セブンカード・プラスならnanacoチャージ&利用で1.5%ポイント還元!

Pocket

 

「nanacoのチャージ用のカードはどれが良いの?」

「セブンカード・プラスはお得な感じがしない」

 

セブンイレブンをはじめとした、非常に幅広い店舗やサービスでお得に利用することができる電子マネーが「nanaco」です。

 

nanacoをお得に利用するためには、クレジットカードでチャージをして、ポイントを2重取りするのが大きなポイントとなっています。

 

セブンカード・プラスではnanacoのチャージで0.5%の還元となりますので、お得度が足りないと思われる方も居るかも知れませんが、セブンカード・プラスはnanacoとの相性が抜群です。

 

ここでは、セブンカード・プラスだけの、nanacoチャージでのメリットとなる部分を徹底解説していきましょう。

 

nanacoを利用するなら同グループのセブンカード・プラスが最適!

セブンカード・プラスは、nanacoの発行元と同じく、セブン&アイグループのセブンカードサービスが発行するクレジットカードとなっています。

 

同グループのカードと言うこともあり、セブンカード・プラスとnanacoは非常に相性の良いカードとなっています。

 

セブンカード・プラスは、nanaco一体型・またはnanaco紐づけ型で利用することが可能となっており、nanacoとの併用を前提としたカード構成となっています。

 

セブンカード・プラスでのnanacoチャージの際には、nanacoポイントを貯めることが可能となっており、非常に効率的にポイントを貯めることが可能となっているのですね。

 

また、セブンカード・プラスでは、セブンイレブン・イトーヨーカドーでのカードの利用で1.5%のポイント還元をうけることができます。

 

nanacoを利用している方、セブンイレブンで良くお買い物をされる方にとっては、必携のカードのひとつとなっているのですね。

カードの利用でもnanacoチャージでもnanacoポイントを貯められる

セブンカード・プラスでは、カードの利用で200円につき1ポイントのnanacoポイントを貯めることができます。

 

セブンカード・プラスでnanacoをチャージする際の最も大きなメリットと言っても良いのが、nanacoのチャージでnanacoポイントを貯めることができる点でしょう。

 

通常、nanacoをクレジットカードでチャージする際には、各クレジットカードのポイントが付与されますので、ポイントの使い勝手はクレジットカードのポイントに準じます。

 

セブンカード・プラスでnanacoをチャージした場合にも、0.5%のnanacoポイントを貯めることが可能となっています。

 

また、nanacoは利用ポイントとして100円に1ポイントのnanacoポイントを獲得することができますので、チャージと利用で合計1.5%のnanacoポイントを貯めることができます。

 

nanacoを利用した際に付与されるnanacoポイントと合算してnanacoポイントを貯めることができますので、ポイントを非常に効率的に貯めることができるのですね。

 

クレジットチャージのポイントとnanacoポイントが別になってしまうと、ポイントの管理も面倒になってしまいますし、何より中々ポイントを貯めることが出来ません。

 

カードの利用・nanacoチャージでnanacoポイントを貯めることができる点が、nanacoチャージ用のカードとしてセブンカード・プラスを利用する最も大きなメリットとなるのですね。

nanacoポイントは実質キャッシュバック!

セブンカード・プラスでは、カードの利用・nanacoチャージでnanacoポイントを貯めることができます。

 

nanacoポイントは1ポイント=1円分として、nanaco電子マネーの残高に交換して利用することが可能となっています。

 

nanacoで利用したポイント・セブンカード・プラスでのnanacoチャージで貯めたポイントを、nanacoにチャージして利用することができますので、実質キャッシュバックとして利用することが出来るのですね。

 

nanacoポイントをnanacoのチャージに利用すると、nanacoの利用でさらにポイントを貯めることが可能となっています。

 

nanacoの利用でのポイント還元率は1.0%となっていますが、貯まったポイントをチャージに利用できることで、実質的には1.0%以上の還元率で利用することができるのですね。

nanacoポイントはANAマイル・ANA SKYコインに交換可能

nanacoを利用している方にとって、nanacoポイントの最も効率的な利用方法となるのは、nanacoチャージへの利用でしょう。

 

また、nanacoポイントはnanacoチャージ以外でも、ANAマイルへの交換・ANA SKYコインへの交換に利用することが可能となっています。

 

nanacoポイントからの交換では、

 

ANAマイル 500ポイント 250マイル
ANA SKYコイン 500ポイント 500コイン

 

上記のようなレートで交換することが可能となっています。

 

nanacoポイントからANAマイルへの交換は2対1のレートとなっていますが、マイルの価値が1マイル2円以上であると考えると、実質等価で交換できることになります。

 

また、ANA SKYコインは、ANAの航空券の購入などの際に1コイン=1円として利用できますので、航空券購入の際にお得に利用することができます。

 

nanacoポイントの基本の使い道としてはnanacoチャージが中心になってくるかと思いますが、幅広い使い道が用意されているのは嬉しいですよね。

セブンカード・プラスでnanacoをチャージするメリット・デメリット

nanaco用のクレジットカードとして最適なカードとも言えるのが、セブンカード・プラスです。

 

セブンカード・プラスは、同じくセブンカードサービスが発行するnanacoとは非常に相性が良く、メリットの多いクレジットカードとなっています。

 

ここでは、セブンカード・プラスでnanacoをチャージする際のメリット・デメリットとなる部分を解説していきましょう。

無料でnanacoカードが手に入る

nanacoを利用してチャージやお買い物をする際には、nanacoカードを手に入れて利用する必要があります。

 

nanacoカードには様々なタイプのカードが用意されており、

 

nanacoカード
nanacoモバイル
クレジットカード一体型nanaco

 

3種類のnanacoを利用することができます。

 

最も一般的なカードタイプのnanacoカードの場合、セブンイレブンの店頭などでカードを発行することが可能となっています。

 

nanacoカードを発行する際には、税別300円の発行手数料が必要となりますが、年会費などのランニングコストは不要で利用することができます。

 

 

また、スマホのタッチのみでスマートに会計をすることができる、nanacoモバイルもおすすめの利用方法となっています。

 

モバイルnanacoの場合は、年会費・発行手数料無料で利用することが可能となっており、アプリで簡単に残高の確認やポイントでのnanacoチャージを行える利点があります。

 

ただし、nanacoモバイルのデメリットとなっている点としては、おサイフケータイ未対応のスマホの場合には利用することが出来ない点が挙げられるでしょう。

 

 

今回ご紹介しているセブンカード・プラスは、クレジットカード一体型nanacoとなっています。

 

セブンカード・プラスでは、nanaco一体型のカードを発行することができますので、クレジットカードとnanacoが一枚になったカードを発行手数料無料で利用することができます。

 

セブンカード・プラスの年会費は初年度無料・2年目以降税別500円となっていますが、年間のショッピング支払い金額が5万円以上の場合には翌年の年会費が無料になる特典があります。

 

年会費・発行手数料無料でnanacoカードを手に入れることができるのも、セブンカード・プラスでnanacoチャージをする際のメリットとなる部分となるのですね。

セブンイレブンなどカード利用でポイント3倍の特約店

セブンカード・プラスの大きなメリットとなっているのが、セブンイレブンなどの店舗でポイント3倍の優待をうけることが出来る点です。

 

イトーヨーカドー・ヨークマートでは100円ごとに1.5ポイント
セブンイレブン・デニーズでは200円ごとに3ポイント

 

と、ポイントの付与条件は若干違っていますが、生活に密着した店舗で1.5%還元でポイントを貯めることができるのは大きなメリットとなります。

 

また、セブンイレブンでは、通常のポイント付与に加えてボーナスポイントを獲得できる「nanacoボーナスポイント対象商品」があります。

 

nanacoボーナスポイント対象商品は、通常・nanacoで購入した場合にのみ付与されるボーナスポイントですが、セブンカード・プラスで購入した場合もボーナスポイントを獲得することができます。

 

nanacoボーナスポイントの還元率は高く、100円程度のお茶で10ポイントと10%以上の還元を受けられる場合もありますので、お得にお買い物をすることが出来るのですね。

改悪でnanacoチャージのポイント付与が対象外になる可能性は低い

nanacoチャージ用のクレジットカードをお探しの方の中には、今回発表された楽天カードの改悪情報を見た楽天カードユーザーも多いでしょう。

 

楽天カードの改悪情報では、2017年11月1日から、nanacoでのチャージでのポイント付与が対象外となると言う発表がなされました。

 

 

楽天ユーザーにとってはショックの大きい改悪情報ですが、年会費無料のクレジットカードにこうした改悪は珍しくなく、今後もnanacoチャージが対象外になるカードが無いとは限りません。

 

ただし、セブンカード・プラスの場合は、nanacoと同じセブンカードサービスが発行するクレジットカードとなっていますので、改悪でポイント付与の対象外になってしまう可能性は低いでしょう。

 

継続してnanacoを利用していきたい方には、セブンカード・プラスは最適なカードと言えるのではないでしょうか。

通常還元率が0.5%と低い点がデメリット

セブンカード・プラスのデメリットとなってしまう点としては、やはり通常還元率の低さがネックになってくるでしょう。

 

セブンカード・プラスの通常還元率は0.5%と、クレジットカードの還元率としては非常に平均的な還元率となっています。

 

nanacoチャージでも0.5%のポイント還元しか受けることができませんので、nanacoの利用ポイントと2重取りをしても1.5%の還元率にとどまってしまいます。

 

年会費無料のカードでもnanacoチャージでポイント還元率1.0%のカードは多く、そうしたカードと比べると還元率は寂しくなってしまいますよね。

nanaco紐づけ型と一体型とは?

セブンカード・プラスでは、nanaco一体型のカードと、nanaco紐づけ型のいずれかのタイプのカードを選択することができます。

 

nanaco一体型の場合は、その名の通りクレジットカードとnanacoが一体となっており、1枚のカードでスマートにnanacoを利用することができます。

 

ただし、既にnanacoをお使いの場合には、残高とポイントをそのまま利用したい方もいらっしゃるでしょう。

 

そうした方の場合には、nanaco紐づけ型のセブンカード・プラスを利用して、既にお持ちのnanacoを紐づけすることで、残高・ポイントをそのまま利用できます。

 

セブンカード・プラスをnanacoに紐づけして利用すると、紐づけされたnanacoにnanacoポイントが貯まりますので、既存のnanacoを有効活用することができるのですね。

 

ただし、nanaco紐づけ型の場合のnanacoカードを利用する場合には、セブンカード・プラスとnanacoカードの2枚のカードを持ち歩く必要があります。

 

どちらでも構わない、と言う方の場合にはnanaco一体型のセブンカード・プラスを利用した方がスマートでしょう。

家族カードにはnanacoが紐づけできない

セブンカード・プラスを家族で利用する場合には、注意をしておかねければならない点があります。

 

セブンカード・プラスの家族カードでは、nanaco一体型のカードの発行をすることはできません。

 

また、家族カードとnanacoを紐づけして利用することも出来ませんので、家族カードでnanacoを利用することが出来ません。

 

家族カードの利用で貯めたnanacoポイントは、本カードのnanacoポイントに合算して貯まります。

 

セブンカード・プラスでは、専業主婦・学生の方でも申込みをすることができますので、家族でセブンカード・プラスをお使いの場合には、本カードを2枚作った方が良いかも知れませんね。

セブンカード・プラスの入会キャンペーン

セブンカード・プラスでは、2017年9月30日までの期間限定で、最大2,000円分のnanacoポイントがもらえるキャンペーンを開催しています。

 

期間中のオンライン入会で500ポイント、さらに発行時に国際ブランドをJCBに選択すると500ポイントが加算されてプレゼントされます。

 

また、支払い口座をセブン銀行に設定・入会時に「支払い名人」に登録でそれぞれ500ポイントが加算され、合計で2,000円分のnanacoポイントを獲得することができます。

 

獲得したnanacoポイントは、nanacoにチャージして利用することができますので、実質現金をプレゼントされるのと同等のお得なキャンペーンとなっているのですね。

 

セブンカード・プラスは初年度年会費無料でお試しすることができますので、お得にキャンペーンでカードを手に入れてみるのも良いのではないでしょうか。

 

支払い名人とは?

セブンカード・プラスのキャンペーンでは、カードの入会時に支払い名人に登録することで500ポイントのプレゼントを獲得することができます。

 

支払い名人とは、他社では「超えたらリボ払い」などと言われているサービスと同じ、支払い額選択型のリボ払いサービスとなります。

 

支払い名人では、毎月の支払い金額を自分で設定することができ、設定金額を超えた金額分がリボ払いに振り分けられるサービスとなっています。

 

例えば、支払い金額を3万円に設定している場合、

 

ショッピング金額が25,000円の場合は、25,000円を一括払い
ショッピング金額が35,000円の場合は、超えた5,000円を翌月以降のリボ払い

 

と、毎月の支払い金額を一定に保ちつつ、リボ払い手数料を最小限に抑えることが可能となっているのですね。

 

家計のやりくりを計画的に行いたい方には、非常に便利に利用できるサービスと言えるのではないでしょうか。

セブンカード・プラスの基本情報

nanacoチャージ用のクレジットカードをお探しの方におすすめできるクレジットカードとなっているのが「セブンカード・プラス」です。

 

セブンカード・プラスでは、カードの利用でもnanacoポイントを貯めることができますので、nanacoと非常に相性良く利用することが可能となっています。

 

ここでは、セブンカード・プラスの基本情報と、おすすめの理由をまとめておきましょう。

セブンカード・プラス

セブンカード・プラス

4.0

年会費
(税抜)
初年度初年度無料
2年目〜税込500円
家族カード
(税抜)
初年度初年度無料
2年目〜税込200円
ETCカード年会費無料
国際ブランドVISA、JCB
還元率0.5〜1.5%
申込資格高校生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外-
国内-
ショッピング保険海外利用時のみ最高100万円

 

nanacoチャージで0.5%のnanacoポイントを貯められる
セブンイレブン・イトーヨーカドーなどで1.5%還元
8の付く日はイトーヨーカドーで5%オフ

 

nanacoチャージ用のクレジットカードをお探しの方におすすめのカードが「セブンカード・プラス」です。

 

セブンカード・プラスの利用では0.5%の還元率でnanacoポイントを貯めることが可能となっており、nanacoチャージでも0.5%のポイント還元をうけることができます。

 

クレジットカードの利用・nanacoの利用でnanacoポイントを合算して貯めることができますので、非常に効率良くnanacoポイントを貯めることが出来るのですね。

 

また、セブンカード・プラスではセブンイレブンやイトーヨーカドーなどでポイントが3倍になる特典があり、生活に身近な店舗でお得にポイントを貯められます。

 

毎月8・18・28の8の付く日はイトーヨーカドーで5%オフの優待割引もありますので、毎日のお買い物でもお得にカードを利用することが出来るのですね。

nanacoクレジットチャージには、セブンイレブンでメリットの多いセブンカード・プラスで!

今回は、nanacoクレジットチャージ用のカードとして、nanacoと非常に相性の良い「セブンカード・プラス」をご紹介してきました。

 

セブンカード・プラスはnanaco一体型・nanaco紐づけ型として利用することが可能となっており、カードの利用でnanacoポイントを貯めることができます。

 

nanacoチャージでもnanacoポイントを貯めることができますので、nanacoの利用ポイントと合算して効率的にポイントを貯めることが出来るのですね。

 

また、セブンカード・プラスではセブンイレブン・イトーヨーカドーで1.5%還元で利用することが可能となっており、普段のお買い物で便利に利用することができます。

 

セブンカード・プラスの入会では、最大2,000円分のnanacoポイントを獲得できますので、お得にnanaco残高を手に入れることが出来るのですね。

 

 

Pocket