アメックス法人グリーンと法人ゴールドのメリット・付帯サービスの差を比較

Pocket

 

ビジネスで利用する法人クレジットカードにも上質なものを求める経営者の方には「アメックス法人カード」がおすすめです。

 

ハイステータスなクレジットカードの代名詞であるアメックスの発行する法人カードは、ビジネスを成功に導くための上質な付帯サービスが豊富に用意されています。

 

アメックス法人カードには「アメリカンエキスプレス・ビジネスカード(以下アメックス法人グリーン)」「アメリカンエキスプレス・ビジネスゴールドカード(以下アメックス法人ゴールド)」とあり、両者の年会費は倍以上の開きがあります。

 

グリーン・ゴールドのどちらの法人カードにしようか悩んでいる方も多いかと思いますが、両者の年会費の差分のメリット・サービスの違いはどのようなものになってくるのでしょうか。

 

今回は、アメックス法人グリーンとアメックス法人ゴールドを様々な要素で比較して、どちらの法人カードを利用するべきかを検証していきましょう。

 

アメックス法人グリーンとは?

アメリカン・エキスプレスが発行するベーシックな法人カードとなるのがアメックス法人グリーンです。

 

 

アメックス法人グリーンでは、個人向けアメックスの基本のサービスはそのままに、ビジネスに特化したサービスが追加されたカードとなっています。

 

ビジネス情報調査代行サービスジー・サーチでの情報収集、さらにビジネス・コンサルティング・サービスで専門家のアドバイスをうけることもできます。

 

さらに、最高5,000万円の旅行保険・空港ラウンジ無料サービスなども用意されており、出張の多い企業のビジネスカードとしても最適です。

 

今よりもビジネスを加速させたい企業の方にぜひ使ってもらいたい、最高の法人クレジットカードのひとつと言って良いでしょう。

 

アメックス法人ゴールドとは?

アメックス法人グリーンの上位カードとして発行されているのがアメックス法人ゴールドです。

 

 

アメックス法人グリーンの基本のサービス・ビジネスベネフィットに加え、より上質なサービスをうけることができるカードとなっています。

 

帝国ホテル東京内にあるビジネスラウンジを利用することが可能となっており、取引先との商談・打ち合わせに活用することができます。

 

また、他にもプライベート・ビジネスで利用できる上質な付帯サービスが豊富に用意され、さらに高みを目指す社長にはピッタリの法人ゴールドカードとなっています。

 

一度利用すれば、他の法人ゴールドカードは要らない、そう思わせてくれるのがアメックス法人ゴールドなのですね。

 

アメックス法人グリーンと法人ゴールドを基本情報で比較

アメックス法人グリーンと法人ゴールドでは、前提として年会費に倍以上の違いがあります。

 

ここでは、年会費の違い以外に基本の機能に違いがあるのか、アメックス法人グリーンと法人ゴールドを基本情報で比較してみましょう。

 

  法人グリーン 法人ゴールド
年会費 税別12,000円 税別31,000円
追加カード 税別6,000円 税別12,000円
ETC 税別500円 税別500円
申込資格 20歳以上の法人経営者・
または個人事業主
25歳以上の法人経営者・
または個人事業主
還元率 1.0% 1.0%

 

このように、本会員・追加カードともに年会費が大きく違いますので、社員に利用する追加カードが増えるほどコストに開きが出てきます。

 

また、両者のカードを比較すると、年会費の違いのほか申込資格にも違いがあります。

 

25歳未満の方はアメックス法人ゴールドを申込みすることができませんので、法人グリーンを利用する必要があるのですね。

 

両者のカードともに還元率は1.0%となっており、100円に1ポイントの「メンバーシップリワード」を貯めることができます。

 

メンバーシップリワードは、追加で「メンバーシップリワード・プラス」に加入することで1ポイント=1マイルとしてANAマイルをはじめとした各種航空マイルに交換できます。

 

メンバーシップリワードの有効期限は無期限となっていますので、実質無期限でマイルを貯めることができます。

 

経費の支払いで貯めたポイントで、お得にマイルを貯めることができるのもアメックス法人グリーン/ゴールドの大きなメリットとなっているのですね。

 

メンバーシップリワード・プラスの利用には、カード年会費とは別に税別3,000円の年会費が必要となります。

アメックス法人グリーンと法人ゴールドの付帯保険の違い

ビジネスユースで利用する法人カードでは、出張時などに利用できる旅行保険も大きな比較の基準となってきます。

国内旅行保険

  法人グリーン 法人ゴールド
死亡・後遺障害 最高5,000万円 最高5,000万円
乗継遅延費用 最高2万円
出航遅延・欠航・搭乗不能費用 最高2万円
受託手荷物遅延 最高2万円
受託手荷物紛失 最高4万円

 

アメックス法人グリーン/ゴールドともに、国内旅行保険では利用付帯で最高5,000万円の補償が付帯しています。

 

ただし、アメックス法人ゴールドでは国内航空便遅延補償が付帯しており、さらに手厚い補償をうけることができます。

 

アメックス法人ゴールドでは、国内出張の際の航空便の遅延による、予期せず発生した費用を補償してもらうことができます。

 

やはり出張に出かける機会と言うと国内出張が多くなってくるかと思いますので、国内旅行保険が手厚い内容なのは嬉しいですよね。

 

 

続いては、両者のカードの海外旅行保険の内容を比較していきましょう。

海外旅行保険

  法人グリーン 法人ゴールド
死亡・後遺
障害
最高5,000万円(利用付帯) 最高5,000万円(自動付帯)
最高1億円(利用付帯)
傷害治療 最高300万円 最高300万円
疾病治療 最高300万円 最高300万円
携行品損害 最高50万円 最高50万円
救援者費用 最高400万円 最高400万円
賠償責任 最高5,000万円 最高5,000万円

 

両者の海外旅行保険を比較すると、最高の補償金額には倍の違いがあるものの、補償の内容としては大きな違いがないことがわかるかと思います。

 

海外旅行の際に利用する頻度の高くなる補償と言うと、傷害・疾病治療や携行品損害が主になってくるでしょう。

 

死亡・後遺障害以外の補償では同額の補償となっていますので、海外旅行保険は実質同等の補償内容であると言っても良いのではないでしょうか。

年会費の差を埋めるメリットはある?付帯サービスの違い

一般カードとゴールドカードの最も大きな差ともなってくるのが、付帯サービスや特典などのベネフィットの違いです。

 

ここでは、アメックス法人グリーンと法人ゴールドの、付帯サービスの違いを検証していきましょう。

 

両者のカードでは共通して、

 

ビジネスサポート
空港ラウンジサービス
クラブオフ

 

などの付帯サービスを利用することができます。

 

ビジネスサポートでは、ビジネス情報調査代行サービス・ジーサーチなどの情報収集に加え、消耗品購入などの際のビジネス経費の支払いを抑えるビジネスセービングなどを利用できます。

 

また、ビジネス・コンサルティング・サービスではビジネスをさらに成功させるためのアイディアを、専門の経営コンサルタントに相談することができます。

 

さらに、国内主要空港のラウンジ無料サービスも付帯しており、出張の際の空港利用にも役立つカードとなっています。

 

 

それでは、アメックス法人ゴールドの独自のメリットとなるのは、どのような部分になってくるのでしょうか。

 

続いては、アメックス法人ゴールドだけに用意された付帯サービスをご紹介していきましょう。

ミーティングスクエア

ミーティングスクエアでは、帝国ホテル東京内のアメックス会員専用のビジネスラウンジを利用することができます。

 

帝国ホテルのビジネスラウンジでは、フリードリンク・無料Wi-Fiなどが用意されており、休憩や取引先との打ち合わせなどに利用することができます。

 

取引先からの印象としても、国内最高級ホテルの帝国ホテルのラウンジに案内されれば、御社を見る目も変わってくるのではないでしょうか。

 

ラウンジの利用料金は月額税別20,000円となっており、同伴者は1名まで無料でラウンジを利用することができます。

東京駅からの手荷物宅配サービス

国内での出張が多い企業の方に便利に利用できるサービスとなっているのが、東京駅からの手荷物宅配サービスです。

 

東京駅構内の宅配カウンターから、23区内のホテルなどに手荷物を直接宅配してくれますので、東京出張の際にホテルに寄らずに直接商談などに向かうことができます。

 

また、スーツケースなどの大きな荷物を駅からホテルまで宅配してくれますので、ホテルに直接向かう際にも身軽に移動できるのが嬉しいですよね。

 

手荷物宅配サービスは無料で利用することができますので、ぜひ活用したいサービスですよね。

ビジネス・ダイニングbyぐるなび

接待などの際に大きな威力を発揮するサービスとなっているのが「ビジネス・ダイニングbyぐるなび」です。

 

ビジネス・ダイニングbyぐるなびでは、人数や予算に合わせてコンシェルジュがお店の提案や手配をしてくれるサービスとなっています。

 

接待に利用するお店の選定や予約などは意外と面倒なもので、ストレスになってしまう場合もあり、コンシェルジュに電話するだけで最適なお店を手配してくれるのは嬉しいですよね。

 

プラチナ・ブラックカードのコンシェルジュデスクの、最も利便性の高いダイニング予約のサービスを利用できるのは、アメックス法人ゴールドの大きなメリットとなります。

アメリカン・エキスプレスJALオンライン

国内出張の際の手配に役立つサービスとなっているのが「アメリカン・エキスプレスJALオンライン」です。

 

アメリカン・エキスプレスJALオンラインでは、24時間受付でJAL国内線の航空券の手配を行うことが可能となっています。

 

大きなメリットとなるのが、新規登録の際にJALのVIPラウンジ「サクララウンジ」の利用クーポン5回分がプレゼントされる特典です。

 

通常・JALの上級会員の方やファーストクラスを予約した方しか利用できない、サクララウンジを利用できるのは嬉しいですよね。

審査基準に違いはあるの?

アメックス法人グリーンと法人ゴールドのどちらにしようか悩んでいる方にとっては、審査基準の違いも大きな判断基準のひとつとなってくるのではないでしょうか。

 

一般的には、一般カードよりもゴールドカードの方が審査基準は厳しくなっていますので、アメックス法人ゴールドの審査のハードルも高いと思われている方も多いでしょう。

 

ただし、アメックスの場合にはグリーンとゴールドで審査基準に違いはなく、年会費を支払うことができるかどうかが審査の基準となってきます。

 

アメックス法人グリーンは、一般カードとして位置付けされているカードですが、通常のクレジットカードの基準で照らせばゴールドカード同等のカードとなってきます。

 

ですので、アメックス法人グリーンの審査に通過することができる方であれば、ほぼ問題なくアメックス法人ゴールドの審査にも通過することが可能です。

 

審査の難易度で妥協してカードを選択するのではなく、自分の本当に求めているカードを選ぶことができると言うのは嬉しいですよね。

入会キャンペーンで比較!

年会費に倍の違いがあるアメックス法人グリーンと法人ゴールドですが、お得な入会キャンペーンで初年度は法人ゴールドの方がお得に利用することができます。

 

アメックス法人グリーンでは入会キャンペーンなどは用意されていませんが、法人ゴールドでは超絶お得な入会キャンペーンが用意されています。

 

アメックス法人ゴールドでは現在、新規入会の方が初年度年会費無料になる特典があり、税別31,000円の年会費が1年分無料で利用することができます。

 

さらに、年間で200万円のカードの利用があれば、30,000ポイントのメンバーシップリワードをプレゼントしてもらえる特典があります。

 

ビジネスユースで利用するアメックス法人ゴールドの場合、年間200万円のカードの利用と言うのはそれほど高いハードルにはならないでしょう。

 

メンバーシップリワードは、メンバーシップリワード・プラスに登録することで、各航空会社のマイルにも交換できるお得なポイントとなります。

 

マイルに交換した際の価値は、1マイル2円〜5円にもなると言われていますが、少なく換算して1ポイント=1円の価値だとしても30,000円相当の特典と言うことになります。

 

年会費初年度無料の特典を31,000円相当の特典と考えると、合計で60,000円以上・2年分の年会費に相当するお得なキャンペーンとなっているのですね。

 

ですので、アメックス法人グリーンと法人ゴールドには年会費の違いがあるものの、超絶お得な入会キャンペーンで2年目までは法人ゴールドの方がお得に利用できるのですね。

 

結論・どっちのカードがお得?

今回は、ハイステータスブランドの代名詞・アメックスが発行する法人クレジットカード、アメックス法人グリーンと法人ゴールドを比較してきました。

 

基本的な機能には大きな違いはありませんが、アメックス法人ゴールドには圧倒的なベネフィットのアドバンテージがあります。

 

ここでは、結論としてどちらの法人カードがお得になるのかをまとめておきましょう。

出張・接待の機会が少ない方はアメックス法人グリーン

アメックス法人グリーンと法人ゴールドの大きな違いとなってくるのは、豊富に用意されたベネフィットの違いとなります。

 

ですので、そうした特典を利用する機会の少ない方の場合は、極論を言えばアメックス法人グリーンで充分であると言っても良いでしょう。

 

アメックス法人グリーンのアドバンテージとなってくるのは、アメックス法人ゴールドの半額のコストでカードを維持することができる点です。

 

法人カードの保有コストはそのまま経費になってしまいますので、やはりコストの安いカードが嬉しいのは言うまでもありません。

 

アメックス法人グリーンでも、通常の法人カードとは比較にならないほどの機能やベネフィットが用意されています。

 

出張や接待の機会は少ないけど、上質な法人カードでビジネスをサポートしたい、と言う方にはアメックス法人グリーンはおすすめです。

 

アメックス法人グリーンの申込みはこちら

国内出張が多い・接待・商談が多い方はアメックス法人ゴールド

アメックス法人ゴールドでは、アメックス法人グリーンとの年会費の差以上の豊富なベネフィットが用意されています。

 

特に、東京駅からの手荷物宅配サービス、アメリカン・エキスプレスJALオンラインなどの、国内出張に非常にお得に利用できるビジネス特典が豊富に用意されています。

 

国内出張が多い企業の方にとっては、経費削減だけではなく出張に出かける社員のモチベーションをアップさせる効果もあるのですね。

 

また、帝国ホテル東京内のビジネスラウンジを利用できますので、取引先との商談の際にも商談相手からの信用度を勝ち取る助けになりますよね。

 

それだけでなく、ビジネス・ダイニングbyぐるなびでは、コンシェルジュデスクのダイニング予約の機能を利用することができますので接待のセッティングにも便利です。

 

接待のお店の予約などを社員に任せている会社も多いかと思いますが、そうした雑務をコンシェルジュがこなしてくれると言うのも嬉しいですよね。

 

アメックス法人ゴールドでは、初年度年会費無料+30,000ポイントのお得な入会キャンペーンを開催していますので、お得にカードを取得することが可能となっています。

 

出張や接待で特典を利用する機会の多い方にとっては、アメックス法人ゴールドは非常にメリットのあるカードとなるのではないでしょうか。

 

アメックス法人ゴールドの申込みはこちら

アメックスの法人クレジットカードはビジネスをさらに加速させる!

今回は、アメックス法人グリーンとゴールドに、年会費の差以上のサービスの違いがあるのか?と言う点をテーマに両者のカードを比較してきました。

 

アメックス法人グリーンとゴールドでは、倍以上の年会費の違いがありますが、結論から言うと年会費以上のメリットをアメックス法人ゴールドでは受けることができます。

 

特に、出張や接待の多いビジネスパーソンにとっては、アメックス法人ゴールドでしか受けられないベネフィットが多く、実益的なメリットをうけることができます。

 

ただし、アメックス法人グリーンが劣っていると言う意味ではなく、特典を利用する機会の少ない方にとってはアメックス法人グリーンもコストパフォーマンス最強のカードとなります。

 

自社のビジネスのスタイルに合わせて、アメックス法人グリーンとアメックス法人ゴールド、どちらのアメックスが良いかが変わってくるのではないでしょうか。

 

Pocket