格安個人秘書?コンシェルジュサービスが付帯した法人カードまとめ

Pocket

 

「ビジネス上の雑務を代わりにやってくれる個人秘書が欲しい」

「コンシェルジュサービスの付帯した法人カードが欲しい」

 

クレジットカードの付帯サービスの中でも、特に優秀なサービスと言えるのが「コンシェルジュサービス」です。

 

コンシェルジュサービスでは、ホテルやレストランの予約・手配など、細かな手続きや予約などを自分に代わって行ってもらうことができます。

 

特に、法人カードの場合には、コンシェルジュサービスが付帯していれば、優秀な社員を1名雇ったかのようなコストパフォーマンスを発揮してくれます。

 

今回は、格安で個人秘書感覚で利用することができる、コンシェルジュサービスが付帯した法人カードを特集してご紹介していきましょう。

 

個人秘書感覚で利用することができるコンシェルジュサービスとは?

主にプラチナカード以上のクレジットカードに付帯しているコンシェルジュサービス。

 

24時間365日対応で、クレジットカード会員の細かな要望にも応えてくれるコンシェルジュは、カード付帯のサービスの中でも得に使い勝手の良いサービスのひとつです。

 

ホテルや航空券の予約・手配や、ダイニングの手配などを行ってくれるサービスとなっており、個人秘書のような感覚で利用することが可能となっています

 

また、コンシェルジュサービスではギフトの手配なども利用することができますので、特に法人カードではその威力をいかんなく発揮するサービスとなっています。

 

他にも、クレジットカードによっては、日本で未発売の海外商品の購入なども利用することが可能となっており、ユーザーの様々な希望を叶えてもらうことができるのですね。

法人カードにこそコンシェルジュが付いたカードを選ぼう

ユーザーの様々な要望を叶えてもらうことができるコンシェルジュサービスですが、法人カードにこそコンシェルジュが付帯したカードを選択するべきです。

 

コンシェルジュサービスの付帯した法人カードでは、様々な会員の要望を叶えてもらうことができます。

 

サービスの一例としては、

 

出張・宿泊手配
空港までの送迎手配
ダイニングの手配
コンサートチケットの取得
ギフトの手配

 

など、プライベート・ビジネスで必要になる様々な予約・手続きを代行してもらうことができます。

 

24時間365日対応で、電話1本で様々な手続きを依頼することができますので、自分専用の個人秘書感覚でコンシェルジュサービスを利用することができるのですね。

 

数万円の法人カードの年会費で、優秀な個人秘書を雇うことができるとすれば非常に大きなメリットとなりますよね。

 

ここに注目!

様々な会員の要望を叶えてくれるコンシェルジュサービスですが、コンシェルジュでは皆さんどのような依頼をしているのでしょうか。

 

観光先での美味しいお蕎麦屋さんを教えて?
子連れだから、個室が利用できるレストランを予約して
出先で子供が熱を出したから、近隣の当番医を教えて

 

など、コンシェルジュでは細かな要望を叶えてもらうことができます。

 

ホテルやダイニングの予約だけではなく、医療サービスの利用にもコンシェルジュサービスを利用することができるのですね。

 

コンシェルジュサービスでは「こんなことも?」と言うサービスを利用することができますので、ダメ元で要望を伝えてみるのも良いのかも知れませんね。

コンシェルジュサービス付きの法人カードを利用するメリットは?

法人カードこそ、コンシェルジュサービスが付帯したカードを選択するべきです。

 

コンシェルジュサービスでは、個人秘書感覚で様々なサービスを利用することができます。

 

ここでは、コンシェルジュサービスが付帯した法人カードでうけることができるメリットを解説していきましょう。

ビジネスでの雑務をコンシェルジュに依頼することができる

コンシェルジュが付帯した法人カードを利用するうえでの、最も大きなメリットと言えるのがビジネスの雑務をコンシェルジュに依頼することができる点です。

 

出張先のホテルや航空券などの手配と言うのは、意外と手間がかかってしまうもので、ホテルのグレードや航空券の乗継など複雑な手続きもあります。

 

コンシェルジュでは希望の日程と予算を伝えるだけで、柔軟にホテル・航空券の手配をしてもらうことが可能となっています。

 

また、大人数での忘年会や、失礼のできない接待などのダイニングの手配の際にも、コンシェルジュサービスが非常に威力を発揮します。

 

コンシェルジュサービスでは、電話1本でこうした雑務を依頼することが可能となっていますので、雑務に取られる時間を仕事に集中することができます。

 

今まで社員にさせていた雑務をコンシェルジュに依頼することで、社員の負担を軽減させることもできるのですね。

会食・接待などで最適なプランを提供してくれる

コンシェルジュが最も力を発揮するのは、ダイニング関連でのサービスを利用する際です。

 

人数や予算を伝えることで最適なプランを提供してもらうことができますので、会食・接待などで最適なプランを提供してもらうことができます。

 

大切な取引先との接待などの際にも、コンシェルジュの提案するプランなら、先方の満足は間違いないでしょう。

 

カードによっては、ダイニングまでの送迎を依頼することもできますので、さらに満足度の高い接待プランを提供することができるのですね。

コンシェルジュ経由でホテル・ダイニングを予約するメリット

コンシェルジュ経由でのサービスの利用では、ホテルやダイニングでの様々な特典をうけることができます。

 

コンシェルジュ経由での予約では、予約・手配の手間を省くことができるだけではなく、コンシェルジュ経由だからこそのメリットがあります。

 

ここでは、コンシェルジュ経由でホテル・ダイニングを予約する際のメリットを解説していきましょう。

アップグレードがある可能性がある

コンシェルジュ経由のホテル・ダイニングでの予約では、様々なアップグレード特典をうけることができる特典があります。

 

ホテルでの空席のアップグレード
コース料理のアップグレード

 

など、様々な特典をうけることが可能となっています。

 

ホテル・ダイニングでは、コンシェルジュ経由での予約では上質な顧客であると判断されることがあります。

 

通常の予約ではうけることができない特典をうけることができますので、ホテル・ダイニングを予約する際にはコンシェルジュ経由での予約がおすすめです。

空席無しでも予約できる可能性がある

コンシェルジュ経由の予約では、繁忙期などの場合でもホテル・ダイニングを予約することができる特典があります。

 

クレジットカード会社では、プラチナ会員向けにホテル・ダイニングなどの空室・空席を確保しているケースがあります。

 

繁忙期で満室などの場合でも、コンシェルジュ経由であれば予約をとることができる可能性があります。

 

また、通常では予約困難なダイニングなどでも、コンシェルジュ経由であれば予約することができるケースもあります。

 

予約困難な名店を手配すれば、取引先との接待・会食の際にも先方の満足度は高くなるのではないでしょうか。

コンシェルジュを利用する際の注意点

コンシェルジュサービスでは、様々な会員の要望を叶えてもらうことができます。

 

ただし、いくら優秀なコンシェルジュとはいえ、全ての要望を叶えてくれるわけではありません。

 

ここでは、コンシェルジュサービスを利用するうえでの注意点を解説していきましょう。

朝起こして!などプライベートなことはできない

ホテル・ダイニングなどの予約に便利に利用できるコンシェルジュサービスですが、あまりにプライベートな要望には応えてもらうことができません。

 

例えば、

 

朝、電話して起こして欲しい
取引先に自分の代わりに電話して

 

などの要望は却下されるコンシェルジェは多いでしょう。

 

あくまでも、コンシェルジュサービスで利用することができるのは、予約や手配のサービスが中心となっています。

 

コンシェルジュのサービスを逸脱した要望は断られてしまうこともありますので注意が必要です。

 

また、優秀なコンシェルジュとは言っても万能ではありません。

 

コンシェルジュサービスはチケットの手配などに利用することが可能となっていますが、人気のコンサートなどの場合にはチケットを確保できないケースもあります。

 

どうしても手に入れたいチケットなどの場合には、コンシェルジェ経由と自分での予約と合わせて利用した方が良いでしょう。

基本的には自社のクレジットカードが利用できるサービスでの対応のみ

コンシェルジュサービスで予約できるサービスは、基本的には自社のクレジットカードで利用できるサービスのみとなっています。

 

ホテル・航空券・ダイニングの手配に関しても、原則としては自社加盟店での手配となります。

 

ですので、コンシェルジュサービスに依頼する場合には、加盟店で対応するサービスがない場合には対象外となってしまいます。

 

一部のコンシェルジュでは例外もあり、JCBのコンシェルジュなどの場合では、他社クレジット加盟店やクレジットカード不可のサービスを提案してくれる場合もあります。

 

ただし、原則として自社のクレジットカード加盟店でのサービス案内となる、と言う点は覚えておきましょう。

コンシェルジュサービスが付帯する超絶お得な法人カード!

法人カードでは、コンシェルジュを個人秘書感覚で利用することが可能となっています。

 

コンシェルジュサービスでは、ホテル・ダイニングの手配などを利用することが可能となっており、自分はビジネスに集中することができます。

 

ここでは、コンシェルジュサービスが付帯する、超絶お得な法人カードを特集してご紹介していきましょう。

法人口座決済用ラグジュアリーカード チタン

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費 税別50,000円
追加カード
ETC 無料
申込資格 20歳以上の法人代表者・個人事業主
国際ブランド Mastercard
還元率 0.5%
旅行保険 最高1億円

 

ラグジュアリーカードゴールドと同等のコンシェルジュを利用可能
法人カードにもラグジュアリーカードを利用可能
卓越したダイニング関連のベネフィット

 

富裕層向けのクレジットカードとして発行されたラグジュアリーカードは、法人口座決済用ラグジュアリーカードの募集を開始しました。

 

法人口座決済用ラグジュアリーカードでは、ラグジュアリーカードのベネフィットはそのまま、法人口座での引き落としが可能なカードとなっています。

 

最も格安で利用できるラグジュアリーカード チタンでも、最上位のゴールドカードと同等のコンシェルジュを利用することができます。

 

また、2名以上のコース料理で1名分無料の特典や、ラグジュアリーアップグレードなどで様々な特典をうけることが可能となっています。

 

ビジネスにもお得に利用できる特典が豊富に用意された、ラグジュアリーカード チタンはコスパ最強の法人カードとして利用することができるのですね。

 

 

セゾンプラチナビジネス・アメックス

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカード

4.5

年会費(税抜)20000円+税
追加カード(税抜)3000円+税
ETCカード年会費無料
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率0.5〜1.0%
申込資格学生を除く20歳以上の個人・法人の方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5000万円

 

格安年会費でコンシェルジュを利用可能
プライオリティパスも付帯したコストパフォーマンス
年間の利用金額200万円以上で年会費半額

 

セゾンカードとアメックスが提携して発行する法人プラチナカードが「セゾンプラチナビジネスアメックス」です。

 

セゾンプラチナビジネスアメックスでは、税別20,000円で利用することが可能な格安プラチナカードでありながら、豊富なビジネスベネフィットが付帯しています。

 

コンシェルジュサービスはもちろんのこと、プライオリティパスも利用可能となっており、コスパ最強のビジネスプラチナカードと言っても良いでしょう。

 

また、年間の利用金額200万円以上で翌年の年会費が半額になる特典もあり、さらにコストを抑えてカードを利用することができます。

 

セゾンプラチナビジネスアメックスでは、ビジネス・アドバンテージをはじめとした豊富な特典が用意されていますので、コストを抑えた法人カードを利用したい方にもおすすめです。

 

JCBプラチナ法人カード

JCBプラチナ法人カード

4.5

年会費(税抜)30000+税
追加カード(税抜)6000円+税
ETCカード年会費無料
国際ブランドJCB
還元率0.5〜0.8%
申込資格18歳以上の法人代表者または個人事業主
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高1億円

 

上質なプラチナ・コンシェルジュデスクを利用可能
グルメベネフィットなどの上質なベネフィットが付帯
最高クラスの付帯保険を利用可能

 

国産唯一の国際ブランドとなるJCBが発行するプラチナ法人カードが「JCBプラチナ法人カード」です。

 

JCBプラチナ法人カードでは、非常に優秀なコンシェルジュデスクを利用可能となっており、法人カードとして非常に優秀なサービスをうけることができます。

 

JCBのコンシェルジュデスクでは、JCB加盟店以外の店舗も提案してもらうことができますので、数あるクレジットカードのコンシェルジュの中でも優秀なサービスとなっています。

 

また、グルメベネフィットの特典では、2名以上のコース料理の利用で1名分が無料となる特典もあり、年会費以上に得をすることができるカードとなっているのですね。

 

傷害・疾病治療の補償も最高1,000万円となっており、最高クラスの付帯保険を利用することができるのも大きなメリットとなっています。

 

三井住友ビジネスプラチナカード

三井住友ビジネスプラチナカード

3.5

年会費(税抜)50,000円+税
追加カード(税抜)無料
ETCカード年会費無料
国際ブランドVISA、Mastercard
還元率0.5〜0.5%
申込資格会社設立後3年以上の法人代表者
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高1億円

 

上質なコンシェルジェサービスが付帯
半年ごとの利用金額に応じてVJAギフトカードプレゼント
ビジネスサポートパックでの最高のビジネスサポート

 

三井住友カードが発行する法人プラチナカードが「三井住友ビジネスプラチナカード」です。

 

三井住友ビジネスプラチナカードでは、24時間365日対応のコンシェルジュサービスを利用することが可能となっており、法人カードとして最適なカードとなっています。

 

半年ごとの利用金額に応じて、6か月間のカード支払い金額の0.5%のVJAギフトカードがプレゼントされる特典があり、経費支払いでお得に還元をうけることが可能となっています。

 

三井住友ビジネスプラチナカードでは、ビジネスサポートパックをはじめとした上質なビジネスサポートが付帯しています。

 

さらに、プライオリティパス、プラチナグルメクーポンなどの上質なベネフィットを利用できますので、ビジネス・プライベートに活用できるカードとなっているのですね。

 

コンシェルジュサービス付きの法人カードで、格安個人秘書を利用しよう!

今回は、コンシェルジュサービスを利用できる法人クレジットカードを特集してご紹介してきました。

 

コンシェルジュサービスでは、ホテルやダイニングの予約などを電話1本で代行してもらえますので、法人カードでも便利に利用できるサービスとなっています。

 

ダイニングの予約では、予算・人数に応じて最適なお店をピックアップしてもらえますので、接待や取引先との会食の際にも有効に利用することができるのですね。

 

コンシェルジュサービスでは、ギフトの手配なども利用することが可能となっており、格安個人秘書として利用することが可能となっているのですね。

 

法人カードであるからこそ、コンシェルジュサービス付きのカードを選択するようにしましょう。

 

 

Pocket