リクルートポイントはPonta交換だけじゃない!お得な使い方・貯め方

Pocket

 

「リクルートポイントってPonta交換が一番お得?」

「リクルートポイントの使い道って何があるの?」

 

業界最高水準1.2%の還元率でポイントが貯まる「リクルートカード」の利用で貯まるのが「リクルートポイント」です。

 

リクルートポイントはPontaポイントに相互交換が可能となっており、ローソンなどのPonta加盟店でお得に利用することが可能となっています。

 

しかし、私自身もそうですが、生活圏内の便利な場所に、ローソンなどのPonta加盟店がないと言う方もいらっしゃるでしょう。

 

ここでは、ローソン以外にも便利に利用することができる、リクルートポイントの本当の実力を特集してご紹介していきましょう!

 

リクルートポイントの交換先はマイル・共通ポイントと様々

リクルートカードの利用で貯めることができるリクルートポイントは、Pontaポイントへの相互交換以外にも様々な用途に利用することができます。

 

ローソンなどのPonta加盟店が生活圏内にない方の場合でも、リクルートポイントは非常に幅広い使い道のあるポイントとなっているのですね。

 

ここでは、リクルートポイントのお得な交換先・使い道を完全網羅してご紹介していきましょう!

リクルートのサービスで使える!

リクルートポイントの使い道として、最も手軽に利用することができるのがリクルートのサービスでの利用です。

 

リクルートポイントは、リクルートの様々なサービスでの利用で1ポイント=1円として利用することが可能となっています。

 

リクルートのサービスでは、

 

じゃらん
じゃらんゴルフ
ホットペッパー
ホットペッパービューティー
ポンパレ
ポンパレモール
MARQREL

 

など、様々なサービスでリクルートポイントを現金同様に利用することが可能となっています。

 

特に、ホットペッパーは、全国の飲食店などをお得な優待価格で利用することができるクーポンサイトとなっています。

 

お得な優待料金でのお食事プランを、ポイントで利用することができるのは非常に大きなメリットになりますよね。

 

また、ホットペッパービューティーや、ファミリー向けのファッションサイトMARQRELなど、女性に嬉しいサービスが豊富に用意されているのも、リクルートのサービスの特徴です。

 

リクルートの会員限定で利用できるMARQRELでは、人気のブランド商品が最高80%オフのお得な価格で販売されています。

ポンパレモールでの書籍購入がお得

リクルートポイントでリクルートのサービスを利用する際に、最もお得に利用できるのがポンパレモールでの書籍購入でしょう。

 

新刊書籍を購入する際には定価が設定されており、書店やAmazonなど、どこで購入しても価格は変わりません。

 

ポンパレモールでは、新刊の書籍・マンガ・雑誌などをリクルートポイントで購入することができますので、非常にお得にポイントを消化することができるのですね。

 

ポンパレモールでは、書籍・マンガ等は送料無料となっていますので、ポイントの使い道としては非常にお得になっています。

 

ここがポイント!

ポンパレモールでの書籍購入では、3%〜5%のPontaポイントを獲得することが可能となっています。

 

通常、定価でしか購入できない新刊書籍の購入でポイントを貯めることができますので、実質新刊書籍の購入で割引をうけることが可能となっているのですね。

 

さらに、全額リクルートポイントで購入した場合でも、購入金額に対するポイントが還元されます。

 

ポンパレモールの利用で貯まったPontaポイントは、リクルートポイントに1ポイントから相互交換可能となっています。

 

ポイントを利用したお買い物でも、ポイントを無駄なく貯めることができるのですね。

交換先一覧

リクルートポイントを1度Pontaポイントに交換することで、他社の共通ポイントに交換することが可能です。

 

  必要ポイント 交換先
LINEギフトコード 120ポイント 100ポイント
dポイント 100ポイント 100ポイント

 

PontaポイントからLINEギフトコードへの交換ではレートが下がってしまいますが、dポイントへの交換は等価となっています。

 

dポイントは、ドコモケータイ料金の支払いに利用することができるだけではなく、マクドナルドやイオンシネマなどで1ポイント=1円として利用することができます。

 

さらに、dポイントは「dカードプリペイド」に1ポイント=1円としてチャージして利用することができます。

 

dカードプリペイドは、国際ブランドとしてMastercardを搭載しており、Mastercard加盟店でクレジットカード同様に利用することができます。

 

リクルートポイント → Pontaポイント → dポイント → dカードプリペイド

 

と、ステップを踏む必要はあるものの、dカードプリペイドを活用することで、非常に幅広くポイントを活用することが可能となるのですね。

 

JALマイルとも交換可能

上記の共通ポイントへの交換と同じように、1度Pontaポイントへの交換を経由することで、リクルートポイントをJALマイルに交換することが可能です。

 

PontaポイントからJALマイルへの交換で優秀な点としては、1ポイント単位でのマイルへの交換が可能となっている点でしょう。

 

共通ポイントからマイルへの交換の際には、500ポイント・1,000ポイント以上など大量のポイントが必要なことが多く、少額のポイントでもマイルに交換できる点は嬉しいですよね。

 

JALマイルでは、

 

日本国内線 6,000マイル〜
韓国 7,500マイル〜
ハワイ 20,000マイル〜

 

と、お得な特典航空券に交換することが可能となっています。

 

ポイント高還元のリクルートカードの利用で貯めたリクルートポイントで、JALの特典航空券の獲得を目指してみるのも良いのではないでしょうか。

 

Pontaに交換するならLoppiを活用すべし!

ローソンが近隣にある方の場合、やはりリクルートポイントはPontaポイントに交換するのがベターでしょう。

 

Pontaポイントは、

 

ローソン
ゲオ
昭和シェル

 

など、幅広い店舗・サービスで利用することができる共通ポイントとなっています。

 

 

リクルートポイントをPontaポイントに交換することで、Pontaポイント加盟店で1ポイント=1円としてポイントを利用することが可能となるのですね。

 

特に、ローソンで利用する場合には、店頭にあるLoppiで「Loppiお試し引換券」を発行するのがお得となっています。

Loppiお試し引換券で1ポイント1.5円〜3円に!

ローソン店頭のLoppiでは、ローソンの様々な商品をお得なポイント数で交換することができます。

 

缶コーヒー:60ポイント
ソフトドリンク:60ポイント
ハーゲンダッツ:210ポイント
缶ビール:90ポイント

 

など、ソフトドリンク・お菓子・カップ麺・酒類などの様々なカテゴリーの商品を、お得なポイント数で交換することができます。

 

通常1ポイント=1円のPontaポイントを、1ポイント1.5円〜3円程度で商品の交換に利用できる、激得なポイントの利用方法と言えます。

 

Loppiお試し引換券では、新商品などがラインナップされていることも多く、お得に新商品を試したいと言う方にもおすすめですね。

Loppiお試し引換券でのお買い物でもポイントが貯まる

Loppiお試し引換券の優秀な点は、お試し券での商品交換でも、購入代金分のポイントが付与される点でしょう。

 

通常、ローソンでのお買い物でPontaカードを提示すると、100円に1ポイント・1.0%の還元率でPontaポイントを貯めることができます。

 

Loppiお試し引換券でPontaポイントを利用して商品を交換する場合でも、商品代金の1.0%がポイント還元されますので、よりお得にLoppiお試し引換券を利用することができます。

 

ローソンの商品には、通常ポイントのほかにボーナスポイントが付与される商品もありますが、ボーナスポイントもきっちり付与されるのですね。

リクルート期間限定ポイントの利用方法

リクルートポイントには、通常のカード利用で付与されるポイントとは別に、有効期限・ポイントの使い道が限定された「期間限定ポイント」があります。

 

リクルートポイントの有効期限は、最後にポイントが付与された日から1年間となっており、1年間で1回でもポイントが加算されるとその日から1年間有効期限が延長されます。

 

リクルートカードを利用してポイントを貯めている場合には、年間1回でもカードを利用すれば、実質無期限でポイントを貯めることができるのですね。

 

ここでは、リクルートカードの通常ポイントと期間限定ポイントの違いについて解説していきましょう。

リクルート期間限定ポイントとは?

リクルート期間限定ポイントは、利用期限やポイントの使い道が限定されたポイントとなっています。

 

期間限定ポイントにも2種類のポイントがあり、

 

リクルート期間限定ポイント
サイト限定ポイント

 

と、ポイントを利用することができるサービスが限定されています。

 

通常ポイントのようにPontaポイントへの交換、Pontaを経由した他社ポイントへの交換に利用することはできません。

 

また、ポイントの有効期限そのものも1ヶ月程度と短く設定されており、有効期限の延長もありませんので、ポイントの失効に注意する必要があります。

 

リクルートでは、じゃらん・ホットペッパーなどの様々なサービスを提供しており、サービスの一環として期間限定ポイントがプレゼントされることがあります。

 

通常ポイントよりも、1度に大量のポイントが付与されますので、期間限定ポイントを上手に消化するのがリクルートポイントを使いこなすコツともなってくるのですね。

期間限定ポイントの利用方法

リクルート期間限定ポイントは、ポイントによって利用できるサイトが限定されています。

 

リクルート期間限定ポイントの場合は、じゃらん・ホットペッパー・ポンパレなどのリクルートの幅広いサービスで利用することができます。

 

ポンパレモールでの書籍の購入や、じゃらんでの旅行代金の支払いに利用することができますので、それほど使い道に悩んでしまうことはないでしょう。

 

ただし、使い道が完全に限定されているサイト限定ポイントの場合は、そのサイトでしかポイントを利用することができません。

 

じゃらん限定ポイント=じゃらんのみで利用可能
ポンパレ限定ポイント=ポンパレのみで利用可能

 

など、ポイントの使い道が限定されてしまいますので、有効期限を切らしてしまわないように注意が必要となっているのですね。

リクルートのキャンペーンで限定ポイントをお得に貯める

リクルートのキャンペーンなどをチェックしておくことで、期間限定ポイントをお得に貯めることが可能となっています。

 

現在、リクルートポイントはPontaポイントと統合しており、リクルートのサービスの利用などで貯まるポイントはPontaポイントとなっています。

 

リクルートポイントを貯める方法は、リクルートカードの利用で貯まるクレジットカードポイントのみとなっているのですね。

 

ただし、リクルート期間限定ポイントは、リクルートのキャンペーンの参加などでお得に貯めることができます。

 

メールマガジンの購読
ポンパレモールのポイントアップ
各種キャンペーンのエントリー

 

など、リクルートのキャンペーンをチェックしておくだけで、300ポイント〜500ポイントの期間限定ポイントをすぐに貯めることができます。

 

期間限定ポイントは使い道が限定されていますので、ポイントを消化するためだけにお買い物をするのは勿体ないですが、普段からリクルートのサービスを利用している方には嬉しいですよね。

最も期間限定ポイントを貯めることができるのはリクルートカードの入会キャンペーン

リクルートカードでは、入会キャンペーンとして最大6,000〜8,000円分のリクルートポイントがもらえるキャンペーンを開催しています。

 

キャンペーンで付与されるポイントはリクルート期間限定ポイントとなっており、リクルートの多様なサービスで利用できるお得なポイントとなっています。

 

キャンペーンでは、

 

新規入会で1,000〜3,000ポイント
リクルートカードの初回利用で2,000ポイント
リクルートカードでの携帯電話料金決済で3,000ポイント

 

と、6,000〜8,000ポイントの大量ポイントを獲得することができます。

 

リクルートカードを持っていない方は、最も大量の期間限定ポイントを貯めることができるチャンスとなっていますので、この機会にリクルートカードを手に入れてみてはいかがでしょうか。

 

リクルートポイントが1.2%の超高還元で貯まる「リクルートカード」

Pontaポイントへの交換だけではなく、様々な用途に利用することができるリクルートポイント。

 

現在では、リクルートポイントを貯めることができるのは、リクルートカードを利用した際のクレジットカードポイントのみとなっています。

 

年会費無料のクレジットカード最強クラスの、1.2%の高還元を誇るリクルートカードで、お得にポイントを貯めてみてはいかがでしょうか。

リクルートカード

5.0

年会費(税抜)無料
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費無料
VISA・Mastercard:新規発行手数料1,000円+税 JCB:無料
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
還元率1.2〜4.2%
申込資格学生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高2,000万円
国内最高1,000万円

 

年会費無料カード最高水準の還元率1.2%
電子マネーチャージでもお得に高還元
最高2,000万円の海外旅行保険も付いたコスパ最強カード

 

年会費無料カード最高水準のポイント還元率を誇るクレジットカードが「リクルートカード」です。

 

リクルートカードでは、100円で1.2%のリクルートポイントを貯めることが可能となっており、年間1回以上のポイント加算で実質無期限でポイントを貯めることができます。

 

カードの利用だけではなく、楽天Edy・nanacoなどの電子マネーへのチャージでも1.2%還元でポイントが貯まり、電子マネーを利用したポイントの2重取りも可能となっています。

 

貯まったポイントはPontaポイントに交換することができるだけではなく、リクルートの様々なサービスやPontaを経由してJALマイルなどに交換することも可能です。

 

ポイント還元率だけではなく、最高2,000万円の海外旅行保険や年間200万円のショッピング保険と、補償にも優れているコスパ最強カードとなっているのですね。

 

じゃらんでリクルートカードを使ってお得に旅行に出かけよう!

リクルートカードを手に入れたら、活用して欲しいのがじゃらんを利用したお得な旅行です。

 

国内最安クラスのホテル・旅館の予約サイトじゃらんを利用したことがある方も多いのではないでしょうか。

 

リクルートカードをじゃらんで利用すると、3.2%のポイント還元をうけることができますので、もともと安い宿泊料金をさらにお得に利用することができます。

 

さらに、リクルートポイント1ポイント=1円としてじゃらんでの宿泊料金に利用することができますので、ダブルでお得に旅行を楽しむことができるのですね。

 

じゃらんでは、365日後までの予約が可能となっていますので、入会キャンペーンで手に入れたリクルート期間限定ポイントの消化先としてもおすすめです。

使い勝手の幅が意外と広いリクルートポイント!1.2%還元でお得にポイントを貯めよう

今回は、リクルートポイントの使い方の完全ガイドとして、リクルートポイントを特集して解説してきました。

 

リクルートポイントはPontaとの相互交換しか使い道がない、と思っている方も多いと思いますが、実は使い勝手の幅の広い優秀なポイントとなっています。

 

特に、リクルートのサービスの利用では、じゃらん・ホットペッパー・ポンパレモールなどの人気のサイトで利用することができます。

 

また、1度Pontaポイントを経由することで、リクルートポイントでJALマイルを貯めて、特典航空券を目指すこともできるのですね。

 

使い勝手の良いリクルートポイントを1.2%の超高還元で貯めることができる、リクルートカードを手に入れてみてはいかがでしょうか!

 

リクルートカードの申込みはこちら

 

Pocket