JCBから新しいカード登場!年会費無料・格安プラチナカード計3種類!

Pocket

 

日本の誇る国際ブランド・JCBのベーシックのシリーズとして人気を集めているのが「JCB ORIGINALシリーズ」です。

 

2017年10月24日に、JCB ORIGINALシリーズの新ラインナップとなるカードが追加となりました!

 

新しくJCB ORIGINALシリーズのラインナップに追加されたのは、

 

JCB CARD W

JCB CARD W plus L

JCBプラチナ

 

の3枚のカードとなっています。

 

それぞれのカードで、年会費無料のカードから格安プラチナカードまで幅広く、よりお得に利用できるカードとなっています。

 

今回は、JCBの新ラインナップの3種類のカードを特集してご紹介していきましょう!

 

JCBカードから新カードが追加!

2017年10月24日に、JCBから新たに3種類のクレジットカードが発行開始となりました。

 

新カードでは、格安のプラチナカードから年会費無料の高還元カードまで、それぞれのメリットを持ったカードが発行されています。

 

ここでは、JCBの新ラインナップとなる3種類のカードを詳しく解説していきましょう。

JCB CARD W

 

年会費 無料
家族会員 無料
ETC 無料
申込資格 高校生を除く18歳〜39歳の方
還元率 1.0%
旅行保険 最高2,000万円

 

こんな人におすすめ

・10代・20代・30代の方

・ポイント高還元でカードを利用したい方

・年会費無料でカードを利用したい方

 

JCBの新しいラインナップとして発行された「JCB CARD W」30代までの方限定で申込みをすることができるカードとなっています。

 

JCBの若者向けのカードとしてはJCB CARD EXTAGEがありますが、JCB CARD Wはさらに幅広い年代の方にも申込みができるカードとなっています。

 

家族カードも含めて年会費無料となっており、カードの保有にコストをかけたくない方にも最適なカードであると言えるのではないでしょうか。

 

JCB CARD Wの最も大きな特徴となっているのが、JCB ORIGINALシリーズの通常のカードと比べて、いつでもポイントが2倍で還元される点でしょう。

 

バランスの取れたJCBのクレジットカードですが、唯一のデメリットと言えるのが通常0.5%と言う低還元率です。

 

ポイント2倍と言うことで、通常還元率1.0%となったJCB CARD Wは、カードの利用でお得にポイントを貯めたい方にもおすすめすることができます。

 

また、JCB CARD WではJCB ORIGINALシリーズパートナー加盟店で、よりお得にポイントを貯めることが可能となっており、セブンイレブンで2.0%還元でお買い物をすることも可能です。

JCB CARD W plus L

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

 

年会費 無料
家族会員 無料
ETC 無料
申込資格 高校生を除く18歳〜39歳の方
還元率 1.0%
旅行保険 最高2,000万円

 

こんな人におすすめ

・30代までの女性の方

・ポイント高還元でカードを利用したい方

・常にキレイで居たい女性の方

 

JCB ORIGINALシリーズの新しい女性向けのカードとして発行が開始されたのが「JCB CARD W plus L」です。

 

JCB CARD W plus Lは30代までの女性向けのカードとなっており、常にキレイで居たい女性の方に向けた特典やサービスが豊富に用意されています。

 

特にJCB CARD W plus Lで便利に利用することができるのが、女性特有の不安を解消する、選べる補償の「お守リンダ」です。

 

お守リンダでは、女性特有がんなどの保険を月額30円〜の低コストで付帯させることが可能となっており、最小限のコストで安心を備えることができます。

 

また、JCB CARD W plus LではJCB CARD Wと同じく、通常カードの2倍の還元率でポイントを貯めることができるメリットがあります。

 

年会費無料でポイント高還元のクレジットカードを利用したい方にもおすすめできるカードとなるのではないでしょうか。

JCBプラチナ

 

年会費 税別25,000円
家族会員 1名まで無料
2枚目以降税別3,000円
ETC 無料
申込資格 25歳以上で安定した収入のある方
還元率 0.5%
旅行保険 最高1億円

 

こんな人におすすめ

・インビテーションを待たずにJCBの上位カードを利用したい方

・格安年会費でコストパフォーマンス抜群のプラチナカードを手に入れたい方

・海外でもカードを利用する機会の多い方

 

申込みで取得可能なJCBブランドの最上位カードとして発行されるのが「JCBプラチナ」です。

 

JCBでは、JCBゴールドより上のカードではインビテーションが必要となっており、通常の申込みでは取得が不可となっていました。

 

JCBプラチナはインビテーション不要で申込みができるカードとなっており、インビテーションを待たずに取得可能なJCBの最上位カードとなっています。

 

税別25,000円と言う低コストのプラチナカードでありながら、プラチナカードに欲しい機能は全て詰まった、コストパフォーマンス最強のプラチナカードとなっています。

 

24時間・365日対応のコンシェルジュサービス、プライオリティパス、有名レストランでの1名分コース料理無料など、年会費以上のメリットをうけることが可能となっているのですね。

 

最高1億円の海外旅行保険と、世界の空港ラウンジを使い放題のプライオリティパスが付帯していますので、プライベート・ビジネスで海外に出かける機会の多い方にもおすすめです。

 

JCBの上位カードの特典である「JCBプレミアムステイプラン」も利用可能となっており、ホテルにこだわりたい方にも最適のカードとなっているのですね。

新カードで注目するのはJCBプラチナの年会費が格安ということ

JCBの基本のカードラインナップ「JCB ORIGINALシリーズ」に、新たに追加された3種類のクレジットカード。

 

2017年10月24日に募集が開始したばかりの新カードで、最も注目すべきなのは格安年会費で保有できる「JCBプラチナ」でしょう。

 

JCBプラチナの年会費は税別25,000円となっており、ライバルカードとも言える三井住友VISAプラチナ年会費税別50,000円の半額で保有することができます。

 

他社プラチナカードと比べて、格安プラチナカードと言うことでサービスが劣っていると言うことは全く無く、ステータス・ベネフィットともに最上級のカードとなっています。

 

券面デザインも黒基調の券面に箔押しのJCBのロゴが光る、誰が見てもステータスの高いカードとわかる上質なデザインとなっています。

 

 

JCBプラチナでは、

 

世界1000か所以上の空港ラウンジを利用できる「プライオリティパス・プレステージ会員」
24時間・365日対応で個人秘書感覚で利用することができる「コンシェルジュサービス」
2名以上のコース料理の利用で1名分が無料になる「グルメベネフィット」
提携レストランでの食事代金が30%オフになる「ダイニング30」

 

など、三井住友VISAプラチナと同等以上のベネフィットが用意されています。

 

特にJCBのコンシェルジュサービスは優秀なサービスを提供していることで知られていますが、JCBプラチナのコンシェルジュサービスは「JCBザ・クラス」と共通となっています。

 

JCBの最高峰であるJCBザ・クラスと同じコンシェルジェサービスをうけることができることで、金額では計れない特別なサービスをうけることが可能となってくるのですね。

 

 

比較的、上位カードの取得の難易度が高いと言われているJCBでは、JCBゴールドより上のカードを取得する為にはインビテーションが必要となっています。

 

 

JCB ORIGINALシリーズのラインナップとして、

 

JCB一般カード
JCBゴールド
JCBゴールド・ザ・プレミア
JCBザ・クラス

 

と言った順で上位カードとなっていますが、JCBゴールド・ザ・プレミアの取得には、JCBゴールドを2年以上連続して100万円以上の利用が必要と言われています。

 

JCBプラチナは、ステータス・サービスともにJCBゴールド・ザ・プレミアよりも上位カードとなります。

 

JCBのカードラインナップの中で、インビテーション不要で申込み可能なJCBプラチナは、非常に貴重なカードと言って良いのではないでしょうか。

 

いままで、インビテーションがハードルとなっていた方には、JCBプラチナは待望のカードであると言えるかも知れませんね。

JCB CARD WとJCB一般カードの違い・サービスの差

2017年10月24日の新規カードの募集開始で、発行が開始されたのが「JCB CARD W」です。

 

年会費無料で利用することができるJCB CARD Wは、JCB ORIGINALシリーズのラインナップの中では一般カードにカテゴリーされるカードとなります。

 

JCBの一般カードでは「JCB一般カード」が既に発行されています。

 

ここで気になってくるのが、JCB CARD WとJCB一般カードの違いやサービスの差でしょう。

 

 

最も大きな違いとなってくるのが、申込資格の違いです。

 

JCB一般カードは高校生を除く18歳以上の方が申込みをすることができますが、JCB CARD Wでは18歳〜39歳までの方に申込資格が限定されています。

 

 

また、JCB CARD Wは年会費無料となっていますが、JCB一般カードでは年会費として税別1,250円が必要となっています。

 

ただし、JCB一般カードの場合でも年間50万円以上のカードの利用があれば年会費が無料になる特典があり、コストをかけずにカードを利用することが可能となっています。

 

 

さらに、大きな違いとなっているのが、ポイント還元率の差となります。

 

JCB CARD Wでは、カード特典としていつでもポイントが2倍になる特典があり、JCB一般カードよりも効率的にポイントを貯めることができます。

 

また、JCB ORIGINALシリーズパートナー加盟店では、さらにお得にポイントを貯めることができるので、JCB CARD Wでは、セブンイレブンで2.0%、スターバックスでは3.0%のポイント還元率となります。

 

コスト感、還元率ともにJCB CARD Wが有利となっていますが、付帯保険の面ではJCB一般カードが有利となっています。

 

JCB CARD Wでは、海外旅行保険が利用付帯で最高2,000万円の補償となっていますが、JCB一般カードでは国内外で最高3,000万円の補償をうけることができます。

 

また、JCB一般カードでは最短即日発行・翌日のカード受取が可能となっており、カード発行を急いでいる方にも安心して利用できるカードとなっています。

 

カードデザインも、通常・WEB限定・ディズニーデザインを選択することができますので、特にディズニーファンの方には嬉しいカードとなっているのではないでしょうか。

 

コストを抑えて還元率にこだわりたい方はJCB CARD W、40代以上の方、よりバランスの良いカードを利用したい方はJCB一般カードがおすすめです。

JCB CARD W plus LとJCB LINDAカードの違い・サービスの差

JCB ORIGINALシリーズのラインナップの中で、女性向けの特典に特化したカードが「JCB CARD W plus L」です。

 

同じように、女性向けの特典に着目したコンセプトのカードが「JCB LINDAカード」です。

 

 

JCB CARD W plus LとJCB LINDAカードの違いとなるのが、やはり申込資格と年会費の違いとなっています。

 

JCB CARD W plus Lでは18歳〜39歳までに申込資格が限定されているのに対し、JCB LINDAカードでは18歳以上の方であれば申込みをすることができます。

 

また、年会費無料のJCB CARD W plus Lに対し、JCB LINDAカードでは年会費は無料なものの、データ管理費用として月額税別100円のコストが必要となります。

 

ただし、JCB LINDAカードでは、月間1万円以上の利用、または携帯電話料金の支払いでデータ管理費用を無料で利用することができます。

 

JCB CARD W plus LとJCB LINDAカードでは共通の特典が数多くあります。

 

女性特有の不安に備える、選べる補償の「お守リンダ」
お得なプレゼントなどが当たる「LINDAリーグ」
キレイの情報やクーポン情報の「LINDA MAIL」
お得に映画を楽しむことができる「cinema LINDA」

 

など、いつでもキレイで居たい女性の為の特典が数多く用意されています。

 

共通の特典が多いJCB CARD W plus LとJCB LINDAカードですが、ポイント還元率のお得度で比較をすると、やはりJCB CARD W plus Lが有利となっています。

 

JCB CARD W plus Lでは、JCB CARD Wと同じくポイントが2倍になる特典があり、通常還元率0.5%のJCB LINDAカードの常時2倍の還元率でポイントを貯めることができます。

 

ただし、JCB LINDAカードでは年間の利用金額に応じて、残りの利用期間がポイント上乗せになる特典があります。

 

年間50万円の利用達成 翌月からポイント2倍
年間100万円の利用達成 翌月からポイント3倍

 

このように、JCB LINDAカードは最高ポイント3倍、1.5%の還元率でカードを利用することができますので、最高の還元率ではJCB CARD W plus Lより優秀となっています。

 

ただし、ポイント還元率の優遇が適用されるのは、年間で利用条件を達成した残りの期間であることが注意すべき点です。

 

10か月目で年間100万円の利用条件を達成しても、ポイント3倍が適用されるのは残りの2か月間しかないのですね。

 

また、JCB CARD W plus Lでは利用付帯で最高2,000万円の海外旅行保険が付帯していますが、JCB LINDAカードでは旅行保険は用意されていません。

 

30代までの女性の方であれば、JCB CARD W plus L一択で選択しても間違いないのではないでしょうか。

JCB プラチナの登場で!ザ・クラスはブラックカードにランク格上げ?

今回の新カードラインナップの目玉とも言えるのが、申込可能なJCBの最上位カードとなるJCBプラチナです。

 

JCBの最高峰のカードと言えば「JCBザ・クラス」がラインナップされていますが、JCBプラチナはJCBザ・クラスに次ぐ上位カードとなります。

 

JCBザ・クラスは、JCBの最上位のカードでありますが、カードのランクとしてはプラチナカードに当たるカードです。

 

ただし、今回のJCBプラチナの登場によって、JCBザ・クラスがブラックカードに格上げされることは充分に考えられます。

 

前提として、プラチナカードクラスのカードが2枚ラインナップされている必要もありませんし、最上位カードとしての差別化が行われる可能性は充分に高いのではないでしょうか。

 

JCBプラチナとJCBザ・クラスでは、共通して利用できる特典が数多くあります。

 

コンシェルジュサービス
プライオリティパス
グルメベネフィット
ダイニング30

 

など、プラチナカードに求められる特典はJCBプラチナにも数多く用意されています。

 

 

JCBザ・クラスの独自の特典としては、ゴルファー保険やメンバーズセレクション、東京ディズニーリゾートのラウンジの利用などの特典があります。

 

ただし、JCBザ・クラスは、クレジットカードの中でも特にインビテーションのハードルが高いカードと言われています。

 

年会費もJCBプラチナの倍の税別50,000円となっており、取得に苦労する割にはJCBプラチナと比べたメリットが少ないようにも感じられます。

 

そうした背景から、JCBザ・クラスは今後、ブラックカードとしてサービスやステータスを追加したうえで、ブラックカードに格上げされるのではないでしょうか?

 

富裕層向けの「ラグジュアリーカード」のように、金属製のカードを利用してステータス性を向上させる可能性も充分に考えられます。

 

 

また、ホテルの上級会員や航空会社の上級会員などの特典が付帯されれば、JCBプラチナとの差別化を充分に図ることができますよね。

 

新カードの登場によって、JCBの既存のカードの動向も見逃せない、注目すべき点となるのですね!

新カードの登場でますます便利に使いやすくなるJCB ORIGINALシリーズ!

2017年10月24日に、国産唯一の国際ブランドであるJCBから、プロパーカードとして3種類のカードが発行されました。

 

新カードラインナップの目玉となるのは、JCBのカードラインナップの中で申込可能な最上位カードとなる「JCBプラチナ」です。

 

JCBプラチナは、年会費税別25,000円と言う格安プラチナでありながら、コンシェルジェサービス・プライオリティパスと充実したサービスをうけることができます。

 

また、バランスの取れたJCB ORIGINALシリーズのクレジットカードの唯一のデメリット、ポイント還元率を解消したのが「JCB CARD W」「JCB CARD W plus L」の2枚のカードです。

 

JCB CARD W/ JCB CARD W plus Lでは、年会費無料でポイントがいつでも2倍になる特典があり、カードの利用でより効率的にポイントを貯めることができます。

 

新カードのラインナップで、さらに使いやすくなったJCB ORIGINALシリーズを手に入れてみてはいかがでしょうか!

 

Pocket