クレジットカードの国内旅行保険の補償は通院・入院・手術費用をチェック!

Pocket

 

「国内の旅行でもお得に使えるクレジットカードが欲しい」

「クレジットカードの国内旅行保険ってよく分からない」

 

クレジットカードを選択する際に、カード選びの判断基準のひとつにもなってくるのがカード付帯の旅行保険です。

 

しかし、クレジットカードの旅行保険でクローズアップされるのは海外旅行保険の内容についてのことが多く、国内旅行保険についてはよく分からないという方も居るのではないでしょうか。

 

今回は、国内での旅行を安心して楽しみたい方の為に、クレジットカードで付帯される国内旅行保険の内容について紹介します。

 

 

国内旅行保険付帯付きクレジットカードの選び方!注目すべきポイントは?

クレジットカードの特集記事などでは、海外旅行保険の内容はよく議論されるものの、国内旅行保険の内容は二の次になってしまいがちです。

 

しかし、実際には海外旅行に出かける機会よりも、やはり国内旅行に出かける機会の方が多くなってくるのではないでしょうか。

 

ここでは、国内旅行保険の内容に着目してクレジットカードを選択する際の、カードの選び方のポイントとなってくる点を解説していきましょう。

付帯条件は自動付帯か?

国内旅行保険が付帯したクレジットカードを選択する際に、まずは気を付けておかなければならないのは、国内旅行保険の付帯条件です。

 

クレジットカードの付帯条件には大きく分けて、

 

カードを利用して旅行代金などを支払った際に補償される「利用付帯」
カードを持っているだけで補償が付帯される「自動付帯」

 

2種類の付帯条件が設定されています。

 

ですので、利用付帯のカードを所持しているにも関わらず、そのカード以外で旅行保険などを支払った場合には補償が付帯されないケースがあります。

 

国内旅行保険のついたカードを持っているから安心、と思っていたら補償が適用されなかったと言ったら、泣くに泣けない事態になってしまいますよね。

 

国内旅行保険の付帯したクレジットカードを選択する際には、自動付帯で補償が付帯するクレジットカードを選択することが前提の条件となってくるのですね。

死亡・後遺障害より入院・通院費・手術代の補償額を重視!

皆さんは、国内旅行保険の付帯したクレジットカードを比較する際に、どのような点に着目してカードを選択されるでしょうか?

 

多くの場合が、見た目に分かりやすい最高の補償金額でクレジットカードの付帯保険を比較するのではないでしょうか。

 

しかし、クレジットカードの付帯保険を比較する際には、最高の補償金額よりも重視しなければならない補償があります。

 

それが、入院・通院・手術代金といった、旅行中のケガや病気の際に備えることができる補償の項目です。

 

死亡・後遺障害の最高の補償金額が高くても、死亡・後遺障害の補償を利用するケースと言うのは、本当に最悪の場合となります。

 

それよりは、旅行中の急病や事故で通院・入院・手術が必要になってしまった際の補償金額が高いクレジットカードを選択する方が、より実用的であると言えるでしょう。

 

また、手術代金が手厚い補償が付帯している場合には、付帯条件が利用付帯のクレジットカードの場合でも選択肢に入れておいてもいいでしょう。

 

ただし、その際には確実に補償が付帯されるように、旅行代金などをそのカードで支払いをすることを忘れないようにする必要があります。

国内渡航便遅延保険付帯なら尚良し!

国内旅行保険の補償内容として、付いていれば嬉しい補償となるのが国内渡航便遅延保険です。

 

国内渡航便遅延保険では、天候などによって航空便が遅延してしまった際に、急に発生した食事代金や宿泊費などを補償してもらうことができます。

 

航空便の遅延が発生してしまい、食事代金や宿泊代金などの実害が発生してしまった場合でも、天候を起因とする遅延の場合は航空会社は免責されます。

 

つまり、航空便が遅れてしまい、追加で宿泊をしなければならない場合は、利用者が自腹で費用を支払う必要があるのですね。

 

そうしたケースに対する備えとして、国内渡航便遅延保険のついたクレジットカードを利用すれば、航空機の万が一の遅延に備えることができるのですね。

国内旅行保険が手厚いクレジットカードおすすめ5選!

国内旅行保険でクレジットカードを選択する際には、死亡・後遺障害の最高の補償金額よりも通院・入院費用に着目をしてカードを選択するべきです。

 

しかし、国内旅行保険は、海外旅行保険ほどクローズアップされることも少なく、どのクレジットカードを選べば良いのか分からないと言う方も多いのではないでしょうか。

 

ここでは、当サイトが厳選した、国内旅行保険が手厚いおすすめのクレジットカード5選をご紹介していきましょう。

三井住友VISAクラシックカードA

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費 初年度:無料
2年目以降:税別1,500円
家族会員 初年度:1人目無料(2人目税別550円) 
2年目以降:税別550円
ETC 初年度:無料
2年目以降:条件付き無料
還元率 0.5%
国内旅行保険付帯条件 自動付帯
海外旅行保険付帯条件 自動付帯
国内旅行保険
(死亡・後遺傷害)
自動付帯:最高300万円
利用付帯:最高2,000万円
国内旅行保険(通院日額)
国内旅行保険(入院日額)
国内旅行保険(手術費用)
国内渡航便遅延保険

 

自動付帯では最高300万円の国内旅行保険が付帯
マイ・ペイすリボの利用で年会費無料可能
VJトラベルデスクで国内ツアーもお得

 

三井住友カードが、通常カードよりも保険を充実させて発行しているカードが「三井住友VISAクラシックカードA」です。

 

三井住友VISAクラシックカードAでは、国内旅行保険が自動付帯で最高300万円・利用付帯では最高2,000万円まで補償されます。

 

三井住友VISAクラシックカードAは初年度年会費無料・2年目以降もリボ払いサービス・マイ・ペイすリボの1回以上の利用で年会費が無料になる特典がありますので、コストをかけずに保険を付帯させたい方にはおすすめのカードとなっています。

 

また、三井住友VISAクラシックカードAでは、三井住友カードのお得な付帯サービスを利用することができる特典もあります。

 

VJトラベルデスクでは国内外のツアー商品を、本会員はもちろんのこと、同伴者まで5%割引で購入することができますので、お得に旅行を楽しむことができるのですね。

 

イオンSuicaカード

 

公式サイトを見る

年会費 無料
家族会員
ETC 無料
還元率 0.5%
国内旅行保険付帯条件 利用付帯
海外旅行保険付帯条件 自動付帯
国内旅行保険(死亡・後遺傷害) 最高1,000万円
国内旅行保険(通院日額)
国内旅行保険(入院日額)
国内旅行保険(手術費用)
国内渡航便遅延保険

 

最高1,000万円の国内旅行保険が付帯
毎月20日・30日はイオンで5%割引
Suica一体となっており、オートチャージでの利用可能

 

イオンカードとしては珍しく、国内外の旅行保険が付帯しているカードが「イオンSuicaカード」です・

 

イオンSuicaカードは、年会費無料で利用できるカードでありながら、国内旅行保険が利用付帯で最高1,000万円まで付帯したコストパフォーマンスの良いカードとなっています。

 

イオンSuicaカードにはSuicaが一体となっていますので、イオンSuicaカードのSuicaを利用してきっぷ・旅行代金を支払った場合でも補償が適用となります。

 

また、イオンSuicaカードの最も大きな特徴となっているのが、イオングループ店舗でのお得な割引優待です。

 

毎月20日、30日はイオングループでのお買い物が5%オフになるほか、毎月5日、15日はイオングループでのカード利用でポイントが2倍になる特典があります。

 

横浜 インビテーション カード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費 無料
家族会員 無料
ETC 無料
還元率 0.5%
国内旅行保険付帯条件 利用付帯
海外旅行保険付帯条件 自動付帯
国内旅行保険(死亡・後遺傷害) 最高1,000万円
国内旅行保険(通院日額) 3,000円
国内旅行保険(入院日額) 5,000円
国内旅行保険(手術費用) 5万円・10万円・15万円
国内渡航便遅延保険

 

入院・通院・手術費用まで補償された手厚い国内旅行保険
「濱割」で横浜での各種割引をうけることができる
ジャックスカードの各種割引優待を利用できる

 

横浜を最大限に楽しむことをコンセプトにした、ユニークなクレジットカードが「横浜 インビテーション カード」です。

 

横浜 インビテーション カードは、年会費無料で利用することができるカードでありながら、入院・通院・手術費用まで補償された手厚い国内旅行保険が付帯しています。

 

横浜のホテル最大50%引き・中華街での10%引きなど、横浜でのお得な利用をすることができる「濱割」が付帯していますので、横浜在住の方だけではなく、横浜に旅行に出かける際に利用するカードとしても最適なのではないでしょうか。

 

また、横浜での割引だけではなく、横浜 インビテーション カードにはジャックスのお得な割引優待が多数用意されています。

 

「J’sコンシェル」では、ホテル・グルメ・レジャーなどの様々な店舗やサービスでの優待サービスをうけることができますので、横浜以外でも非常にお得に利用できるカードとなっているのです。

 

JAL アメリカン・エキスプレス・カード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費 税別6,000円
家族会員 税別2,500円
ETC 無料
還元率 0.5%
国内旅行保険付帯条件 自動付帯
海外旅行保険付帯条件 自動付帯
国内旅行保険(死亡・後遺傷害) 自動付帯:最高1,000万円
利用付帯:最高3,000万円
国内旅行保険(通院日額) 2,000円
国内旅行保険(入院日額) 5,000円
国内旅行保険(手術費用) 5万円・10万円・20万円
国内渡航便遅延保険

 

入院・通院・手術費用まで補償された手厚い国内旅行保険
カードの利用でJALマイルを貯めることができる
空港ラウンジサービスの付帯

 

JALカードとアメックスが提携して発行しているカードが「JAL アメリカン・エキスプレス・カード」です。

 

JAL アメリカン・エキスプレス・カードでは、自動付帯で最高1,000万円・利用付帯で最高3,000万円の手厚い国内旅行保険が付帯しています。

 

JAL アメリカン・エキスプレス・カードには、JALカードの機能も付帯していますので、航空機を利用した国内旅行用のクレジットカードとしても最適なカードとなっています。

 

また、JAL アメリカン・エキスプレス・カードの最も大きなメリットとなっているのが、カードの利用で直接JALマイルを貯めることができる点です。

 

別途税別3,000円でショッピングマイルプレミアムに加入することで、マイル還元率が1.0%にアップしますので、カードの利用でJALの特典航空券の獲得を目指すことができるのですね。

 

MUFGカード ゴールド

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費 初年度:無料
2年目以降:税別1,905円
家族会員 無料
ETC 無料
還元率 0.5%
国内旅行保険付帯条件 利用付帯
海外旅行保険付帯条件 自動付帯
国内旅行保険(死亡・後遺傷害) 最高2,000万円
国内旅行保険(通院日額) 2,000円
国内旅行保険(入院日額) 3,000円
国内旅行保険(手術費用) 3,000円×10倍〜40倍
国内渡航便遅延保険 2万円

 

国内渡航便遅延保険まで付帯した手厚い国内旅行保険
楽Payの利用で年会費半額可能
空港ラウンジサービスが付帯

 

三菱UFJニコスが発行するゴールドカードが「MUFGカード ゴールド」です。

 

MUFGカード ゴールドは、国内渡航便遅延保険までが付帯した手厚い国内旅行保険が付帯しておりながら、格安年会費で利用できるお得なゴールドカードとなっています。

 

MUFGカード ゴールドの年会費は初年度無料・2年目以降税別1,905円となっていますが、リボ払いサービス「楽Pay」の利用で翌年の年会費が半額になる特典があります。

 

MUFGカード ゴールドには、国内主要空港およびハワイ・ホノルル国際空港のラウンジを無料で利用することができますので、航空便を利用した旅行の際にも最適のカードとなっています。

 

また、指定月にはポイントが1.5倍になるアニバーサリーポイントの特典もあり、ポイントも貯めやすいゴールドカードとなっているのですね。

 

国内旅行保険の注意点!こんな場合は補償されない?

今回は、国内旅行保険の補償が手厚いクレジットカードを特集してご紹介してきました。

 

格安のゴールドカードなどでも、国内渡航便遅延保険まで補償されたカードなど、優秀なカードがあることを知っていただけたかと思います。

 

国内旅行保険が自動付帯で補償されるカードというのは意外に少なく、多くの場合が国内旅行保険は利用付帯となっています。

 

利用付帯の場合は、旅行代金などをカードで支払いをしないと補償が付帯しません。

 

しかし、中にはしっかりと付帯条件を守っていたつもりでも、補償の適用外となってしまうこともありますので注意が必要です。

 

ここでは、国内旅行保険の適用外となってしまうケースを解説していきましょう。

旅行代金をカードで支払っていない

国内旅行保険の場合は、補償の付帯条件が利用付帯になっているカードが多くなっています。

 

それでは、どのような費用をクレジットカードで支払いをすれば、利用付帯の適用条件になるのでしょうか。

 

利用付帯の条件はクレジットカードによっても若干変わってきますが、

 

タクシー・電車・バス・船舶などの交通機関の利用
旅行会社が提供するツアー料金の支払い
ホテル料金のクレジットカード支払い

 

このような支払いをカードで支払うことで補償が適用されることが多くなっています。

 

ですので、これらの費用を現金または別のクレジットカードで支払いをした場合には利用付帯の対象とはなりません。

 

しかし、注意が必要なのは利用付帯が適用されるのは、カードで支払いをした施設を利用した段階から補償が適用されると言う点です。

 

たとえば、ホテル代金はカードで支払っているものの、交通機関の料金を現金で支払った場合には移動中の事故は補償の対象外となります。

 

ホテル代金をクレジットカードで支払いをして補償されるのは、あくまでもホテル内での事故などが対象となることは覚えておいてください。

 

利用付帯のクレジットカードを利用している場合には、可能な限り旅行の費用を全てカードで支払いをしておいた方が安心でしょう。

本人の過失によるケガの場合

旅行保険の補償の適用範囲となるのは、あくまでも第3者のよる過失で起きた事故などが対象となります。

 

単純に転倒してケガをしてしまった場合には、本人の過失によるケガということで補償の適用外になってしまうケースが多くなっていますので注意が必要です。

 

また、カードによっても異なりますが、スノーボードやスキューバなど、危険を伴うレジャー中の事故は補償の対象外となってしまうことが多くなっています。

 

どの程度まで補償の対象となるのかは、カードデスクなどに確認をしておいた方が良いかも知れませんね。

充実した国内旅行保険で、国内旅行も安心して楽しもう!

今回は、国内旅行保険が手厚いクレジットカードを特集してご紹介してきました。

 

海外旅行保険と比べて、クローズアップされることの少ない国内旅行保険ですが、実際には国内旅行の方が出かける機会も多いのではないでしょうか。

 

国内旅行保険も充実したクレジットカードを選択することで、より安心して国内旅行を楽しむことができるのですね。

 

国内旅行保険を選択する際には、通院・入院・手術費用までしっかりと補償されたカードを選択するようにしましょう。

 

また、補償が適用されない範囲を知っておくことで、より安全に旅行を楽しむことができるのですね。

 

Pocket