JALの特典航空券完全ガイド!国内・海外必要マイル数を完全網羅!

Pocket

 

「JALの特典航空券の交換にはどのくらいのマイル数が必要なの?」

「見やすいマイル必要チャートが欲しい」

 

国内航空会社のマイレージプログラムとして、非常に人気の高いマイルがJALマイルです。

 

JALマイルを貯めることでお得に交換することができる特典航空券を目標にしている方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、公式でも特典航空券のマイル必要チャートは分かりづらく、実際に自分の必要とする特典航空券にどの程度のマイル数が必要になるかわからないと言う方も多いでしょう。

 

ここでは、完全保存版として、JALの特典航空券完全ガイドを解説していきましょう。

 

JAL特典航空券の交換には3種類の必要マイル数がある

JALマイルを貯めると、JAL航空便で利用することができる特典航空券を交換することができます。

 

特典航空券の交換に必要なマイル数は3種類あり、

 

通常マイル
ディスカウントマイル
JALカード割引

 

上記のように、特典航空券を利用する期間やJALカード会員の特典で、必要になってくるマイル数に違いが出てきます。

 

ディスカウントマイルでは、その名の通り格安のマイル数で特典航空券を交換することができますが、繁忙期には利用することができませんので利用できる時期は限られてしまいます。

 

また、JALカード割引を利用できる期間についても、ディスカウントマイルと同期間での利用に限ります。

ディスカウントマイル期間

ディスカウントマイルのマイル数で特典航空券を利用するには、ディスカウントマイル対象期間に特典航空券を利用する必要があります。

 

基本的には、ディスカウントマイル対象期間は比較的利用者の少ない期間に設定されており、年度によって適用される期間が変わってきます。

 

ここでは、2017年度のディスカウントマイル対象期間をまとめておきましょう。

 

2017年4月1日〜2017年5月31日
2017年12月5日〜2018年2月28日

 

がディスカウントマイル対象期間となっていますが、2017年4月28日〜2017年5月8日および2017年12月23日〜2018年1月4日の繁忙期は対象外となります。

 

ディスカウントマイル対象期間以外に特典航空券を利用したい場合には、通常マイルで特典航空券を交換する必要があります。

国内の特典航空券に交換に必要なマイル数

それでは、実際に特典航空券を交換するためには、どの程度のマイル数が必要になってくるのでしょうか。

 

JALの特典航空券は、A区間・B区間・C区間の3つの区間で必要になってくるマイル数が変わってきます。

 

ここでは、国内特典航空券の必要マイル数をまとめていきましょう。

A区間

    通常 ディス
カウント
JALカード
東京 大坂
名古屋
秋田
山形
小松
12,000
マイル
10,000
マイル
9,500
マイル
大坂 福岡
松本
但馬
隠岐
出雲
松山
大分
熊本
宮崎
札幌・新千歳 女満別
青森
秋田
花巻
札幌・丘珠 釧路
函館
利尻
三沢
函館 三沢
奥尻
名古屋 新潟
出雲
高知
福岡 出雲
徳島
高知
松山
宮崎
鹿児島
屋久島
沖縄 久米島
宮古
石垣
奄美大島
与論
北大東
南大東
出雲 隠岐
鹿児島 松山
種子島
屋久島
喜界島
奄美大島
徳之島
奄美大島 喜界島
徳之島
沖永良部
与論
与論 沖永良部
宮古 石垣
多良間
南大東 北大東
石垣 与那国

B区間

    通常 ディス
カウント
JALカード
東京 札幌
福岡
沖縄
女満別
旭川
釧路
帯広
函館
青森
三沢
南紀白浜
岡山
出雲
広島
山口宇部
徳島
高松
高知
松山
北九州
大分
長崎
熊本
宮崎
鹿児島
奄美大島

15,000
マイル

12,000
マイル

11,500
マイル

大坂 札幌
沖縄
女満別
旭川
函館
青森
秋田
花巻
山形
三沢
仙台
新潟
長崎
鹿児島
種子島
屋久島
奄美大島
札幌・新千歳 名古屋
福岡
仙台
徳島
広島
出雲
山形
新潟
松本
静岡
札幌・丘珠 静岡
名古屋 沖縄
仙台
花巻
奄美大島
新潟
松本
静岡
福岡 小松
岡山
与那国
沖縄 沖永良部
与論
静岡

C区間

    通常 ディス
カウント
JALカード
東京 久米島
宮古
石垣

20,000
マイル

対象外
大坂 石垣

海外の特典航空券に交換に必要なマイル数

ここでは、海外特典航空券に必要なマイル数をまとめていきましょう。

 

海外特典航空券は、ディスカウントマイル期間・JALカード割引によるマイル数の差とともに、シートの差でも必要マイル数が変わってきます。

 

特に、ビジネス・ファーストクラスを利用する際には1マイルの価値が2円〜5円になることもありますので、お得にマイルを交換することができます。

 

    通常 ディス
カウント
JALカード
ソウル
プサン
エコノミー 15,000
マイル
12,000
マイル
11,000
マイル
ビジネス 36,000
マイル
ファースト 60,000
マイル
広州
上海
台北
大連
高雄
天津
北京
香港
マニラ
エコノミー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20,000
マイル
17,000
マイル
16,000
マイル
プレミアム
エコノミー
30,000
マイル
ビジネス 48,000
マイル
ファースト 72,000
マイル
グアム エコノミー 20,000
マイル
ビジネス 45,000
マイル
ファースト 72,000
マイル
クアラルンプール
ジャカルタ
シンガポール
デリー
ハノイ
バンコク
ホーチミンシティ
エコノミー 35,000
マイル
25,000
マイル
24,000
マイル
プレミアム
エコノミー
50,000
マイル
40,000
マイル
39,000
マイル
ビジネス 80,000
マイル
ファースト 100,000
マイル
シドニー
メルボルン
エコノミー 40,000
マイル
35,000
マイル
34,000
マイル
プレミアム
エコノミー
50,000
マイル
45,000
マイル
44,000
マイル
ビジネス 80,000
マイル
ファースト 100,000
マイル
モスクワ エコノミー 40,000
マイル
30,000
マイル
29,000
マイル
プレミアム
エコノミー
50,000
マイル
40,000
マイル
39,000
マイル
ビジネス 80,000
マイル
ファースト 100,000
マイル
パリ
フランクフルト
ヘルシンキ
ロンドン
エコノミー 55,000
マイル
45,000
マイル
44,000
マイル
プレミアム
エコノミー
70,000
マイル
60,000
マイル
59,000
マイル
ビジネス 110,000
マイル
ファースト 160,000
マイル
ホノルル
コナ
エコノミー 40,000
マイル
39,000
マイル
プレミアム
エコノミー
60,000
マイル
ビジネス 80,000
マイル
ファースト 100,000
マイル
サンディエゴ
サンフランシスコ
シカゴ
ダラス・フートワース
ニューヨーク
バンクーバー
ロサンゼルス
ボストン
エコノミー 50,000
マイル
40,000
マイル
39,000
マイル
プレミアム
エコノミー
65,000
マイル
ビジネス 100,000
マイル
ファースト 140,000
マイル

東海圏にお住いの方は国内特典航空券が利用しづらい

JALマイルでは、国内外の航空券をお得に交換することが可能となっています。

 

ただし、東海圏にお住まいの方の場合は、国内特典航空券が利用しづらいと言うデメリットがあります。

 

東海圏と言うと、国際空港となっている中部国際空港・小牧空港などを利用することができます。

 

第一に、JALの特典航空券では、中部国際空港発の交換可能な路線の数が少なくなっています。

 

ここでは、中部国際空港発でのJALの特典航空券の路線を解説してみましょう。

 

    通常 ディス
カウント
JALカード
東京
新潟
出雲
高知
A区間 12,000
マイル
10,000
マイル
9,500
マイル
札幌・新千歳
沖縄
釧路
帯広
福岡
山形
北九州
熊本
B区間 15,000
マイル
12,000
マイル
11,500
マイル

 

このように、中部国際空港発着の路線では、JAL特典航空券で交換することができる路線の数が12路線となっています。

 

中部国際空港発着の便は国内線29路線が就航していますので、特典航空券では半分程度の路線でしか利用することができなくなっているのですね。

 

中部地方最大規模となる国際線空港の中部国際空港の対応路線の数としては、JAL特典航空券は利用しづらいと言えるでしょう。

中部・小牧ではコードシェア便も利用可能

東海圏の中部国際空港・小牧空港発着便では、JAL航空便だけではなく、提携航空会社のコードシェア便を利用することができます。

 

中部国際空港発着便では「ジェットスター・ジャパン」
小牧空港発着便では「フジドリームエアライン」

 

の、航空便の特典航空券を交換することができます。

 

ここでは、それぞれの特典航空券を交換する為に必要なマイル数と、就航路線をまとめておきましょう。

 

ジェットスター・ジャパン
国際線(台北・マニラ) 21,000マイル
札幌 12,000マイル
沖縄
福岡
鹿児島

 

格安鉱区会社・LCCのジェットスター・ジャパンでは、特典航空券への交換もJALの特典航空間に比べると若干有利になっています。

 

札幌・福岡・沖縄への特典航空券は、JALの通常マイルの場合は15,000マイルが必要となっていますので、3,000マイルほど低いマイル数で交換することができます。

 

また、ジェットスター便では鹿児島便の特典航空券も交換することが可能となっており、鹿児島への旅行で利用する際にはジェットスター便を有利に利用することができます。

 

フジドリームエアライン

中部国際空港発着便では、フジドリームエアラインのコードシェア便の特典航空券も交換可能となっています。

 

フジドリームエアラインの特典航空券の交換では、JAL特典航空券の交換に必要なマイル数と同数のマイルが必要になってきます。

 

また、フジドリームエアラインの特典航空券への交換では、ディスカウントマイル・JALカード割引を利用することができません。

 

ここでは、フジドリームエアラインの特典航空券の交換に必要なマイル数と、就航路線をまとめておきましょう。

 

新潟
出雲
高知
A区間 12,000マイル
山形
北九州
福岡
熊本
B区間 15,000マイル

 

このように、フジドリームエアラインで利用できる特典航空券の就航路線は、JAL航空便の就航路線よりも少なくなっています。

 

また、ディスカウントマイル・JALカード割引が適用されませんので、フジドリームエアラインの特典航空券を利用するメリットは少ないのではないでしょうか。

コードシェア便は特典航空券の席数が少ない?

東海圏では上記でも挙げたように、フジドリームエアライン・ジェットスターと言った提携航空会社のコードシェア便の特典航空券を交換することができます。

 

ただし、コードシェア便で交換することができる特典航空券の就航路線は、JAL特典航空券で交換可能な路線の数よりも少なくなっています。

 

ジェットスター便の鹿児島路線以外は、JAL特典航空券でも交換できる路線となっていますので、コードシェア便を利用するメリットはそれほど大きくありません。

 

また、コードシェア便の場合は特典航空券で交換できるそもそもの席数が少なくなっていると言うデメリットもあります。

 

特典航空券の交換の為に用意された席数が少なくなっていますので、希望する日程での特典航空券に交換することが難しいケースもあります。

 

そうした意味でも、東海圏では残念ながらJALマイルの特典航空券は使い勝手が悪くなっていると言えます。

半額のマイル数で交換できる「どこかにマイル」とは?

JALの特典航空券の交換では、通常マイル数で12,000マイルから往復の国内航空便の特典航空券を交換することができます。

 

JALでは、新しいマイレージプログラムのサービスとして、半額の6,000マイルで往復することができる「どこかにマイル」と言ったサービスを提供しています。

 

 

どこかにマイルのサービスでは、4つの行先候補をJALから提案され、申込みをすると4つの行先から「どこか」に行く特典航空券を交換することができます。

 

「旅行にいきたいな」と言う気持ちがあっても、いざ行こうと思うとどこに旅行に行こうか悩んでしまうと言う方も多いのでしょうか。

 

どこかにマイルのサービスでは、友人の分の特典航空券も同時に申込みすることができますので、偶然の旅先での感動を得ることができます。

 

普段自分では選択しないような行先でのサプライズな旅を楽しむことができるのがどこかにマイルの大きなメリットとなるのですね。

 

また、何と言ってもどこかにマイルの大きなメリットとなるのは、通常の半額で特典航空券を交換することができる点です。

 

通常マイルのマイル数12,000マイルで、2人分の特典航空券を交換することができますので、非常にお得に特典航空券を利用することができるのですね。

どこかにマイルの利用方法

どこかにマイルを利用する際には、JALマイレージプログラムの会員ページから「どこかにマイル」のページにアクセスして利用することができます。

 

発着空港
搭乗の日付
人数
時間帯

 

を選択すると、JALから4つの行先候補地が表示されます。

 

どこかにマイルの利用の際には、その4つの候補地のいずれかの行先がランダムに選択されますので、4つの候補地のどこに決まっても良いと思えば申込みをするようにしましょう。

 

4つの候補地は再検索をかければ候補地が変わりますので、気に入った候補地のパターンが出るまで再検索することも可能です。

 

候補地が問題なければ、どこかにマイルを正式に申込みすると3日以内に行先が決定します。

 

自分では選択することのない偶然の旅先に、見たことのない景色を求めて旅行に行くのも良いのではないでしょうか。

 

また、2017年9月1日〜11月30日にどこかにマイルに利用した方で、行先が九州方面に決定すると、1名につき500円がJALから福岡県朝倉市・大分県日田市に義援金として寄付されます。

 

九州の豪雨災害の支援を手軽にしたい方にも、どこかにマイルはおすすめのサービスとなっているのではないでしょうか。

特典航空券に必要なJALマイルのお得な貯め方は?

特典航空券を交換する為には、特典航空券の交換に必要なマイルの獲得が必要になってきます。

 

特典航空券の交換に必要なJALマイルの貯め方としては、

 

フライトで貯める
JALマイレージカードで貯める
電子マネーWAONで貯める
JALカードで貯める

 

以上のいずれかの方法で貯めることができます。

 

この中でも、最も大量のマイルを貯めることができるのは、やはりJAL航空便のフライトで獲得することができるフライトマイルでしょう。

 

しかし、フライトマイルをガンガン貯めることができるのは、よほど飛行機での旅行や出張が多い方のみとなっており、日常的にマイルを貯めるには適していません。

 

日常のお買い物でJALマイルを貯めるのであれば、やはりJALマイレージカードの利用がお得です。

 

JALマイレージカードでは「マイルパートナー」でのカードの提示で、お得にマイルを貯めることができます。

 

マイルパートナーでは、レストランやショッピングなどの豊富な店舗やサービスでマイルを貯めることが可能となっています。

 

また、JALマイレージカードには、電子マネーWAONカード一体型のカードを利用することができます。

 

WAON一体型のカードでは日常的な電子マネーの利用で200円に1マイルを貯めることができますので、毎日のお買い物でお得にマイルを貯めることができるのですね。

 

その中でも、やはり最もお得にマイルを貯めることができるのは、クレジットカード機能付きの「JALカード」の利用でしょう。

 

 

JALカードでは、クレジットカードでのショッピングでお得にマイルを貯めることができるだけではなく、入会ボーナス・ファーストフライトボーナスなどでガンガンマイルを貯められます

 

また、特典航空券を交換する際にも、JALカード割引のお得なマイル数で交換することができますので、特典航空券を利用する際には必携のカードとなっているのですね。

 

JAL特典航空券完全ガイド!東海圏は若干JAL特典航空券との相性が悪い

今回は、完全保存版としてJAL特典航空券の交換に必要なマイル数・就航路線をまとめておきました。

 

国内・国際線の就航路線、必要マイル数を完全網羅しておりますので、JALマイル利用の際に活用してください。

 

JAL特典航空券の利用では、東海圏の中部国際空港では若干不利になっていますが、やはりお得に航空券を交換できるJALマイルは大きなメリットになりますよね。

 

また、JALマイルでは通常の半額のマイル数で往復特典航空券を交換することができる「どこかにマイル」のサービスを提供しています。

 

お得にJALマイルを貯めることができるJALカードを手に入れて、特典航空券をゲットしちゃいましょう!

 

JALカードのお申込みはこちら

 

Pocket