楽天銀行使ってる?楽天カードの引き落とし口座利用で普通預金金利40倍!

Pocket

 

「楽天カードの引き落とし口座は楽天銀行がベスト?」

「楽天銀行の口座はすぐに開設できる?」

 

楽天カードをお使いの方は、楽天口座を引き落とし口座に利用すれば普通預金金利が40倍になる特典があります。

 

店舗を持たないネット銀行大手の楽天銀行では、楽天カードを利用中の方以外にも豊富なメリットをうけることが可能となっています。

 

今回は、今すぐ開設しておきたい、楽天銀行の特徴やメリット・デメリットについて詳しく解説していきましょう。

 

こんな方は楽天銀行がおすすめ

インターネット大手の楽天が提供するネット銀行サービスが楽天銀行です。

 

楽天カードをお持ちの方
楽天スーパーポイントを貯めている方
コンビニATMを良く利用している方

 

このような条件に当てはまる方の場合は、楽天銀行の口座開設をおすすめできる方であると言えます。

 

楽天銀行は、同じく楽天が発行するクレジットカード「楽天カード」との相性が非常に良く、楽天カードの利用料金の引き落とし口座を楽天銀行に設定すると金利が優遇されます。

 

 

楽天銀行の口座を楽天カードの引き落とし口座に設定すると、普通預金金利が通常の40倍になる特典がありますので、非常に有利な金利が適用されるのですね。

 

また、楽天銀行では、口座の利用やカードの引き落としなどで楽天スーパーポイントを貯めることができる「ハッピープログラム」にエントリーすることができます。

 

口座の利用でお得にポイントを貯めることができるだけではなく、他行宛ての振込手数料などにポイントを利用することができますので、手数料を節約して口座を利用することができるのですね。

 

楽天銀行は、店舗を持たないネット銀行となっていますので、口座残高の引き落としや入金はコンビニATMなどの提携ATMを利用する形になります。

 

コンビニATMでの利用では100円から200円の手数料が必要となってきますが、楽天銀行では新規口座開設後6か月間は月に5回まで手数料が無料になる特典があります。

 

さらに、ハッピープログラムの特典で月間最大7回まで提携ATMの手数料が無料になる特典がありますので、コンビニATM利用の際の手数料を節約することができます。

 

単なる銀行口座としてだけではなく、使えば使うほどお得に利用することができるのが楽天銀行の特徴となっているのですね。

楽天カード会員限定!引き落とし口座利用で普通預金金利40倍

インターネット大手の楽天グループの運営するネット銀行が楽天銀行です。

 

楽天銀行では楽天カード会員限定の特典として、楽天銀行を引き落とし口座に利用すると、普通預金金利が大手都市銀行の40倍になる特典があります。

 

楽天銀行の普通預金金利は0.02%と、通常でも大手都市銀行の20倍におよぶ高金利が大きな魅力となっています。

 

ここでは、代表的な銀行の金利と楽天銀行の普通預金の金利を比較していきましょう。

 

楽天銀行 0.02%
オリックス銀行 0.02%
ジャパンネット銀行 0.01%
三菱東京UFJ銀行 0.001%
三井住友銀行 0.001%
みずほ銀行 0.001%
ゆうちょ銀行 0.001%

 

このように、楽天銀行の普通預金金利は大手都市銀行の20倍となっており、ネット銀行でもトップクラスの金利を実現しています。

 

さらに、楽天カードの支払い口座に楽天銀行を設定すると、普通預金金利が優遇されて2倍になる特典があります。

 

普通預金金利が2倍になると、楽天銀行の普通預金金利は0.04%となりますので、大手都市銀行の普通預金の40倍の金利が適用されると言うことになるのですね。

 

バブル期には2%を超えていた普通預金の金利ですが、バブル崩壊後1990年代後半〜2000年代前半にかけて、普通預金金利は0.001%前後に落ち込んでしまいました。

 

その後、2010年代に入り、一時0.02%台に金利が復調したものの、2016年に大手都市銀行が再び普通預金金利を0.001%に引き下げています。

 

そうした、空前の低金利時代の中で、楽天銀行の優遇金利での0.04%の金利と言うのは非常に大きなメリットになりますよね。

 

普通預金金利が0.04%になると、税引後でも0.031%と言う高金利が適用されますので、実際に貯金をした際の利子も有利になっています。

 

大手都市銀行での0.001%の金利と、楽天銀行の優遇金利0.04%で受け取ることができる利子にはどの程度の違いがあるのでしょうか?

 

100万円を預けた場合に半年間で受け取ることができる利子を比較してみましょう。

 

大手都市銀行(0.001%) 4円
楽天銀行優遇金利(0.04%) 160円

 

このように、大手都市銀行に預金をした場合には、100万円を半年間預けても僅か4円の利息しか得ることができません。

 

大手都市銀行の普通預金の40倍の金利を誇る楽天銀行の優遇金利では、利息も40倍の160円を得ることができるのですね。

 

いずれの金利にしても、バブル期の利息には及ばない僅かなものですが、やはり少しでも金利の高い方が嬉しいですよね。

 

楽天銀行では、毎月27日に楽天カードの利用代金の引き落としがあった場合に、翌月1ヶ月間が0.04%の優遇金利が適用されます。

 

楽天カードをお使いの方の場合は、引き落とし口座は必ず楽天銀行に設定しておくようにしましょう。

最大毎月9ポイント貯まる

楽天銀行では、楽天銀行のお客様優待サービスとして「ハッピープログラム」と言う優待ステージが用意されています。

 

ハッピープログラムでは、ベーシックからスーパーVIPと言ったステージが用意されており、楽天銀行の口座利用での様々な優待をうけることができます。

 

楽天カードの支払い口座を楽天銀行に設定すると、毎月楽天カードの引き落としがあるだけで、毎月最大9ポイントの楽天スーパーポイントを貯めることが可能となっています。

 

ここでは、ハッピープログラムのステージ別の、毎月獲得することができるポイント数をまとめておきましょう。

 

ベーシック 3ポイント
アドバンスト 3ポイント
プレミアム 6ポイント
VIP 9ポイント
スーパーVIP 9ポイント

 

このように、楽天カードの支払いが楽天銀行の口座から引き落としされるだけで、ステージごとに毎月3〜9ポイントの楽天スーパーポイントを貯めることができます。

 

VIP以上のステージにランクアップした方の場合、毎月9ポイントが付与されますので、楽天カードの支払い口座に楽天銀行を設定するだけで年間108ポイントの楽天スーパーポイントを貯めることができるのですね。

 

ハッピープログラムのステージは、毎月の楽天銀行での取引件数または資産残高によって、翌月のステージが決定されます。

 

ここでは、ハッピープログラムのステージアップ条件を一覧にしてご紹介していきましょう。

 

  資産残高または取引件数
ベーシック 条件無し
アドバンスト 10万円以上または5件以上
プレミアム 50万円以上または10件以上
VIP 100万円以上または20件以上
スーパーVIP 300万円以上または30件以上

 

ハッピープログラムのステージがステージアップすると、楽天カードの利用代金の引き落としによるポイント付与の他にも、他行宛て振込手数料無料などの特典をうけることができます。

 

楽天銀行をメインバンクとして利用して、しっかりステージアップして特典をうけちゃいましょう!

楽天銀行の特徴

インターネット大手の楽天傘下のネットバンクが、楽天銀行です。

 

楽天銀行は、口座開設・維持手数料は無料となっており、コスト0円でネット銀行の口座を維持することができます。

 

店舗を持たないネット銀行と言うこともあり、通帳は用意されていませんが、楽天銀行のホームページ上で取引明細を確認することが可能となっています。

 

直近の取引明細の確認はもちろんのこと、24か月前にさかのぼってCSV・PDFで取引履歴をダウンロードすることができます。

 

CSVは会計ソフトと連携することもできますので、確定申告が必要なフリーランス・個人事業主の方にもおすすめです。

 

楽天銀行の最も大きな特徴となっているのが、口座の利用でポイントを貯めることが可能となっている点でしょう。

 

他行口座への振込や、口座振替、ATMでの入出金で楽天スーパーポイントを貯めることができますので、普段通り銀行の口座を使用しているだけでお得にポイントを貯めることができるのですね。

 

また、楽天銀行会員ページから簡単にナンバーズやロトを購入することが可能となっており、そうした商品の購入でもお得にポイントを貯めることが可能となっています。

 

ポイントの付与はハッピープログラムのステージによって変動しますので、使えば使うほどお得にポイントを貯めることができるのですね。

 

それだけではなく、楽天銀行では他行宛ての振込手数料やATM入出金の手数料を節約できる特典も多く用意されています。

 

単に口座を利用するだけではなく、銀行の利用でお得なメリットをうけたい方には、楽天銀行は最適の銀行であると言えるのではないでしょうか。

楽天銀行の口座開設方法

ネット銀行である楽天銀行の口座開設は、オンラインで簡単に申込みをすることができます。

 

楽天銀行の申込みは、楽天銀行ホームページ上からオンラインで口座開設をすることが可能となっています。

 

口座開設の申込みは簡単な入力で完了しますので、約3分程度で入力を完了することができます。

 

申込完了時に、登録番号とともに申込み内容を修正することができる「アクセスキー」がメールで届きますので、必ず受信可能なEメールアドレスを登録しておきましょう。

 

口座開設の際には楽天銀行のキャッシュカードの種類を選択することができます。

 

楽天銀行キャッシュカード
楽天銀行デビットカード
クレジットカード機能付き楽天銀行カード

 

以上の3種類のカードの中からキャッシュカードを選択することができますが、楽天カードをお持ちの方の場合は通常の楽天銀行キャッシュカードで充分でしょう。

 

また、口座開設の際には本人確認書類の提出が必要となりますので、運転免許証などの本人確認書類を用意して申込みするようにしましょう。

 

本人確認書類の提出は、楽天銀行のアプリ・もしくは郵送で提出することができます。

 

本人確認書類の提出が完了すると「Thankyouレター初期設定ガイド」が届きますので、ガイドに沿って初期設定を済ませれば口座を利用することが可能となります。

楽天銀行のメリット・デメリット

楽天カードをお持ちの方にとっては、最高の相性を持つネット銀行が楽天銀行です。

 

楽天カードの支払い口座を楽天銀行に設定すると、金利が優遇されて0.04%と、大手都市銀行の金利の40倍で普通預金を利用することができます。

 

未曾有の低金利時代の昨今においては、優遇金利のメリットをうけることができるだけでも楽天銀行を利用するメリットがありますよね。

 

楽天銀行には優遇金利でのメリットのほかに、様々なメリットをうけることが可能となっています。

 

ここでは、楽天銀行のメリット・デメリットとなる部分を解説していきましょう。

入会から半年間はATM手数料がお得、ハッピープログラムでさらにお得に!

楽天銀行では、ATM手数料などの各種手数料を節約することができる特典が用意されています。

 

楽天銀行の口座開設後6か月間は、提携ATMでの手数料が6か月間・毎月5回無料となる特典があります。

 

店舗を持たない楽天銀行では、コンビニATMなどを利用する必要がありますが、手数料無料で利用することができるのは大きなメリットとなるでしょう。

 

さらに、楽天銀行ではハッピープログラムの利用で、さらに各種手数料が無料になる特典があります。

 

ここでは、ステージごとのハッピープログラムの特典をご紹介していきましょう。

 

  ATM手数料無料回数 他行振込手数料 楽天ポイント倍率
ベーシック 1倍
アドバンスト 月間1回 月間1回 1倍
プレミアム 月間2回 月間2回 2倍
VIP 月間5回 月間3回 3倍
スーパーVIP 月間7回 月間3回 3倍

 

このように、スーパーVIPにランクアップすると、ATM手数料無料回数7回・他行振込手数料3回と、楽天銀行利用での手数料をお得に利用することができます。

 

ATM手数料・振込手数料は100円〜200円と少額となっていますが、積み重なると馬鹿にならない金額となりますので、手数料をお得に利用できるのは嬉しいですよね。

 

使えば使うほどお得に利用できますので、楽天銀行をメインバンクとしてしっかり使えば、お得に楽天銀行を利用することができるのですね。

銀行口座の利用でお得にポイントを貯めることができる

楽天銀行では、口座の利用でお得に楽天スーパーポイントを貯めることができます。

 

ATM取引
他行口座からの振込
他行口座への振込
給与の受取
口座振替
楽天バンク決済
Pay-easy
ナンバーズ・ロトの購入

 

このような口座の取引で、お得に楽天スーパーポイントを貯めることが可能となっています。

 

ポイントの付与は、ベーシック・アドバンスの1ポイントを基準として、プレミアムは2倍、VIP/スーパーVIPの方は3倍のポイントを獲得することができます。

 

VIP以上の方の場合は、ATM入出金など口座の利用で1回3ポイントの楽天スーパーポイントを貯めることができますので、お得にポイントを貯めることができるのですね。

 

また、楽天銀行口座で楽天カードの利用代金の引き落としがあった月には、最大で9ポイントの楽天スーパーポイントを貯めることができます。

 

人気の共通ポイントである楽天スーパーポイントは、1ポイント=1円として現金同様に利用することができますので、キャッシュバック感覚でポイントを利用することができるのですね。

クレジットカードを作れない方にもデビットカードが便利!

楽天銀行では、口座開設の際にキャッシュカードの種類を選択することができます。

 

審査落ちなどでクレジットカードを作ることができない方には、審査無しで利用することができる「楽天デビットカード」がおすすめです。

 

楽天銀行では、VISA・JCBの国際ブランドの付いたデビットカード機能付きキャッシュカードを発行することができます。

 

楽天デビットカードは、16歳以上の方であれば原則無審査で申込みをすることができますので、なんらかの理由でクレジットカードを作ることができない方にもおすすめです。

楽天銀行のデメリットは店舗が無いこと

楽天カードとの相性も良く、口座の利用でお得なメリットのある楽天銀行。

 

口座開設・維持手数料無料で利用できる楽天銀行ですが、唯一のデメリットとなっているのは店舗や自社ATMが用意されていない点でしょう。

 

ネット銀行である楽天銀行には店舗が用意されていませんので、口座の入出金などの際にはコンビニATMなどの提携ATMの利用が必須となっています。

 

提携ATMの利用では100円〜200円の手数料が必要となっていますので、口座の利用に常時手数料が必要になるのがデメリットとなりますよね。

 

ただし、楽天銀行の利用ではハッピープログラムのステージによって各種の手数料が優遇される特典があります。

 

使えば使うほどお得に利用することができますので、しっかり利用してハッピープログラムのステージをアップさせましょう!

楽天カードを持っている方は今すぐ口座開設しよう!

インターネット大手の楽天傘下のネット銀行が「楽天銀行」です。

 

楽天銀行を楽天カードの支払い口座に設定すると、普通預金金利が優遇され、大手都市銀行の40倍になる特典があります。

 

昨今の低金利時代に0.04%と言う高金利で普通預金を利用することができますので、楽天カードをお持ちの方は今すぐ楽天銀行を口座開設しましょう!

 

楽天銀行では、口座開設・維持手数料無料で利用することが可能となっており、口座開設後6か月間は毎月5回までATM手数料が無料になる特典があります。

 

提携ATMの手数料や、振込手数料をお得に利用することができますので、非常にお得なネット銀行であると言えるでしょう。

 

 

Pocket