visual_01
Pocket

 

プラチナランクのクレジットカードの中には、全てがインビテーション制(招待)では無く、自分で申込できるクレジットカードがあります。

 

 

そんな、申込めるプラチナカードの中に、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードというカードがあります。

 

 

今回は、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴を始め、審査基準の詳細、メリット・デメリットなど徹底解説していきましょう。

 

 

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードとは

visual_01

 

アメリカン・エキスプレスと提携してクレディセゾンが発行、運営しているセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードです。

 

 

ビジネスカードとして発行されているこのカードは、クレディセゾンの特典はもちろんのこと、アメリカンエキスプレスの優遇も同様に受けられます。

 


そしてアメリカンエキスプレスがダイレクトに発行するプラチナカードよりも、さらに会費も安く、しかもインビテーション(招待状)が無くても作ることが出来る様々な特典が満載のセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードです。

コストパフォーマンスに優れた年会費

4f69ed82a3248fa786b1a95fdb929f89_s

 

アメリカンエキスプレス・プラチナカードの年会費は136,500円に対し、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレス・スカードの年会費は21,600円と割安です。

※1年間で200万円以上の利用で次年度の年会費が10,800円になります。

 

 

アメリカンエキスプレス発行のプラチナカードとの優遇特典に多少の違いはありますが、年会費が安くてもプラチナ会員のサービスが受けられる、コストパフォーマンスに優れたプラチナ・ビジネス・カードなのです。

コンシェルジュサービス

_MG_8885

 

プラチナカードを持つことでその価値を最も体感できる一つとして、専任のスタッフによる「コンシェルジュサービス」があります。24時間365日休むことなく、通話料無料でどんなことでも対応してくれます。

 

 

カードに関するお問い合わせはもちろんのこと、国内・海外ホテルの予約や旅行プランの相談、旅行先のレストランやスパニング、ショッピングなどのガイド、航空券や乗車券などの手配、祝辞や花などのギフトの手配なども行ってくれます。

プライオリティ・パス

IMG_3677

 

400以上の都市、120以上の国や地域で700ヵ所以上の空港ラウンジを利用できる通常年会費が399$のプレステージ会員の「プライオリティ・パス」に年会費無料で登録できます。

 


ほぼすべての空港ラウンジで飲み物(ソフトドリンクやお酒)、食べ物(スナック菓子やフルーツ)の他にも、FAXや電話、インターネット、新聞、雑誌、一部のラウンジではシャワーなども利用できます。

海外・国内旅行傷害保険の付帯サービス

多忙なビジネスシーンの日常では、多忙さゆえに病気や事故にあうこともあるでしょう。世界中をめぐるビジネスマンのもしもの時の備えとして、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレス・スカードはしっかりとサポートしています。旅行のたびに最高1億円の傷害保険が付帯されます。

盗難保険も付帯

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードには安心の盗難保険が付帯されています。

 


 
この盗難保険は具体的に説明すると、保有しているセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを万が一、落としてしまったり失くしてしまったりした場合に、その損害額を補償してくれるものです。

 


つまり「クレジットカードを誰かに使われてしまった」という時の損害を、保険でカバーしてくれるのです。これもセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの魅力の一つではないでしょうか。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスカードはこんな人におすすめ

ビジネスカードは一つで管理したい!
海外でも安心して使えるカードが欲しい!
手厚いコンシェルジュサービスを受けたい!
飛行機乗らずにマイルが貯めたい!
プラチナカードを持ちたい!(アメックス)

ビジネスに特化した至高のプラチナカード

 


アメリカンエキスプレスの手厚く行き届いたサービスと、クレディセゾンの永久不滅ポイントも貯まる賢いビジネスカードなので、カードを複数持ち合わせている人でも、この特別なビジネスプラチナカードは、そのステータスと利用価値を存分に体感できることでしょう。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスカードの審査基準は?

check dollars

 

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードにおいて、気になる審査基準ですが、発行資格は原則として以下のようになっています。

 

 

個人事業主、株式会社や有限会社などの経営者の方から正社員の方まで、ビジネスパーソンなら申込可能。申込に登記簿謄本等は不要。しかし申し込み可能な枠が具体的すぎるために分かりづらい方も多いと思います。

 


そこでどんな方がセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを申し込む事が可能なのでしょうか。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを申し込める人

基本的には個人事業主や会社経営者などのビジネス用プラチナカードとなっていますが、このカードの申込自体は学生・未成年を除く電話連絡可能な方で社会人であれば誰でも可能です。

 

 

会社経営者、会社役員、個人事業主フリーランス、正社員、公務員

 


 
以上のように経営者や役員などではなくても申し込むことが出来るクレジットカードなため、審査基準としては普通に働いている一般の方でも申し込むことが出来ます。

 

 

また立ち上げて1ヵ月の株式会社などの法人でも会社の電話番号があるだけで審査に通ったケースもございます。

 

 

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードと比較すると、アメックスゴールドカードは申込資格が25歳以上・日本国内に定住所をお持ちの方・日本国内で定職、定収入をお持ちの方と公式サイトに記載されています。まず、この申込資格とセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの申込資格を比べただけでもどちらが、審査が通りやすいかすぐにわかりますね!

 

 

300x250_rcpgold_fyf

メリットやデメリットは?

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードには、プラチナカード特有のメリットは豊富にあります。しかし年会費が安い分、安いだけのデメリットもわずかにあります。

メリット

プラチナカード内最安値の年会費

プラチナカードならではのコンシェルジュサービスなど様々な優遇や特典が満載で、しかも盗難保険も付帯されています。そのプラチナカードを年21,600円で持つことが出来ます。さらに、年間200万以上の利用で翌年度の年会費が10800円になります。

 

 

インビテーション不要のプラチナカード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、インビテーション(招待状)が無くても作ることが出来ます。

 

 

通常、プラチナカードといえば、クレジットカード会社からインビテーション(招待状)が送られて来ますが、このセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードはインビテーションが無くてもカードを申し込むことが出来ます。

 

 

ですのでインビテーションが無くとも誰でも申し込みが可能なプラチナカードなのです。

 

ショッピングだけならJALカードよりJALマイルが貯まります。

GTRSO148

 

SAISON MILE CLUB に登録するとショッピングで貯まる永久不滅ポイントが自動的にJALマイレージプログラムのポイントに自動移行できます。またプラチナ会員特典として永久不滅ポイントも同時に貯まるのでより早くJALマイルが貯めやすくなります。還元率が最大1.125%まで上がりショッピング利用時ではJALカードゴールドカードと比較しても高くなります。

 

1000円利用=JALマイル10マイル
2000円利用=永久不滅ポイント1ポイント

※永久不滅ポイント200ポイント=JAL500マイルに交換

 

限度額は目一杯使い続ければすぐにあがります。

IMG_3634-1024x768

 

申込完了後、最初の限度額は80~100万円程度ですが、会社の経費や接待交際費などで使い続けるとどうしても枠が足りなくなってしまいます。限度額を2ヵ月連続で支払い続けた後にコールセンターに増額希望をしてみると支払い遅延がない限り、100万単位で増額してもらえることもあります。

 

 

因みに、限度額は利用実績に応じて最大1000万円も可能です!

 

4枚まで追加カードの発行が可能です。

別途年会費が必要になってしまいますが、同じビジネスプラチナカードを「4枚まで追加カードが発行できる」のです。小中規模の企業を例に取れば、経営上に決定権のある役員に持たせるという使い道があります。
※18歳以上の社員、または本会員様と生計をともにする18歳以上(高校生を除く)の同姓のご家族様が対象です。
※追加カード年会費:3,000円(税抜)

デメリット

デメリットと言うよりも安い年会費ですので、サービスにも限界があります。

 

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、傷害保険の対象者が「本人のみ適応」ということです。


カード会社は生命保険の会社ではないので、こればかりは仕方のないことだと思います。ですので追加カードで保有している方は対象外になるということです。

 


強いてデメリット言えばこれくらいでしょう。

ビジネス・アメックスカードの入会キャンペーン

カード入会キャンペーン開催中!


特典:入会翌々月末までに50万以上利用すると、永久不滅ポイント2,000ポイント(1万円相当)プレゼント!

※セゾンの永久不滅ポイント(1万円相当)も貰えるこの機会はチャンスです!

まとめ

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、プラチナカードとしては「格安の年会費」が魅力ですね。わずか年21,600円の年会費で利用出来るのは国内最安値です。

 


プラチナカードが欲しいというステータスを求める方や、プラチナカードならではの各種保険やコンシェルジュサービスなどの付帯サービスを求める方には最適のクレジットカードと言えるでしょう。

 

 

セゾンプラチナビジネスアメックスは、年会費の安いプラチナカードを探している方、年間200万円以上カードを利用する方、負けず嫌いで他人と差をつけたい方におすすめです。是非、参考にしてみて下さいね。

 

 

セゾンプラチナビジネスアメックスの公式サイトはこちら

 

Pocket