iPhone・スマホ購入時におすすめのクレジットカード!補償内容充実!

Pocket

 

「iPhoneの補償サービスが高くて加入を考えている」

「スマホの故障も補償してくれるクレジットカードってあるの?」

 

近年では、誰もが身近に持っている高価なものと言うと、iPhoneやスマホなどの端末なのではないでしょうか。

 

多くのクレジットカードではiPhone・スマホなどの通信機器は補償の対象とはなりませんので、携帯キャリア独自の補償に加入する必要があります。

 

しかし、一部のクレジットカードのショッピング保険では、iPhone・スマホも補償の対象となっており、万一の破損や盗難に備えることができます。

 

今回は、iPhone・スマホの補償も対象となっている、手厚いショッピング保険が付帯したクレジットカードを特集してご紹介していきましょう。

 

一部のクレジットカードのショッピング保険はスマートフォンも補償の対象

クレジットカードの付帯サービスとして利用することができる補償が「ショッピング保険」です。

 

ショッピング保険と言う名称は各カード会社の商品名によって異なりますが、正式名称としては「動産総合保険」と言う名称の補償となっています。

 

今回は、ショッピング保険と言う呼び方が最も馴染みがあるかと思いますので、ショッピング保険と言う名称に統一して解説していきましょう。

 

ショッピング保険では、クレジットカードを利用して購入した商品の、破損・盗難などの偶発的な事故による損害を補償してもらうことができる補償サービスとなっています。

 

ショッピング保険には補償期間があり、カードを利用して商品を購入した日から一定期間の補償期間中に生じた損害を補償してもらうことができます。

 

補償期間はカードによって異なりますが、補償期間90日と言うカードが最も多く、120日・180日など補償期間の長いカードもあります。

 

また、ショッピング保険で補償してもらうことができる損害は、商品の購入時の金額を上限として、買い替え・修理のうち安い方の金額が補償されます。

 

修理可能な損傷の場合には、新品での買い替えをすることはできませんので注意が必要です。

 

ショッピング保険を利用する際には「免責金額」として必要となる自己負担金を差し引いた保険金が支払われます。

 

免責金額は各カード会社によっても異なってきますが、約3千円程度〜1万円程度の会社が多くなっています。

 

ですので、修理代金が15,000円の商品事故を、免責金額10,000円のショッピング保険で補償してもらった場合には、相殺されて5,000円の補償しかうけることが出来ないと言うことになります。

 

ショッピング保険を利用する際には、免責金額を計算したうえで、補償を利用するべきか判断する必要があるのですね。

ショッピング保険でスマートフォンも対象になる?

今回の最も大きなテーマとなっているのが、ショッピング保険でスマートフォンの破損・盗難の場合は補償の対象になるのか?と言う点です。

 

結論から言うと、一部のショッピング保険ではスマートフォンも補償の対象となります。

 

ここで気になってくるのが、なぜ「一部のショッピング保険」に限られてしまっているのか?と言う点ですよね。

 

ショッピング保険は共通のサービスではなく、各クレジットカード会社が保険会社と提携して提供する独自のサービスとなっています。

 

各クレジットカードで、補償の対象外となる商品が設定されており、特に本体金額が高価な割に非常に破損・故障のリスクの高いスマートフォンは補償の対象外と言う会社が多くなっています。

 

ですので、スマートフォンの補償をショッピング保険でカバーしようと思っている場合には、クレジットカード選びが大きな判断基準となっているのですね。

 

先日、ついに発売となったiPhone8を既に購入した方も居るかも知れませんが、iPhone8/Xの場合は端末代金が約10万円弱と非常に高価になっています。

 

そうした高価なスマートフォンの万一の破損・盗難の補償をカバーする際にも、クレジットカードのショッピング保険を利用することが出来るのですね。

ショッピング保険と盗難保険との違い

ショッピング保険の補償の対象となっているのが、カードで購入した商品の補償期間中の破損・盗難などの損害となります。

 

ここで、勘違いをしてしまっている方が多いのが「盗難の場合なら盗難保険が使えるんじゃないの?」と言う疑問です。

 

しかし、ショッピング保険と盗難保険ではそもそも補償の対象が違います。

 

ショッピング保険:カードを利用して購入した商品の破損・盗難
盗難保険:カードの紛失・盗難によって第3者に不正利用されてしまった場合の損害

 

このように、盗難保険では「カードの盗難による被害」が対象となりますので、商品の盗難を補償してもらうことはできません。

 

盗難保険が付帯しているから大丈夫、と安心してしまわないように、ショッピング保険がきっちり補償されるクレジットカードを選択するようにしましょう。

iPhone・スマホ購入時におすすめのクレジットカード

一部のショッピング保険では、iPhone・スマホの破損・盗難も補償の対象となっています。

 

ただし、ほぼ全てのクレジットカードのショッピング保険では、スマートフォンは補償の対象外となっていますので、クレジットカード選びが非常に重要なポイントとなってきます。

 

ここでは、iPhone・スマホ購入時におすすめの3枚の厳選クレジットカードをご紹介していきましょう。

イオンカード セレクト

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費 無料
家族会員 無料
ETC 無料
申込資格 高校生を除く18歳以上の方
ショッピング保険 年間50万円
ショッピング保険補償期間 180日間
ショッピング保険免責金額
旅行保険
還元率 0.5%

 

ショッピング保険の補償期間が最長クラスの180日間
免責金額無し、自己負担0円でショッピング保険を利用できる
毎月20日・30日はイオングループのショッピングで5%オフ

 

iPhone・スマホの補償をクレジットカードでカバーする際に、最もおすすめのカードと言えるのが「イオンカード セレクト」です。

 

イオンカード セレクトの補償期間は、クレジットカードのショッピング保険でも最長クラスの180日間となっており、スマートフォンの購入から約半年の商品事故を補償してもらえます。

 

また、イオンカード セレクトのショッピング保険は、免責金額無しで利用することができますので、自己負担金0円で満額の保険金を受けとることができるのは嬉しいですよね。

 

イオンカード セレクトは、毎月20日・30日の「お客様感謝デー」には、イオングループのお店でのショッピングで、5%オフでお買い物をすることができる特典があります。

 

また、イオンの電子マネーWAONのオートチャージでもポイントを貯めることができますので、イオングループでお買いものをされる機会の多い方にもおすすめできるカードです。

アメリカン・エキスプレス・カード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費 税別12,000円
家族会員 税別6,000円
ETC 無料
申込資格 20歳以上で定職のある方
ショッピング保険 年間500万円
ショッピング保険補償期間 90日間
ショッピング保険免責金額 1万円
旅行保険 最高5,000万円
還元率 1.0%

 

ショッピング保険の補償金額は安心の年間500万円
追加で加入できる「ショッピング・プロテクション・ワイド」
空港ラウンジサービスをはじめとした、手厚い付帯サービス

 

ハイステータスカードとして相応しい、年間500万円のショッピング保険が付帯しているのが「アメリカン・エキスプレス・カード」です。

 

アメリカン・エキスプレス・カードのショッピング保険では、通常・補償期間が90日間となっていますが、追加で「ショッピング・プロテクション・ワイド」に加入することができます。

 

年間5,000円から加入することができるショッピング・プロテクション・ワイドでは、補償期間が365日に延長されるほか、免責金額の1万円分がお見舞い金として支払われますので、実質自己負担0円でショッピング保険を利用することができます。

 

補償期間が1年間となれば、キャリアなどが提供しているケータイ補償と同等の補償期間となりますので、iPhone・スマホ購入の際にも安心して利用することが出来るのですね。

 

アメリカン・エキスプレス・カードでは、プライオリティパス・メンバーシップ会員の取得をはじめとした、手厚い空港サービスも大きな魅力となっています。

ダイナースクラブカード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費 税別22,000円
家族会員 税別5,000円
ETC 無料
申込資格 原則として27歳以上の方
ショッピング保険 年間500万円
ショッピング保険補償期間 90日間
ショッピング保険免責金額 1万円
旅行保険 最高1億円
還元率 1.0%

 

ショッピング保険の補償金額は最高クラスの年間500万円
ギフトとして送った商品も補償の対象となる
ダイニング関連の最高のベネフィットが付帯

 

非常に手厚い内容のショッピング保険が付帯しているカードとしておすすめしたいのが「ダイナースクラブカード」です。

 

ダイナースクラブカードのショッピング保険は年間500万円までとなっており、スマートフォンの破損・盗難の場合でも補償の対象となります。

 

それだけではなく、ダイナースクラブカードのショッピング保険では、友人や恋人にギフトとして送った商品の破損・盗難も補償の対象となっており、非常に手厚いショッピング保険となっています。

 

また、ダイナースクラブカードでは、カード名称の通り、ダイニング関連のベネフィットが手厚い内容となっており「エグゼクティブダイニング」では、2名以上でのコース料理の利用で1名分が無料になる特典をうけることができます。

 

新しいサービスとして提供されている「ごひいき予約」では、すきやばし次郎をはじめとした予約困難な名店での食事のチャンスがあります。

スマホを分割(割賦)で購入している場合もショッピング保険の対象

近年ではiPhone・スマホの高機能化に合わせて、料金も高額になってきています。

 

そうした背景から、スマートフォンを購入する場合には携帯の月額料金と合わせて分割(割賦)で契約している方も多いのではないでしょうか。

 

ここで、不安になってしまうのが、毎月の分割でスマートフォンを購入している場合にはショッピング保険の対象になるのか?と言う点では無いでしょうか。

 

結論から言うと、スマートフォンを分割で購入している場合でも、ショッピング保険の対象となります。

 

分割払いの場合は「割賦契約」となり、ローン残高を毎月分割で支払っていることになり、端末の購入は成立していますのでショッピング保険の対象となります。

 

iPhone・スマホを購入する際に、分割で購入する場合でもクレジットカードで支払いをしておけば、ショッピング保険の対象となるのですね。

ショッピング保険はスマホの故障など修理にかかった費用も補償

スマートフォンほど、高価な商品であるにも関わらず壊れやすいガジェットも無いでしょう。

 

近年では、強化ガラスや防水機能もしっかりしたスマートフォンが多くなっていますが、やはり落下の拍子に液晶が割れてしまうというケースは少なくありません。

 

私の家にも、液晶が割れて使用不可になってしまったiPhoneが2台転がっています(笑)。

 

液晶割れなどの場合、利用しているスマートフォンにもよりますが、1万円〜2万円程度の修理費用が必要となってきます。

 

クレジットカードの付帯サービスとして、ケータイ補償が付帯しているカードとしてはdカードGOLDが有名ですが、dカードGOLDの携帯補償では故障の場合は補償の対象となりません。

 

dカードGOLDの補償の対象となるのは修理不可の故障の場合のみとなっていますので、交換で修理が可能な液晶割れの場合などは補償の対象とならないのですね。

 

クレジットカードのショッピング保険では、故障や破損の修理の場合でも対象となりますので、より安心してスマートフォンを利用することが出来るのですね。

 

故障・破損の修理でショッピング保険を利用する際の注意点

クレジットカードのショッピング保険では、修理不能の買い替えだけではなく故障・破損の場合の修理でも補償の対象となります。

 

ただし、ショッピング保険でスマートフォンの修理をする場合には注意点があります。

 

買い換えよりも少額で対応が可能となる修理対応の場合には、数千円〜1万円程度の少額で修理が完了することも多くなっています。

 

アメリカン・エキスプレス・カードダイナースクラブカードの場合には、免責金額が1万円必要となりますので、1万円未満の修理の場合には保険を利用すると損をしてしまうことになります。

 

ですので、免責金額0円イオンカード セレクトは、スマートフォンの補償をカバーするショッピング保険としては秀逸なカードとなっているのですね。

 

また、故障・破損でショッピング保険を利用することができるのは、破損のために機能に支障をきたしてしまっているケースのみとなっています。

 

塗装の剥げなど、見た目の問題だけで機能に支障が無い場合には、ショッピング保険の補償をうけることが出来ませんので注意が必要です。

ほとんどのクレカではスマホはショッピング保険の対象外

今回は、ショッピング保険の補償でスマートフォンの破損・盗難にも対応してくれるクレジットカードを特集してご紹介してきました。

 

ショッピング保険でスマートフォンが補償の対象となるクレジットカードは、一部のクレジットカードのみとなっており、ほぼ全てのクレジットカードのショッピング保険ではスマートフォンは補償の対象外となっています。

 

ショッピング保険はカードで購入した商品全てが補償の対象となるわけではなく、補償の対象外となる商品も設定されています。

 

動植物
金券・航空券
スポーツ用品等

 

このような商品がショッピング保険の対象外となっているケースが多くなっていますが、基本的には破損の可能性の高い物品が対象外となっているケースが多くなっています。

 

毎日持ち歩くスマートフォンの場合には、破損の可能性が高いと言う判断でショッピング保険の対象外となっていることも多くなっているのですね。

 

クレジットカードのショッピング保険は国際ブランド共通ではない

ショッピング保険でクレジットカードを選択する際に気を付けておかなければならないポイントとなるのが、ショッピング保険が国際ブランド共通ではない点です。

 

アメリカン・エキスプレス・カードではスマートフォンも補償の対象となっていますが、同じアメックスブランドの「セゾンアメックス」ではスマートフォンは補償の対象外となっています。

 

ショッピング保険は国際ブランドが提供するサービスではありませんので、クレジットカードそれぞれで補償内容が変わってくるのですね。

 

ショッピング保険でクレジットカードを選択する際には、それぞれのカードの補償内容を確認してから選択するようにしましょう。

ケータイ補償はクレジットカードのショッピング保険で充分?

今回は、iPhone・スマホがショッピング保険の対象となるクレジットカードを特集してご紹介してきました。

 

毎日持ち歩くスマートフォンは破損のリスクが高く、ほぼ全てのクレジットカードのショッピング保険では補償の対象外となっています。

 

しかし、一部のカードではスマートフォンも補償の対象となっており、高額なiPhone・スマホの購入の際に補償をカバーすることができます。

 

ショッピング保険の補償では、修理不能の場合の買い替えはもちろんのこと、修理対応の場合でも補償の対象となります。

 

毎月コストをかけてケータイ補償に加入しなくても、クレジットカードのショッピング保険でもケータイ補償の代わりになるのですね。

 

 

Pocket