海外ではレンタルWi-Fiが必須!Wi-Fiがお得なクレジットカード

Pocket

 

「旅行先でもインターネットを快適に使いたい」

「海外でスマホを使うと高額な請求が怖い」

 

海外旅行に出かけた先でも、地図の検索やレストラン・交通機関の検索など、インターネット環境は必須となっています。

 

しかし、海外でWi-Fiスポットを探そうと思っても、なかなか見つからないし、海外のフリーWi-Fiは怖いと言う方も多いのではないでしょうか。

 

海外旅行の際に快適にインターネットを利用したいのであれば、旅行前にレンタルWi-Fiをレンタルするのがおすすめです。

 

今回は、海外旅行者に必須の、レンタルWi-Fiがお得なクレジットカードを特集してご紹介します。

 

海外ではレンタルWi-Fiがお得な3つの理由!

海外旅行に出かける際には、レンタルWi-Fiは必須のアイテムのひとつと言えます。

 

海外でWi-Fiも使わず、パケット定額にも入っていない方が、ローミングでネットを利用して、数百万円の請求が来てしまうと言うケースもあります。

 

ローミングでは、渡航先の通信会社の回線を利用するので、非常に高額な通信料が発生してしまうと言うケースがあります。

 

「海外ではスマホでのネットは高額」と言う認識は周知されていますが、気を付けているつもりでも不意に高額の通信を利用してしまうことがあります。

 

Wi-Fiのみを利用するつもりでも、何かの拍子でWi-Fiが外れ、ローミングを拾ってしまうこともあります。

 

こうしたトラブルを避けるために、

 

  • モバイル通信オフ、または機内モードに設定
  • Wi-Fiをオン

 

にして、海外ではWi-Fiのみでの通信を行うのが安全です。

 

ここでは、海外でレンタルWi-Fiを利用するうえで、メリットになる部分を解説します。

接続するだけで簡単に使える

海外レンタルWi-Fiの大きなメリットのひとつとなるのは、スマホで接続するだけで簡単に利用することができる点です。

 

海外レンタルWi-Fiでは、空港などでWi-Fi機器を借りて、パスワードを入力するだけで簡単に利用することができます。

 

海外でもフリーWi-Fiは利用できますが、レンタルWi-Fiはパスワードの入力が必要となっていますので、よりパーソナルに安全なネット接続が可能となっているのですね。

 

スマホに詳しくない方の場合でも、難しい接続・設定などは不要となっていますので、安心して利用することができます。

 

ただし、海外レンタルWi-Fiをレンタルする際には、事前の登録が必要となっていますので注意が必要です。

日本で借りて返せる

海外レンタルWi-Fiは、国内の空港で借りて・返すことが可能となっています。

 

海外レンタルWi-Fiの多くが、空港カウンターで受け取り・返却をすることが可能です。

 

当然のことながら、日本人のスタッフの方が対応してくれますので、渡航先でプリペイドSIMを借りるよりも難易度は低くなっています。

 

ただし、持ち運びの際に破損や紛失をしてしまった際には機器代金を支払わなければならない、と言う点には注意が必要です。

 

海外レンタルWi-Fiの多くが数百円の少額で補償を利用できますので、Wi-Fiをレンタルする際には補償を利用した方が安心ですね。

家族・友人でWi-Fiをシェアできる

海外レンタルWi-Fiの大きなメリットのひとつとして、同行している複数人でWi-Fi環境をシェアできる点があります。

 

スマホの海外パケット定額プランでは、自分のスマホはインターネットし放題になりますが、同行者は利用することができません。

 

海外レンタルWi-Fiの場合は複数人で利用することができますので、旅行中に写真をSNSなどでシェアする際に便利です。

 

海外レンタルWi-Fiは使い放題ではありませんが、マップやクレジット加盟店の検索などのライトな利用の場合、1台で複数人の利用は充分に可能です。

 

旅行中に1台の海外レンタルWi-Fiをレンタルして、利用料金をメンバーで割れば、コストを最小限に抑えて利用することができるのですね。

そもそも海外でネット環境は必要なの?

海外旅行こそ、スマホのネット環境が活躍すると言っても良いでしょう。

 

中には、旅行中はスマホを利用せずにITデトックスをする、と言う旅行上級者もいるかも知れませんが、海外旅行初心者にとってはスマホは必需品となってきます。

 

海外旅行中に良く利用するスマホの機能としては、

 

  • 地図アプリの利用
  • クレジットカードの優待ガイド
  • WEBでの翻訳

 

など、様々な形で海外旅行をサポートしてもらうことができます。

 

最も利用する頻度が高くなってくるのが、Googleマップなどの地図アプリの利用です。

 

国内でも知らない土地に行くとGoogleマップが大活躍しますが、海外旅行の際にも利用する頻度の最も高くなるアプリと言って良いでしょう。

 

クレジットカード加盟店での優待情報を調べる際にも、スマホでの検索が必須となっています。

 

クレジットカードの優待では、

 

  • レストランでの割引
  • ショップでのプレゼント特典
  • オプショナルツアーの割引

 

など、様々な優待をうけることができますので、海外旅行をますます楽しむことが可能となります。

 

また、近年ではスマホのアプリでの翻訳や、ウェブの翻訳の精度もアップしており、言葉に自信がない方でもスマホを活用して現地の方と会話をすることができます。

 

スマホで写真を撮るだけでレストランのメニューなどを翻訳してくれるアプリなどもあり、海外旅行の際に非常に強い味方となってくれます。

 

このように、海外旅行に不安を持つ方ほど、スマホでのネット環境は役立つ味方となってくれるのですね。

レンタルWi-Fiと海外パケット定額どっちがお得?

結論から言うと、海外パケット定額よりもレンタルWi-Fiの方がコストを抑えて利用することができます。

 

海外で安心してインターネット環境を利用する際には、海外レンタルWi-Fiのほかに海外パケット定額と言う選択肢もあります。

 

海外パケット定額は、携帯キャリアごとにサービスが用意されています。

 

ドコモ 海外パケホーダイ 1,980円〜2,980円
au 海外ダブル定額 1,980円〜2,980円
ソフトバンク 海外パケットし放題 1,980円〜2,980円

 

対して、海外レンタルWi-Fiの場合は、1日あたり数100円〜1,000円程度のコストで利用することができます。

 

さらに、海外パケ放題で注意が必要なのが、利用日数のカウントが日本時間の0時を基準にカウントされるという点です。

 

渡航先で1日利用したつもりが、日本時間で0時を過ぎてしまい、2日分の料金を請求されてしまったというケースが多くなっています。

 

海外レンタルWi-Fiの場合には、貸出〜返却までのレンタル日数でのカウントとなりますので、料金が明瞭なのも嬉しいポイントとなりますよね。

 

コストを抑えてネット環境を利用するのであれば、海外レンタルWi-Fiが圧倒的に有利となっています。

事前登録無しで利用できるのは海外パケット定額のメリット

海外パケット定額の大きなメリットとなるのが、事前登録不要で利用することができる点です。

 

海外レンタルWi-Fiを利用する際には、事前の申込みが必要となっています。

 

空港で当日の申込みが必要なケースもありますが、当日の貸出は不可というケースも少なくありません。

 

海外パケット定額の場合には、渡航先でネットワークを海外パケット定額し放題に選択するだけで利用することができます。

 

渡航の際に海外レンタルWi-Fiの申込みを忘れてしまっていた場合などには、便利に利用することができます。

海外レンタルWi-Fiを利用する場合にはモバイルバッテリーは必須

海外レンタルWi-FiのWi-Fiルーターは、フル稼働の場合には4時間〜6時間ほどで充電が切れてしまいます。

 

Wi-Fiルーターはモバイルバッテリーで充電することができますので、海外Wi-Fiルーターを利用する場合にはモバイルバッテリーは必須です。

 

日中のライトな利用のみの場合にはホテルで充電をすれば充分ですが、やはり準備をしておくに越したことはないでしょう。

 

せっかくのWi-Fiルーターが充電切れで、ただの荷物になってしまわないように、モバイルバッテリーの準備も忘れないようにしましょう。

 

ここに注目!

モバイルバッテリーを利用する際には、手荷物として飛行機の機内に持ち込みをする必要があります。

 

2016年4月1日から、国際民間航空機関(ICAO)は、リチウムイオン電池を預入れ荷物として輸送することを禁止しました。

 

モバイルバッテリーにはリチウム電池が利用されていますので、スーツケースなどに入れて預入れ荷物として預けることは不可となっています。

 

モバイルバッテリーを海外に持ち出す際には、手荷物のバッグなどの中に入れておくようにしましょう。

フリーWi-Fiで旅行は乗り切れない

中には、海外旅行中は現地のフリーWi-Fiで乗り切れるのでは?と思っている方もいるかも知れません。

 

海外でも、日本国内と同じく誰にでも開放されているフリーWi-Fiを利用することができます。

 

ただし、フリーWi-Fiを利用できるのは、

 

  • 空港
  • ホテル
  • カフェ・レストラン

 

など、施設を利用している時に限られてしまいます。

 

地図アプリなど、海外でスマホを利用したいのは移動中のタイミングが多くなりますので、フリーWi-Fiのみでは快適なネット環境とは言えません。

 

また、不特定多数の方が利用するフリーWi-Fiでは、速度も安定せず、セキュリティの面でも不安が残ってしまいますよね。

海外レンタルWi-Fiは使い放題ではないので、使い分けが吉!

海外レンタルWi-Fiを利用する場合でも、ホテルや空港ではフリーWi-Fiと使い分けをするのがおすすめです。

 

海外レンタルWi-Fiではパケットが使い放題ではありませんので、動画サイトの閲覧や、大容量の写真のアップロードを利用すると通信制限にかかってしまうケースがあります。

 

ホテルに帰ったあとは、ホテルのフリーWi-Fiを利用するなど、レンタルWi-FiとフリーWi-Fiを使い分けするのがおすすめです。

 

ホテルのWi-Fiでは、パスワードが設定されていることも多く、セキュリティの面でも安心して利用することができるのですね。

レンタルWi-Fiはクレジットカードでお得に借りよう

海外レンタルWi-Fiを利用する際には、クレジットカードが必須のアイテムとなっています。

 

海外レンタルWi-Fiの利用料金の支払い方法は、原則としてクレジットカードのみとなっています。

 

  • 未成年者で卒業旅行で利用の方
  • ビジネス利用の場合で企業登録を済ませている方

 

など、一部の例外を除き、海外レンタルWi-Fiの利用料金の支払いにはクレジットカードが指定されています。

 

また、クレジットカード各社ではレンタルWi-Fiの優待割引を提供しています。

 

よりお得にレンタルWi-Fiを利用するためには、海外レンタルWi-Fiと相性の良いクレジットカードを選択する必要があるのですね。

 

ここに注目!

未成年の方の場合など、クレジットカードを取得することができないというケースもあるでしょう。

 

そうした方におすすめなのが、18歳未満の方でも無審査で作成することができる、デビットカードの利用です。

 

海外レンタルWi-Fiの支払いにもデビットカードは利用できますので、高校生の方の海外留学などの際に活用してみてはいかがでしょうか。

 

レンタルWi-Fiをお得に使えるおすすめクレジットカード

海外レンタルWi-Fiを利用する際には、クレジットカードが必須のアイテムとなっています。

 

クレジットカード各社では、海外レンタルWi-Fiの優待割引を提供しており、クレジットカード選びがお得に海外レンタルWi-Fiを利用するコツとも言えます。

 

ここでは、海外レンタルWi-Fiをお得に利用することができる、おすすめのクレジットカードをご紹介します。

JCB CARD W

5.0

年会費(税抜)無料
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費無料
国際ブランドJCB
還元率1.0%
申込資格高校生を除く18歳〜39歳までの方
旅行
傷害保険
海外最高2,000万円
国内-

 

JCBグローバルWi-Fiが20%オフ
いつでも通常のJCBカードの2倍の還元率
最高2,000万円の海外旅行保険も付帯

 

国際で唯一の国際ブランドであるJCBが発行する「JCB CARD W」

 

JCB CARD Wでは「JCBグローバルWi-Fi」を20%オフの優待料金で利用可能となっており、海外レンタルWi-Fiをお得に利用することが可能となっています。

 

カード特典として、いつでも通常のJCBのクレジットカードの2倍の還元率で利用することが可能となっており、カードの利用でお得にポイントを貯めることができます。

 

最高2,000万円の海外旅行保険も付帯しているほか、JCBプラザ/プラザラウンジなどの付帯サービスも充実しており、海外でも便利な付帯サービスを利用できます。

 

年会費無料で利用することが可能となっていますので、海外旅行用にカードを取得するのも良いのではないでしょうか。

 

VIASOカード

4.0

年会費(税抜)無料
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費無料
新規発行手数料 1,000円+税
国際ブランドMastercard
還元率0.5〜1.0%
申込資格高校生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高2,000万円
国内-

 

海外Wi-Fiレンタルサービスで20%オフ
ETC・携帯電話料金の支払いでポイント2倍
ポイントはオートキャッシュバックで手間なし

 

ニコスカードが発行するクレジットカードが「VIASOカード」です。

 

VIASOカードでは、海外Wi-Fiレンタルサービスが20%オフになるほか、通常税別500円が必要となる受渡手数料を無料で利用することができます。

 

最高2,000万円の海外旅行保険が付帯しているだけではなく、海外アシスタンスデスクも利用可能となっており、海外旅行用のカードとしても利用することができます。

 

VIASOカードでは、ETCの支払い・携帯電話の支払いでポイントが2倍になる特典があり、日常の利用でお得にポイントを貯めることができます。

 

貯まったポイントはオートキャッシュバックとなっていますので、ポイント失効の心配がなく、ポイント交換の手間なしで利用することができるのも嬉しいですよね。

 

楽天カード

5.0

年会費(税抜)無料
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費500円+税
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
還元率1.0〜4.0%
申込資格高校生を除く満18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高2000万円
国内

 

グローバルWi-Fiで1日200円引き
Wi-Fiレンタル料金を楽天スーパーポイント払いも可能
ハワイ・ホノルルラウンジを利用可能

 

年会費無料のクレジットカードの中でも、特に人気の高いクレジットカードが「楽天カード」です。

 

楽天カードでは「楽天グローバルWi-Fi」を1日200円引きで利用することができるほか、通常税別500円が必要となる受渡手数料を無料で利用することができます。

 

また、Wi-Fiレンタルで楽天スーパーポイントを最大2%貯めることが可能となっており、レンタル料金の支払いに楽天スーパーポイントを利用することもできます。

 

最高2,000万円の海外旅行保険が付帯しているだけではなく、ハワイ・ホノルルの楽天ラウンジを利用可能となっており、コスパ最強のカードとなっています。

 

また、楽天市場ではいつでもポイント4倍還元での利用が可能となっていますので、楽天スーパーポイントをガンガン貯めることができます。

 

海外旅行が決まったら、海外レンタルWi-Fiを準備しよう!

今回は、海外旅行の際に安心してネットを楽しむことができる海外レンタルWi-Fiを特集してきました。

 

  • 海外レンタルWi-Fiは定額料金で安心
  • 海外ではスマホが役立つ
  • 海外レンタルWi-Fiの利用にはクレジットカードが必須

 

海外旅行の際に、携帯のローミングなどを利用してしまうと、思わぬ高額請求が来てしまうケースもあります。

 

海外レンタルWi-Fiでは、数100円〜1,000円程度の定額料金で利用することができますので、海外パケット定額よりもお得に利用することができます。

 

海外では、地図の検索や優待情報の検索など、スマホがあると便利に旅行を楽しむことができます。

 

海外レンタルWi-Fiの利用にはクレジットカードが必須となっており、クレジットカード選択も海外レンタルWi-Fiをお得に利用するコツとなってくるのですね。

 

Pocket