会費:本会員 税別35,000円 家族会員 税別17,500円

マイル付与率:1.0%

 

アメックススカイトラベラーの基本的な機能を、さらに魅力的にしたものがスカイトラベラープレミアムです。

 

特に提携航空会社などでのポイント優遇は通常の5倍となっており、ますますマイルを貯めやすいカードとして利用することが可能となっています。

 

アメックスのプレミアムカードらしい上質な空港サービスをうけることができるのも、スカイトラベラープレミアムの大きなメリットとなっています。

スカイトラベラープレミアムの利用者の声

続いては、スカイトラベラープレミアムを実際に利用されている方の声を聞いてみましょう。

 

カードマニアなので、カードフェイスだけでも入会した価値あり。保険もアメックスのゴールドカード並みで満足です。

 

飛行機にたくさん乗る予定だったので作ったが、年間60万円くらい飛行機に乗るなら維持してもお得かも。

 

スカイトラベラープレミアムはアメックスのゴールドカード扱いになるステータス性の高いカードとなっており、比較的年会費も高めとなっています。

 

その年会費の差分のメリットを感じている方は多くいらっしゃるのですね。

 

▼現在のキャンペーンの詳細の確認・申込はこちら▼

sky_premier_300_250

アメックススカイトラベラーとスカイトラベラープレミアムを徹底比較!

通常カードと上位カードという関係性から基本的なカードの特徴としては同一となる、アメックススカイトラベラーとスカイトラベラープレミアム。

 

ポイントを便利にマイルに交換することが可能となっており、提携航空会社の航空券の購入などでは3倍/5倍のポイント優待をうけることが可能となっています。

 

以下では、さらに様々な視点からアメックススカイトラベラーとスカイトラベラープレミアムの2枚のカードを比較してみましょう。

基本情報

まずは、アメックススカイトラベラーとスカイトラベラープレミアムの基本情報を比較していきましょう。

 

 

アメックススカイトラベラー

スカイトラベラープレミアム

年会費

税別10,000円

税別35,000円

家族会員

税別5,000円

税別17,500円

ETC

無料

無料

マイル還元率

1.0%

1.0%

旅行保険

最高3,000万円

最高5,000万円

空港ラウンジ

有り

有り

 

このように、基本情報のみで比べると、アメックススカイトラベラーとスカイトラベラープレミアムでは、年会費の開きが気になる点になっています。

 

当然、上位カードであることから、付帯されるサービスにも違いがあるのはもちろんのことですが、3倍以上の年会費を埋めるメリットとはどのような部分になってくるのでしょうか。

 

さらに踏み込んで両者のカードのサービスの違いを比較していきましょう。

付帯保険

アメックススカイトラベラーとスカイトラベラープレミアムの基本情報を比較した時に、差を見ることができるサービスは付帯保険です。

 

ともに国内外の旅行保険が利用付帯になっており、国内旅行保険ではアメックススカイトラベラーが最高2,000万円スカイトラベラープレミアムが最高5,000万円となっています。

 

以下では、海外旅行保険の詳細を比較してみましょう。

 

 

アメックススカイトラベラー

スカイトラベラープレミアム

死亡・後遺傷害

最高3,000万円

最高5,000万円

傷害治療

最高100万円

最高100万円

疾病治療

最高100万円

最高100万円

救援者費用

最高200万円

最高200万円

携行品損害

最高30万円

最高30万円

賠償責任

最高3,000万円

最高3,000万円

家族特約

最高1,000万円

最高1,000万円

 

両者のカードを比較すると、差があるものとしては死亡・後遺傷害に2,000万円の補償の差があるのみとなっています。

 

付帯保険の差だけでは、年会費分の差を埋めるのは難しくなってくるでしょうね。

 

また、共通する補償として航空機の遅延補償などをうけることが可能となっていますので、まとめておきましょう。

 

乗継遅延費用

最高2万円

出航遅延・欠航・搭乗不能費用

最高2万円

受託手荷物遅延費用

最高2万円

受託手荷物紛失不要

最高4万円

 

このように、空の旅を楽しむ方の為のカードと言われているアメックススカイトラベラー/スカイトラベラープレミアムには共通のサービスとして空港での遅延補償なども提供されています。

 

日本では考えられないほどの航空機の遅延がある海外での利用の際には心強い付帯保険となりますよね。

アメックススカイトラベラーとスカイトラベラープレミアムを付帯サービスで比較

通常カードと上位カードを比較した時に、その違いが顕著に発生するのが付帯サービスです。

 

ここでは、アメックススカイトラベラーとスカイトラベラープレミアムの付帯サービスを比較してみましょう。

 

 

アメックス

スカイトラベラー

スカイトラベラー

プレミアム

空港ラウンジ

手荷物無料宅配サービス

空港パーキング割引

アメリカン・エキスプレス・

セレクト

アメリカン・エキスプレス・

トラベルオンライン

カーシェアリングサービス割引

海外デスク

トラベル・サービス・ロケーション

オーバーシーズアシスト

×

 

アメックススカイトラベラー/スカイトラベラープレミアム双方のカードともに、空港サービス関連の付帯サービスが充実しています。

 

スカイトラベラープレミアムにのみ付帯するサービスとして「オーバーシーズアシスト」という付帯サービスが用意されています。

 

オーバーシーズアシストでは、海外での急病やケガの場合に病院や医師の紹介や手配を行ってくれるサービスとなっています。

 

緊急時に頼れる人も少ない海外でのトラブル時に非常に役立つ付帯サービスとなりますよね。

アメックススカイトラベラー/スカイトラベラープレミアムでポイント3倍・5倍にする方法

ポイントの通常還元率、付帯保険、付帯サービスともに大きな違いの無い、アメックススカイトラベラーとスカイトラベラープレミアムの2枚のクレジットカード。

 

やはり、最も大きな差となってくるのが提携航空会社の航空券などを購入した時に付与されるポイントの倍率が3倍・5倍と異なってくる点でしょう。

 

それでは、アメックススカイトラベラーでポイント3倍・スカイトラベラープレミアムでポイント5倍でポイントを獲得する条件を確認しておきましょう。

 

アメックススカイトラベラー/スカイトラベラープレミアムで提携航空会社の航空券を購入した場合、ポイント3倍/5倍の対象となります。

 

ポイントアップの対象となるのは、

 

スターアライアンス加盟航空会社
ワンワールド加盟航空会社
スカイチーム加盟航空会社
航空アライアンス未加盟の5社

 

合計26社で、公式サイトなどから航空券を購入した際にポイントアップの対象となります。

 

ポイントアップの対象となるのは、航空券の代金はもちろんのこと、燃油サーチャージなどの諸費用もポイントアップの対象となりますので、効率的にポイントを貯めることができるのですね。

 

ポイントアップの対象となる航空会社が26社となっていますので、ほとんど全ての航空機の利用で3倍/5倍のポイント獲得の特典をうけることができるのが嬉しいですよね。

 

また、提携の航空会社だけではなく、日本旅行・アップルワールドのツアー商品を購入した場合もポイントアップの対象となります。

 

日本旅行アップルワールド のツアー商品を購入する場合には、飛行機を利用したツアーだけではなく、高速バス・新幹線でのツアーもポイントアップの対象となります。

アメックススカイトラベラー/スカイトラベラープレミアムの損益分岐点は?

アメックススカイトラベラーとスカイトラベラープレミアムの最も大きな違いとなるのが、提携航空会社の航空券などを購入した場合のポイント倍率の違いです。

 

アメックススカイトラベラーは3%・スカイトラベラープレミアムは5%と、優待されるポイント倍率に2%の差がありますが、実際の損益分岐点はどの程度になるのでしょうか?

 

計算をしやすいように年会費を税込み価格で計算すると、スカイトラベラープレミアムの年会費37,800円(税込)- アメックススカイトラベラーの年会費10,800円(税込)=27,000円となります。

 

優待ポイントの差は2%となりますので、「27,000円÷2%=135万円」となり、損益分岐は135万円となりますが、マイルの価値は1マイル2円以上の価値があると言われています。

 

ですので、半分の68万円程度がアメックススカイトラベラーとスカイトラベラープレミアムの損益分岐点といえるでしょう。

 

また、マイルの価値は特典航空券に交換する際のシートによっても3円〜5円以上の価値を持つことがあります。

 

40万円程度の利用の場合でもマイルの価値を考えると損益分岐点を超えることもあるのですね。

結局どっちのカードがお得?

アメックススカイトラベラーと、その上位カードとして発行されるスカイトラベラープレミアム。

 

双方のカードで大きな差となっているのは、提携航空会社の航空券などを購入した場合のポイントアップ倍率です。

 

ですので、どちらのカードがお得になってくるかは非常に明確に基準を分けることができます。

航空券などの利用が40万円未満の人はアメックススカイトラベラー

アメックススカイトラベラーとスカイトラベラープレミアムの損益分岐を考えると、マイルの価値が2円〜3円であることを考慮して40万円程度になってきます。

 

提携会社の航空券や日本旅行・アップルワールドでのツアー商品での購入が40万円未満の方はアメックススカイトラベラーでも充分であるといえるでしょう。

 

アメックススカイトラベラーでも、上質な空港サービス・付帯保険などのメリットをうけることは可能となっており、やはり3倍のポイントアップは大きなメリットとなります。

 

旅を楽しむためのクレジットカードとしては、アメックススカイトラベラーでも充分優秀なカードであると言うことができるのですね。

航空券などの利用が40万円以上の人はスカイトラベラープレミアム

逆に、損益分岐点を超える40万円以上をポイントアップ対象の利用で使われる機会のある方はスカイトラベラープレミアムがおすすめであるといえるでしょう。

 

スカイトラベラープレミアムは、アメックスのゴールドカードであると言うステータス性もありますので、厳密に損益分岐点を超えていなくても利用するメリットはあります。

 

旅行保険が最大5,000万円
オーバーシーズアシストが付帯

 

と言った点もスカイトラベラープレミアムの独自のメリットとなっています。

いずれのカードも、マイルを貯めるカードとしては非常に優秀

今回は、アメックススカイトラベラー/スカイトラベラープレアムの双方のカードを様々な観点から比較して分析してきました。

 

ポイントアップの差分の損益分岐点が約40万円程度となっており、それ以上カードを利用される方はスカイトラベラープレミアムの方がお得になっています。

 

ただし、双方のカードともに「空の旅を楽しむ為のカード」というコンセプト通りの優秀なカードとなっています。

 

また、入会キャンペーンとして、

 

アメックススカイトラベラーでは最大10,000マイル相当
スカイトラベラープレミアムでは最大15,000マイル相当

 

のプレゼントをもらうことができますので、入会キャンペーンのプレゼントにも5,000マイル相当の差があります。

 

初年度の双方の差はさらに少なくなりますので、お得なキャンペーンでカードをゲットするのも良いのではないでしょうか。

 

▼マイル還元率3%のスカイトラベラーのキャンペーンの詳細の確認・申込はこちら▼

sky_classic_300_250

 

▼マイル還元率5%のスカイトラベラープレミアのキャンペーンの詳細の確認・申込はこちら▼

sky_premier_300_250

 

【関連記事】

アメックスゴールドとグリーンカードの選び方。メリットと付帯サービスの差を比較!

アメックスグリーンとセゾンゴールドアメックスを比較!おすすめはどっち?

セゾンパールアメックスとセゾンブルーアメックスを比較!

 

Pocket