ダイナースカード空港ラウンジガイド!プライオリティパスと差はない!

Pocket

 

「ダイナースカードで利用できるラウンジは?」

「ダイナースカードのラウンジとプライオリティパスはどっちが有利?」

 

海外旅行に出かける機会の多い方にとっては、空港ラウンジのサービスはクレジットカードを選択する上での大きな判断基準となってくるでしょう。

 

ダイナースクラブカードでは、国内外550か所以上の空港ラウンジを利用することができる特典があり、航空便を良く利用する方には大きな特典となっています。

 

しかし、空港ラウンジをお得に利用できるサービスには「プライオリティパス」もあり、どちらのサービスがお得になるか悩んでいる方も多いでしょう。

 

今回は、ダイナースクラブカードの空港ラウンジ完全ガイドとして、ダイナースクラブカードの空港ラウンジの利用方法などを徹底解説していきましょう。

 

空港ラウンジの利用方法と注意点

三井住友トラストクラブが発行するクレジットカードとして、ハイブランドのクレジットカードの代名詞ともなっているダイナースクラブカード

 

ダイナースクラブカードでは非常に上質なベネフィットが用意されており、特別なサービスをうけることができるカードとなっています。

 

ダイナースクラブカードでは、国内外550か所以上の空港ラウンジを利用できる特典も用意されており、旅行・出張の際に便利に利用することができます。

 

ラウンジを利用する際には、利用可能なラウンジの受付でダイナースクラブカードと当日の搭乗券を提示することでラウンジを利用することができます。

 

本カード会員だけではなく、家族カード会員もラウンジを利用することができますが、家族会員の利用の際には家族カードの提示が必要となっています。

 

ダイナースクラブカードでは、日本国内空港の「KALラウンジ」をはじめとしたVIPラウンジを含めて無料で利用することができます。

 

通常、クレジットカードの付帯サービスで利用することができるカードラウンジは、セキュリティゲートの外に設置されていることが多くなっています。

 

セキュリティゲート内に設置されたVIPラウンジでは、搭乗ギリギリまでラウンジで過ごすことが可能となっています。

 

また、アルコールの提供や、シートなどの施設そのものもカードラウンジよりも上質なものになっていることが多く、よりゆったりと搭乗までの時間を過ごすことができるのですね。

 

航空便を利用する機会の多い方にとっては、非常に大きなメリットとなるのは言うまでもありませんね。

ラウンジ利用時の注意点

ダイナースクラブカードのラウンジサービスの利用では、当日の搭乗券とカードの提示が必要となっています。

 

空港ラウンジを利用することができるのは、出発時の空港ラウンジのみとなっており、原則としては到着時の空港でのラウンジ利用をすることはできません。

 

ただし、国内一部のラウンジなどの場合では、到着時でも利用することができますので、到着空港でラウンジが利用できるか確認をしておきましょう。

 

また、ダイナースクラブカードで空港ラウンジを無料で利用することができるのは、本カード会員と家族カード会員のみとなっており、同伴者のラウンジ利用は有料となっています。

 

同伴者のラウンジ利用料金は利用するラウンジによって変わりますので、友人などとの旅行の際には確認しておいた方が良いでしょう。

国内空港ラウンジの同伴者無料クーポンをポイントで交換することができる

ダイナースクラブカードの空港ラウンジを無料で利用することができるのは、本会員と家族カード会員のみとなっています。

 

同伴者も空港ラウンジを利用する場合には、各ラウンジ所定の利用料金が必要となっています。

 

ただし、ダイナースクラブカードの利用で貯めたポイントで、国内空港ラウンジの同伴者無料のクーポンを獲得することができます。

 

同伴者無料のクーポンは2,500ポイントで交換することが可能となっており、家族カードを持たない家族・友人などとのラウンジ利用の際に利用することができます。

 

一部の国内空港ラウンジでは同伴者無料クーポンを利用できなくなっていますので、利用しようとするラウンジでクーポンが利用できるかは確認しておくようにしましょう。

国内で利用できる空港ラウンジ

ダイナースクラブカードでは、通常のゴールドカードでも利用することができる国内主要空港のラウンジを無料で利用することができます。

 

また、ダイナースクラブカードでは国内では大韓航空のVIPラウンジ「KALラウンジ」を利用することができる特典があります。

 

ここでは、国内の主要空港の中でKALラウンジを利用することができる空港をピックアップしてご紹介していきましょう。

 

成田国際空港 KALビジネスクラスラウンジ
中部国際空港 KALラウンジ
関西国際空港 KALビジネスクラスラウンジ
福岡国際空港 KALラウンジ

 

このように、代表的な国内の国際線就航ラウンジでは、VIPラウンジであるKALラウンジを利用することができます。

 

通常、KALラウンジを利用できる方は、ビジネス・ファーストクラスの航空券を利用した方のみとなっていますので、大きなメリットとなりますよね。

 

成田空港に設置されているKALビジネスクラスラウンジの場合、出国ゲート後に設置されていますので搭乗時間ギリギリまでラウンジでくつろぐことができます。

 

「エアラインラウンジ」と呼ばれることもあるVIPラウンジでは、シートや設備なども上質なものになっています。

 

また、アルコール類などの提供もうけることができますので、搭乗までの時間をより有意義に過ごすことが可能となっています。

 

ダイナースクラブカードでは、VIPラウンジをはじめとして、国内主要空港のカードラウンジを利用することができます。

 

国内外の航空便を利用する際にも、非常に便利に利用することができるカードとなっているのですね。

海外で利用できる空港ラウンジ

ダイナースクラブカードの空港ラウンジサービスで、特に威力を発揮するのは海外での空港利用の際により有利に利用することができます。

 

国内の空港ラウンジでは、KALラウンジしかVIPラウンジを利用することができません。

 

しかし、海外の空港ラウンジでは500か所以上のVIPラウンジを含めた空港ラウンジを利用することができます。

 

ここでは、特に人気の海外旅行先で利用できる、海外の空港ラウンジの一例をご紹介していきましょう。

 

アジア 韓国・仁川国際空港
韓国・金浦国際空港
中国・上海浦東国際空港
中国・首都国際空港
中国・香港国際空港
タイ・スワンナプーム国際空港
シンガポール・チャンギ国際空港
北米・中米 ハワイ・ホノルル国際空港
アメリカ・ジョン・F・ケネディ国際空港
カナダ・バンクーバー国際空港
ヨーロッパ ドイツ・フランクフルト空港
フランス・シャルルドゴール空港
イギリス・ヒースロー空港
オセアニア オーストラリア・シドニー国際空港

 

上記に挙げたのは、ダイナースクラブカードで利用することができる海外空港ラウンジの一例となっています。

 

特に、海外での航空便の利用の際には、搭乗までの待ち時間が数時間を超える場合もあり、空港ラウンジの利用は大きなメリットとなります。

 

ダイナースクラブカードでは、上記で挙げたラウンジ以外にも500か所を超えるラウンジを無料で利用することができます。

 

海外旅行や海外出張で、海外に出かける機会の多い方にとっては、非常にメリットの多いサービスであると言えるでしょう。

プライオリティパスとどっちが便利に使える?サービスの差は?

ダイナースクラブカードのラウンジサービスと、比較されることが多いラウンジサービスとなっているのが「プライオリティパス」です。

 

プライオリティパスでは、VIPラウンジを含めた世界100か所以上の空港ラウンジを利用することができます。

 

また、プライオリティパスにはランクが設定されています。

 

  年会費 ラウンジ利用料金
スタンダード会員 99$ 1回あたり27$
スタンダード・プラス会員 249$ 10回まで無料、その後は1回27$
プレステージ会員 399$ 無料で使い放題

 

このように、プライオリティパスでは年会費399$のプレステージ会員では、年間何度でもラウンジを使い放題となります。

 

ダイナースクラブカードのラウンジ特典でも、年間の利用回数に制限無く無料となっていますので、ダイナースクラブカードのラウンジサービスと同等のサービスはプレステージ会員となります。

 

プラチナカード以上のクレジットカードには、プライオリティパス・プレステージ会員資格が付帯しているカードも多くなっています。

 

ですので、ダイナースクラブカードのラウンジサービスとプライオリティパスのどちらを利用するべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

プライオリティパスの対応ラウンジは1,000か所以上ダイナースクラブカードのラウンジサービスでは550か所以上となっており、対応ラウンジはプライオリティパスの方が多くなっています

 

ダイナースクラブカードのラウンジに提携があり、プライオリティパスで利用できないラウンジはありませんが、その逆となるケースは少なくありません。

 

グアム・サンフランシスコ・中国成都などの人気の観光地でもプライオリティパスのみが対応しており、ダイナースクラブカードでは利用することができません。

 

それでは、ラウンジサービスを利用する為のカードの保有コストを考えるとどうでしょうか。

 

ダイナースクラブカードの年会費は税別22,000円となっていますが、プライオリティパスを最安で持てる楽天プレミアムカード税別10,000円の年会費で利用することができます。

 

単純に保有コスト・対応空港の多さで比較した場合には、プライオリティパスの方がコストパフォーマンスに優れたサービスであると言えるでしょう。

 

ただし、ラウンジ利用の際の使い勝手を考えると、プライオリティパスの方が若干不便となっています。

 

ダイナースクラブカードでのラウンジ利用の際には、カードの提示のみでOKとなっていますが、プライオリティパスでは端末でのスキャンが必要です。

 

人気のラウンジなどの場合では、スキャン待ちで時間がかかってしまうこともあるのですね。

ダイナースクラブカードのラウンジはダイナースクラブカードのベネフィットありきで

ダイナースクラブカードのラウンジサービスとプライオリティパスを単純に比較した場合には、コストパフォーマンスの面でプライオリティパスの方が有利であると言えるかも知れません。

 

しかし、ダイナースクラブカードでは、空港ラウンジサービスはもちろんのことですが、ハイステータスブランドのカードとしてのベネフィットに優れています。

 

ダイナースクラブカードの付帯サービスの一例を挙げると、

 

手荷物宅配サービス
空港パーキングサービス
空港送迎タクシーサービス

 

など、空港関連のサービスも非常に充実しています。

 

実際に旅行に出かける際に、空港ラウンジサービスだけではなく、空港での様々な付帯サービスを利用できるのは大きなメリットとなりますよね。

 

また、ダイナースクラブカードのアイデンティティとも言えるのが、上質なダイニング関連でのベネフィットです。

 

エグゼクティブダイニングの特典では、提携するレストランでの特別メニューやお得な優待サービスを利用することができます。

 

それだけではなく、エグゼクティブダイニングでは、提携する高級レストランの指定のコースを2名以上が利用すれば、1名分が無料になるサービスがあります。

 

1名分無料のサービスは、同一のレストランでなければ年間何度でも利用することが可能となっています。

 

1名分が1万円以上するコースも用意されていますので、年間2回以上のエグゼクティブダイニングの特典の利用で年会費のもとを余裕でとることができるのですね。

 

また、プライオリティパスの1,000か所以上の対応ラウンジには及ばないものの、ダイナースクラブで利用できるラウンジも550か所を超えています。

 

実際にプライオリティパスとダイナースクラブカードを両方持っている方の場合でも、ダイナースクラブカードのラウンジでほとんどまかなえるのでプライオリティパスの出番がないと言うケースもあります。

 

実用の上では、ダイナースクラブカードのラウンジサービスは、非常に優秀なサービスであると言えるのではないでしょうか。

ダイナースクラブカード基本情報

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費 税別22,000円
家族会員 税別5,000円
ETC 無料
申込資格 27歳以上で安定した収入のある方
還元率 1.0%
旅行保険 最高1億円

 

ダイニング関連の豊富なベネフィットが付帯
1.0%の還元率でマイルを貯められる
一律の利用限度額の制限無し

 

ハイブランドのクレジットカードの代名詞とも言えるクレジットカードが「ダイナースクラブカード」です。

 

ダイナースクラブカードの利用では、還元率1.0%で有効期限無期限のポイントを貯めることができ、ポイントは1ポイント=1マイルとして各種航空マイルに交換することができます。

 

また、コース料理1名分無料などのダイニング関連のベネフィットにも優れており、年会費以上のお得なサービスをうけることが可能となっています。

 

ダイナースクラブの大きな特徴のひとつともなっているのが、利用限度額に一律の制限がない点ではないでしょうか。

 

事前にデポジットを預けておけば青天井でカードを利用できますので、高額決済でお得にポイントを貯めることが可能となっています。

 

ANAダイナースカード基本情報

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費 税別27,000円
家族会員 税別6,000円
ETC 無料
申込資格 27歳以上で安定した収入のある方
還元率 1.0%
旅行保険 最高1億円

 

ANAマイルを効率良く貯めることができる
ANAカードマイル特約店でのポイント優待
ダイナースクラブカードの基本の付帯サービスを利用可能

 

ANAと三井住友トラストクラブが提携して発行するカードが「ANAダイナースカード」です。

 

ANAダイナースカードでは、ANAマイル獲得に特化したカードとなっており、獲得したポイントを移行手数料無料でANAマイルに交換することができます。

 

ANAカードとしての特典を利用することができますので、セブンイレブン・イトーヨーカドーなどのANAカードマイル特約店での利用では1.5%以上の還元率でマイルを貯めることができます。

 

通常のショッピングはもちろんのこと、ANA便でのフライトの際には区間基本マイルの25%のボーナスマイルを獲得することができますので、より効率的にANAマイルを貯められます。

 

ANAマイルを貯めたいけど、上質な付帯サービスも利用したいと言う方には、ANAダイナースカードは最適のカードとなるのではないでしょうか。

 

ダイナースクラブカードの空港ラウンジサービスがあれば、海外旅行も快適に

今回は、ダイナースクラブカードで利用することができる空港ラウンジサービスに焦点を当てて解説してきました。

 

ダイナースクラブカードでは、世界約550か所以上の空港ラウンジを無料で利用することができます。

 

プライオリティパスよりも対応空港数は劣るものの、人気の観光地の空港ラウンジなどはカバーしておりますので、実用で困ることは少ないでしょう。

 

また、ダイナースクラブカードには、空港ラウンジサービス以外にも特別なベネフィットが数多く用意されています。

 

より快適に海外旅行を楽しみたい方には、ダイナースクラブカードは最適なカードとなるのではないでしょうか。

 

Pocket