低年収でも作れるゴールドカードおすすめ5枚!年収より大事なポイントは?

Pocket

 

「年収300万円以下でもゴールドカードは作れる?」

「ゴールドカード欲しいけど、自分には高嶺の花だ」

 

このように、年収を理由にゴールドカードの取得を諦めてしまっている方も少なくないのではないでしょうか。

 

ゴールドカードはお金持ちにしか持てないカードと言う印象は昔からあり、やはり取得の難易度も高くなってしまうと思いがちです。

 

しかし、実際にはゴールドカードの審査には、年収はそれほど重要なファクターではありません。

 

今回は、低年収でも作ることができるゴールドカードと、ゴールドカードの審査に通過する為のポイントを解説していきましょう。

 

 

ゴールドカードに入会するために必要な年収の一般的なイメージ

ゴールドカードはお金持ちにしか作ることができないカード、と言ったイメージを持っている方は少なくないでしょう。

 

実際にゴールドカードの登場初期は、ゴールドカードは誰にも作れるカードと言った訳ではありませんでした。

 

以前のゴールドカードの審査基準として、

 

満30歳以上
勤続5年以上
年収500万円以上

 

このような条件がゴールドカードの申込資格の平均的な基準となっており、一定のステータスのある方にしかゴールドカードの取得は難しかったのですね。

 

ゴールドカードは、当時のクレジットカードの最上位カードとしてのアイデンティティを持っており、ゴールドカードを持てると言うことは一種のステータスでもありました。

 

そうしたイメージは今でも根強く、やはり年収400万円〜500万円無いとゴールドカードを作れないと思っている方は多いのでは無いでしょうか。

 

 

しかし、近年ではプラチナカード・ブラックカードと言ったさらに上位のカードがラインナップされています。

 

結果として、ゴールドカードの審査基準は以前よりもハードルが低くなり、比較的低年収の方でも審査に通過しやすくなっています。

 

そうした流れを顕著に感じることができるのがアメックスゴールドの審査基準です。

 

 

バブル期に「ゴールドカード=お金持ちのカード」と言ったイメージを強くしたカードが、元祖ゴールドカードとも言えるアメックスゴールド。

 

当時はアメックスゴールドを持てると言うのが、デキる男の代名詞ともなっていました。

 

しかし、そのアメックスゴールドですら、審査の基準に年収はそれほど大きく影響しません。

 

アメックスの担当者のインタビューによると「年会費を支払う能力があれば審査は問題ない」とされています。

 

このことからもわかるように、ゴールドカードの審査において年収は最重要な要素ではないと言えるでしょう。

審査のポイントは年収より過去の利用実績が大事!

ゴールドカードの審査において、年収の多寡と言うのはそれほど大きな判断基準とはなりません。

 

ゴールドカードの審査の際に重要視されるのは、現在の年収よりも過去の利用実績が重視される傾向にあります。

 

クレジットカードの申込みや、実際の利用状況・そして支払い状況などは、こと細かく個人信用情報機関に記録されます。

 

クレジットカードの利用状況は「CCIC」と言う個人信用情報機関に記録され、審査の際にはCCICに記録された個人信用情報をもとに審査が行われます。

 

CICCなどの個人信用情報機関には、クレジットカードの利用金額や支払いの遅延、未払いなどの状況が記録されます。

 

つまり、クリーンな支払いをしているかどうかと言う点が、個人信用情報機関を参照すれば一目瞭然で分かってしまうのですね。

 

逆に言うと、利用実績がゴールドカードの審査基準を満たしている方であれば、たとえ年収が200万円程度の方であっても審査通過の可能性は充分にあります。

 

支払い日に遅れずに支払いをしているのは大前提として、年間50万円以上のカードの利用を続けている方の場合はゴールドカードの審査通過の可能性は高くなってきます。

 

ゴールドカードの審査通過の為には、年収よりも現在利用しているクレジットカードで優良なクレジットヒストリーを積むことが重要なポイントとなってくるのですね。

審査落ちを繰り返してしまうと審査が不利になるスパイラルがある

CICCなどの個人信用情報機関には、既に保有しているクレジットカードの利用状況だけではなく、カードの申込みや審査の情報も記録されます。

 

特に、審査落ちになってしまった場合は、その事実によって他社での審査の際に不利になってしまうことがありますので注意が必要です。

 

クレジットカードの審査に落ちてしまうと、次々と他のクレジットカードの審査にチャレンジしている方も居るのではないでしょうか。

 

しかし、カードの審査落ちを繰り返してしまうと「お金に困って、クレジットカードを作りたがっている申込者」と判断されてしまい、審査落ちの原因になってしまうケースもあります。

 

ですので、残念ながら審査落ちと言う結果になってしまった方は、少なくとも半年以上は期間をおいてから次のカードの審査にチャレンジするようにした方が無難です。

 

参照:ゴールドカードの審査基準は年収が重要?審査が甘いゴールドカードとは?

低年収でも作れるゴールドカードおすすめ5枚!

通常カードよりも手厚い保険と、充実した付帯サービスが魅力のゴールドカード。

 

ゴールドカードは年収が高くない作れないと思っている方も多いかも知れませんが、しっかりとした利用実績があれば低年収の方でもゴールドカードの審査通過は難しくありません。

 

ここでは、低年収の方でも審査通過の可能性が高い、おすすめゴールドカード5枚をご紹介していきましょう。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費 税別29,000円
家族会員 無料
ETC 無料
申込資格 25歳以上で安定した収入のある方
還元率 1.0%
旅行保険 最高1億円
空港ラウンジ

 

圧倒的な知名度の元祖ゴールドカード
利用限度額に一律の制限無し
最高クラスの空港サービスが付帯

 

意外に思われるかも知れませんが、ハイステータスカードの代名詞とも言えるアメックスのゴールドカード「アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード」も低年収でも作れるゴールドカードです。

 

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの大きな特徴となっている点が、利用限度額に一律の制限が無いと言う点では無いでしょうか。

 

低年収の方の場合、初期の利用限度額の目安は少なくなってしまいますが、しっかりとした利用実績を積むことで高額の利用限度額を実現することも可能です。

 

また、アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードには、最高1億円の手厚い旅行保険空港ラウンジサービスと言った最高クラスの空港サービスが付帯しているのも特徴となっています。

 

世界1,000か所以上の空港ラウンジを利用可能になるプライオリティパスも付帯しており、海外旅行に良く出かける方にとっては非常に役立つゴールドカードと言えるでしょう。

 

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費 税別10,000円
家族会員 税別1,000円
ETC 無料
申込資格 学生を除く18歳以上の方
還元率 0.75%
旅行保険 最高5,000万円
空港ラウンジ

 

低価格で手厚い旅行保険が欲しい方
プライオリティパスをお得に取得したい方
国内でもお得にカードを利用したい方

 

セゾンカードとアメックスが提携して発行しているゴールドカードが「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカード」です。

 

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカードでは、傷害・疾病治療最高300万円の補償に加え、本会員と同等の補償が受けられる家族特約が付帯した海外旅行保険が魅力です。

 

アメックスブランドならではのトラベルサービスに加え、セゾンの手荷物無料宅配サービスなどを利用することができますので、実際の旅行の際にも非常に活躍してくれるカードとなってくれます。

 

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカードでは、通常399$のプライオリティパス・プレステージ会員を、税別10,000円の優遇価格で取得することができるメリットもあります。

 

それだけではなく、毎月5日・20日には西友・リヴィンで5%オフでお買い物をすることが可能となっており、国内外でお得に使えるゴールドカードとなっているのですね。

 

アメリカン・エキスプレスカード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費 税別12,000円
家族会員 税別6,000円
ETC 無料
申込資格 20歳以上で定職のある方
還元率 1.0%
旅行保険 最高5,000万円
空港ラウンジ

 

 

家族特約まで付帯した手厚い海外旅行保険
プライオリティパス・メンバーシップ会員の取得可能
充実した空港サービスが魅力

 

アメックスグリーンと呼ばれることもある「アメリカン・エキスプレスカード」は一般カードですが、他社のゴールドカード以上のベネフィットを備えている優秀なカードとなっています。

 

アメリカン・エキスプレスカードでは、アメックスブランドならではの上質な付帯サービスを利用可能で、特に空港サービスでは圧倒的な便利さを感じさせてくれます。

 

手荷物無料宅配サービスはもちろんのこと、無料のポーターサービスや、空港クロークサービスなど、旅行における利便性の高い付帯サービスが豊富に用意されているのですね。

 

また、アメリカン・エキスプレスカードでは、通常99$が必要なプライオリティパス・メンバーシップ会員資格を無料で取得することができます。

 

空港VIPラウンジを含めた世界中のラウンジを1回27$で利用することができますので、旅行中の空港で特別な時間を過ごすことができるのですね。

 

セディナゴールドカード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費 税別6,000円
家族会員 税別1,000円
ETC 無料
申込資格 高校生を除く18歳以上の方
還元率 0.5%
旅行保険 最高1億円
空港ラウンジ

 

格安年会費で優秀なゴールドカードを持てる
クラブオフで様々なシーンでの優待サービスをうけられる
セディナ海外デスクで海外旅行中のサポートも万全

 

セディナカードがゴールドカードとして発行する「セディナゴールドカード」は、信販系のゴールドカードと言うこともあり、非常に取得しやすいカードとなっています。

 

税別6,000円と言った低コストのゴールドカードでありながら、空港ラウンジサービスはもちろんのこと、最高1億円の旅行保険までが付帯した優秀なカードとなっています。

 

セディナ海外デスクでは、渡航前の現地情報の収集から各種チケットの手配などを電話一本で対応してくれますので、海外旅行中の心強いパートナーとして利用することができます。

 

また、セディナゴールドカードでは、ホテルやダイニング・レジャーなどをお得な優待価格で利用できる「クラブオフ」を利用することができます。

 

国内外で大活躍してくれること間違いなしの、非常にコストパフォーマンスに優れたゴールドカードがセディナゴールドカードなのですね。

 

楽天ゴールドカード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費 税別2,000円
家族会員 税別500円
ETC 無料
申込資格 20歳以上で安定した収入のある方
還元率 1.0%
旅行保険 最高2,000万円
空港ラウンジ

 

気軽にゴールドカードを取得できる
格安で空港ラウンジサービス付きのゴールドカード
楽天のサービスでのお得なポイント還元

 

楽天が格安ゴールドカードとして発行しているのが「楽天ゴールドカード」です。

 

楽天ゴールドカードは税別2,000円と言う格安年会費で持てるカードでありながら、空港ラウンジサービス最高2,000万円の海外旅行保険が付帯したコストパフォーマンスに優れたカードです。

 

楽天の発行するゴールドカードと言うこともあり審査のハードルも低くなっていますので、気軽に持つことができるゴールドカードとしてもおすすめできる一枚となっています。

 

楽天ゴールドカードの最も大きなメリットとなるのは、楽天市場でのポイント5倍・楽天トラベルでのポイント2倍と言った楽天でのポイント優遇のメリットでしょう。

 

楽天のサービスを良く利用する方はもちろんのこと、ゴールドカードのサービスを試してみたい方にもおすすめできる、手軽なゴールドカードとなっているのですね。

 

低年収でもゴールドカードを作れるかどうか見極めるポイント

ゴールドカードの審査に通過する為には、年収が高くなければならないと言う印象を持っている方は少なくないでしょう。

 

実際に、ゴールドカードの審査基準として一定以上の年収が必要なゴールドカードもありますが、低年収の方でも問題なく作れるゴールドカードも少なくありません。

 

ここでは、低年収の方でも作ることができるゴールドカードを見極める際にポイントとなってくる点をまとめておきましょう。

申込資格が18歳以上または20歳以上

ゴールドカードの場合、申込資格の年齢が25歳以上・30歳以上と言った条件に設定されているカードも少なくありません。

 

そうしたゴールドカードの場合、やはり年収や勤続年数にも一定の要件が定められていることが多く、低年収の方には作るのが難しい場合があります。

 

しかし、中には申込資格が18歳以上・または20歳以上の方でも作れるヤングゴールドカードもあります。

 

18歳〜20歳の高卒・大卒の方と言うのは、やはり一般的には年収も少なくなっています。

 

そうした方を歓迎しているゴールドカードと言うのは、やはり低年収の方でも作りやすいカードと言っても良いでしょう。

年会費が安い

一般的には、1万円以上〜なかには数万円の年会費が必要なのがゴールドカードです。

 

しかし、近年では年会費を数千円で維持することができるゴールドカードも多数ラインナップされています。

 

格安ゴールドカードは、年会費を抑えることで、より多くの方にゴールドカードのサービスを試してもらうことを目的として発行されているカードです。

 

格安ゴールドカードの場合、審査基準も一般カードとそれほど変わらないカードも多く、低年収の方でも審査にチャレンジしやすくなっています。

 

また、格安ゴールドカードと言っても、付帯サービスや付帯保険などは一般カードよりも上質なものとなっており、気軽にゴールドカードを試したい方にもおすすめです。

初年度年会費無料キャンペーンなど開催している

ゴールドカードの中には、初年度年会費無料などのお得な入会キャンペーンを開催しているカードも少なくありません。

 

高額なゴールドカードの年会費が無料になるキャンペーンは、通常のキャンペーンに比べてもお得なキャンペーンであると言えるでしょう。

 

お得なキャンペーンを開催していると言うことは、そのカード会社としては新規入会の会員を歓迎していると言うことになります。

 

特に、期間限定でお得なキャンペーンを開催しているゴールドカードは、カード取得の狙い目であると言えるかも知れません。

 

ゴールドカードを探す際には、お得にカードを試すことができる初年度年会費無料のゴールドカードを選択しても良いかも知れませんね。

ゴールドカードのハードルはそれほど高くない?ワンランク上のカードを目指してみよう

やはり、イメージ的には年収が高くないと持てないカードと言う印象のあるゴールドカード。

 

しかし、実際には年収の多寡よりも、既に利用しているカードの利用状況などが審査の際には重視されている傾向があります。

 

特に、格安ゴールドカードやヤングゴールドカードの場合は、低年収の層の方をターゲットとしたゴールドカードとも言えますので、審査のハードルは高くありません。

 

ゴールドカードには、手厚い付帯保険や空港ラウンジサービスが用意されており、特に海外旅行に出かける方に必須のカードであるともいえます。

 

ワンランク上のカードに挑戦して、上質なゴールドカードを手に入れてみるのも良いのではないでしょうか。

 

Pocket