ふるさと納税は楽天ふるさと納税がおすすめ!楽天スーパーセールでさらにお得!

Pocket

 

「ふるさと納税を気軽に試してみたい」

「一番お得なふるさと納税ってどれ?」

 

自分の好きな自治体に寄付をして、所得税や住民税のお得な控除をうけることができる「ふるさと納税」

 

ふるさと納税の利用では、各自治体の特色にとんだ返礼品を受け取ることも可能となっており、ふるさと納税を試してみたいと言う方も少なくないのではないでしょうか。

 

初めてふるさと納税を試してみたいと言う方の場合でも「楽天ふるさと納税」では、お得にふるさと納税を体験することが可能となっています。

 

今回は、お得に返礼品を受け取ることが出来るだけではなく、楽天スーパーポイントも貯まる、楽天ふるさと納税について解説していきましょう。

 

楽天ふるさと納税はこんな方におすすめ

 

楽天ふるさと納税では、楽天市場でネット通販をする感覚で気軽にふるさと納税を体験することができます。

 

楽天スーパーポイントを少しでも貯めたい方
手軽にふるさと納税を試してみたい方
各地のお得な特産品をもらいたい方
所得税や住民税のお得な控除をうけたい方

 

このような条件に当てはまる方は、楽天ふるさと納税を試してみてはいかがでしょうか。

 

楽天ふるさと納税は、楽天の人気のネット通販・楽天市場で簡単に好きな自治体への寄付を行うことが可能となっています。

 

ふるさと納税を試してみたいけど、手続きなどがめんどくさそうと踏み出せなかった方でも、楽天IDのみで簡単にふるさと納税を行うことができます。

 

また、楽天ふるさと納税では、寄付のお返しとしてもらえる「返礼品」を、まさにネット通販感覚で選択することができます。

 

和牛・とらふぐ・お米などの各地の特産品を返礼品としてもらうことができますので、見ているだけでも楽しくなってきちゃいますよね。

 

ふるさと納税を行うと、所得金額・ふるさと納税の金額に応じて、最小2,000円の自己負担で所得税・住民税のお得な控除をうけることができます。

 

楽天ふるさと納税では、寄付の金額に対して楽天スーパーポイントを獲得することができますので、実質自己負担0円でふるさと納税を行うことが出来るのですね。

 

自分の応援したい自治体に寄付をすることで、お得に所得税・住民税を控除してもらいながら、地元の特産品の返礼品をもらうことができるふるさと納税。

 

一度試してみたいと言う方には、気軽にふるさと納税を行うことができる楽天ふるさと納税は最適なサービスと言えるのではないでしょうか。

ふるさと納税の基本的な仕組み

ふるさと納税では、自分の応援したい自治体に寄付を行うことで、所得税・住民税の控除をうけることができる仕組みとなっています。

 

ふるさと納税は年間で寄付金額の総額が計算され、毎年1月1日〜12月31日までのふるさと納税の合計金額で控除額が決定されます。

 

控除金額はふるさと納税の金額から、最低2,000円の自己負担金が差し引きされた金額が控除されます。

 

ざっくりと説明をすると、50,000円のふるさと納税を行った場合には、2,000円の自己負担を引いた48,000円の税金が控除されます。

 

単純に考えると、2,000円の自己負担金額が発生してしまうのであれば、50,000円をそのまま納税した方がお得になる気がしますよね。

 

しかし、ふるさと納税の最も大きなメリットとなってくるのが、ふるさと納税の返礼品として受取ることができる各自治体の特産品です。

 

ふるさと納税をすると、各自治体によって和牛・米・馬刺しなどの様々な返礼品をプレゼントしてもらうことができます。

 

価値のある返礼品を受け取ることができますので、2,000円の自己負担が必要だとしても、お買い物をした感覚で税金を支払うことが出来るのですね。

 

ふるさと納税の寄付自体は幾らでもすることができますが、ふるさと納税をした全額に対して2,000円の自己負担で税金が控除される訳ではありません。

 

ふるさと納税で税金が控除される金額には上限があり、個々の年間の所得金額によって控除される金額が変わってきます。

 

所得金額の計算には、配偶者控除などの様々な控除がありますので、全ての方に当てはまる訳ではありませんが、目安となる金額をまとめておきましょう。

 

年収 ふるさと納税控除対象上限額
400万円 42,000円
450万円 52,000円
500万円 61,000円
550万円 69,000円
600万円 77,000円
650万円 97,000円
700万円 108,000円
750万円 118,000円
800万円 129,000円

 

たとえば、年収が400万円の方の場合は、42,000円のふるさと納税を行うことで、自己負担金2,000円を引いた40,000円の税金の控除をうけることが可能と言うことになります。

 

400万円の年収の方でも42,000円を超えるふるさと納税を行うことはできますが、42,000円を超えた金額分は全て自己負担になってしまいますので、最低自己負担額である2,000円に収まるように寄付を行った方がお得です。

 

上記は独身者の方の寄付上限金額の一覧となっていますので、家族構成によっては上限金額が変わってきます。

ふるさと納税をした後の手続きが面倒くさそう

ふるさと納税の利用になかなか踏み切ることができない方の中には「税金控除」の手続きが面倒くさそうと思っている方も居るのではないでしょうか。

 

税金控除と言う単語だけで難しそうな響きがしてしまいますので、非常に複雑な手続きが必要になってくると思ってしまいますよね。

 

しかし、個人事業主の方などで確定申告をしている方にとっては、ふるさと納税での控除の手続きは非常に簡単です。

 

確定申告をする場合には、ふるさと納税を行った自治体から送られてくる「寄付金受領証明書」をもとに、控除の申告をするだけで申請ができます。

 

また、給与所得のサラリーマンの方の場合でも、源泉徴収表と寄付金受領証明書の2通の書類で簡単に確定申告をすることができます。

 

確定申告が面倒と言う方の場合は、さらに簡単にふるさと納税での控除の申請をすることができる「ワンストップ特例制度」の利用がおすすめです。

 

ワンストップ特例制度は、ふるさと納税の寄付先が5か所以内の方の場合に、確定申告無しで住民税の控除が受けられる仕組みとなっています。

 

ワンストップ特例制度でふるさと納税をする際には、ふるさと納税の申込時に「ワンストップ特例制度を利用する」を選択するだけで利用することができます。

 

面倒な確定申告の手間なく、ふるさと納税を利用することができますので、さらに手軽にふるさと納税を体験することが出来るのですね。

楽天ふるさと納税は自治体によってはポイント10倍

自分の応援したい自治体に寄付をすることで、税金の控除をうけることができるとともに、各自治体のお得な返礼品を受け取ることができるふるさと納税。

 

ふるさと納税をお得に利用したい方には、インターネット大手の楽天が提供する「楽天ふるさと納税」がおすすめです。※楽天ふるさと納税のホームページはこちら

 

楽天ふるさと納税は、楽天市場でお買い物をする感覚でふるさと納税を行うことが可能となっており、寄付金額の1.0%が楽天スーパーポイントとして還元されます。

 

また、寄付をする自治体によっては、ポイント還元率が10倍になる自治体もありますので、こうした自治体の利用でふるさと納税を黒字にすることができます。

 

ふるさと納税では、最低自己負担金額として2,000円が必要になってきますが、10%還元の自治体で40,000円の寄付をした場合には、4,000円分相当の楽天スーパーポイントを獲得できます。

 

自己負担金額を差し引いても2,000円分の楽天スーパーポイントがお得になりますので、非常にお得にふるさと納税を行うことが出来るのですね。

 

楽天スーパーポイントは人気の共通ポイントとなっており、楽天のサービスはもちろんのこと、楽天ポイント加盟店で1ポイント=1円として現金同様に利用することができます。

 

また、楽天スーパーポイントを楽天Edyのチャージに充当させることもできますので、より幅広い店舗やサービスでポイントを活用することが可能となっています。

 

楽天ふるさと納税では、寄付による税金の控除・お得な返礼品の特典に加え、寄付金額に応じたポイントの還元をうけることが出来るのが大きなメリットとなっているのですね。

楽天ふるさと納税での返礼品の一例

ふるさと納税を利用する際の大きなメリットのひとつともなっているのが、ふるさと納税の寄付でもらうことができる「返礼品」です。

 

ふるさと納税を行うと、各自治体の特産品などの返礼品をもらうことが可能となっています。

 

返礼品は寄付金額の半分程度の価値があるような豪華な賞品も用意されており、非常にお得なメリットとなっているのですね。

 

楽天ふるさと納税では、ネット通販サイト「楽天市場」の利用と同じ感覚で、返礼品の内容で寄付をする自治体を選択することが出来るのも大きなメリットとなっています。

 

ここでは、楽天ふるさと納税での返礼品の一例をご紹介していきましょう。

 

  寄付金額 返礼品
熊本県玉東町 10,000円 熊本こだわり上馬刺し300g
熊本県玉東町 13,000円 熊本産とらふぐ鍋たっぷりセット
岡山県笠岡市 10,000円 笠岡ふるさと米20kg
鹿児島県屋久島町 30,400円 焼酎「三岳」1.8L 6本セット
福岡県志免町 10,000円 ふくやの家庭用明太子600g

 

このように、楽天ふるさと納税では、各自治体の価値ある返礼品をネット通販感覚で選択することができます。

 

お米などの生活必需品は助かりますし、馬刺しなどの特産品がプレゼントされるのも非常に嬉しいですよね。

 

個人的には和歌山県北山村に10,000円の寄付をした際の返礼品でもらえる「サントリー・プレミアム・モルツ」1ケースが気になるところです(笑)

 

ふるさと納税では、寄付金額から2,000円の自己負担金額を引いた税金が控除されますが、返礼品はどれも2,000円以上の価値があるものとなっています。

 

非常にお得に納税をすることができるサービスとなっていますので、活用しない手はありませんよね。

楽天スーパーセール中ならポイントがもっと貯まる

 

手軽にふるさと納税を体験することができるサービスとして魅力となっている、楽天ふるさと納税のサービス。

 

ここまでの説明を見て「よし!自分もふるさと納税を試してみよう」と思った方は、ちょっとストップです!

 

楽天ふるさと納税には、最もお得に利用することができる時期があるのですね。

 

楽天ふるさと納税を最もお得に利用することができるのは、間違いなく「楽天スーパーセール」の期間中です。

 

楽天スーパーセールとは、年間数回開催される楽天のサービス全体の非常にお得なセールとなっています。

 

楽天スーパーセール期間では、旅行サイト「楽天トラベル」での半額以下のプランや、楽天市場でのポイント10倍などのお得なキャンペーンを開催しています。

 

実は、楽天ふるさと納税も楽天スーパーセールの対象となりますので、楽天スーパーセールの期間を狙って寄付をすれば、寄付金額の10%のポイント還元をうけることが可能となっています。

 

楽天スーパーセールでは、事前のエントリーのうえ「ショップ買い回り」をすることでポイントの倍率が最大10倍にアップします。

 

ショップ買い回りでは、1店舗ごとのお買い物でポイント還元の倍率が1倍ずつ加算されます。

 

最大10店舗の利用でポイント還元率が10倍になりますので、10%還元でふるさと納税の寄付を行うことが可能となっているのですね。

 

楽天スーパーセール期間中にふるさと納税で50,000円を寄付した場合には、最大で5,000円分の楽天スーパーポイントを獲得することも可能となっています。

 

ふるさと納税の自己負担金額は2,000円となっていますので、特産の返礼品をもらったうえに3,000円のお小遣いまでもらうことが出来るのですね。

 

楽天スーパーセールは年に数回開催されており、開催の数日前にネットやテレビCM等で大々的に告知されます。

 

ふるさと納税の寄付期間は毎年1月1日〜12月31日となっていますので、楽天スーパーセールのタイミングを待つのが最もお得にふるさと納税を行うコツとなるのですね。

 

楽天ふるさと納税のホームページはこちら

ふるさと納税は楽天スーパーポイントも利用できる

楽天ふるさと納税の優秀な点としては、ふるさと納税の寄付金の支払いに「楽天スーパーポイント」を利用することが出来る点です。

 

楽天ふるさと納税の支払い時には、楽天スーパーポイントを1ポイント=1円として寄付金の支払いに利用することができます。

 

通常の納税時には、ポイントを利用した納税をすることはできませんので、お得に貯めた楽天スーパーポイントで支払いをすることができるのは大きな魅力となります。

 

また、楽天ふるさと納税の支払い時には、通常の楽天スーパーポイントはもちろんのこと、キャンペーンなどで付与される「期間限定ポイント」を利用できるのも大きな魅力となっています。

 

たとえば、先にご紹介したようなスーパーセールのポイント10倍などのキャンペーンの場合、通常ポイント1.0%+期間限定ポイント9.0%と言った内訳でポイントが付与されます。

 

期間限定ポイントはその名の通り、通常ポイントより有効期限が短く設定されており、ポイントを失効しないように使い切る必要があります。

 

楽天ふるさと納税では、期間限定ポイントも利用することができますので、期間限定ポイントの使い道としてもお得に利用することが出来るのですね。

 

また、楽天ふるさと納税では、全額ポイント払いをした場合でも現金同様にポイントの付与をうけることができます。

 

お得に貯めたポイントを利用して税金を支払い、さらにポイントの還元までうけることができますので、これ以上の節税対策はありませんよね。

寄付の支払いはもちろん楽天カードで!

楽天ふるさと納税の寄付金の支払いの際には、必ず楽天カードを利用して支払いをするようにしましょう。

 

楽天の発行する年会費無料のクレジットカード「楽天カード」では、楽天市場の利用でいつでもポイントが4倍になる特典があります。

 

楽天ふるさと納税の支払いの際にもポイント4倍の対象となりますので、楽天ふるさと納税の寄付金の支払いで4.0%還元でポイントを貯めることが出来るのですね。

 

楽天カードを利用のうえ、楽天スーパーセールのショップ買い回りを活用すれば、最大で13%のポイント還元をうけることも可能です。

 

楽天カードは年会費無料のカードとなっていますので、ふるさと納税の支払い用のカードとしてのみ利用しても、損をすることは無いのですね。

 

楽天カードではカードの入会・利用でもれなく5,000ポイントの楽天スーパーポイントをもらえるキャンペーンを開催しています。

 

獲得したキャンペーンポイントを楽天ふるさと納税に利用することも出来ますので、非常にお得にふるさと納税を体験することが出来るのですね。

楽天カード

楽天カード

5.0

年会費(税抜)無料
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費500円+税
楽天Point Club会員ランクがプラチナ会員の場合年会費無料
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
還元率1.0〜4.0%
申込資格高校生を除く満18歳以上の楽天会員の方
旅行
傷害保険
海外最高2000万円
国内
ショッピング保険

 

楽天ふるさと納税をポイント4倍で利用可能
楽天市場でいつでもポイント4倍
ENEOSなどの特約店でポイント2倍

 

インターネット大手の楽天が発行する基本のカードが「楽天カード」です。

 

楽天カードでは、通常1.0%の還元率で楽天スーパーポイントを貯めることができますが、楽天市場ではいつでもポイントが4倍となりお得にポイントを貯めることができます。

 

楽天ふるさと納税の利用でも、ポイント4倍で寄付をすることができますので、ふるさと納税の利用で黒字にすることも可能となっています。

 

また、楽天カードでは、ENEOSをはじめとした特約店での利用で、ポイント2倍以上の還元をうけることが可能となっています。

 

年会費無料で、毎日の生活にお得に利用できる楽天カードを、この機会に手に入れてみるのも良いのではないでしょうか。

ふるさと納税は楽天スーパーセールでますますお得に!

自分の応援したい自治体に直接寄付をすることで、所得税・住民税の控除をうけることができる「ふるさと納税」。

 

ふるさと納税では、各自治体の特産品などの返礼品をプレゼントしてもらうことも可能となっており、試してみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

 

ネット通販感覚で手軽にふるさと納税を試したいと言う方には「楽天ふるさと納税」がおすすめとなっています。

 

楽天ふるさと納税では、楽天市場のネット通販感覚で、返礼品を選びふるさと納税を利用することができます。

 

また、楽天スーパーセール期間中にはポイントが最大10倍になりますので、よりお得にふるさと納税を利用することが出来るのですね。

 

 

Pocket