JAL CLUB ESTの8つの最強特典が激熱!20代JALカード保有者必見!

Pocket

 

「JAL CLUB ESTのメリットは?」

「JAL CLUB ESTは何歳までは入れる?」

「どんなJALカードでも入れる?」

 

JALの航空便を利用している方の中には、もっとJALの航空便を利用する際にサービスをうけたい、と思っている方も多いのではないでしょうか。

 

「JAL CLUB EST」は、そうした希望を叶える8つの最強特典を持った20代の方限定の激熱なサービスとなっています。

 

JALカードに追加して付帯させることができるJAL CLUB ESTの特典は、20代の方限定でJALの上級会員のようなサービスをうけることが可能となっています。

 

ここでは、20代でJALカードをお使いの方なら加入してなければ損と言っても良い、JAL CLUB ESTの特徴や内容を詳しく解説していきましょう。

 

JAL CLUB ESTとは

 

通常、航空会社で特別なサービスをうける為には、ランクアップ対象マイルや区間を積み重ねて上級会員資格を取得する必要があります。

 

しかし、上級会員資格を取得するためには、相当数のフライト回数が必要となり、20代の若者の方では実現は難しいと言えるでしょう。

 

JAL CLUB ESTは、20代の方限定でJALカードに付帯させることができるサービスとなっており、8つの最強特典で航空会社の上級会員のようなサービスをうけることができるカードとなっています。

 

JAL CLUB ESTの加入条件は、

 

20歳以上30歳未満であること
JALカード所有者であること

 

の2点となっており、まだJALカードをお持ちでない方の場合には、カード発行と同時にJAL CLUB ESTを付帯させることもできます。

 

ですので、20代の方であれば誰でも申込みをすることができる特典となっており、JAL航空便を利用の際に満足度の高い利用をすることができます。

 

JAL CLUB ESTには最強メリットとなる8つの特典が用意されており、JALのVIPラウンジの利用やマイル有効期限の延長などの特典をうけることができます。

 

JAL CLUB ESTは20代の方であれば、加入しておくべき特典であると言えるのですね。

JAL CLUB ESTの年会費

JAL CLUB ESTの利用には、カード年会費に加えてJAL CLUB ESTの年会費が必要となっています。

 

JALカードには、普通カード・CLUB-Aカード・CLUB-Aゴールドカード・JALプラチナと言ったカードがラインナップされています。

 

通常、JAL CLUB ESTの利用には、カード年会費と別に税別5,000円のCLUB EST年会費が必要となっていますが、CLUB-Aゴールドカード以上のカードではCLUB EST年会費が税別2,000円に優遇されます。

 

ここでは、それぞれのカードにJAL CLUB ESTを追加した場合の、合計で必要になってくるコストをまとめておきましょう。

 

  カード年会費 CLUB EST年会費 合計
普通カード 税別2,000円 税別5,000円 税別7,000円
CLUB-Aカード 税別10,000円 税別5,000円 税別15,000円
CLUB-A
ゴールドカード
税別16,000円 税別2,000円 税別18,000円
JALプラチナ 税別31,000円 税別2,000円 税別33,000円

 

このように、JAL CLUB ESTの利用では、カード年会費に加えてJAL CLUB ESTの年会費が必要となってきます。

JAL CLUB ESTの8つの最強特典

JAL CLUB ESTには、JAL航空便をお得に利用することができる8つの最強特典が用意されており、よりお得にJALを利用することができます。

 

20代の方にとって、年間税別5,000円のJAL CLUB ESTの年会費の出費は小さくない負担であると思いますが、かかったコスト以上のメリットをうけることができるのですね。

 

ここでは、JAL CLUB ESTに加入しておくべき理由ともなる、JAL CLUB ESTの8つの特典を解説していきましょう。

年間5回のサクララウンジの利用特典

JAL CLUB ESTの最も大きなメリットであるとも言えるのが、年間5回利用することができる「サクララウンジ」の利用特典です。

 

サクララウンジは、国内17か所の空港に設置された、JALのVIPラウンジとなっています。

 

通常では、JALの上級会員の方や国内線ファーストクラスの搭乗客しか利用することができないサクララウンジを利用できるのは大きなメリットとなりますよね。

 

サクララウンジでは、通常のラウンジよりもゆったりしたソファーや、アルコールも利用できるフリードリンク、さらにはアロマも用意されており、ゆったりと飛行機の到着を待つことができます。

 

JAL CLUB ESTでは、年に1回サクララウンジのラウンジクーポンが5枚付与されます。

 

本会員はもちろんのこと、同伴者も1名まで無料でラウンジを利用することが可能となっているのは嬉しいですよね。

マイルの有効期限が5年間に延長

JAL CLUB ESTでは、通常36か月のJALマイルの有効期限が60か月の5年間に延長される特典があります。

 

年間に相当数のフライトをする方でもない限り、3年間で海外の特典航空券の交換に必要なマイル数を貯めることは難しいのでは無いでしょうか。

 

3年間の有効期限では、目的とした特典航空券のマイル数に届かず、中にはマイルを有効期限切れで失効させてしまったことがある方も居るかも知れません。

 

また、JALマイルの価値は2円〜5円にもなると言われていますが、ビジネス・ファーストクラスなどの上位のシートになればなるほど1マイルあたりの価値は向上します。

 

マイルの有効期限が延長され、ゆっくりとマイルを貯めることが可能になる点も、JAL CLUB ESTの大きなメリットのひとつとなっているのですね。

eJALポイント5,000円分が毎年プレゼント

JAL CLUB ESTの年会費に匹敵する、お得なメリットとなるのがeJALポイント5,000円分のプレゼントです。

 

eJALポイントとは、JALホームページで利用することができる、JALの電子クーポンとなっています。

 

eJALポイントは1ポイント=1円として、JAL航空券の購入やシートのアップグレード特典の支払いに利用することが可能となっています。

 

JAL CLUB ESTでは、毎年1回eJALポイントが5,000ポイント付与される特典があります。

 

JAL CLUB ESTの年会費が税別5,000円となっていますので、eJALポイントのプレゼントだけで年会費のもとを取れてしまう脅威の特典となっているのですね。

JALビジネスクラス・チェックインカウンター

JAL航空便の搭乗時に、エコノミークラスのチェックインカウンターの長蛇の列にうんざりされた経験がある方も多いのではないでしょうか。

 

特に、搭乗時間ギリギリに空港に到着してしまった際などには、チェックインに時間がかかってしまうと焦ってしまいますよね。

 

JAL CLUB ESTでは、国際線のエコノミー運賃での搭乗の際にもJALビジネスクラス・チェックインカウンターを利用することができる特典があります。

 

ビジネスクラス・チェックインカウンターでは、自動チェックインカウンターも多数用意されており、待ち時間も少なくスムーズにチェックインを済ませることができます。

 

通常、ビジネスクラス運賃、またはCLUB-Aカード以上のJALカードをお持ちでないと利用できない、ビジネスクラス・チェックインカウンターを利用できるのは大きなメリットとなります。

搭乗ボーナスマイル・FLYONポイントが優遇

JAL CLUB ESTの大きなメリットのひとつともなるのが、搭乗ボーナスマイルの優遇です。

 

JALカードでは、入会後初回の搭乗の際に「入会搭乗ボーナス」が付与される特典がありますが、JAL CLUB ESTではさらに1,000マイルが加算されてプレゼントされます。

 

また、入会翌年度以降も、毎年最初の搭乗の際に1,000マイルを獲得することができますので、毎年JAL航空便に搭乗するだけで1,000マイルを積み上げることができます。

 

さらに、JAL航空便に搭乗した際のフライトマイルに対して5%のフライトボーナスマイルが付与されますので、JAL航空便に乗れば乗るほど得をすることができます。

 

また、JAL CLUB ESTでは毎年初回の搭乗の際に、ボーナスマイルの1,000マイルに加えて「FLYONポイント」2,000ポイントが積算される特典もあります。

 

FLYONポイントは通常、年間に数多くJAL航空便に搭乗している方だけに付与される、上級会員へのランクアップに必要なポイントとなっています。

 

毎年、JAL航空便に搭乗するだけでランクアップに必要なポイントを積み上げることができますので、上位のステータスを取得しやすくなっているのですね。

いつものショッピングでマイルが2倍

JAL CLUB ESTでは「JALカードショッピングマイル・プレミアム」が自動付帯となっており、通常のショッピングでの獲得マイルが2倍となる特典があります。

 

JAL普通カードなどの場合では、通常のショッピングでは0.5%のマイル付与率となっていますが、JAL CLUB ESTに加入すると1.0%還元でマイルを貯めることができるのですね。

 

また、JALカードではお買い物でマイルをお得に貯めることができる特約店がありますが、特約店の場合では4倍の2.0%の還元率でマイルを貯めることができます。

 

マイルをお得に貯めることができる特約店の幅も広く、ファミリーマートなどのコンビニなどでも4倍の還元率でJALマイルを貯めることが可能となっています。

 

毎日の買い物でマイルをお得に貯めることが可能となっていますので、非常に効率良くJALマイルを貯めることが可能となってくるのですね。

100マイル単位での特典交換が可能

JALマイルでは特典航空券の交換だけではなく、JAL航空券の購入などに利用することができるeJALポイントに交換して利用することができます。

 

ただし、通常はJALマイルからeJALポイントへの交換は10,000マイル以上となっており、気軽に利用することができるサービスとは言えません。

 

JAL CLUB EST会員では、eJALポイントへの交換が100マイル単位で可能となっていますので、端数のマイルの消化や、eJALポイントを利用したちょっとした特典の不可にも利用できます。

 

通常、10,000マイル=15,000ポイントのレートが、100マイル=100ポイントと等価になりますので、レートは下がってしまいますが、少額から利用できる使い勝手は嬉しいですよね。

 

有効期限間近になってしまった少額のマイルの使い道としても有効な利用方法であると言えます。

ハイコストパフォーマンスでお得に利用可能

JAL CLUB ESTの年会費は税別5,000円となっており、JAL普通カードの年会費よりも高額で、コストが高いと思ってしまう方も居るかも知れません。

 

しかし、実際にはJAL CLUB ESTの年会費の中には「JALショッピングマイル・プレミアム」の年会費も含まれています。

 

ショッピングマイル・プレミアムの年会費は税別3,000円となっていますので、実質JAL CLUB ESTの年会費は税別2,000円と言うことになるのですね。

 

また、JAL CLUB ESTでは、毎年1回eJALポイントが5,000円分付与される特典や、毎年初回の搭乗で1,000マイルのボーナスマイルが付与される特典があります。

 

毎年1回でもJALを利用する方であれば、初年度から年会費以上のメリットがある、ハイコストパフォーマンスなサービスとなっているのですね。

30歳になったら自動解約。有効期限は60ヵ月のまま

JAL CLUB ESTは、20代の方だけが利用することができる最強メリットのサービスとなっています。

 

30歳の誕生日を超えた、最初のカードの更新でJAL CLUB ESTは自動解約となり、残念ながらJAL CLUB ESTの特典は利用できなくなります。

 

そうなってくると、気になるのはJAL CLUB ESTの特典で延長されたJALマイルの有効期限はどうなってしまうのか?と言う点ですよね。

 

ただし、JAL CLUB ESTの利用中に貯めたJALマイルの有効期限は、JAL CLUB ESTを解約しても36か月の有効期限に戻ってしまうことはなく、60か月の有効期限のまま利用できます。

 

29歳の時に貯めたJALマイルは、30歳でJAL CLUB ESTが自動解約になっても、34歳までの有効期限で利用することができるのですね。

 

ですので、有効期限を有利に利用することができる20代のうちに、できるだけ大量のマイルを貯めておくようにしましょう!

JAL CLUB ESTが付帯できるJALカード

最強の8大特典を利用することが可能となっており、20代の方にはマストなサービスとなっているJAL CLUB EST。

 

JAL CLUB ESTの利用条件として、20歳以上30歳未満であることと、JALカード保有者であることと言う条件があります。

 

それでは、どのJALカードを保有していれば、JAL CLUB ESTを利用することができるのでしょうか?

 

JAL CLUB ESTを付帯することができるのは「JALダイナースカード」を除く、全てのJALカードに付帯させることができます。

 

JALカードの提携クレジットカード会社は幅広く、

 

JALカードOPクレジット
JALカードSuica
JALカードTOKYU POINT ClubQ

 

などの全てのJALカードにJAL CLUB ESTを付帯させることができます。

 

また、JALダイナースカードは対象外となっていますが「JALアメックス」はJAL CLUB ESTの対象となっています。

 

JALカードには、JAL普通カードCLUB-AカードCLUB-AゴールドカードJALプラチナといったランクがありますが、どのランクのカードを発行した場合でもJAL CLUB ESTを付帯させることができます。

 

それぞれのランクのカードで異なった特典が用意されていますので、よりお得にJALを利用したい方は上位のカードを検討してみるのも良いかも知れませんね。

 

ただし、JAL CLUB ESTの特典そのものが、JALの上級会員のサービスのように利用することができる、圧巻の内容となっています。

 

最もコストを抑えて利用することができるJAL普通カードにJAL CLUB ESTを付帯させても、満足できるサービスとなってくるのではないでしょうか。

 

こんな方は今すぐJAL CLUB ESTに入会を!

それでは、どのような条件に当てはまる方が、JAL CLUB ESTをお得に利用することができるのでしょうか?

 

20代の方
年間1回でもJALを利用している方
JALショッピングマイル・プレミアムに加入している方

 

こんな方の場合は、今すぐJAL CLUB ESTに加入しないと損であると言えます。

 

最強メリットの8大特典を利用することができるJAL CLUB ESTですが、唯一のデメリットとも言えるのが20代の方の限定のサービスである点です。

 

逆に言うと、20代の方の特権として利用することができるサービスとも言えますので、20代の方であれば加入しない手は無いですよね。

 

また、JAL CLUB ESTを付帯させるには、カード年会費とは別にJAL CLUB ESTの年会費が発生します。

 

しかし、JAL CLUB ESTでは毎年1回のeJALポイント5,000円分プレゼント、毎年初回の搭乗での1,000マイルの付与などの特典もあり、年に1回でもJALを利用する方にはお得に利用できます。

 

JAL CLUB ESTは20代のビジネスパーソンを応援するプログラムでもあり、特に出張等の多くなる20代のうちにお得にJALを利用することができるサービスとなっています。

 

最もJAL CLUB ESTに加入するべき、と強く言いたい方は、既にJALカードをお持ちで、JALショッピングマイル・プレミアムに加入している20代の方です。

 

JAL CLUB ESTの年会費は税別5,000円となっていますが、5,000円の年会費の中にはショッピングマイル・プレミアムの年会費税別3,000円も含まれています。

 

ですので、既にショッピングマイル・プレミアムに加入済の方の場合は、税別2,000円の追加でJAL CLUB ESTを利用することが可能となります。

 

5,000円分のeJALポイントのプレゼントだけで3,000円分の得をすることができますので、JAL CLUB ESTを付帯させないと損になると言っても良いでしょう。

 

20代の特権とも言えるJAL CLUB ESTの特典、20代でJALを利用する方にはマストのサービスとなっているのですね。

20代でJALカードを持っている方は全員入るべき!脅威のJAL CLUB ESTの特典

今回は、20代限定で利用することができる、JAL CLUB ESTの特典について詳しく解説してきました。

 

JAL CLUB ESTでは、JALのVIPラウンジの利用・JALマイルの有効期限の延長など、どれをひとつ取ってもお得な最強の8大特典が用意されています。

 

カード年会費とは別に税別5,000円の年会費が必要と言うと、20代の若者の方には負担が大きいと思ってしまうかも知れませんが、年間1回でもJALを利用する方であれば余裕でもとが取れます。

 

JAL CLUB ESTは、JALダイナースカードを除く全てのJALカードに付帯させて利用することが可能となっています。

 

20代の方でJALカードを持っている方、また、JALを利用するけどJALカードをまだ持っていない方は、JALカードを新しく作ってでも加入しておくべきサービスと言えるのですね。

 

JAL CLUB ESTの入会はこちらから

 

Pocket