もうふるさと納税した?年末のふるさと納税はクレジットカード払い一択

Pocket

 

「ふるさと納税ってまだ間に合うの?」

「一番お得なふるさと納税ってどれ?」

 

年末が近づいてくると、俄然関心が高まってくるのが「ふるさと納税」です。

 

ふるさと納税では、12月31日までの寄付分が控除の対象となりますので、まだふるさと納税を行っていない方は急ぐ必要があります。

 

年末のふるさと納税は、即時決済で寄付が反映されるクレジットカードでの納税で、ポイントもお得に貯めちゃいましょう!

 

今回は、ふるさと納税をまだしていない方のために、お得にふるさと納税をする方法を特集してご紹介します。

年末のふるさと納税はクレジットカード一択で!

年末に向けて、今年のふるさと納税を今から行う方は、クレジットカードでの寄付一択で行うべきです。

 

魅力的な返礼品と税金の控除が魅力のふるさと納税ですが、クレジットカードでの寄付が最もお得な方法となっています。

 

ここでは、クレジットカードでふるさと納税を行う際のメリットとなる部分を解説します。

控除をうけるには12月中の支払いが必要!

今からふるさと納税を行う方の場合は、クレジットカードでの寄付でないと今年分の控除に間に合わない可能性があります。

 

ふるさと納税では、毎年1月1日〜12月31日までに寄付を行った金額が、

 

当年度の所得税の控除
翌年分の住民税の控除

 

の対象になります。

 

ふるさと納税は現金振込などでも行うことができますが、現金での寄付の場合、年末ギリギリになってしまうと処理が間に合わない可能性があります。

 

クレジットカードでの寄付であれば即時決済となりますので、今から寄付を行っても当年分の控除に間に合うのですね。

クレジットカードのポイントが付与される

ふるさと納税をクレジットカードで行う際の大きなメリットとなるのが、クレジットカードのポイントを獲得することができる点です。

 

ふるさと納税では、

 

各自治体の名産品などの返礼品
所得税や住民税などの控除

 

などがメリットとなっています。

 

さらに、クレジットカードで寄付を行うことで、ポイントで還元をうけることが可能となっていますので、2重・3重にふるさと納税で得をすることができるのですね。

 

ふるさと納税のサイトなどによっては、相性の良いクレジットカードでのポイントアップなどの特典があるケースもあり、さらにお得にふるさと納税を行うことができます。

クレジットカード決済で高額寄付も可能

クレジットカード決済では、限度額が許せば高額の寄付も行うことが可能となっています。

 

ふるさと納税では、年収や家族構成などによって、控除をうけることができる上限の金額が定められています。

 

所得の多い方の場合には、高額のふるさと納税の寄付を行うことで、最大限お得に税控除をうけることができるのですね。

 

まとまった金額でのふるさと納税の場合でも、クレジットカード決済で無理なく支払いをすることができるのですね。

ふるさと納税はここ!楽天ふるさと納税とふるなび徹底比較

ふるさと納税も登場から認知が進んでおり、近年では様々なふるさと納税サイトが増えています。

 

その中でも人気のふるさと納税サイトが、

 

 

の2つのふるさと納税ではないでしょうか。

 

実際にどちらのふるさと納税がお得に利用できるのかと言う点は、様々な角度から特徴やメリットを比較する必要があります。

 

ここでは、楽天ふるさと納税とふるなびを徹底比較していきます。

楽天市場でのお買い物感覚で寄付ができる楽天ふるさと納税

 

楽天ふるさと納税の大きなメリットとなるのは、ネット通販感覚で手軽にふるさと納税をすることができる点でしょう。

 

楽天ふるさと納税では、楽天市場と同じ感覚で返礼品の画像から好みの寄付先を探すことができます。

 

返礼品のジャンル
寄付金の使い道
寄付の金額

 

など、検索の項目も細かく設定されており、ふるさと納税サイトとしては最も見やすいサイトであると言っても良いでしょう。

 

ふるさと納税を行うのが初めて、と言う方でも簡単に寄付を行うことができるのが大きなメリットと言えます。

 

楽天ふるさと納税のトップページでは、今年度の楽天ふるさと納税での寄付金額の合計も表示されます。

 

自分の控除上限を超えずに効率的に寄付を行いたい方にも使いやすくなっているのは嬉しいですよね。

ふるなびグルメポイントでレストランでの食事が可能!

 

通常の返礼品だけではなく、ふるさと納税で貯めたポイントでお得に高級レストランでの食事ができるのが、ふるなびのメリットです。

 

ふるなびでは、各地の名産品を返礼品として受け取るだけではなく「ふるなびグルメポイント」で受け取ることが可能です。

 

ふるなびグルメポイントは寄付金額によって付与され、

 

20,000円寄付 6,000円分
30,000円寄付 9,000円分
40,000円寄付 12,000円分
50,000円寄付 15,000円分
100,000円寄付 30,000円分

 

と、寄付金額の30%のポイントが還元されます。

 

貯まったふるなびグルメポイントでは、各自治体の特産品を生かしたレストラン・料亭での食事に利用することができます。

 

大量の特産品などをもらっても使い切れない、と言った方にはお得な、ユニークな還元の方法であると言えますよね。

 

ふるなびグルメポイントは、ふるさと納税に寄付を行った翌日から利用することができますので、年末の食事にも間に合いますね。

楽天ふるさと納税では楽天スーパーポイントがガンガン貯まる

楽天ふるさと納税では、楽天市場でのお買い物と同じように、楽天スーパーポイントをガンガン貯めることが可能となっています。

 

楽天市場には、楽天カードの利用などで最大ポイント8倍の還元をうけることができる、スーパーポイントアッププログラム(SPU)があります。

 

 

たとえば、SPUでは楽天カードを利用するだけでいつでもポイント4倍・4%の還元率でお買い物をすることが可能です。

 

楽天ふるさと納税もSPUの対象となっていますので、ふるさと納税への寄付でも最大限お得にポイントを貯めることができるのですね。

 

また、楽天ふるさと納税では、楽天のキャンペーンなどで獲得した「期間限定ポイント」も利用することができますので、期間限定ポイントの消化先としてもおすすめです。

 

ふるなびではAmazonギフト券がプレゼント

 

ふるなびでは、2018年12月31日までの期間限定で、ふるなびグルメポイントコースに寄付をした方に、Amazonギフト券がプレゼントされる特典があります。

 

期間中にふるなびぐるめポイントコースでふるさと納税の寄付を行うと、寄付金額の10%のAmazonギフト券を獲得することができます。

 

ふるなびグルメポイントコースでの寄付では、30%の還元をうけることができますが、Amazonギフト券と合計すると40%の還元をうけることができるのですね。

 

通常、ふるなびグルメポイントコースでの寄付では、1%のAmazonギフト券のプレゼントとなっていますが、キャンペーン期間中は10倍の還元率となっています。

 

ただし、Amazonギフト券のプレゼントをうけるためには、クレジットカードでの寄付が必須となっていますので注意しましょう。

結論:どっちのふるさと納税を選ぶべき?

楽天ふるさと納税とふるなびを様々な角度で比較してきましたが、結局どちらのふるさと納税を選択するべきでしょうか。

 

ポイントを貯めるなら迷わず楽天ふるさと納税
寄付枠が大きい方はふるなびがおすすめ

 

このように分けることができます。

 

楽天ふるさと納税の最も大きなメリットとなっているのが、SPUにも対応したポイントの貯めやすさ・使いやすさです。

 

また、ネット通販感覚でふるさと納税を行うことができる手軽さも嬉しいメリットとなりますよね。

 

ふるなびでは、ふるなびグルメポイントと言った独自のポイントサービスを展開しているのが大きなメリットとなっています。

 

ふるなびグルメポイントには有効期限がありませんので、大量の寄付を行う方にも嬉しい特典であると言えるでしょう。

 

自分の寄付金額に応じて、どちらのふるさと納税がお得になるのか、と言う点も変わってくるのですね。

 

ここに注目!

ふるさと納税の最も大きな肝となってくる税金控除の金額は、どのふるさと納税を利用しても変わりはありません。

 

ですので、ふるさと納税サイトを選択する際には、

 

サイトの使いやすさ
魅力的な返礼品
サイト独自で獲得できるポイント

 

で寄付を行うサイトを選択しておけば間違いはありません。

サラリーマンでもお得になる?ワンストップ特例制度

サラリーマンの方の場合には、ワンストップ特例制度を利用することで、非常に手軽に税控除をうけることができます。

 

サラリーマンの方の中には、ふるさと納税でお得になるのは個人事業主や経営者だけ、と思っている方も多いかも知れません。

 

しかし、ワンストップ特例制度を利用することで、サラリーマンの方でも確定申告の必要なく、お得に税控除をうけることが可能となっています。

 

通常、ふるさと納税の利用では、

 

所得税の還付
住民税の軽減

 

などの税控除をうけることが可能となっています。

 

ただし、所得税の還付をうけるためには確定申告が必要となっており、通常確定申告の必要のないサラリーマンの方には敷居が高い手続きであるとも言えます。

 

ワンストップ特例制度の利用では、住民税の還付も含めて住民税が軽減されますので、トータルでは確定申告を行った場合と同じ控除をうけることができます。

 

ワンストップ特例制度を利用する際には、寄付をした自治体に所定の申請書を送付するだけで完了しますので、確定申告よりも手軽に利用することができるのですね。

ふるさと納税での控除金額について

ふるさと納税を行う際に、返礼品の魅力はもちろんですが、最も大きなメリットとなるのが税控除です。

 

ふるさと納税で控除をうけることができる上限金額は、所得の金額や家族構成などによって変わってきます。

 

ふるさと納税自体はいくらでも行うことができますが、上限の金額を超えてしまっても税控除などをうけることができません。

 

1人暮らしの方の場合のおおよその目安は、

 

年収300万円 28,000円
年収400万円 42,000円
年収500万円 61,000円
年収1,000万円 176,000円

 

ふるさと納税での控除の上限は個々で違いがありますが、おおよそ上記が控除上限の目安の金額となります。

 

ふるさと納税の控除をうける際には自己負担2,000円が必要となっており、控除の金額は寄付金額から2,000円を引いた金額での控除となります。

 

年収300万円程度の方の場合には、30,000円のふるさと納税の寄付を行えば、28,000円の上限金額での控除をうけることができるのですね。

 

具体的な控除上限の金額は個別の家族構成によっても変わりますので、事前に各ふるさと納税サイトなどで確認をしておくようにしましょう。

楽天ふるさと納税なら楽天カード一択!

楽天ふるさと納税を行う際には、楽天スーパーポイントをお得に貯めることができる「楽天カード」がおすすめです。

 

ここでは、楽天ふるさと納税をお得に利用できる、楽天カードの基本情報をご紹介します。

楽天カード

5.0

年会費(税抜)無料
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費500円+税
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
還元率1.0〜4.0%
申込資格高校生を除く満18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高2000万円
国内

 

楽天市場でいつでもポイント4倍還元
入会特典のポイントを楽天ふるさと納税に利用可能
年会費無料なのでコスト0円でカードを維持

 

インターネット大手の楽天が発行する、ベーシックなカードとなるのが「楽天カード」です。

 

楽天カードの最も大きなメリットとなるのが、楽天市場でいつでもポイント4倍での還元が可能となっている点です。

 

楽天ふるさと納税での寄付でも4倍のポイントを獲得することができますので、最大限お得にふるさと納税での還元をうけることができるのですね。

 

さらに、楽天カードでは入会特典のポイントを最短2営業日で獲得することができますが、獲得した期間限定ポイントを楽天ふるさと納税に利用することが可能です。

 

年会費無料でコストも0円となっていますので、ふるさと納税用に利用するカードとしては最適であると言えるでしょう。

 

ふるなびはクレジットカードのインターネットモールでさらにお得に!

ふるなびでは、各クレジットカードでのポイントアップモールで、お得なポイント還元をうけることができます。

 

相性の良いクレジットカードを利用することで、最大限お得にふるなびでのふるさと納税を行うことができるのですね。

 

ここでは、ふるなびをお得に利用できるおすすめクレジットカードをご紹介します。

三井住友VISAカード

4.0

年会費
(税抜)
初年度無料
2年目〜1250円+税
家族カード
(税抜)
初年度1人目無料 2人目以降400円+税
2年目〜400円+税
ETCカード年会費初年度無料
2年目以降 500円+税(年1回以上ETC利用で翌年無料)
国際ブランドVISA、Mastercard
還元率0.5%
申込資格高校生を除く満18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高2000万円
国内

 

ポイントUPモール経由でふるなびでポイント2倍
マイ・ペイすリボの利用でポイント2倍&年会費無料
バランスの取れたカード構成が魅力

 

三井住友カードのプロパーカードとして発行されているのが「三井住友VISAカード」です。

 

三井住友VISAカードの利用では、通常1,000円に1ポイントを貯めることが可能となっていますが、ポイントがお得に貯まる「ポイントUPモール」を利用することができます。

 

ポイントUPモール経由でのふるなびの利用では獲得ポイントが2倍になる特典があり、1.0%の還元率でふるなびでのふるさと納税を利用することができるのですね。

 

三井住友VISAカードでは、リボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」の利用でポイントが2倍になるほか、翌年度の年会費が無料になる特典があります。

 

また、最高2,000万円の旅行保険に加えて、海外デスクなどのバランスの取れた付帯サービスが魅力となっており、継続して利用するカードとしても魅力的です。

 

P-one WIZ

4.0

年会費(税抜)無料
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費1000円+税
新規発行手数料・有効期限更新時ともに1000円+税
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
還元率1.0〜2.5%
申込資格18歳以上の方(高校生の方は除く)で、ご自宅に電話連絡可能で、なおかつ安定した収入のある方、またはその配偶者
旅行
傷害保険
海外-
国内-

 

ポイントとキャッシュバックでダブルでお得
ポケットモールでのふるなびの利用でダブルポイント
入会後6か月間はポイントが3倍

 

ポケットカードのリボ払い専用カードとして発行されているのが「P-one WIZ」です。

 

P-one WIZでは、ショッピングの金額が1%自動でキャッシュバックされるほか、0.5%のポイントも貯めることができますので合計1.5%の還元をうけることができます。

 

ポケットモール経由でふるなびを利用すると、1,000円ごとにポケットポイント2ポイント+Tポイント6ポイントを獲得できますので、合計1.6%のポイントを貯めることができます。

 

キャッシュバックを合わせると、ふるなびの利用で2.6%の還元をうけることが可能となっており、最強の還元をうけることができます。

 

また、入会後6か月間はポイントが3倍になる特典もありますので、さらにお得にポイント還元をうけることができます。

 

ふるさと納税はクレジットカードでポイント大量ゲット!

今回は、ふるさと納税でのクレジットカード払いのメリットや、お得なふるさと納税の方法を特集してご紹介してきました。

 

クレジットカードのポイントも獲得することができる
カードによってさらにお得にふるさと納税を行える
年末ぎりぎりでもクレジットカードなら間に合う

 

クレジットカードでふるさと納税を行う際の最も大きなメリットとなっているのが、ふるさと納税の利用でクレジットポイントを貯めることができる点です。

 

ふるさと納税サイトとクレジットカードには相性があり、よりお得に利用できるカードを選択することで、最大限お得にふるさと納税を行うことができるのですね。

 

年末ぎりぎりでの寄付の場合でも、即時決済のクレジットカードならまだ間に合います!

 

Pocket