005
Pocket

 

クレジットカード比較サイトにおいても常に人気ランキング上位で、数あるブラックカードの中でも入手困難のカード、JCB THE CLASS(ザ・クラス)。

 

今回はJCB THE CLASS(ザ・クラス)の特徴・メリットや一般的に取得する方法から、メンセレを利用した時のコンシェルジュの対応、ザクラスを最短1年で取得した体験等を詳しく解説しています。

 

 

THE CLASS(ザ・クラス)とは

005

 

ザクラスとは国際ブランドのJCBが発行しているプロパーカードの中で最もステータス性の高いクレジットカードです。

 

黒とゴールドの券面デザインという事もありJCBの「ブラックカード」と言われていたりします。

年会費も50000円と安めの設定ということもありプラチナカードの位置づけが正確のようです。

 

ポイント還元率は0.5%と高くはないが、ポイントプログラムが2015年12月16日よりスターメンバーズにリニューアルされました。

1年間で300万以上利用するとロイヤルαPLUSの位置づけとなりポイント還元率が最大で0.85%となります。

主な特徴・メリット

IMG_3677

 

サービスの方も旅行やレストランの手配を電話でしてもらえる「コンシェルジュサービス」や、ザクラスの提携先している高級レストランの指定コースメニューが2名で予約すると1名分が無料になる「グルメベネフィット」、世界の約600ヵ所以上の空港で無料でラウンジが利用できる「プライオリティ・パス」は最高ランクのプレステージ会員などメリットがたくさんあります。

 

 

旅行に行く際の、海外・国内旅行傷害保険も充実していて最高1億円が自動付帯されます。国内外で購入した商品が90日以内に偶然な事故によって損害を被った場合最大500万円まで保証してくれるショッピング 保険もあります。

 

 

 

またJCBは東京ディズニーランドのオフィシャルスポンサーということもあり、貯めたポイントでディズニーランド・シーに使えるパークチケットに交換できたり、ディズニーランドホテルやミラコスタ、アンバサダーホテルの宿泊券もポイントで交換できたりします。

 

会員専用サイトには東京ディズニーリゾート バケーションパッケージのJCBザ・クラス 会員限定プランなどがあり、ザクラス会員ならではのオリジナルプランが味わえます。

 

さらに、「東京ディズニーリゾート ラウンジサービス」は東京ディズニーランド、東京ディズニーシーのJCBがスポンサーしているアトラクションの特別なラウンジ内でドリンクが飲めて、ファストパスなしでアトラクションが利用できます。※1枚で4名まで

 

保険で言えば他のカードではあまり見かけない、犯罪被害 傷害保険が自動付帯されていて、国内外問わず通り魔などの「第三者の故意による加害行為」により、傷害を被り、その傷害が第三者の加害行為により生じたことを警察に届け出た場合や「ひき逃げ」によって傷害を被った場合に最高1,000万円まで保証されます。

 

そのほかに、空き巣被害見舞金制度があり、本会員様の自宅(国内に限る)に空き巣が入り、盗難被害にあった場合、補償対 象者が所管警察署に被害の届出を行うことを条件に、お見舞金を5万円がもらえます。

 

ライフアクシデントケア制度 2016年3月31日(木)で終了

犯罪で被った傷害の補償や、空き巣被害にあった際に見舞金をお支払いするライフアクシデントケア制度(犯罪被害傷害保険・空き巣被害見舞金)が2016年3月31日に終了しました。

 

2016年4月1日(金)よりゴルファー保険開始

ゴルフプレー中の様々なリスクを補償する保険です。

他人を負傷させてしまった場合、ご自身のケガに対する入院治療費等、またゴルフ用品の盗難被害やゴルフクラブの破損、曲損によう修理費等も補償します。

さらに、ホールインワンまたはアルバトロスを達成された場合のご祝儀コンペ費用も補償の対象となります。

 

このようにザクラスは還元率は高くありませんが、このカードでしか体験できないサービスが豊富なクレジットカードなのです。

 

そんなザクラスを目指すためのカードはこちらです。

ダイニング30(サーティ)

 

キャプチャ

 

また、2016年3月1日~2017年3月31日の期間でJCBがザクラス、プラチナ、ゴールド ザ・プレミア会員を対象とした、新グルメ優待サービス、「ダイニング30(サーティ)」が開始されました。

 

「ダイニング30(サーティ)」とはJCBがグルナビと提携している71店舗(内、関東33店舗・関西14店舗)の飲食合計代金またはコース料金が30%引きと なるサービスです。お店により利用可能日、利用人数制限、利用回数、除外時間、除外期間、対象コースや最大割引金額の制限など異なります。掲載されている お店は基本、コース代自体が高いので4人前後で利用した場合に30%OFFになるのは嬉しいですね!利用できる店舗も今後増える予定ですので楽しみです ね!

 

また、各店舗で決められたコース料金が2名利用で1名無料になる「グルメベネフィット」と比較すると割引率は落ちますが、ダイニング30は4人以上で利用すればグルメベネフィットより割引率が高い計算となります。また、グルメベネフィットとは違い、コース料理だけではない普通に利用した金額分が割引対象になるお店もあるので、ダイニング30(サーティ)の方が利用シーンを選ぶことなく自由に使えそうですね!

 

ブラックカードはこんな人がもっている?

brackcard4

 

ちなみにブラックカードに興味を持ったことはありませんか?

よくテレビとかで有名な社長や芸能人などもっているなど一度は見たり聞いたりしたことありますよね?

 

私が見たテレビではアメックスのセンチュリオンを志村けんさんやモト冬樹さん、元ライブドアの堀江社長や、高岡早紀さんの妹と離婚した元鹿島アントラーズの本田選手などが持っていたという番組を見たことがあります。

モト冬樹さんは微妙ですが(笑)、他の皆さんは知名度や地位、名声がある著名人ばかりですよね。

 

そんな芸能人やホルダーが所持しているブラックカードを利用した時の店員の驚いたリアクションや優越感を感じてみたいですよね。。。

ブラックカードの種類と年会費を比較

ブラックカードは色んなカード会社から出ているのです、現状はこんなところでしょうか?

代表的なブラックカードの年会費や入会金、ブラックカードを最短で目指すためのクレジットカードを比較しまました。

 

アメリカンエクスプレス センチュリオンカード 

インビテーション招待 年会費360000円税別 入会金500000円税別

サブカードがチタンで重みがあり是非一度、利用したいカードですが、やはり最高峰のカードだけに所有するのに100万円近くかかってしまいます。

 

センチュリンオンを目指すためのクレジットカード→アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

 

ダイナースクラブ プレミアムカード 

インビテーション招待 年会費130000税別

以前はセンチュリオンカードより取得するのが難しいと言われたプレミアムカードですが、還元率2%はクレカ業界の中でも最高峰の還元率です。

 

ダイナースプレミアムカードをを目指すためのクレジットカード→ダイナースクラブカード

 

マスターカード SBIワールドカード 

インビテーション招待 年会費150000税別

SBIが発行するブラックカードで券面にダイヤ素材が入ったということで有名です、最高1.2%のキャッシュバック還元率も魅力です。

 

JCB THE CLASS(ザ・クラス) 

インビテーション招待 年会費54000円

還元率はこの中で1番悪く、最大でポイント還元率0.9%ですが、1年に1度送られてくるメンバーズセレクションは約2-3万円ほどの価値があります。

よって実質年会費は2万円程度となり一番ブラックカードを維持しやすくなります。

 

ザクラスを目指すためのクレジットカード→JCBゴールドカード

THE CLASS(ザ・クラス)を取得する方法

どんなブラックカードもそうですが、基本的にカード会社専門のカード通称プロパーカードからクレジットカードの所持&利用実績(クレヒス)を積まなくてはいけません。

インビテーション(招待状)が送られる基準をクリアしていることは大前提となります。

 

例.年齢28歳以上 定職についている 過去に支払いの遅延がない 年収500万円以上 など

 

カード会社によりインビテーションの来るタイミングは様々ですがこのような基準が各カード会社により定められております。

THE CLASS(ザ・クラス)を取得するまでの一般的な流れはこうなります。

 

JCBオリジナルカードを取得

 年会費無料

 

年間で100万ほどの利用でゴールドカードの招待が来るようです。

JCBゴールドカードを取得

 年会費10000円税別

 

取得から2年連続で年間100万を利用するとゴールドカードより優待がいいゴールド ザ・プレミアの案内が来るようです。

※ゴールドカードは自分で申し込みが可能なのでここから目指す方は1年期間を短縮できます。

JCBゴールド ザ・プレミアを取得

 年会費10000円税別+サービス年会費5000円税別

※年間100万以上の利用で無料となります

 

プライオリティパスが付帯したりホテルの優待サービスが利用できたりショッピングガード保険が300万から500万になったりよりサービスが充実します。

このままの利用実績を1年から2年積むとTHE CLASS(ザ・クラス)のインビテーションが送られてくるという流れとなります。

※突撃の場合、ザ・プレミアを飛ばして取得された方もいます。

THE CLASS(ザ・クラス)を取得

 年会費50000円税別

 

JCBオリジナルカード取得から約4-5年の利用実績でようやくブラックカードを取得することができます。

 

▼JCBカードの現在のキャンペーン詳細▼

THE CLASS(ザ・クラス)の最大のメリット

ザ・クラスは年会費が高いだけではありません、JCBの最高クラスのクレジットカードだけあってたくさんの特典やメリットがあります。

メリットを感じられる人が限られてしまいますが、最大のメリットはメンバーズセレクションの中にあります。

むしろこの場所に行きたいためにザクラスを持ちたいと思う方も多いと思います。

メンバーズ・セレクション

JCB-The-Class-Members-Selection-2015-2

 

メンバーズ・セレクションとは、ザクラス会員がカードを更新した時に送られてくる約2万~3万円相当のカタログギフトです。

そのカタログギフトの商品の中には他のブラックカードにはない、ディズニーマニアが絶大なメリットを感じさせるサービスがあります。

 

20140814160548

 

そのサービスは「東京ディズニーランド®ペアランチお食事券とパスポート(2枚組セット)」で、指定レストランでランチを楽しめるわけですが、そのレストランがまさにディスニーマニアがあこがれる場所、『クラブ33』なのです。

 

ccad1fa1

 

クラブ33はディズニーランドのスポンサーや会員の紹介などがないと入れない施設で、ディズニーランドの中で唯一お酒が飲める施設として密かに有名です。

六本木のセレブの中ではなどと例えられ、購入ワインやシャンパンなどを空け軽いパーティーなどでも使われたりするそうです。

 

2016年度版より利用条件が抽選になりました。。。

 

余談

ディズニーマニアがなら死ぬまでに一度は入ってみたいクラブ33。

そう、我が家はディズニーが大好きすぎる家族です(嫁側)、結婚式もアンバサダーホテルでやりたい(願望継続中)、結婚指輪のデザインもミッキー(マジ)、家のカーテン、食器(ほぼ全部)、マット類、キッチンペーパー立て、因みに初めてハワイ旅行でもアウラニディズニーリゾートに4泊。。。などディズニーに振り回されております・・・(( ;∀;))

 

メンセレ2015を利用してクラブ33(サーティースリー)に行ってきました!

IMG_3797
2016年2月29日、JCB THE CLASS(以下表記はザクラス)のメンバーズセレクション(以下表記はメンセレ)の2015年版を利用して東京ディズニーラ

クラブ33の予約をしてみた!(コンシェルジュの対応)

_MG_8885

 

ザクラスを取得して1年が経ち、メンバーズセレクションが届きました。

中身を一通り見ると、クラブ33でお食事という記載がなく、パーク内のレストランでお食事+パークチケット2枚という表記となっていました。

メンバーズセレクションが届いたのが3月で早速4月に利用しようと思いコンシェルジュに電話して予約を取ろうとすると、食事の予約可能時間は11:00~15:00前後までで平日、土日問わずすでに予約がいっぱいでした…。

 

ザクラスでの予約は6ヶ月前より予約が可能でつまりミラコスタのホテルを予約する並に競争率が高く土日はほぼスポンサー企業関連の人やクラブ33の会員の方で埋まってしまうようです。

 

そこでコンシェルジュより早めのご予約をおすすめされ時期はいつごろをご検討されてますか?と聞かれたので2016年の2月と伝えると9月から予約が取れますと教えていただきました。

その後9月になる5日前にコンシェルジュから突然電話連絡があり、先日ご検討されていた2月のご予定はいかがですか?という事前確認がありました!その後家族と打ち合わせ8月30日にコンシェルジュに予約希望日を伝えると、9月2日に返事があり無事2016年の2月にクラブ33に大人2と3歳1人の計3人の予約を取ることができました!

※メンバーズセレクションでクラブ33のご予約の最大人数は8名まで可能です、お食事とパークチケットは各2名分のみなので他のかたの食事は実費となります。

 

無事予約取れたのは何よりですが、コンシェルジュが事前確認をしてくれたのはものすごく助かりましたし、憶えてくれていたんだなぁと、とても好印象で家族はものすごく感謝しておりました。

この1本の確認の電話がザクラスのコンシェルジュの対応のすごさを感じさせてくれました。

 

2016年度版

2015年度版のメンセレでクラブ33を予約できる人数は最大8名まで可能だったので、子供も同席できましたが、2016年度版からは大人2名のみとなりました。。。

 

IMG_3843
2016年3月、今年もザ・クラス メンバーズセレクション2016が届きました! ザ・クラス メンバーズセレクションとはJCB ザ・クラ

※いきなりTHE CLASS(ザ・クラス)を取得する方法(裏ワザ)

裏ワザ①

この方法は他の方の記事で拝見したのですが、クレジットカードをたくさん使う方にはおすすめできそうなので紹介します。ザクラスは基本インビテーション制で最高でもJCBゴールドカードからスタートして、年間で100万円以上の利用実績を2~3年(クレヒス)積んでJCBから認められようやく手にできるクレジットカー ドのはずです、その記事の方は少しでも早くザ・クラスが取得したかったのでしょう、JCBゴールドを所有して3ヶ月間で200万利用した後に初めて突撃して失敗、その後、年会費のかかるタイミング前(約12ヶ月利用)までに+100万円使い1年間で合計300万円を利用し、満を持して2回目の突撃でJCBゴールドを所有してから1年という短い期間で、見事JCBザクラスを取得されたみたいです!

 

※突撃とは=カスタマーセンターに直談判でザクラスの申込書を送ってもらえませんか?的なお願いをすること。

 

恐らくですが、どんなカードでも紹介以外は、プロパーカードを1年間は所有しないと審査の対象にならないと思います。

 

以前、アメックスの法人ゴールドカードを所有していた時に、所有歴6カ月目に法人プラチナカードに突撃したらカスタマーセンターの担当の方に最低1年は所有しないと審査の対象にならないと言われたことがありました。

 

よって、普通にインビテーションを待っていたら4-5年必要となりますが、年間に200万円~300万円利用できる方は突撃すれば1年程度でザクラスを持てることがわかりましたね!

 

裏ワザ②

会社を経営している社長や役員限定で借り入れなどのお取引している銀行で子会社にカード会社を経営している場合、銀行からの紹介という形式で申し込みをすると実績なしでいきなりザクラスを持てます。

詳しくは銀行の担当者に確認してみてください。因みに私はこの方法でJCBのプロパーを1枚も持っていないのにいきなりザクラスを持つことが出来ました。是非一度試してみてくださいね!

※この方法は法人限定なので通常のサラリーマンの方にはご利用できません。100%成功するわけではないのでご了承ください。

まとめ

ザクラスは普通に利用して還元率でメリットを感じれるカードではありません。

このカードのサービス内容の価値がわかるならとても年会費が安く感じれるのではないでしょうか?

 

ザクラスを目指すならこんな方におすすめ

ブラックカードを所有したい
クラブ33に行きたい方
クレジットカード利用額が年間200万円以上の方
海外旅行によく行く方

1年に1度のメンバーズセレクションが2-3万円の価値があるので実質2万円程度の年会費でブラックカードが所有できます。

ディズニー好きの女の子は大喜び間違いない!ディズニーランドのクラブ33に入れる(2016年度版より抽選)のはザクラスだけのサービスです。

年間利用額が300万あるなら1年で突撃成功できるかもしれないですね!

 

これがザクラスのまとめとなります、ブラックカードを維持しやすいザクラスの取得に挑戦してみませんか?

まずはJCBオリジナルカードかJCBゴールドカードに申込みして時間はかかりますがクレヒスを積み上げていきましょう!

 

▼JCBカードの現在のキャンペーン詳細▼

 

Pocket