JCB CARD Wはセブンカードプラスよりお得!セブンでポイントが超貯まる

Pocket

 

「セブンイレブンではやっぱりセブンカードが得なんでしょ?」

「JCBのクレジットカードって還元率低そう…」

 

クレジットカードを選択する基準のひとつとして、身近に利用する店舗で得ができるカードを選択することが重要です。

 

特に、毎日利用するコンビニ・セブンイレブンでお得なカードを探している方は多いのではないでしょうか。

 

セブンイレブンでお得なカードと言えば、セブンイレブン傘下のセブンカードが発行する「セブンカードプラス」で間違いないと思っていませんか?

 

実は「JCB CARD W」は、セブンカードプラスよりもセブンイレブンでお得に利用できるクレジットカードとなっているのです。

 

セブンカードプラスとJCB CARD Wどっちがセブンイレブンでお得?

JCBの新しいラインナップのカードとして、2017年10月に発行されたばかりのJCB CARD W。

 

JCBのクレジットカードと言うと、ポイント還元率が物足りないと思っている方も多いかも知れませんが、セブンカードプラスよりもセブンイレブンでお得に利用できるカードとなっています。

 

ここでは、実際にどのような点でJCB CARD Wはセブンカードプラスよりもお得なのか、細分化して比べてみましょう。

還元率ではJCB CARD Wが圧勝

JCB CARD Wは、カード特典として通常のJCBカードの2倍の還元率が適用されており、1.0%の還元率で利用することが可能です。

 

セブンカードプラスの還元率は0.5%となっていますので、通常還元率ではJCB CARD Wの方が2倍の還元率と言うことになります。

 

セブンカードプラスはセブンイレブンでの利用で還元率が1.5%となる特典がありますので、一見するとJCB CARD Wよりもセブンイレブンでお得に使えそうです。

 

ただし、JCB CARD Wではポイント還元率が優遇される特約店「JCBオリジナルシリーズパートナー」に、セブンイレブンが加盟しており通常の3倍の還元率で利用することができます。

 

JCBオリジナルシリーズパートナーでの3倍と、カード特典での+1倍で4倍となり、2.0%の高還元率でセブンイレブンでのお買い物に利用することができるのですね。

 

まとめると、

 

  JCB CARD W セブンカードプラス
通常還元率 1.0% 0.5%
セブンイレブン利用 2.0% 1.5%

 

このように、ポイント還元率で比べるとJCB CARD Wの圧勝と言うことになるのですね。

 

JCBのクレジットカードでお得にポイント還元率がアップするJCBオリジナルシリーズパートナーについては、こちらでも詳しく解説しています。

セブンカードプラスではnanacoポイントを直接貯められる…が?

セブンカードプラスのメリットとして、カードの利用で直接nanacoポイントを貯めることができる点が挙げられます。

 

nanacoポイントは、セブンイレブンなどで利用することができる「電子マネーnanaco」に交換することができるお得なポイントです。

 

セブンカードプラスはnanaco一体型・nanaco紐づけ型と選択することができますので、nanacoを利用している方にとっては便利に利用することができるのですね。

 

ただし、JCB CARD Wの利用で貯めることができるOkiDokiポイントは、nanacoポイントに200ポイント=1,000ポイントの、1ポイント=5円で交換することが可能となっています。

 

お得な還元率で貯めたポイントをnanacoポイントに交換できるJCB CARD Wの方が、やはりポイントプログラムとしても優れていると言えるでしょう。

 

ここがポイント!

OkiDokiポイントは、nanacoポイントに交換するよりも若干レートは低くなってしまうものの、

 

ファミリーマートで利用できるTポイント
ローソンで利用できるdポイント

 

にも交換することが可能です。

 

利用するコンビニを必ずセブンイレブン!と決めている、と言う方よりもいろいろなコンビニを利用する方の方が多いでしょう。

 

nanacoポイントを直接貯められるセブンカードプラスでは、セブンイレブンでは確かに便利ですが、反面ポイントの使い道が限定されてしまうと言うことにもなるのですね。

QUICPay nanacoでさらにお得に!

JCB CARD Wは「QUICPay nanaco」に登録することで、セブンイレブンでの還元率2.5%とさらにお得に利用することが可能です。

 

セブンイレブンなどで利用できる電子マネーnanacoには後払い式電子マネーのQUICPay機能が付帯しており、JCB CARD WをQUICPayの支払いカードとして登録することができます。

 

QUICPay nanacoをセブンイレブンで利用すると、JCBオリジナルシリーズパートナーとしての2.0%のクレジットカードポイントに加え、nanacoポイント0.5%が加算されます。

 

さらに、QUICPay nanacoでの支払い分はJCB CARD Wの利用料金と合わせて請求されますので、nanacoに都度チャージをする手間もありません。

 

セブンイレブンでJCB CARD Wを利用する際には、より効率的にポイントを貯めることができるQUICPay nanacoを利用するようにしましょう。

JCB CARD Wは完全年会費無料!

JCB CARD Wは永年年会費無料で利用することが可能となっており、セブンイレブンでのお買い物用カードとして保有しておいても無駄のないカードとなっています。

 

対して、セブンカードプラスでは初年度は年会費無料となっているものの、2年目以降は税別500円の年会費が必要となっています。

 

年間5万円以上のカード利用があれば翌年も年会費が無料になる特典がありますが、完全にセブンイレブン専用カードとして利用する場合には5万円に届かない可能性もあります。

 

コスト面を考えても、セブンイレブン専用カードとして利用するなら、JCB CARD Wの方がお得と言えるのではないでしょうか。

 

ここがポイント!

セブンカードプラスでは上位カードとして「セブンカードプラス・ゴールド」が用意されており、カード特典として年会費無料になる特典があります。

 

 

年間100万円以上のセブンカードプラスの利用
月間5万円以上・年間60万円以上のセブン&アイグループでの利用

 

いずれの条件を満たすと、セブンカードプラス・ゴールドのインビテーションの目安を達成することができます。

 

セブンカードプラスをメインカードとして利用して、年会費無料のゴールドカードを手に入れると言うのも良いかも知れませんね。

 

nanacoカードを無料で手に入れたいなら一体型のセブンカードプラスもアリ

セブンカードプラスのメリットとなる点としては、nanacoカードを無料で取得することが可能となっている点でしょう。

 

nanacoカードを店頭で発行する際には、通常300円の発行手数料が必要となっています。

 

セブンカードプラスではnanaco一体型のカードを発行手数料無料で発行することができますので、発行手数料無料でnanacoを発行することができます。

 

nanacoを無料で発行する方法としては、

 

モバイルnanacoを利用する
8のつく日にイトーヨーカドーで発行する

 

などの方法がありますが、モバイルnanacoはおサイフケータイ対応のスマホでなければ使えませんし、イトーヨーカドーでの無料発行は1,000円チャージが条件となっています。

 

最も簡単に無料でnanacoを手に入れる方法が、nanaco一体型のセブンカードプラスを発行する方法となるのですね。

結論・セブンイレブンでお得なカードはJCB CARD W

結論としては、JCB CARD Wはセブンカードプラスよりもお得にセブンイレブンで利用できるカードと言うことになります。

 

JCBオリジナルシリーズパートナーのセブンイレブンでは、カード特典のポイント2倍と合わせて2.0%還元でお買い物をすることができます。

 

さらに、QUICPay nanacoの利用では、チャージ不要でnanacoを利用することが可能となり、2.5%の高還元でセブンイレブンで利用することが可能です。

 

カードの利用で貯まったポイントは、nanacoポイントに200ポイント=1,000ポイントとして交換可能となっており、nanacoにチャージしてセブンイレブンでのお買い物に利用できます。

 

現時点で、セブンイレブンで最もお得に利用することができるクレジットカードはJCB CARD W、と断言しても差し支えないのではないでしょうか。

女性向けのJCB CARD W plus Lもセブンイレブンでお得!

JCB CARD Wには、姉妹カードとなる女性向けカードとして「JCB CARD W plus L」が発行されています。

 

 

JCB CARD W plus Lでも、JCB CARD Wと同じく通常のJCBカードの2倍の還元率で利用することが可能となっており、セブンイレブンでの利用で2.0%還元でお買い物をすることができます。

 

さらに、JCB CARD W plus Lでは、女性に嬉しい様々な特典が用意されています。

 

女性向けの様々な補償を低コストで受けられる「お守リンダ」
キレイをサポートする「LINDAリーグ」
お得な情報満載の「LINDA MAIL」
映画がお得になる「cinema LINDA」

 

このような女性向けの特典がJCB CARD Wの基本の機能に追加されています。

 

女性の方でセブンイレブンで良くお買い物をされる方の場合には、JCB CARD W plus Lがおすすめとなっています。

セブンイレブンでお得に利用できるJCBのクレジットカードまとめ

ポイントがお得になるJCBオリジナルシリーズパートナーで、セブンイレブンでのお買い物がお得になるJCBのクレジットカード。

 

国際ブランドを持つJCBのプロパーカードには、様々なランク・年代に合わせたカードがラインナップされています。

 

ここでは、特におすすめできるJCBのクレジットカードをまとめていきましょう。

JCB CARD W/JCB CARD W plus L

 

年会費 無料
家族会員 無料
ETC 無料
申込資格 高校生を除く18歳〜39歳の方
還元率 1.0%
旅行保険 最高2,000万円

 

セブンイレブンで2.0%還元で利用可能
永年年会費無料でコスト0円
通常のJCBカードの2倍の還元率でポイントが貯まる

 

2017年10月に登場したばかりの、JCBの新しいラインナップとなるカードが「JCB CARD W/plus L」です。

 

JCB CARD W/plus Lでは、カード特典として通常のJCBカードの2倍の還元率でポイントを貯めることが可能となっており、1.0%の還元率でカードを利用できます。

 

セブンイレブン・スターバックスをはじめとしたJCBオリジナルシリーズパートナーではさらにお得にポイントが貯まり、セブンイレブンでは2.0%還元でお買い物をすることができます。

 

また、年会費無料のカードでありながら、最高2,000万円の海外旅行保険も用意されており、コストパフォーマンスにも優れたカードとなっています。

 

JCBプラザ・JCBプラザラウンジなどの海外デスクを利用することもできますので、海外旅行用のカードとしてもおすすめできるカードと言えるのではないでしょうか。

 

JCB CARD W plus Lでは、さらに選べる補償の「お守りリンダ」などの女性に嬉しい特典が用意されています。

 

JCB CARD EXTAGE

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

 

年会費 無料
家族会員 無料
ETC 無料
申込資格 高校生を除く18歳〜29歳の方
還元率 0.5%
旅行保険 最高2,000万円

 

学生のファーストカードとしてもおすすめ
入会後3か月間はポイントが3倍
年間20万円以上の利用で翌年もポイント1.5倍還元

 

18歳〜29歳までの若者向けカードとして発行されているのが「JCB CARD EXTAGE」です。

 

JCB CARD EXTAGEでは、カード特典として入会後3か月間はポイントが3倍となっており、1.5%の還元率でポイントを貯めることができます。

 

年間で20万年以上のカード利用があれば翌年もポイント1.5倍となり、しっかりと利用していればずっと0.75%以上の還元率で利用できるカードとなっています。

 

もちろん、JCBオリジナルシリーズパートナーも利用することができますので、セブンイレブンで1.5%還元・スターバックスで2.5%還元でお買い物が可能です。

 

若者向けカードとして、学生の方の申込みも歓迎されていますので、ファーストカードとしてもおすすめできるカードとなっています。

 

JCBゴールド

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費 税別10,000円
家族会員 無料
ETC 無料
申込資格 20歳以上で安定した収入のある方
還元率 0.5%
旅行保険 最高1億円

 

最高1億円の旅行保険・空港ラウンジと手厚い付帯サービス
専用のゴールドデスクでストレス無し
ワンランク上のゴールド・ザ・プレミアのインビテーションを受けられる

 

JCBのプロパーゴールドカードとして発行されているのが「JCBゴールド」です。

 

JCBゴールドでは、最高1億円の旅行保険に加え、空港ラウンジサービスも利用可能となっており、海外旅行の際に利用するカードとしてもおすすめです。

 

また、専用のゴールドデスクが用意されていますので、各種手続きなどの際の待ち時間も少なく、ストレス無くカードを利用することができます。

 

年間300万円以上の利用で翌年のポイント還元率が最大で1.6倍になる特典もあり、カードの利用でお得にポイントを貯められるゴールドカードとなっています。

 

さらに、ワンランク上のゴールド・ザ・プレミアのインビテーションを受けるためのクレヒスを積むことも可能となっています。

 

 

JCBプラチナ

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費 税別25,000円
家族会員 無料
ETC 無料
申込資格 25歳以上で安定した収入のある方
還元率 0.5%
旅行保険 最高1億円

 

最高のベネフィットが用意された格安のプラチナカード
コンシェルジュ・プライオリティパスが付帯
グルメベネフィットでコース料理1名分無料

 

税別25,000円と言う低コストでありながら、コスパ最強のプラチナカードとして利用することができるのが「JCBプラチナ」です。

 

JCBプラチナでは、24時間対応のコンシェルジュデスク・プライオリティパスを利用可能となっており、非常に上質なベネフィットをうけることができます。

 

さらに、グルメベネフィットでのコース料理1名分無料の特典を受けることもできますので、年会費以上のサービスをうけることが可能となっているのですね。

 

また、海外旅行保険では傷害・疾病治療の補償金額が最高1,000万円と、JCBザ・クラスと同等の補償をうけることができ、海外旅行用のカードとしてもおすすめです。

 

25歳以上の方であれば申込可能となっていますので、若年プラチナホルダーを目指している方にもおすすめできるカードと言えるのではないでしょうか。

 

JCBのカード利用でJCBザ・クラスを目指そう

JCBのプロパーカードを利用すれば、JCBの最高峰である「JCBザ・クラス」のインビテーションに必要なクレヒスを積むことができます。

 

JCBザ・クラスでは、

 

コンシェルジュデスク
プライオリティパス
グルメベネフィット
ダイニング30

 

と言った、プラチナカードに欲しい機能が全て詰まっている、最強のカードとなっています。

 

それだけではなく、年に1回の「メンバーズセレクション」でのプレゼントでは、食の逸品・トラベル・エンターテイメントと選べる2万円相当分以上のプレゼントがもらえます。

 

特に、エンターテイメントコースでは、ディズニーの秘密のレストラン「クラブ33」の食事券を手に入れるチャンスもあり、ディズニーファンの方にもおすすめです。

JCBザ・クラスのインビテーション基準

JCBザ・クラスのインビテーション基準は2つのステップを踏む必要があります。

 

JCBゴールドを2年間連続して100万円以上利用して、JCBゴールド・ザ・プレミアのインビテーションをうける
JCBゴールド・ザ・プレミアを継続して100万円以上利用すると、JCBザ・クラスのインビテーションの可能性がある

 

このように、最短でも3年以上の修行期間が必要となります。

 

ただし、申込みで取得可能なプラチナカードとして、JCBプラチナが発行されましたので、JCBプラチナの利用で最短でJCBザ・クラスを手に入れることができる可能性はあります。

 

今、JCBザ・クラスを目指している方は、JCBプラチナを利用してインビテーションを目指してみるのも良いのではないでしょうか。

JCBは隠れ高還元カード!セブンイレブンでもお得にポイントを貯めよう

今回は、JCB CARD Wとセブンカードプラスの、どちらがセブンイレブンでお得に利用することができるのか?と言う点で比較してきました。

 

JCB CARD Wでは、セブンイレブンで2.0%還元・さらにQUICPay nanacoの利用では2.5%還元も可能となっており、セブンカードプラスよりもお得に利用することが可能となっています。

 

JCBオリジナルシリーズパートナーでは、ほかにもイトーヨーカドーでポイント3倍・スターバックスでポイント5倍と、お得にポイントを貯められる特約店が豊富にあります。

 

還元率が低いと思われがちなJCBのクレジットカードですが、実は隠れ高還元カードとして利用することが可能な、お得なカードなのですね。

 

セブンイレブンでお買い物をする機会の多い方も、JCB CARD Wを手に入れてガンガンポイントを貯めてみるのも良いのではないでしょうか。

 

Pocket