お買い物パンダのEdyキーホルダーが新登場!楽天Edyチャージでよりお得に!

Pocket

 

上野動物園のジャイアントパンダの赤ちゃん「シャンシャン」の一般公開のニュースも記憶に新しく、国内では一大パンダブームと言っても良いでしょう。

 

パンダと言えば忘れてはならないのが、楽天のオリジナルキャラクター「お買い物パンダ」です。

 

CMでもおなじみのキュートなキャラクター・お買い物パンダが好きな方には見逃せない、お買い物パンダのEdyキーホルダーの発売が開始されました!

 

コンパクトなキーホルダーでありながら、楽天Edyの機能を利用することができる、見た目と実用性を両立できるアイテムとなっています。

 

今回は、超絶キュートで持っているだけで幸せになる、お買い物パンダのEdyキーホルダーを特集します。

 

楽天Edyが可愛いお買い物パンダのキーホルダーに!

 

2017年12月1日から、楽天の公式キャラクター「お買い物パンダ」のEdyキーホルダーの予約販売が開始されました。

 

お買い物パンダのEdyキーホルダーは、

 

  • コイン型Edy
  • お買い物パンダケース

 

のセットとなっており、コイン型Edyをケースに入れることで、Edyキーホルダーとして利用することができます。

 

サイズは4.0cm×4.7cmと小型で、持ち運びもコンパクトで、ストラップ付きとなっているのでカバンなどにぶら下げていても邪魔になりません。

 

コンパクトなコイン型Edyは、通常のEdyと同様に利用することが可能となっており、Edyの利用で楽天スーパーポイントも貯めることができます。

 

持っているだけで顔がニヤけてしまうような、キュートなデザインのEdyキーホルダーを手に入れてみてはいかがでしょうか。

お買い物パンダのEdyキーホルダーの入手方法

お買い物パンダのEdyキーホルダーは完全予約販売となっています。

 

楽天市場から予約が可能となっており、販売価格は送料別で税込1,000円です。

 

送料は、

 

メール便 無料
宅配便 全国:450円
沖縄:700円

 

となっていますので、配達時間の指定などがない場合にはメール便を利用した方がお得です。

 

2018年1月現在で予約をした場合には、1月以降順次商品が配送されます。

 

コイン型Edyとお買い物パンダケースが届いたら、

 

① コイン型Edyの登録

② 登録したEdyをお買い物パンダケースにセット

③ Edyをチャージ

 

以上の3ステップで簡単にEdyの利用を始めることができます。

 

楽天Edyのチャージは、楽天Edyを利用できる加盟店の店頭で簡単にチャージをすることができます。

 

お買い物パンダのキーホルダーをタッチするだけでチャージ・お買い物をすることができますので、お買い物がより楽しくなりますよね!

楽天Edyとは

お買い物パンダの楽天Edyは、コンパクトなキーホルダータイプでありながら、通常の楽天Edyと同様に利用することができます。

 

楽天Edyは事前にチャージをすることで、現金同様にお買い物をすることが可能なチャージ式の電子マネーです。

 

楽天Edyを使えるお店の一例として、

 

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • イトーヨーカドー
  • アピタ
  • ピアゴ

 

などの、コンビニやスーパーをはじめとした様々な店舗で利用することが可能です。

 

また、楽天Edyの利用では、200円に1ポイントの楽天スーパーポイントを貯めることができます。

 

貯まった楽天スーパーポイントで楽天Edyのチャージをすることも可能となっていますので、お得にポイントを活用することができるのですね。

お買い物パンダとは

 

お買い物パンダは、LINEスタンプで人気が急上昇した楽天の公式キャラクターです。

 

楽天のCMでお尻をふる、可愛いダンスを見たことがある方も多いのではないでしょうか。

 

お買い物パンダには公式ページがあり、4コママンガやお買い物パンダの秘密など、お買い物パンダの生態を知ることができます。

 

お買い物パンダは、

 

  • 年齢不詳・性別不詳
  • 毎日10時間睡眠

 

など、知られざる秘密(?)に包まれたキャラクターです。

 

こうした、愛くるしいキャラクターのキーホルダーを電子マネーとして利用できるのは嬉しいですよね。

 

お買い物パンダオフィシャルサイトはこちら

楽天Edyはクレジットチャージでメリット大

楽天Edyのチャージは、クレジットカードでのチャージがおすすめです。

 

楽天カードは現金でのチャージのほかに、登録したクレジットカードでのチャージを行うことができます。

 

ここでは、楽天Edyをクレジットチャージすることでのメリットを解説します。

ポイント2重取りが可能

楽天Edyをクレジットチャージすることでの大きなメリットが、ポイントの2重取りが可能となる点です。

 

楽天Edyの利用では、店舗によって200円に1ポイントの楽天スーパーポイントを貯めることができます。

 

さらに、クレジットカードによっては楽天Edyへのチャージでクレジットポイントを貯めることが可能です。

 

  • 楽天Edyの利用ポイント
  • チャージでのクレジットポイント

 

このように、ポイントの2重取りをすることができますので、さらにお得に楽天Edyを利用することができるのですね。

支払いを1回にまとめられて無駄がない

楽天Edyをクレジットチャージするメリットのひとつとして、支払いを1回にまとめられる点があります。

 

楽天Edyの利用には、事前のEdyへのチャージが必須となっています。

 

現金でEdyをチャージする場合には、コンビニなどのEdy加盟店の店頭でのチャージが可能です。

 

しかし、残高が不足してしまった際に、その都度現金でチャージをしていたのでは、せっかくスマートに利用できる電子マネーの魅力が半減してしまいます。

 

クレジットチャージの場合には、月締めでクレジットカードの利用料金の請求で支払うことができるので、利用料金の管理も楽になるのですね。

 

ここに注目!

クレジットカードで楽天Edyをチャージした場合には、Web明細などで月間のチャージ金額を確認することができます。

 

毎月、Edyのチャージにどの程度利用したかを簡単に確認することができるのも、クレジットチャージのメリットのひとつと言えます。

Edy機能付き楽天カードではオートチャージも可能

お買い物パンダのEdyキーホルダーはオートチャージに対応していませんが、Edy機能付き楽天カードではEdyのオートチャージが可能です。

 

楽天カードでは、楽天Edyが一体になったEdy機能付き楽天カードを発行することができます。

 

楽天Edyをオートチャージに設定すると、残高が一定額以下になった際に自動的に楽天カードでのEdyチャージを行ってくれます。

 

店頭でのお買い物の際に残高不足で慌てて現金チャージをする必要がありませんので、よりスムーズに楽天Edyを利用することができます。

 

楽天カードの利用を検討している方は、便利なオートチャージの設定をしても良いのではないでしょうか。

楽天Edyのクレジットチャージ方法

楽天Edyをクレジットチャージする場合には、パソコンからのオンラインでチャージを行います。

 

クレジットチャージには「楽天Edyリーダー」「Felicaポート」のいずれかが必要となっています。

 

① Edyリーダーなどの用意

② Edy Viewerからクレジット情報の登録

③ クレジットチャージ

 

と言った3つのステップで簡単にクレジットチャージをすることが可能です。

 

ただし、クレジット情報を登録した初回は、翌日正午までクレジットチャージをすることができませんので注意が必要です。

 

Edyリーダーは楽天Edyの公式ページから1,000円程度で購入することが可能です。

 

また、NFC機能付きのAndroidスマホをお使いの場合は、アプリからのクレジットチャージも可能です。

楽天スーパーポイントは実質無期限の使い勝手の良いポイント

楽天Edyの利用で貯められる楽天スーパーポイントは、使い勝手の良い共通ポイントとなっています。

 

楽天スーパーポイントの有効期限は、ポイントが最後に増減した日から12か月間です。

 

ですので、年間1回でも楽天Edyを利用してポイントの加算があれば、実質有効期限無期限でポイントを貯めることができます。

 

楽天スーパーポイントは、楽天市場や楽天ブックスと言った楽天のサービスをはじめ、様々な楽天ポイントカード加盟店で1ポイント=1円として現金同様に利用できます。

 

楽天ポイントカード加盟店の一例としては、

 

  • ポプラ
  • 大丸
  • 松坂屋
  • ツルハドラッグ
  • マクドナルド

 

などの様々な店舗でポイントを利用してお買い物をすることができます。

 

また、楽天スーパーポイントを1ポイント=1円として、楽天Edyのチャージに利用することも可能です。

 

楽天Edyにチャージすることでより幅広い店舗でお買い物をすることができますので、Edyを利用している方にとっては最も効率の良いポイントの活用方法と言えるでしょう。

楽天スーパーポイントはANAマイルにも交換可能

楽天スーパーポイントは、2ポイント=1マイルとしてANAマイルに交換することも可能となっています。

 

最小の交換単位は2ポイントから交換可能となっていますので、特典航空券の交換に端数が足りない場合などにも便利に利用できます。

 

また、楽天スーパーポイントは実質有効期限無期限のポイントとなっていますので、ゆっくりとポイントを貯めてANAマイルに交換するのもおすすめです。

 

楽天スーパーポイントからANAマイルの交換は、

 

  • 月間20,000ポイントまで
  • 1回あたり1,000ポイントまで

 

と上限が設定されていますが、移行手数料は無料となっていますので無駄なくポイントをANAマイルに交換することができます。

期間限定ポイントの使い勝手も最高!

楽天スーパーポイントには、キャンペーン等で獲得することができる「期間限定ポイント」が発行されています。

 

期間限定ポイントは通常ポイントとは違い、約1か月程度と有効期限が短く設定されており、利用による有効期限の延長もありません。

 

また、期間限定ポイントは楽天Edyへのチャージ・ANAマイルへの交換には利用することができません。

 

ただし、

 

  • 楽天のサービスの利用
  • リアル店舗での楽天ポイントカードでの利用

 

で、消化することができますので、期間限定ポイントの使い勝手も非常に良くなっています。

 

楽天スーパーポイントのライバルとも言えるTポイントでは、期間固定ポイントは特定のサービスでしか利用することができません。

 

期間限定ポイントの使い勝手の良さも、楽天スーパーポイントの大きなメリットと言えるでしょう。

 

楽天Edyのチャージでお得なクレジットカード4選

楽天Edyをお得に利用するためには、クレジットカードでのチャージがおすすめです。

 

できるだけ還元率の高いクレジットカードで楽天Edyをチャージすることで、よりお得に楽天Edyを利用することができるのですね。

 

ここでは、楽天Edyのチャージでお得な厳選4枚のクレジットカードをご紹介します。

楽天カード

5.0

年会費(税抜)無料
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費500円+税
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
還元率1.0〜4.0%
申込資格高校生を除く満18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高2000万円
国内

 

  • 楽天Edyのチャージで0.5%還元
  • 楽天Edyのオートチャージ設定が可能
  • 楽天市場でいつでもポイント4倍還元

 

楽天Edyと最も相性の良いクレジットカードとも言えるのが「楽天カード」です。

 

楽天カードでは、楽天Edyのチャージで0.5%のポイント還元をうけることができますので、利用ポイントと合わせて1.0%の楽天スーパーポイントを貯められます。

 

また、Edy一体型のカードを発行すれば、楽天Edyのオートチャージ設定が可能となっていますので、チャージ忘れの心配なくカードを利用することができます。

 

楽天カードの最も大きなメリットとなるのが、楽天市場でのお買い物でいつでもポイント4倍還元が可能となっている点です。

 

ガンガン楽天スーパーポイントを貯めることができるカードとなっていますので、楽天Edyのチャージ用のカードとしても最適なのではないでしょうか。

 

楽天ANAマイレージカード

4.5

年会費
(税抜)
初年度初年度無料
2年目〜500円+税(前年、1回以上の利用で無料)
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費500円+税(但し、条件付き無料)
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
還元率0.5〜4.0%
申込資格満18歳以上の安定した収入のある、電話連絡可能な方
旅行
傷害保険
海外最高2,000万円
国内-

 

  • 楽天スーパーポイントかANAマイルか貯まるポイントを選べる
  • 楽天市場ではいつでもポイント4倍還元
  • 年間1回以上のカード利用で年会費実質無料

 

ANAと楽天カードが提携して発行するクレジットカードが「楽天ANAマイレージカード」です。

 

楽天ANAマイレージカードでは、カードの利用で貯まるポイントを、楽天スーパーポイントかANAマイルの好きな方を選択することができます。

 

ANAマイルコースを選択した場合には、200円に1マイルのANAマイルを貯めることが可能となっており、Edyチャージでも0.5%の還元率でANAマイルが還元されます。

 

また、楽天市場での利用ではポイント4倍など、楽天カードの機能や特典はそのまま利用することが可能となっています。

 

年間1回以上の利用で年会費が無料になる、年会費実質無料のカードとなっていますので、楽天Edyのチャージ用に1枚持っておくのも良いのではないでしょうか。

 

リクルートカード(VISA/Mastercard)

5.0

年会費(税抜)無料
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費無料
VISA・Mastercard:新規発行手数料1,000円+税 JCB:無料
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
還元率1.2〜4.2%
申込資格学生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高2,000万円
国内最高1,000万円

 

  • 楽天Edyのチャージで1.2%の高還元
  • いつでも1.2%還元で効率的にポイントが貯まる
  • 貯まったポイントはPontaポイントに相互交換可能

 

ポイント高還元クレカのリクルートカードでは、国際ブランドをVISA/Mastercardに選択した場合に、楽天Edyのチャージでポイントを貯めることができます。

 

リクルートカードの通常還元率は1.2%と年会費無料のクレジットカード最高クラスとなっており、楽天Edyのチャージでも1.2%還元でポイントが貯まります。

 

貯まったリクルートポイントは、リクルートのサービスで利用することができるほか、共通ポイントのPontaポイントに交換して利用することができます。

 

リクルートカードでは、じゃらん.netなどのリクルートのサービスの利用ではさらに効率的にポイントを貯めることができます。

 

年会費無料のカードでありながら、最高2,000万円の旅行保険も付帯しており、コストパフォーマンスに優れたカードをお探しの方にもおすすめのカードとなっています。

 

ANA JCBワイドゴールドカード

4.0

年会費(税抜)14,000円+税
家族カード(税抜)4,000円+税
ETCカード年会費無料
国際ブランドJCB
還元率0.5〜1.0%
申込資格20歳以上で本人に安定継続収入のある方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5,000万円

 

  • 楽天Edyのチャージで0.5%のANAマイルが貯まる
  • カードの利用で1.0%還元でマイルを貯められる
  • ANA便・提携航空会社のフライトで25%のフライトボーナスマイルを獲得

 

ANAとJCBが提携して発行するゴールドカードが「ANA JCBワイドゴールドカード」です。

 

ANA JCBワイドゴールドカードでは、移行手数料無料で10マイルコースを利用できますので、カードの利用で1.0%還元でANAマイルを貯めることができます。

 

楽天Edyのチャージでも0.5%のANAマイルを貯めることができますので、楽天Edyとの併用で効率良くANAマイルを貯めることができます。

 

さらに、ANA便・提携航空会社のフライトでは、区間基本マイルの25%のボーナスマイルを獲得することができますので、普段のお買い物・フライトでANAマイルを貯められます。

 

空港ラウンジサービスや最高1億円の旅行保険も付帯しており、マイレージカードとしては最適の1枚と言えるのではないでしょうか。

 

超絶可愛いお買い物パンダEdyキーホルダーでお得な楽天Edy生活を!

今回は、2017年12月に予約受付が開始した、お買い物パンダのEdyキーホルダーを特集してきました。

 

  • 4.0cm×4.7cmのコンパクトなキーホルダーに楽天Edyの機能を凝縮
  • 楽天Edyの利用では楽天スーパーポイントが貯まる
  • クレジットチャージでダブルポイントを獲得しよう

 

お買い物パンダのEdyキーホルダーは、コイン型Edyとお買い物パンダケースのセットとなっています。

 

コンパクトなキーホルダーに楽天Edyの機能が凝縮されていますので、可愛いキーホルダーをタッチするだけでチャージ・お買い物をすることができます。

 

楽天Edyをよりお得に利用するには、クレジットチャージでのダブルポイントの獲得がコツとなってきます。

 

高還元でポイントを貯められるクレジットカードを手に入れて、お得な楽天Edy生活を始めてみてはいかがでしょうか。

 

Pocket