楽天カードは家族カードを作るより本カードを別で申込んだ方がお得!

Pocket

 

「楽天カードは家族カードを作った方がお得?」

「楽天カードのキャンペーンポイントをもっと獲得したい」

 

年会費無料のカードの中でも、特に人気のカードとなっているのが楽天カードです。

 

夫婦で楽天カードを利用する際には、家族カードを作るべきか、新しく本カードを作るべきか悩んでしまう方も居るのではないでしょうか。

 

結論から言うと、楽天カードを夫婦や家族で使う場合には、本カードを別に作る方がお得になります。

 

今回は、楽天カードの家族カードよりも、本カードを別に申込みをした方が良い理由を解説していきましょう。

 

楽天カードは家族カードを作るより本カードを申込もう!

年会費無料のカードの中でも特に人気の高いカードとなっているのが楽天カードです。

 

 

楽天カードでは家族カードも年会費無料で発行することができますので、家族でカードを使う場合には家族カードを発行すると言う方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、楽天カードの場合は、家族カードを発行するよりも本カードを別に申込みした方がお得となっています。

 

その理由は大きく分けて、

 

新規入会特典のポイントを2倍獲得することができる
楽天カードは審査のハードルが低く、専業主婦でも作成することができる

 

と言った2点の理由を挙げることができます。

 

ここでは、具体的に楽天カードが本カードを別に申込みをした方がお得になる理由を解説していきましょう。

新規入会特典のポイントを2倍獲得できる

楽天カードでは、ほぼ常時お得な入会キャンペーンを開催しており、カードの入会・利用でお得にポイントを獲得することが可能となっています。

 

現在、楽天カードでは2017年11月10日〜2017年11月20日までの期間限定で、カードの入会・利用で最大8,000円分の楽天スーパーポイントを獲得できるキャンペーンを開催しています。

 

 

キャンペーンでは、

 

新規入会特典として2,000ポイント
初回の1円以上のカード利用で6,000ポイント

 

合計8,000ポイントの楽天スーパーポイントを獲得することが可能となっています。

 

この入会キャンペーンのポイントプレゼントの対象となるのは、新規で楽天カードを発行した方が対象となっており、家族カードの発行は対象外となっています。

 

ですので、夫婦で楽天カードを利用する場合などには、2人分の本カードを発行すればキャンペーンプレゼントも2人分、2倍のポイントを獲得することができるのですね。

 

楽天の入会キャンペーンでは、通常の楽天スーパーポイントよりも有効期限の短い「期間限定ポイント」で付与されます。

 

期間限定ポイントは、ポイントの付与から約1ヶ月程度と有効期限が短くなっていますが、楽天ポイントクラブ加盟店で1ポイント=1円として利用することができます。

 

楽天ポイントクラブ加盟店でのポイントの利用の場合、有効期限の短いポイントから自動的に消化されますので、期間限定ポイントの使い道としては最適です。

 

現金同様に利用することができる楽天スーパーポイントを大量獲得するには、家族カードではなく本カードを別に作成した方が有利となってくるのですね。

 

本カードを別に発行した場合でも、楽天カードは年会費無料のカードとなっていますので、年会費のコストで圧迫されてしまうこともありません。

専業主婦でも本カードを作成できる

本カードではなく、家族カードを検討する大きな理由としては、本カードを申込む際の審査がハードルになっているのではないでしょうか。

 

特に、仕事をしていない専業主婦の方の場合は、クレジットカードの審査をうける際に不安がある方も多いでしょう。

 

しかし、楽天カードでは専業主婦で無職の方であっても申込みをすることができるカードとなっています。

 

楽天カードでは、高校生を除く18歳以上の方であれば申込みをすることができます。

 

専業主婦や学生の方の場合では、配偶者やご両親に安定した収入があれば申込みをすることができます。

 

専業主婦の方が楽天カードの審査をうける際には、世帯収入が審査の基準となりますので、本人が収入0円の場合でも申込みをすることが可能です。

 

ですので、専業主婦や学生の方であっても、家族カードではなく本カードを作成することができるのですね。

国際ブランド違いで持ちたいなら絶対別々にしよう!

楽天カードで家族カードを発行する場合には、本カードと家族カードの国際ブランドを分けることができません。

 

楽天カードでは、

 

JCB
VISA
Mastercard

 

と言った主要国際ブランドから、国際ブランドを選択することができます。

 

楽天カードでは、国際ブランドによって若干サービスに違いがあります。

 

 

最も大きな国際ブランドによる違いとしては、JCBブランドを選択時のnanacoチャージのメリットです。

 

楽天カードでは、国際ブランドにJCBを選択した場合にのみ、nanacoチャージでポイント還元をうけることができます。

 

ただし、海外利用ではVISA・Mastercardに比べて利用できる加盟店の数は少なくなっていますので、国際ブランドの選択によってうけることができるメリットは変わってしまいます。

 

本カードの国際ブランドをVISA・Mastercardで選択した場合、家族カードではnanacoのチャージでポイント還元をうけることができません。

 

奥さんがnanacoを利用している場合には、国際ブランドの選択で揉めてしまうこともあるのではないでしょうか。

 

楽天カードを家族で別契約で発行することで、別の国際ブランドの楽天カードを発行することが可能となります。

 

VISAとJCBなど、家族で別の国際ブランドを利用することで、国際ブランドによるメリットを最大にうけることが可能となってくるのですね。

家族カードのメリット

今回は、楽天カードの家族カードを作るよりも、本カードを別に作った方が良い理由について解説しています。

 

それでは、楽天カードで家族カードを発行するにあたっては、全くメリットが無いのでしょうか?

 

ここでは、楽天カードで家族カードを発行する、メリットとなる部分を解説していきましょう。

カードの支払いを一か所にまとめることができる

家族カードで利用したカードの請求は、本カードにまとめて請求されます。

 

本カードを別に作った場合には、基本的にはカード名義人と口座名義人は同一である必要がありますので、支払いの口座を2つ用意する必要があります。

 

支払い日に別の口座にそれぞれ入金をしておく必要があり、毎月の支払日の手間は少しかかってしまいますよね。

 

家族カードを発行した場合には、家族カードの利用分も本カードの請求と合わせて支払いすることになりますので、支払いの際の手間は少なくなります。

 

また、家族カードの利用明細も本カードの明細と合算されますので、子供の無駄使いが無いかなどを確認することができるのですね。

ポイントを家族で共有することができる

楽天カードの大きなメリットのひとつが、カードの利用で1.0%の還元率で楽天スーパーポイントを貯めることができる点ではないでしょうか。

 

また、楽天カードでは、楽天市場でポイント4倍など、効率的にポイントを貯めることができるカードとなっていますので、ポイントを目的にカードを保有している方も少なくないでしょう。

 

貯まったポイントは、楽天ポイントクラブ加盟店での1ポイント=1円としての利用や、電子マネー楽天Edyのチャージ・楽天のサービスの利用などに便利に使用することができます。

 

家族カードを発行するメリットとしては、貯まったポイントを家族間で共有することができるのも大きなメリットとなっているのではないでしょうか。

 

楽天カードでは、本カードと紐づけされた家族カードで、ポイントの移動をすることが可能となっています。

 

ポイントを1枚のカードに集中させることもできますし、不足となるポイントを移動させて商品交換などに便利に利用することができるのですね。

基本的には無審査で発行することができる

楽天カードの家族カードを発行することによる、最も大きなメリットとなってくるのが基本的には無審査でカードを発行することができる点です。

 

楽天カードの家族カードは、本会員と生計をともにする18歳以上の方であれば申込みをすることができます。

 

家族カードの発行の際には、発行する家族よりも本カード会員の信用情報が審査の基準になっています。

 

とはいえ、家族カードの発行の際には、極端に支払いの遅延が続いている方などでない限り、ほぼ問題なく家族カードを発行することができます。

 

審査に自信が無い家族の場合でも、家族カードであれば心配なくカードを作成することが可能となってくるのですね。

家族カードのデメリット

楽天カードでは、家族カードを発行する場合でもそれなりのメリットを感じることが可能となっています。

 

それでは、改めて家族カードを発行するよりも、別契約の本カードを発行した方が良い理由としてはどのような点が挙げられるでしょうか。

 

ここでは、楽天カードの家族カードを利用することでのデメリットを解説していきましょう。

 

入会キャンペーンのポイント数が少なくなってしまう
国際ブランドを同一のものにしなくてはならない
家族に自分の利用分の明細が知られてしまう

 

まず、家族カードを利用するうえで挙げられるデメリットとしては、上記でも説明したように入会キャンペーン・国際ブランドによるデメリットが挙げられます。

 

楽天カードでは現在、カードの入会・利用でもれなく8,000円分のポイントを獲得できるキャンペーンを開催しています。

 

楽天カードのキャンペーンは、カードの発行と1回以上のカード利用でポイントを獲得することができる優秀なキャンペーンとなっているのですね。

 

家族カードを発行する場合でも、特典としてポイントを獲得することができますが、獲得できるポイント数は2,000ポイントのみとなっています。

 

本カードを2枚発行すれば、獲得することができるポイントが2倍になりますので、カードの入会で大量ポイントを貯めることができるのですね。

 

また、家族カードを発行する場合には、国際ブランドが本カード会員と同一のものになると言うデメリットがあります。

 

楽天カードでは、JCBブランドのみnanacoカードのチャージでポイント還元をうけることができる特典があり、別の国際ブランドを選択するメリットがあります。

 

家族カードのメリットとして、家族カードの請求が本カードに一括されると言う点を挙げました。

 

しかし、反面、家族カードの利用分が本カードの請求書に記載されてしまうことをデメリットに感じてしまう方も居るでしょう。

 

家族とはいえ、やはり隠しておきたいお買い物もあるものですので、明細が合算されてしまうのを避けたい方も多いのではないでしょうか。

本カードと家族カード、限度額の差は?

クレジットカードを利用する際には、利用限度額までしかカードを利用することができません。

 

ここで気になってくるのは、本カードと家族カードの限度額の差ではないでしょうか。

 

家族カードの限度額は、本カードの限度額の範囲内でしか利用することができませんので、家族カードには個別の限度額は設定されていません。

 

具体的に言うと、本カードの限度額が50万円のカードの場合、本カードと家族カードで50万円の枠を分け合う必要があります。

 

本カードで30万円を利用している場合、家族カードでは残り20万円までしか利用することができないのですね。

 

また、楽天カードの利用分は月末締め、翌月27日払いとなっていますので、限度額はさらに圧迫されてしまいます。

 

限度額が50万円のカードで、月末までに30万円を利用した場合、翌月27日までは残りの20万円しか利用することができません。

 

ですので、夫婦で家族カードを利用する場合には、2名分×2か月分の限度額の余裕が必要と言うことになります。

 

夫婦で別の本カードを作成した場合には、それぞれで独立した限度額を利用することができますので、限度額に余裕をもってカードを利用することができます。

楽天カードなら専業主婦の方でも限度額がガンガン増える

本カードを別に作成すれば、それぞれが独立した限度額のカードを利用することができます。

 

専業主婦の方などの場合、本カードを作成しても限度額が少ないのではないか?と心配になってしまう方も居るでしょう。

 

楽天カードの限度額は、申込みの際の年収などによって決定されますので、専業主婦の方の場合は初期利用限度額はたしかに低めに設定されます。

 

しかし、楽天カードは限度額がアップしやすいカードとなっており、収入0円の専業主婦の方の場合でも限度額100万円を達成している方も少なくありません。

 

楽天カードでは、半年に1回程度限度額増枠の審査が自動的に行われています。

 

しっかりと楽天カードのクレジットヒストリーを積んでおけば、専業主婦の方の場合でも限度額が増枠する可能性は高くなっているのですね。

 

また、自動で増枠をされなかった場合でも、楽天カードの会員サイト「楽天e-NAVI」で簡単に増枠申請をすることができます。

 

増枠審査に通過すれば限度額が増枠され、増枠された限度額を利用することができます。

増枠審査の際の注意点

楽天カードでは、楽天カードの会員サイト・楽天e-NAVIで簡単に増枠申請をすることができます。

 

楽天e-NAVIでの増枠申請は、カードの入会から6か月以上経過してからでないと申込みをすることができません。

 

また、審査結果によっては増枠審査に落ちてしまうこともあります。

 

増枠審査に落ちてしまった場合には、最低でも6か月以上はクレジットヒストリーを積んでから増枠審査に再チャレンジするようにしましょう。

楽天カードの基本情報

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費 無料
家族会員 無料
ETC 税別500円
申込資格 高校生を除く18歳以上の方
国際ブランド JCB
VISA
Mastercard
還元率 1.0%
旅行保険 最高2,000万円

 

楽天のサービス利用でポイントがガンガン貯まる
最高2,000万円の海外旅行保険が付帯
楽天ハワイラウンジを利用可能

 

インターネットサービス大手の楽天が発行するクレジットカードが「楽天カード」です。

 

楽天カードでは、100円の利用で1ポイントの楽天スーパーポイントを獲得することができますので、通常還元率1.0%でカードを利用することができます。

 

楽天カードの最も大きなメリットとしては、楽天市場でポイント4倍還元をうけることが可能となっており、楽天のサービスの利用でガンガンポイントを獲得することができます。

 

また、楽天カードでは最高2,000万円の海外旅行保険も付帯しており、年会費無料のカードでありながらコストパフォーマンスに優れたカードとなっています。

 

新しく楽天ハワイラウンジも利用することが可能となっており、海外旅行の際にもお得に利用することができるカードとなっているのですね。

楽天カードは家族カードではなく、本カードを別途利用するべき

今回は、楽天カードでは家族カードを作るより、本カードを別で作った方がお得になる理由を解説してきました。

 

楽天カードでは、家族カードを利用した場合、国際ブランドが本カードと同一になってしまうほか、本カードの限度額が圧迫されてしまうデメリットがあります。

 

また、楽天カードではお得な入会キャンペーンを開催していますが、本カードを別に申込みした場合、キャンペーンポイントを2倍獲得できます。

 

楽天カードは審査に通過しやすいカードとしても知られており、専業主婦の方の場合でも審査通過の可能性は高いでしょう。

 

夫婦で楽天カードを作成して、お得に大量ポイントを獲得してみるのも良いのではないでしょうか。

 

 

Pocket