preview
Pocket

 

2016年9月1日に「楽天ゴールドカード」が低年会費ゴールドカードとして登場しました!

 

 

楽天カード、楽天プレミアムカードに次ぐ第3の楽天ゴールドカードのスペックや特典が気になる方は多いでしょう。

 

 

 

今回は、そんな楽天ゴールドカードの特徴を徹底解説し、楽天カード、楽天プレミアムカードとの違いなど比較しました。ゴールドカードを探してる方は是非参考にしてください。

 

 

楽天ゴールドカードの特徴

preview

 

楽天ゴールドカードの公式サイトはこちら

 

インターネット大手の楽天が発行する「楽天カード」の上位カードの位置づけとして、9月1日に発行が開始したばかりの「楽天ゴールドカード」、特別なインビテーションは必要なく、20歳以上で安定した収入のある方であれば誰でも申し込みがすることが出来るゴールドカードです。

 

 

年会費は2000円+税とゴールドクラスのカードとしては破格の設定になっており、家族カードも1枚当たり500円の年会費で追加が可能です。ETC年会費は無料となっており、コストパフォーマンスに優れたカードであることが楽天ゴールドカードのひとつの特徴でもあります。

 

 

楽天ゴールドカードには「楽天ポイントカード」「楽天Edy」が一体になった「楽天ポイントカード機能付き楽天カード」を発行することも可能です。

 

楽天ゴールドカード2

楽天ゴールドカードの還元率

楽天ゴールドカードの利用で貯めることが出来るポイントは、共通ポイントとしても人気の「楽天スーパーポイント」です。

 

 

楽天スーパーポイントは通常加盟店での利用で100円あたり1ポイントの付与、還元率1%で貯めることが可能。ポイント付与条件は、1ヵ月の合計金額に対する付与されるので、無駄な切り捨てが無いのは嬉しいですね。また、貯めたポイントは楽天ポイント加盟店や楽天市場・楽天ブックスなどの楽天の各種のサービスで1ポイント1円で利用出来ます。

 

 

楽天ゴールドカードは電子マネーとの相性も良く、

 

楽天Edyのチャージ:200円で1ポイント
nanacoのチャージ:100円で1ポイント(JCBのみ)

 

チャージ金額に対して楽天スーパーポイントが付与されます。

 

 

楽天Edyの付与率が0.5%と少なく感じてしまうかも知れませんが、楽天Edyは使用の際にも0.5%の楽天スーパーポイントの付与を受けることが出来ます。総計としては、楽天Edyのチャージ・使用に関しても1%のポイント還元を受けることが可能なのですね。

楽天ゴールドカードの審査

ゴールドクラスのカードとなると、心配になってくるのが審査難易度の高さではないでしょうか。他社のゴールドカードの例をとってみると、一般カードをたくさん使った方でないと申し込みをする資格すら得ることができないハードルの高さを感じます。

 

 

楽天ゴールドカードの特徴のひとつともなっているのが、申し込みの門戸の広さでもあります。満20歳以上で安定した収入のある方であれば、楽天ゴールドカードは誰でも申し込みをすることができ、いきなりゴールドカードから作ることも可能なのです。

 

 

楽天ゴールドカードの審査基準は、楽天の一般カードとなる楽天カードの審査基準とは異なり「楽天プレミアムカード」の審査基準で審査が行われます。

 

 

楽天プレミアムカードというと、楽天の発行するプロパーカードの中で最上位となるカードです。

 

 

しかし、審査の基準としては中程度の厳しさとなっておりますので、

 

20代、中小企業に勤務、年収300万円台

 

程度のステータスがあれば、充分に審査通過は可能なカードとなっています。

 

 

審査の際には、CIC・JICCと言った個人信用情報機関の双方に申し込み者の個人信用情報を確認されます。

 

 

やはり、他社クレジットやカードローンを複数社に渡って使用中の場合は申し込みの際に不利になってしまいますので、楽天ゴールドカードの申し込み前には不要な会社との契約は解約しておいた方が無難でしょう。

 

 

審査に通過すると、通常10日ほどで自宅にカードが郵送され、使用が可能になります。

 

 

楽天ゴールドカードの利用可能枠は、ゴールドクラスのカードにふさわしく最高200万円と言うボリューミーなものになっています。カード利用開始時には、比較的少なめに利用可能枠が設定されていることもありますので、必要に応じて増枠の審査を受けてみるのもいいでしょう。

 

 

増枠や、現在の利用可能枠の問い合わせなども一般の楽天カードの問い合わせ先とは異なり、ゴールドカード専用デスクでの対応になります。カードの問い合わせの際にも、コールセンターで待たされてストレスになる、と言うケースも少なくて済みそうですよね。

楽天ゴールドカードのメリット

楽天ゴールドカード4

 

 

楽天ゴールドカードのメリットの一番の注目点は、やはり楽天スーパーポイントの還元率の優待特典です。

 

 

楽天ゴールドカードを利用した支払いでは、楽天市場・楽天ブックス、そして楽天トラベルといった楽天グループでのカード利用で通常の2倍以上のポイント還元を受けることが可能です。お得な宿のチケット購入に役立つ「楽天トラベル」で楽天ゴールドカードを利用すると、いつでもポイントが2倍の付与。

 

 

SPU_parts3

 

 

そして、楽天市場では通常ポイントの5倍のポイント付与を受けることが可能なのです。

 

楽天市場での獲得ポイントを例にあげると、

 

通常ポイント1倍+楽天カード使用で3倍+楽天ゴールドカード使用でさらに1倍ポイントプラス

 

の5倍のポイントを受け取ることができます。

 

 

あくまでも通常時で5倍のポイント付与ですので、ほぼ常時ポイントアップのキャンペーンを開催している楽天市場では10倍以上のポイント獲得も十分に可能になっているのです。

ポイント優待だけではない楽天ゴールドカードのメリット

ゴールドクラスのカードを保有すると言うことは、やはり特別なサービスにも期待を持ちたいところですよね。ポイントの還元率の優待だけのメリットであれば、高還元率をウリにした一般カードも多く、差別化を図ることはできません。

 

 

楽天ゴールドカードにはゴールドカードのユーザーに対するメリットとして「空港ラウンジの無料サービス」が用意されています。ラウンジの無料使用の対象となるのは、国内の主要空港にプラスして、韓国の仁川国際空港・ハワイのホノルル国際空港が対象となっています。無料で使用できる空港ラウンジでは、Wi-Fiの利用やビジネスデスクの利用、そしてビールなどのドリンクを提供している空港もあります。

 

 

楽天ゴールドカード1

 

 

やはり、他のカードでは味わうことが出来ない「特別感」を得ることが出来るのが、ゴールドカードの大きなメリットともなるのですね。

楽天ゴールドカードのデメリット

誰でも気軽に持つことができる楽天ゴールドカード。しかし、その気軽さと、年会費のリーズナブルさと引き換えに、ゴールドクラスのカードとしては少々物足りないサービスがデメリットと言えるでしょう。

 

 

特に、付帯保険に関しては楽天カードと比較しても同等の保険しか用意されておらず、ゴールドカードの付帯保険としては安心感にかけます。海外旅行傷害保険が最大2000万円と少額ですので、旅行に出かける際には他のクレジットカードを用意する方が安心と言わざるを得ないかも知れませんね。

 

 

ただ、年会費2000円のカードでありながら、空港ラウンジの無料使用が付帯している点は、大きなメリットに感じます!

楽天ゴールドカードのお得な入会キャンペーン

楽天ゴールドカード5

 

9月に登場したばかりの楽天ゴールドカードでは、お得な入会キャンペーンが開催されています。

 

 

専用のWEBサイトから入会後、1回でもカードの使用があれば楽天スーパーポイントが最大10000ポイントプレゼントされます。※楽天市場の会員ランクによってもらえるポイント数が変わります。

 

プラチナ会員:10000ポイント
ゴールドカード会員:9000ポイント
その他会員:8000ポイント

 

1ポイント1円相当の楽天スーパーポイントですので、楽天市場のプラチナ会員の方なら最大10000円相当のポイントが入会キャンペーンでもらえると言うことになりますね。

 

 

正直に言って、このキャンペーンのポイント目当てで作っておいても損はないカードであると言えるのではないでしょうか。

 

楽天カードと楽天プレミアムカード比較した感想

名称 楽天カード 楽天ゴールドカード 楽天プレミアムカード
券面デザイン   preview preview
申込資格 18歳以上(学生は除く) 20歳以上(安定収入のある方) 20歳以上(安定収入のある方)
年会費(税別) 無料 2,000円 10,000円
利用可能枠 100万円 200万円 300万円
家族カード 無料 500円 5000円
楽天Edy 300円 無料 無料
ETC 500円 無料 無料
特徴

・楽天市場の利用でポイント4倍

・楽天トラベルなどグループ利用でポイント2倍

・楽天市場の利用でポイント5倍

・国内28ヵ所、海外2ヵ所の空港ラウンジ無料

・楽天トラベルなどグループ利用でポイント2倍

・楽天市場の利用でポイント5倍

・プライオリティパスが無料

・国内28ヵ所、海外2ヵ所の空港ラウンジ無料

・楽天トラベルなどグループ利用でポイント2倍

海外保険 最高2,000万円 最高2,000万円 最高5,000万円
問い合わせ先 一般ダイヤル 専用デスク 専用デスク

 

 

楽天カードと比較した感想

楽天の一般カードとなる楽天カードと比較すると、カード本体の年会費がかかってしまいますが、楽天Edy300円、ETC500円の年会費が無料なのが楽天ゴールドカードの強みです。また、楽天市場でのポイントも5%で1%分、楽天ゴールドカードの方がお得になっています。

 

 

よって、メインカードを探している方や、楽天市場で年間20万円以上利用する方、年1回以上飛行機を利用する方は、楽天ゴールドカードの方がメリットが多いと言えるかもしれませんね。

 

 

 

 

楽天プレミアムカードと比較した感想

楽天のカードラインナップの中で、上位カードとしての位置づけとなる「楽天プレミアムカード」

 

 

やはり、楽天ゴールドカードと比較しても付帯保険の充実やショッピング保険の充実度は優れています。また、世界の空港のVIPラウンジを無料で使用することができるプライオリティパスが無料付帯というメリットもあり、海外旅行に頻繁にいかれる方にはオススメのカードです。

 

 

しかし、楽天ゴールドカードと比較すると、10000円と言う年会費はネックになってしまいます。海外旅行にそれほど出かけないと言う方であれば、楽天ゴールドカードでも充分なのかな、と言う印象もありますね。

 

まとめ・楽天ゴールドカードはこんな方におすすめ

リーズナブルなゴールドカードとして、誰でも持つことができるのが楽天ゴールドカード。

 

初めてのゴールドカードを探している
楽天市場で年間20万円以上利用する
楽天グループのサービスをよく利用する
1年に1回以上飛行機を利用する

 

と言った方には、是非お勧めをしたいカードでもあります。

 

 

特別に高いハードルを越えることがなく持つことができる楽天ゴールドカードは、最初のゴールドカードとしても最適です。

 

 

また、楽天グループでのポイントが常時2倍以上と、ポイント面での優待を受けることができるのも嬉しいポイント。

 

 

海外旅行を頻繁に利用される方は楽天プレミアムカード、楽天市場で年間20万円以上利用して、年に1回以上飛行機を利用する方は、楽天ゴールドカードを選択すれば間違いはないのではないでしょうか。

 

楽天ゴールドカードの詳細・公式サイトはこちら

 

 

Pocket