ブラックカードは究極のステータスカード!日本で発行されてる4枚を比較!

Pocket

 

「ブラックカードを作りたいけどどうすれば良い?」

「本物のブラックカードってどれなの?」

 

クレジットカードの最上位カードとして発行されている「ブラックカード」。

 

最上のサービスと、高級外車でさえも購入することができる限度額を備えていると言われ、ほぼ都市伝説のように噂されているブラックカードのサービス。

 

しかし、ブラックカードのそうした噂は事実として、究極のステータスカードとして発行されているのがブラックカードなのです。

 

今回は、日本で作ることが出来るブラックカード4枚を比較して、本物のブラックカードを探していきましょう。

 

ブラックカードの定義とは?

クレジットカードの最上位カードとしてラインナップされているのが「ブラックカード」です。

 

ブラックカードにはハッキリとした定義がある訳ではありません。

 

一般的な考え方としては、ゴールドカードの上位カードとしてプラチナカードが発行されており、その上位となるカードがブラックカードとして発行されていることが多くなっています。

 

「ブラックカード」と言う言葉のもとになったのが「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード」です。

 

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードの券面デザインは上質な黒基調のデザインとなっています。

 

各クレジットカード会社もその券面の色にならって、最上位となるカードをブラックカードと呼ぶようになったのですね。

 

ただし、全てのブラックカードの券面の色が黒と言うわけではありません。

 

また、中には券面のデザインを黒基調に仕上げた「なんちゃってブラックカード」と呼ばれるカードもあります。

 

ブラックカードを手に入れるためには、基本的にはゴールド・プラチナカードを一定の基準以上利用実績を積み、インビテーションをうけることが必要となっています。

 

通常の申込みでは獲得することができないという特別感も、ブラックカードの価値を高めている要因となっているのではないでしょうか。

 

ブラックカードに求められるものと言えば、究極のステータス性と特別なベネフィットです。

 

そのカードを持っているだけで、他では考えられないほどの特別な体験をすることができるのが、ブラックカードのひとつの定義であると言っても良いのではないでしょうか。

ブラックカードを取得するための条件は?どんな人なら持てる?

単なるクレジットカードとしてのアイデンティティだけではなく、カードを保有することがセレブの証明書とも言えるブラックカード。

 

一説では年収1,000万円〜2,000万円以上の方でないと持つことができない、と言われていますが実際にはブラックカードを持つことが出来る条件はどのようになっているのでしょうか?

 

実際には、一般的な年収のサラリーマンの方でも、ブラックカードを保有している方は少なくありません。

 

ブラックカードを手に入れる為には、ゴールド・プラチナカードを利用してインビテーションを待つ必要があります。

 

また、プラチナカードの取得の為にもインビテーションが必要になってくるカードも多くなっているのですね。

 

インビテーションの基準は各クレジットカード会社によっても変わってきますが、しっかりとしたクレジットヒストリーを積むことが重要となっています。

 

また、クリーンな支払いを継続しているのは最低条件となってきますので、ブラックカードのインビテーションを目指すためには支払い日を忘れないように注意が必要です。

 

しっかりとしたクレジットヒストリーを積むことで、一般的な年収の方でもブラックカードを作成することは決して不可能ではないのですね。

日本で発行されているブラックカード

究極のステータス性と、抜群のベネフィットを誇るブラックカード。

 

クレジットカードを持つものとしては、いつかは持ちたい究極のカードがブラックカードなのですね。

 

ここでは、日本国内で発行することができるブラックカードをご紹介していきましょう。

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード

27

 

年会費 税別350,000円
入会金 税別500,000円
家族会員 無料
ETC 無料
還元率 1.0%
旅行保険 最高1億円

 

元祖ブラックカードとしての究極のステータス性
パーソナル・コンシェルジュで自分だけの専任コンシェルジュが付帯
非公開映画のVIP席の招待など、最上級のベネフィットが付帯

 

高級クレジットカードの歴史はアメックスが作ったと言われており「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード」は元祖ブラックカードとして圧倒的なステータス性を誇るカードです。

 

入会金・初年度年会費を合わせると税込みで100万円弱の費用が必要となっていますが、それでもカードの発行を希望する方は後を絶ちません。

 

その理由となっているのが、アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードにしか実現することができない、最高のベネフィットであることは言うまでもありませんね。

 

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードでは会員ひとりひとりに専任のコンシェルジュが担当し、ユーザーの細かい要望を叶えてくれることができます。

 

また、カード会員だけのプレミアムなイベントも多く、未公開映画のVIP席の招待など、著名なセレブと同じサービスをうけることが可能となっているのですね。

 

参照:アメックスセンチュリオン(ブラックカード)を徹底解説!

ダイナースクラブ プレミアムカード

 

年会費 税別130,000円
入会金 無料
家族会員 無料
ETC 無料
還元率 2.0%
旅行保険 最高1億円

 

24時間対応のコンシェルジュサービスが優秀
ダイニング関連の最強のベネフィット
ダイナースプレミアムはカードで家が買える

 

ハイステータスのクレジットカードブランドの代名詞のひとつともなっている、ダイナースクラブのブラックカードが「ダイナースクラブ プレミアムカード」です。

 

ダイナースクラブ プレミアムカードでは24時間365日対応のコンシェルジュサービスが付帯しており、ホテルやレストランの予約や手配をすることができます。

 

また、コンシェルジュサービスでは、日本未発売の海外商品の買い付けなどを依頼することも可能となっており、非常に幅広い要望を叶えてくれます。

 

ダイナースクラブ プレミアムカードでは、ダイナースクラブと言う名称のとおり、最強のダイニング関連のベネフィットが付帯しています。

 

一見さんお断りの名店や、予約困難な人気店でもコンシェルジュ経由では予約が可能となっており、特別なダイニング体験を楽しむことができます。

 

参照:ダイナースプレミアムを1年で取得した方法!ダイナース徹底解説!

SBIワールドカード

 

年会費 税別150,000円
入会金 無料
家族会員 無料
ETC 無料
還元率 1.0%
旅行保険 最高1億2千万円

 

カード券面に本物のダイヤモンドを使用
ワールドMasterCardの特典を利用可能
プライオリティパスの同伴者利用制限無し

 

Mastercardブランドのブラックカードを手に入れたい方には、SBIカードが発行する「SBIワールドカード」がおすすめです。

 

SBIワールドカードのカード券面デザインには本物のダイヤモンドが使用されており、カードそのものが特別感を演出してくれるカードでもあります。

 

Mastercardの最上位ランクであるワールドランクのカードであるSBIワールドカードでは、上質なワールドMastercardの特別なベネフィットをうけることができます。

 

厳選された最高のレストランでの特典や、世界屈指のゴルフコースでのプレー体験など、最高のベネフィットをうけることができるのですね。

 

また、SBIワールドカードでは、世界の空港ラウンジを利用できるプライオリティパスを同伴者の制限無しで利用することができる特典もあります。

スルガVISA Infiniteカード

 

年会費 税別120,000円
入会金 無料
家族会員 無料
ETC 無料
還元率 1.5%
旅行保険 最高1億円

 

スルガ銀行のプレミアム普通預金で0.1%金利アップ
プライベートジェットのチャーターなどが可能な「VISA infiniteエクスペリエンス」
1つの島を丸ごと貸切することができる「VISA infiniteトラベル」

 

VISAブランドのブラックカードとなる「infiniteカード」を国内で唯一発行しているのがスルガ銀行の「スルガVISA Infiniteカード」です。

 

スルガVISA Infiniteカードでは、スルガ銀行の金利などが優遇されるプレミアムサービスに加えて、カードそのもののベネフィットも最上級のものになっています。

 

年に1回プレゼントをもらえるサービスがあり、イタリアンレストラン プリマヴェーラの2名様のご招待などの特別なプレゼントをゲットすることができます。

 

また、プライベートジェットのチャーターなどを可能にする「VISA infiniteエクスペリエンス」、1つの島を丸ごと貸切できる「VISA infiniteトラベル」などの特別なサービスも提供されています。

 

プライスレスな特別なサービスに関しては、他のブラックカードと比べてもユニークなものとなっており、スルガVISA Infiniteカードだけの特別な体験をすることができるのですね。

実質プラチナランク?格安で持てる最上位カード

ここまでご紹介してきたブラックカードは年会費が10万円オーバーのカードばかりとなっていました。

 

特にインパクトが強いのは、アメックスセンチュリオンの年会費・入会金の約100万円の費用となっています。

 

しかし、中にはそれらのカードに近いサービスを持つ、最上位カードでありながら格安年会費で持つことが出来るカードもあります。

 

実質的にはプラチナカードに分類されるカードとなっていますが、インビテーションを目指す価値はあるのですね。

JCBザ・クラス

 

年会費 税別50,000円
入会金 無料
家族会員 無料
ETC 無料
還元率 0.5%
旅行保険 最高1億円

 

最高クラスのサポートをうけることができるコンシェルジュサービスが付帯
年に1回のメンバーズ・セレクションのプレゼント
厳選ホテルで利用することができる「プレミアムステイプラン」

 

国産のクレジットカード会社の中で唯一国際ブランドを持つ、JCBの最上位カードとして発行されているのが「JCBザ・クラス」です。

 

JCBザ・クラスでは、プライオリティパスや24時間365日対応のコンシェルジュサービスなど、最上級のサービスが用意されています。

 

また、厳選ホテルで利用することができるプレミアムステイプランでは、優待価格でのホテルの利用や特典などをうけることができます。

 

JCBザ・クラスの最も大きな特典と言ってもいいのが、年に1回プレゼントされるメンバーズ・セレクションのプレゼントでしょう。

 

メンバーズ・セレクションのプレゼントでは、東京ディズニーランドの秘密のレストランでの食事券なども用意されています。

 

参照:JCBザ・クラス(JCB the class)の取得方法を徹底解説!

JCBザクラス完全ガイド!オンリーワンのサービスの最強プラチナカード

楽天ブラックカード

 

年会費 税別30,000円
入会金 無料
家族会員 無料
ETC 無料
還元率 1.0%
旅行保険 最高1億円

 

24時間対応のコンシェルジュサービスの付帯
プレミアムステイプランで上質なホテルの優待サービスを利用できる
ダイニング30でレストランのコース料理が30%オフに

 

年会費無料のカードの中でも特に人気の高い楽天カードの最上位カードとなっているのが「楽天ブラックカード」です。

 

楽天ブラックカードでは、国際ブランドにJCBブランドを選択した場合に、JCBの上質なベネフィットを利用することが可能となっています。

 

24時間対応のコンシェルジュサービスのほか、プレミアムステイプランではスイートルームの優待価格での利用などの特典をうけることができます。

 

また、ダイニング30では、厳選された提携レストランでのコース料理が30%オフになるなど、非常にお得な優待サービスを利用することができます。

 

楽天ブラックカードは、楽天市場や楽天トラベルなどの利用でポイントをガンガン貯めることができますので、お得にカードを利用することができるのですね。

 

参照:楽天ブラックカードの実力とは?楽天プレミアムカードとの違いを比較!

ブラックカードを目指すためのクレジットカード

ブラックカードを手に入れるためには、ゴールド・プラチナカードを利用してインビテーションをうけることが必要となっています。

 

ここでは、それぞれのブラックカードを手に入れる為に必要なクレジットヒストリーを積む為のカードを解説していきましょう。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードのインビテーションをうける為に必要なカードが「アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード」です。

 

 

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの利用実績を積むと、まずアメリカン・エキスプレス・プラチナカードのインビテーションをうけることができます。

 

アメリカン・エキスプレス・プラチナカードを年間300万円程度利用を続けると、アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードのインビテーションがある可能性があります。

 

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードを獲得できる年収の目安は1,000万円と言われており、難易度は非常に高くなっていると言っても良いでしょう。

 

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの申し込みはこちら

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブ プレミアムカードのインビテーションをうける為には「ダイナースクラブカード」の利用が必須となります。

 

 

ダイナースクラブカードを年間300万円程度の利用を続けると、ダイナースクラブ プレミアムカードのインビテーションの可能性があります。

 

また、更新時のタイミングでコールセンターに電話することで最短1年でのインビテーションの実績もあり、比較的取得しやすいブラックカードとなっています。

 

ダイナースクラブカードの申し込みはこちら

JCBゴールドカード

JCBザ・クラスのインビテーションをうけるためには「JCBゴールドカード」の取得が必要となっています。

 

 

JCBザ・クラスのインビテーション基準は比較的明確になっており、

 

JCBゴールドカードを2年連続で100万円以上利用するとJCBゴールド・ザ・プレミアのインビテーションが届く
JCBゴールド・ザ・プレミアを継続して100万円以上利用するとJCBザ・クラスのインビテーションの可能性がある

 

このように、ある程度明確に基準が設定されているので、インビテーションを目指しやすいカードとなっています。

 

JCBゴールドカードの申し込みはこちら

楽天プレミアムカード

楽天ブラックカードのインビテーションをうけるためには「楽天プレミアムカード」を取得するのが近道となっています。

 

 

ただし、楽天ブラックカードのインビテーション条件は比較的ハードルが高く、楽天プレミアムカードの年間400万円程度の決済が必要だとか…。

 

楽天プレミアムカードの申し込みはこちら

SBIプラチナカード

SBIワールドカードのインビテーションをうけるためには「SBIプラチナカード」の利用が必要となっています。

 

 

SBIワールドカードのインビテーション基準は公表されていませんが、SBIプラチナカードでしっかりとした実績を積むことがインビテーションの近道となっているのですね。

 

SBIプラチナカードの申し込みはこちら

スルガVISAクレジットカードゴールド

スルガVISA Infiniteカードのインビテーション条件は、他のブラックカードよりも厳しいと言えるかも知れません。

 

スルガVISAクレジットカードゴールドを獲得することが近道になることは間違いありませんが、スルガVISAクレジットカードゴールドのインビテーションの為にはスルガ銀行の上顧客となる必要があります。

 

 

スルガVISA Infiniteカードのインビテーションをうけるためには、スルガ銀行をメインバンクにする必要がありそうですね。

 

スルガVISAクレジットカードゴールドの申し込みはこちら

ラグジュアリーカード(Mastercard Black Card)ならインビ不要!

ブラックカードの取得のためには、プラチナ・ゴールドカードを利用してインビテーションをうける必要があります。

 

インビテーションの為には、少なくとも1年間はゴールド・プラチナカードを利用して、クレジットヒストリーを積む必要があります。

 

しかし、ブラックカード取得の為に、そんなに待てないという方には「ラグジュアリーカード」がおすすめです。

 

ラグジュアリーカードのブラックカードは、カード券面デザインに本物の金属を利用した特別なカードとなっています。

 

 

また、プライオリティパス・コンシェルジュサービスは当然のこと、ダイニングへのリムジンでの送迎サービスなどの特別なベネフィットも用意されています。

 

ラグジュアリーカードはインビテーション不要で申込みをすることができますので、今すぐブラックカードを手に入れたい方にはおすすめできるカードです。

 

ラグジュアリーカード(Mastercard Black Card)の申し込みはこちら

 

参照:Mastercard Black Card(ラグジュアリーカード)の魅力を徹底解説!

ブラックカードには年会費以上の特別なサービスがある!

今回は、各クレジットカード会社の最上位カードとして発行されているブラックカードを特集してご紹介してきました。

 

ブラックカードの年会費は平均して10万円オーバーと、決して安くはありませんが、年会費以上の特別なサービスをうけることができます。

 

値段だけでは測ることができない特別なサービスを提供しているブラックカードも多く、カード会員だけの特別な体験をすることができるのですね。

 

ブラックカードを手に入れる為には、ゴールド・プラチナカードを利用してインビテーションを受ける必要がありますが、それだけの苦労をしてでも、確実に手に入れる価値のあるカードであると言えるのですね!

 

Pocket