ゴルフ好きにおすすめクレジットカード5選!特典・保険などメリット満載

Pocket

 

「一度で良いから名門コースでプレーをしてみたい」

「ゴルファー保険の充実したクレジットカードを利用したい」

 

紳士のスポーツと言われる「ゴルフ」を、プライベート・ビジネスで楽しんでいる方は多いのではないでしょうか。

 

ゴルフは格式を大切にするスポーツとなっており、会員制のゴルフ場や、一見さんお断りの名門コースなども多くなっています。

 

しかし、ゴールド・プラチナカードには、ゴルフ関連のベネフィットに優れたカードも多く、名門コースでのラウンドなどの特典が付帯したクレジットカードもあります。

 

今回は、ゴルファーの方におすすめの、ゴルフ関連のメリットが満載のクレジットカードを特集してご紹介していきましょう。

 

ゴルフで役立つクレジットカードおすすめ5選

ゴールド・プラチナカード以上のクレジットカードの中には、ゴルフで役に立つメリットが満載のクレジットカードがあります。

 

ゴルフコースの予約・手配のサービスはもちろん、名門コースでのプレー特典などのベネフィットをうけることが出来るのですね。

 

ここでは、ゴルフ関連の特典に優れたクレジットカードの中から、特におすすめできるクレジットカードを特集してご紹介していきましょう。

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード

5.0

年会費(税抜)22,000円+税
家族カード(税抜)5,000円+税
ETCカード年会費無料
国際ブランドダイナースクラブ
還元率0.4〜1.0%
申込資格年齢27歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高1億円
ショッピング保険最高500万円

 

名門ゴルフコースの優待割引
プライベートレッスン・ゴルフレッスンの優待
ダイニング関連の特別なベネフィット

 

ハイステータスクレジットカードの代名詞でもある「ダイナースクラブカード」は、ゴルファーの方にもおすすめのカードとなっています。

 

ダイナースクラブカードにはゴルフデスクが用意されており、オンラインでのゴルフ場の予約をはじめとしたゴルフ関連のベネフィットが豊富に用意されています。

 

特に目を引く特典となるのが「名門ゴルフ場優待予約」の特典となっており、通常では予約の困難な名門コースをお得な優待割引料金で予約することが可能です。

 

また、ダイナースクラブカードでは、エグゼクティブダイニングをはじめとしたダイニング関連のベネフィットも豊富に用意されています。

 

年会費は高額になっているものの、上質なサービスを活用すれば年会費以上の元を取ることは充分に可能なカードとなっているのですね。

 

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

4.5

年会費
(税抜)
初年度初年度無料
2年目〜29000円+税
家族カード(税抜)12000円+税(1枚まで無料)
ETCカード年会費無料
新規発行手数料 850円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率0.5〜1.0%
申込資格20歳以上の安定した収入がある方で、日本国内に定住所をお持ちの方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5,000万円
ショッピング保険最高500万円

 

国内外のゴルフ場を予約できるゴルフ・デスク
プリファード・ゴルフでプレー料金無料
プライオリティパスをはじめとした空港サービスが充実

 

T&E系クレジットカードの最高峰でもある「アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード」では、ゴルフ関連のベネフィットも充実しています。

 

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードには、全国1,100か所の国内ゴルフコースに加え、海外のゴルフコースを手数料無料で予約・手配することができる「ゴルフ・デスク」を利用できます。

 

また「プリファード・ゴルフ」の特典では、提携ホテルの2泊以上の宿泊で、ホテル契約のゴルフコースのプレーが無料になる特典があり、お得に旅先でのゴルフを楽しむことができます。

 

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードでは、世界1,000か所以上の空港ラウンジを利用できる、プライオリティパス・メンバーシップ会員をはじめとした空港サービスも魅力です。

 

最高クラスの海外旅行保険も付帯しており、海外でのゴルフプレーを楽しむ方にも非常にお得に利用できるカードとなっているのですね。

 

JCBゴールドカード

JCBゴールドカード

4.0

年会費
(税抜)
初年度初年度無料
2年目〜10,000円+税
家族カード(税抜)1,000円+税 (1人目無料)
ETCカード年会費無料
国際ブランドJCB
還元率0.5〜2.5%
申込資格原則として20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5,000万円
ショッピング保険最高300万円

 

ゴルフ優待プランでお得にゴルフと宿泊を予約
JCBゴルファーズクラブで名門コースのプレー
プラチナカードクラスの手厚い旅行保険

 

国産唯一の国際ブランド・JCBのプロパーゴールドカードとして発行されているのが「JCBゴールドカード」です。

 

JCBゴールドカードでは「JCBトラベル」経由での予約で、ゴルフプレー+宿泊をお得な優待料金で予約できる「ゴルフ優待プラン」を利用することができます。

 

また、JCBゴールドカードではJCBのプレミアカード限定の「JCBゴルファーズクラブ」に入会することが可能となっており、名門ゴルフコースでプレーをすることが可能となっています。

 

JCBゴールドカードには国内外の旅行保険に、航空便遅延費用まで補償されたプラチナカードクラスの手厚い保険が付帯しています。

 

国産の国際ブランドJCBならではのバランスの取れた付帯サービスも魅力となっており、国内のゴルファーには最適のカードとなっているのですね。

 

JAL CLUB-Aゴールドカード

JAL・CLUB-Aゴールドカード

4.5

年会費(税抜)16000円+税
家族カード(税抜)8000円+税
ETCカード年会費無料
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB、ダイナースクラブ
還元率1.0〜2.0%
申込資格日本に生活基盤のある方で日本国内でのお支払いが可能な方で、20歳以上で一定以上の勤続年数・安定収入のある方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5000万円
ショッピング保険最高300万円

 

最高300万円のゴルファー保険が付帯
格安年会費でゴルファー保険のオプションプランに加入可能
カードの利用で1.0%のJALマイル還元

 

ゴルフに関連する保険を充実させておきたい方におすすめなのが「JAL CLUB Aゴールドカード」です。

 

JAL CLUB Aゴールドカードでは、賠償責任保険最高1億円に加え、死亡・後遺障害の補償が最高300万円まで補償されるゴルファー保険が自動で付帯します。

 

また、ホールインワン・アルバトロス保険まで補償されたオプションプランにお得な優待価格で加入することも可能となっています。

 

JAL CLUB Aゴールドカードの最も大きなメリットと言えるのが、カードの利用で1.0%のJALマイルを直接貯めることができる点です。

 

JAL航空便の利用では25%のフライトボーナスマイルを貯めることも可能となっており、航空便を利用した旅先でのゴルフにもおすすめとなっています。

 

MUFGカード ゴールド

MUFGカード・ゴールド

4.5

年会費
(税抜)
初年度初年度無料
2年目〜1905+税
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費無料
新規発行手数料1000円+税
国際ブランドMastercard
還元率0.5〜0.75%
申込資格原則として18才以上、本人または配偶者に安定した収入のある方(学生を除く)
旅行
傷害保険
海外最高2,000万円
国内最高2,000万円
ショッピング保険年間100万円

 

国内1000か所のゴルフコースを予約可能なゴルフデスク
空港ラウンジ無料サービスが付帯
楽Payの利用で年会費半額

 

格安の年会費でゴルフ関連の付帯サービスを充実させたい方には「MUFGカード ゴールド」もおすすめとなっています。

 

MUFGカード ゴールドでは、国内1,000か所のゴルフコースを手数料無料で予約・手配することができるゴルフデスクを利用することができます。

 

ゴルフと言うスポーツの特性もあり、ゴルフ関連の特典はプレミアムクラスのカードに付帯していることが多くなっていますが、MUFGカード ゴールドでは格安年会費で利用することができます。

 

また、MUFGカード ゴールドには空港ラウンジサービスをはじめとした付帯サービスも充実しており、非常にバランスの取れたゴールドカードとなっています。

 

MUFGカード ゴールドでは楽Payの利用で年会費が半額になる特典もあり、非常にコストパフォーマンスに優れたカードとして利用することが出来るのですね。

 

ゴルフ場の予約はもちろん、名門コースでラウンドも!

クレジットカードの中には、ゴルフ関連の特典が充実したカードも多く、ゴルファーの方にとって大きなメリットをうけることが可能となっています。

 

ゴルフと言うスポーツは、非常にお金がかかるスポーツでもあり、仕事などの付き合いでゴルフをされる方も多いのではないでしょうか。

 

そうした側面から、ゴルフ関連の特典が付帯しているクレジットカードは、ゴールド・プラチナカード以上のプレミアムカードが多くなっています。

 

クレジットカードのゴルフ関連の特典として利用することができるサービスは、各クレジットカードによって付帯するサービスに違いがあります。

 

ここでは、ゴルフ関連の代表的な特典として利用することが出来るサービスの内容を解説していきましょう。

ゴルフ場の予約が出来るゴルフデスク

クレジットカードの付帯サービスとして利用することができる特典の、代表的なサービスとも言えるのが「ゴルフデスク」のサービスです。

 

ゴルフデスクのサービスでは、手数料無料で国内1,000か所・海外のゴルフコースでのプレーを、手数料無料で予約・手配をすることが可能となっています。

 

プライベートやビジネスの接待でゴルフをプレーする際には、ゴルフコースの予約と言うのは案外面倒なものとなっています。

 

人気のコースや時間帯によってはコースの予約が中々取れないこともありますが、ゴルフデスクでは電話1本で簡単にゴルフコースを予約することができます。

 

クレジットカードの中には、オンラインでの24時間予約受付をすることが出来るゴルフデスクもあり、より手軽にゴルフコースの予約・手配が可能となっているのですね。

通常では予約が困難な名門コースを利用可能

ゴールド・プラチナカード以上のクレジットカードの中には、名門ゴルフコースの優待割引特典の付いたカードもあります。

 

ゴルフと言うのは伝統と格式を非常に重視するスポーツとなっており、名門コースと呼ばれるゴルフコースでは、会員以外のビジターではプレーが不可となっているケースも多くなっています。

 

東京オリンピックの候補地となった霞が関CCも、会員の同伴が無いとプレーすることができないコースであることから、オリンピックの会場として相応しいかの議論をされていました。

 

名門ゴルフコース優待では、通常では予約困難な名門コースでのプレーを予約・手配することが可能となっています。

 

プロの大会にも利用される、憧れのコースでプレーをすることができるのは大きなメリットとなりますよね。

プライベートレッスンなどの優待サービスも!

やはり、ゴルフを楽しむ方にとっては、自分のスコアを伸ばすことが目標となっている方も多いのではないでしょうか。

 

スコア80を切る・ハンデをシングルに、となると中々独学での練習では難しくなってくる部分もありますよね。

 

ダイナースクラブカードなどのプレミアムカードでは、プライベートレッスンなどの優待割引をうけることができる特典が用意されているケースがあります。

 

レッスンプロによるプライベートレッスンで、自分のフォームの問題点などを改善することができますので、劇的にスコアを伸ばすことが可能となっています。

 

プライベートレッスンは高額になってしまい、中々手が出ないものですが、割引優待をうけることができれば、レッスンにも挑戦しやすくなりますよね。

ゴルファー保険が付帯

ゴルフ関連のサービスが充実したカードの中には「ゴルファー保険」が付帯しているカードもあります。

 

ゴルフのラウンド中には、ボールが当たってしまってケガをしたり、また、他人にケガをさせてしまったりという危険もあるものです。

 

また、高額なゴルフ用品を破損してしまうと、金銭的な損害を受けてしまいますよね。

 

そうしたトラブルに備えることが出来るのがゴルファー保険の補償です。

 

ここでは、ゴルファー保険の補償内容について、詳しく解説していきましょう。

 

賠償責任保険

ラウンド中や練習中に、他人・または他人の財物を壊してしまった時に賠償責任を負い、生じた損害を補償してくれます。

 

傷害死亡・後遺障害補償

ゴルフ場や練習中の事故により、死亡・または後遺障害を生じてしまった際に保険金が支払われます。

 

傷害入院・通院費用

ゴルフ場や練習中の事故により、入院・通院が必要になってしまった際に保険金が支払われます。

 

ゴルフ用品損害費用

ラウンド中や練習中にゴルフ用品の盗難や破損が生じてしまった場合に、修理費等の損害を補償してくれます。

 

ホールインワン・アルバトロス費用

ホールインワン・またはアルバトロスを達成した際に、達成のお祝いとして発生した費用が補償されます。

 

このように、ゴルフのプレー中に偶発的に起きてしまう損害を補償してくれるのがゴルファー保険なのですね。

 

特に、ゴルフをプレーする際に備えておきたい補償となるのが「賠償責任保険」でしょう。

 

「素振りしていたらゴルフクラブが当たってケガをさせてしまった」「自宅で練習中にボールが飛んで近所の家の窓を割ってしまった」など、硬いクラブ・ボールを利用するゴルフでは危険もつきものです。

 

賠償責任保険の手厚いゴルファー保険を備えておくことで、ゴルフのプレー中のトラブルでの損害に備えることが出来るのですね。

 

クレジットカードの付帯サービスとしてゴルファー保険が付帯しているカードが、JAL CLUB-Aゴールドカードダイナースクラブ ビジネスカードです。

 

ここでは、JAL CLUB Aゴールドカードとダイナースクラブ ビジネスカードのゴルファー保険の内容を比較してみましょう。

 

  JAL CLUB A
ゴールドカード
ダイナースクラブ
ビジネスカード
賠償責任保険 最高1億円 最高1億円
死亡・後遺障害 最高300万円 最高300万円
入院日額 4,500円 4,500円
通院日額 3,000円 3,000円
ゴルフ用品損賠 オプション 最高5万円
ホールインワン・
アルバトロス費用
オプション 最高10万円

 

このように、両者のカードでは手厚い内容のゴルファー保険が付帯しています。

 

ダイナースクラブ ビジネスカードの方が、より手厚い内容のゴルファー保険が付帯しており、ビジネスで接待の多い社長などにはおすすめのカードとなっています。

 

 

また、JAL CLUB-Aゴールドカードではゴルフ用品損害費用・ホールインワン・アルバトロス費用がオプションとなっていますが、優待価格でオプションの補償を付帯させることができます。

国内でのプレーの際には恐怖のホールインワンに備えよう

ゴルフをやっている方であれば、一生に一度は達成してみたいのが「ホールインワン」ですよね。

 

ホールインワンを達成することができる確率は数万分の1の確率とも言われており、宝くじに当たるような確率でしかホールインワンを達成することが出来ません。

 

ただし、ゴルファー保険をしっかり用意しておかないと、何かの間違いでホールインワンを達成した際に、素直に喜べない場合もあるのです。

 

日本の慣習では、ホールインワンを達成すると、達成した本人が同伴者にお祝いをふるまう習慣があります。

 

キャディさんへのご祝儀
同伴者を招いての祝賀会の費用
記念品の作成費用
ゴルフ場の記念樹の植樹費用

 

このように、ホールインワンを達成すると、お祝いで散財をしてしまわなければならないのですね。

 

日本では、ゴルフはお金持ちのスポーツと言うイメージがあり、社長同士のゴルフなどの場合にはホールインワンを記念して大々的にお祝いをする習慣がありました。

 

その慣習が「ホールインワンを達成したら、本人がお祝いの費用を負担する」と言ったマナーに変化してきたのですね。

 

海外ではこうした習慣は少なくなっていますが、国内でラウンドを周る機会の多い方は、ホールインワン保険を備えておいても良いかも知れませんね。

ゴルフ関連のサービスが充実したクレジットカードでゴルフも快適に!

今回は、ゴルフ関連のサービスが充実したクレジットカードを特集してご紹介してきました。

 

クレジットカードのゴルフ関連の付帯サービスでは、ゴルフ場の予約・手配から有名ゴルフコースでのプレーなどの特典をうけることができます。

 

ゴルフ関連のベネフィットの優れたカードであれば、憧れのプロがプレーする名門コースでのプレーを楽しむことも出来るのですね。

 

また、ゴルフを楽しむ際には備えておきたいゴルファー保険が付帯しているクレジットカードもあります。

 

ゴルフ関連の付帯サービスが充実したクレジットカードを利用して、紳士のスポーツ・ゴルフをより楽しんでみるのも良いのではないでしょうか。

 

Pocket