クレジットカード審査で勤続年数は超重要!審査落ちを防ぐ記入方法とは?

Pocket

 

「どのくらい勤続年数があればクレジットカードの審査に通るの?」

「転職したばっかりだから勤続年数が不安」

 

クレジットカードの審査の際には、現在の勤務先にどの程度勤続しているかと言う勤続年数も重要な判断基準になってきます。

 

しかし、終身雇用制度が崩壊して久しい昨今では、転職をしたばかりで勤続年数が浅いと言う方も少なくないのではないでしょうか。

 

今回は、クレジットカードの審査の際に重要になってくる勤続年数について、特集してお話していきましょう。

 

審査は年収よりも勤続年数の方が重要

クレジットカードの申込みの際には、

 

現在の勤務先の情報
年収
現在の勤務先への勤続年数

 

などの情報を記入する必要があります。

 

クレジットカードの審査の際には、年収が最も大きな判断基準になると思っておられる方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、実際には年収よりも勤続年数の方が重視されることが多くなっています。

 

なぜかと言うと、クレジットカードの審査の際には「安定して返済を続けることができる能力」が重視されるからなのですね。

 

勤続年数の浅い方はイコール、転職を繰り返す方であると判断されてしまい、審査の際に不利になってしまうことも少なくありません。

 

また、中途入社の方の場合は、3か月程度は試用期間での入社と言う形になっている方も多いのではないでしょうか。

 

試用期間の場合は、雇用者の判断で本採用を見送られる可能性もゼロではありません。

 

こうした理由もあり、勤続年数の短い方の場合はクレジットカードの審査の際には障害となってしまうことが多くなっています。

クレジットカード審査で必要な勤続年数は6ヶ月〜1年

クレジットカードの審査の際には、年収よりもむしろ勤続年数の方が重視される傾向があります。

 

それでは、実際にクレジットカードの審査を受ける際に、審査に通過することができる勤続年数はどの程度になるのでしょうか?

 

結論から言うと、クレジットカードの審査に通過することができる勤続年数の目安としては、最低でも6か月〜1年間は必要になると言えます。

 

一般的には、6か月〜1年間以上勤務を継続している方であれば、そのまま継続して仕事をする方が多いのではないでしょうか。

 

ですので、現在の勤続年数が6か月を超えた方の場合は、安定して返済をする能力があると判断され、審査に通過することができる可能性も高くなってくるのですね。

 

逆に、勤続年数が6か月に満たない方の場合は、月収から想定される年収が充分な方の場合でも、審査の際に不利になってしまうことが多くなっています。

 

クレジットカードの審査を受ける際には、最低でも6か月以上は現在の勤務先に勤務してから申込みをするようにしましょう。

勤続年数を実際よりも長く書けばいいんじゃないの?

クレジットカードの審査を申込みする際には、最低でも6か月〜1年間の勤続年数の実績が必要となってきます。

 

クレジットカードを申込みする際に、勤続年数が不足してしまう方の中には「ちょっとくらい盛って書けばいいんじゃないの?」と思ってしまう方も居るかも知れません。

 

しかし、申込みの際に虚偽の申告をしてしまうと、今回申込みをしたクレジットカードの審査に落ちてしまうのはもちろんのこと、その後のクレジットカードの審査にも影響を与えてしまいます。

 

クレジットカードの申込みの際には、在籍確認の電話連絡が会社にかかってくることがあります。

 

ただし、在籍確認の電話の際には、実際に勤務しているかを確認するだけですので、入社年月日などを確認されることはありません。

 

それなら、勤続年数を少々盛ってもバレないと思うかも知れませんが、クレジットカードの審査の際には個人信用情報機関に申込者の情報を参照されます。

 

個人信用情報機関には、クレジットカードの利用状況や申込みの状況のほかに、申込時に記入した情報なども記録されています。

 

ですので、クレジットカード以外でも、たとえばスマホの申込時などに記入した勤務先の情報も記録されているのですね。

 

半年前にスマホを申込みした際にはA社に勤務中だったのに、現在の申込時ではB社で1年前から働いていることになっている…、となると明らかにおかしいですよね。

 

虚偽の申告が、明らかに悪質であると認められた場合には、その事実も個人信用情報機関の記録に残ってしまいます。

 

クレジットカードの申込みの際には、虚偽の申告はせずに正確な情報を記入するようにしなければなりません。

勤続年数が浅くてもクレジットカードが作れるケース

現在の勤務先への勤続年数が半年未満の方の場合は、クレジットカードの審査の際に不利になってしまうことが多くなってしまいます。

 

しかし、勤続年数が短い方の場合は、それだけで審査をはじかれてしまうのか?と言うと決してそのようなことはなく、勤続年数が浅くてもクレジットカードが作れるケースはあります。

 

ここでは、勤続年数の浅い方の場合でもクレジットカードを作ることができるケースをまとめておきましょう。

新卒や社会人1年目

勤続年数が6か月未満の方の場合でも、クレジットカードの審査の際に障害とならないケースとしては、新卒・社会人1年目の方などの場合が挙げられます。

 

新卒や社会人1年目の方の場合は、勤続年数が浅い方の場合でも中途入社の方と比べて離職率は低くなっています。

 

また、クレジットカード会社にとっては、新卒の社会人などの場合を囲い込んでおくことで、将来的な優良顧客になる可能性もあります。

 

特に新卒の方などの場合では、まだ入社前の内定が出た段階でもクレジットカードの審査に通過することができることが多くなっています。

 

クレジットカードを作るタイミングとして最も適しているのも、入社前・入社直後となっているのですね。

学生の方の場合は審査に非常に有利

社会人の方の場合と、全く違った審査基準で審査が行われていると言っても良いのが学生の方の場合です。

 

学生の方の場合は、アルバイトをしていない収入0円の方の場合でもクレジットカードの審査に通過することが可能となっています。

 

学生がクレジットカードを作る際には、自身の収入ではなく、世帯収入が審査の判断基準となりますので、ご両親に収入があれば審査に通過することができるのですね。

 

特に、クレジットカード各社では、学生向けの特典の付いたクレジットカードを多くラインナップしており、一般カードよりも有利な条件で作ることができるクレジットカードを発行しています。

 

クレジットカード会社にとっては、学生のファーストカードのうちからユーザーを囲い込んでおくことで、優良な顧客を獲得したいと言う狙いもあるのですね。

 

学生と言う属性は、クレジットカードを作るうえでは非常に有利な属性であると言っても良いでしょう。

起業まもない個人事業主、フリーランスの方の場合

勤続年数が重視されない業種の中に、起業まもない個人事業主やフリーランスも挙げられます。

 

近年では、クラウドソーシングの普及などもあり、個人事業主やフリーランスとして独立されている方も少なくないでしょう。

 

個人事業主やフリーランスの方と言うのは、雇用されている訳ではありませんので、勤続年数が浅い場合でもクレジットカードの審査に即悪影響を与えることはありません。

 

また、個人事業主・フリーランスの方の場合はクレジットカードの審査が不利になると言われていた時代もありましたが、近年では個人事業主・フリーランスとして独立される方も多くなっています。

 

いわゆるハイブランドのクレジットカードでも、個人事業主・フリーランスの方で独立後即発行できたケースもありますので、審査通過の可能性は高くなっています。

 

脱サラする方は、退職前に作れるだけクレジットカードを作っておくと言うのは定石ですが、起業後まもない場合でも審査通過の実例は多くなっているのですね。

 

パート主婦の方の場合でも、ネットオークションなどで副収入がある方の場合は個人事業主として申込みをした方が審査に有利になってくるケースもあります。

勤続年数が短くても審査に通りやすいと言われているクレジットカード

今回は、クレジットカードの審査に必要な最低限の勤続年数についてお話してきました。

 

原則としては、クレジットカードの審査の際には6か月〜1年間程度の勤続年数が必要と言われていますが、中には勤続年数が短くても審査通過の実例があるクレジットカードもあります。

 

ここでは、勤続年数が浅い方でも審査に通りやすいと言われているクレジットカードをご紹介していきましょう。

ACマスターカード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費 無料
家族会員
ETC
国際ブランド Mastercard
申込資格 20歳〜69歳で安定した収入のある方
還元率 0.25%
旅行保険

 

最短1時間で即日発行可能
リボ払い専用カードだが、一括払いも可能
ショッピング利用金額の0.25%がキャッシュバック還元

 

消費者金融大手のアコムが発行するクレジットカードが「ACマスターカード」です。

 

ACマスターカードは、消費者金融のアコムが発行するクレジットカードであることから、通常のクレジットカードよりも審査のハードルが低くなっており、勤続年数の浅い方でも審査通過の可能性があります。

 

他のクレジットカードの審査に落ちてしまった方や、審査通過の自信が無い方の最後の砦としてもおすすめできるクレジットカードとなっています。

 

ACマスターカードは、リボ払い専用カードとなっていますが、繰り上げ返済をすることが可能となっており、通常の一括払いのカードと同じように手数料をかけずに利用することができます。

 

また、ACマスターカードでは、ショッピング利用金額の0.25%が自動的にキャッシュバックされますので、お得にカードを利用することも可能となっています。

 

楽天カード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費 無料
家族会員 無料
ETC 税別500円
国際ブランド JCB
VISA
Mastercard
申込資格 高校生を除く18歳以上の方
還元率 1.0%
旅行保険 最高2,000万円

 

審査のハードルの低いクレジットカードの代名詞
楽天のサービス利用で、ポイントがガンガン貯まる
最高2,000万円の旅行保険も付帯したコストパフォーマンスの優れたカード

 

インターネットサービス大手の楽天が発行するクレジットカードが「楽天カード」です。

 

審査に通過しやすいクレジットカードを調べると、必ず楽天カードの名前をみることが可能となっており、勤続年数の浅い方の場合でも審査に通過することができる可能性が高くなっています。

 

審査のハードルが低いだけではなく、通常還元率1.0%と言う高還元率で、共通ポイントの楽天スーパーポイントを貯めることが可能となっており、お得に利用できるカードとなっています。

 

楽天カードの最も大きなメリットとなっているのは、楽天市場でポイント4倍などの楽天のサービス利用時のポイントの優待サービスです。

 

また、利用付帯で最高2,000万円の海外旅行保険も付帯しており、年会費無料のカードでありながら非常にコストパフォーマンスに優れたカードとなっているのですね。

 

三井住友VISAデビュープラスカード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費 初年度:無料
2年目以降:税別1250円
家族会員
ETC 初年度:無料
2年目以降:条件付き無料
国際ブランド VISA
申込資格 高校生を除く18歳〜25歳の方
還元率 1.0%
旅行保険

 

年間1回以上のカード利用で年会費実質無料
満26歳の更新時にプライムゴールドにランクアップ
通常還元率が2倍の1.0%

 

三井住友カードが18歳〜25歳までの若者向けカードとして発行しているのが「三井住友VISAデビュープラスカード」です。

 

三井住友VISAデビュープラスカードは、学生向けカードともなっており、高校生を除く学生の方でも申込みをすることが可能となっています。

 

また、満26歳を超えた最初の更新時にはプライムゴールドカードに自動的にランクアップしますので、ファーストカードのうちからゴールドカードが約束されると言うことになるのですね。

 

三井住友VISAデビュープラスカードでは入会後3か月間はポイントが3倍になる特典があり、4か月目以降も通常の2倍の還元率での利用が可能となっています。

 

それだけではなく、三井住友VISAデビュープラスカードにはユニバーサルスタジオジャパンでの優待なども豊富ですので、若者の方にピッタリのカードであると言えるのではないでしょうか。

 

JCB EXTAGE

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費 無料
家族会員 無料
ETC 無料
国際ブランド JCB
申込資格 高校生を除く18歳〜29歳までの方
還元率 0.5%
旅行保険 最高2,000万円

 

入会後3か月間はポイント3倍
JCBのショッピングサイトの利用でポイントが優遇
JCBのクレジットヒストリーを積むことができる

 

国産のクレジットカード会社として、唯一国際ブランドを持つJCBが若年者の方向けに発行しているカードが「JCB EXTAGE」です。

 

JCB EXTAGEはファーストカードとしてのコンセプトで発行されているカードとなっており、学生の方や新社会人の方にもおすすめできるカードとなっています。

 

ファーストカードのうちからJCBのプロパーカードのクレジットヒストリーを積むことができますので、将来的にゴールド・プラチナなどの上位カードを目指している方にもおすすめです。

 

また、JCB EXTAGEでは入会後3か月間はポイント3倍、年間ショッピング利用金額が20万円を超えた場合にはポイント1.5倍になる特典があり、ポイントも貯めやすいカードとなっています。

 

JCBのショッピングサイト「Oki Dokiランド」経由で、ポイント2倍の店舗を利用するとポイントが3倍になる特典もあり、ネット通販好きの方にもおすすめです。

 

Yahoo!JAPANカード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費 無料
家族会員 無料
ETC 税別500円
国際ブランド JCB
VISA
Mastercard
申込資格 高校生を除く18歳以上の方
還元率 1.0%
旅行保険

 

審査結果が最短2分!
Yahoo!ショッピング・LOHACOの利用でポイント3倍
カードの利用でTポイントがガンガン貯まる

 

インターネットサービス大手のYahoo!が発行するクレジットカードが「Yahoo!JAPANカード」です。

 

Yahoo!JAPANカードでは最短2分で審査完了することが可能となっており、審査結果をすぐに知りたい方でもすぐに結果を知ることができます。

 

また、Yahoo!JAPANカードではカードの利用で100円に1ポイントのTポイントを貯めることが可能となっており、カードの利用でガンガンTポイントを貯めることが可能となっています。

 

Yahoo!JAPANカードの最も大きなメリットとなっているのは、Yahoo!ショッピング・LOHACOなどのYahoo!のサービスでポイントが3倍になるポイント優遇です。

 

その他にもポイントが貯まりやすい仕組みが作られており、Tポイントを貯める目的では最適なクレジットカードであると言えるでしょう。

 

勤続年数が浅くても審査落ちを防ぐ!審査に通過しやすいクレジットカードを選ぼう

クレジットカードの審査の際には、年収よりもむしろ勤続年数の方が重視される傾向があります。

 

一般的には、勤続年数が6か月未満の方の場合は審査の通過が難しくなると言われていますが、ケースによっては勤続年数の浅い方でも審査通過の可能性は高くなってきます。

 

特に学生・新卒の方や、起業したばかりの個人事業主の方の場合は勤続年数が浅い方でも審査に通過することができる可能性は高くなってきます。

 

しかし、最も重要なポイントとしては勤続年数が浅い方でも審査に通過しやすいクレジットカードを選ぶことが大切になってきます。

 

今回ご紹介したおすすめカードは、実際に勤続年数が少ない方でも審査通過の実例のあるカードとなっていますので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか!

 

Pocket