JCB限定!おすすめクレジットカード厳選7枚!日本生まれの国際ブランド

Pocket

 

「JCBブランドでおすすめはどのカード?」

「国内で一番便利な国際ブランドってどれ」

 

クレジットカードを選択する際に、クレジットカードそのものの選択よりもともすれば大切な選択肢となってくるのが国際ブランドの違いです。

 

主要の国際ブランドの中でも、特に日本国内でのメリットに優れている国際ブランドとなっているのが、国産で唯一国際ブランドを持つ「JCBブランド」のクレジットカードです。

 

今回は、JCBブランドのクレジットカードに限定して、厳選したおすすめのクレジットカードをご紹介していきましょう。

 

JCBブランドはこんな方におすすめ

日本生まれの国際ブランドとして、日本国内での加盟店シェアNO.1を誇っているブランドがJCBです。

 

日本国内で便利に使えるクレジットカードをお探しの方
お得な優待サービスのついたクレジットカードをお探しの方
海外旅行の際にも日本語でのサポートをうけたい方

 

このような条件に当てはまる方の場合は、国際ブランドをJCBで選択しておいても間違いないでしょう。

 

日本のクレジットカード会社としては唯一国際ブランドを持つクレジットカード会社となっているのがJCBです。

 

日本国内での加盟店の数はもちろんのこと、世界190か国2,300店舗の加盟店を誇っており、国内外で便利に利用することができるクレジットカードとなっています。

 

JCBブランドのクレジットカードでは、JCBのお得な優待サービスを利用することが可能となっています。

 

特に、海外旅行の際に日本語でのサポートをうけることができるJCBプラザラウンジは、海外旅行の際の心強いパートナーとなってくれることでしょう。

JCB限定!おすすめクレジットカード厳選7枚!

日本生まれの国際ブランド・JCBでは、国内での利便性の高い使い勝手やお得な付帯サービスを利用することができます。

 

JCBブランドのクレジットカードには、プロパーカードから提携カードまで幅広いクレジットカードがラインナップされており、カード独自のお得なメリットが用意されています。

 

ここでは、JCBブランドのクレジットカードに限定して、当サイト厳選のおすすめクレジットカード7枚をご紹介していきましょう。

JCB一般カード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費 税別1,250円
家族会員 税別400円
ETC 無料
国際ブランド JCB
申込資格 18歳以上で安定した収入のある方
還元率 0.5%
旅行保険 最高3,000万円

 

オンライン申込みで限定デザインのカードを即日発行可能
年間50万円以上の利用で翌年の年会費が無料
最高3,000万円の旅行保険などのバランスの取れた付帯サービス

 

日本生まれの唯一の国際ブランド・JCBのプロパーカードとして発行されているのが「JCB一般カード」です。

 

JCB一般カードの年会費は税別1,250円となっていますが、年間50万円以上のカードの利用があれば翌年の年会費が無料になるお得なカードとなっています。

 

最高3,000万円の旅行保険や、海外旅行の際のサポートをうけることができるJCBプラザラウンジなどのバランスの取れた付帯サービスが用意されているのも魅力です。

 

また、スタバでのポイント5倍・セブンイレブンでのポイント3倍など、ORIGINALシリーズパートナー店ではポイントも貯まり易い仕組みが作られています。

 

通常、クレジットカードを発行する際には1週間〜10日程度の期間が必要になっていますが、JCB一般カードでは最短即日発行・翌日カードの受け取りが可能です。

 

 

オンラインでの申込みでは、上品なブラックのデザインが嬉しい限定デザインのカードを即日発行することも可能となっています。

 

JCB EXTAGE

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費 無料
家族会員 無料
ETC 無料
国際ブランド JCB
申込資格 18歳〜29歳の安定した収入のある方、
または高校生を除く学生の方
還元率 0.5%
旅行保険 最高2,000万円

 

29歳までの方が利用できるバランスの良いプロパーカード
入会後3か月間はポイント3倍、翌年もポイントアップあり
海外旅行保険最大2,000万円も付帯

 

JCBの若年者向けのカードとして発行されているのが「JCB EXTAGE」です。

 

JCB EXTAGEでは29歳までの方が年会費無料で利用できるカードとなっており、クレジットカードデビューのファーストカードとしても最適なカードとなっています。

 

海外旅行保険も最大2,000万円までが補償されているほか、JCBのバランスの良い付帯サービスも利用できますので、海外旅行の際に利用するカードとしても活躍してくれます。

 

JCB EXTAGEの最も大きなメリットとなっているのが、非常に高還元でポイントを貯めることができる点です。

 

入会後3か月間はポイント3倍、さらに年間20万円以上のカードの利用があれば翌年以降もポイント還元率が1.5倍になる特典があり、ガンガンポイントを貯めることができます。

 

楽天カード(JCB)

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費 無料
家族会員 無料
ETC 税別500円(ただし条件付き無料)
国際ブランド JCB
申込資格 高校生を除く18歳以上の方
還元率 1.0%
旅行保険 最高2,000万円

 

JCB選択時のみnanacoへのチャージでポイント還元
楽天のサービス利用でポイント高還元
楽天プラチナ会員取得でETCも無料に

 

年会費無料のクレジットカードの中でも、特にポイントを貯めやすいカードとして人気を集めているカードが「楽天カード」です。

 

楽天カードでは、楽天市場でのポイント4倍の特典など、楽天のサービスの利用で効率良くポイントを貯められる点が大きな魅力となっています。

 

また、カードブランドにJCBを選択した場合にのみnanacoチャージでポイントを貯めることができますので、セブンイレブンでの税金nanaco払いの際にも便利に利用できます。

 

楽天カードは、本会員の年会費・家族カードの年会費ともに無料で利用できるコストのかからないクレジットカードとなっています。

 

楽天ポイントクラブの会員ランクがプラチナランク以上になるとETCカードの年会費も無料になりますので、カードを保有する際のコストが全く不要になる点も嬉しいですよね。

Yahoo!JAPANカード(JCB)

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費 無料
家族会員 無料
ETC 税別500円
国際ブランド JCB
申込資格 高校生を除く18歳以上の方
還元率 1.0%
旅行保険

 

JCB選択時のみnanacoチャージでポイント付与
Yahoo!ショッピング、LOHACOの利用でポイント3倍
Tカード一体で、TSUTAYAレンタル会員証も追加可能

 

インターネット大手のYahoo!JAPANが発行するクレジットカードが「Yahoo!JAPANカード」です。

 

Yahoo!JAPANカードでは、Yahoo!ショッピング・LOHACOの利用でポイントが3倍になる特典があり、Yahoo!JAPANのサービスを良く利用する方にはメリットの多いカードとなっています。

 

また、JCB選択時のみnanacoへのチャージでも1.0%のポイント還元をうけることができますので、電子マネーとの併用でも効率良くポイントを貯めることができます。

 

Yahoo!JAPANカードの大きなメリットとなっているのがTカードが一体となっている点で、カードの利用では人気の共通ポイントTポイントを貯めることができます。

 

Yahoo!JAPANカードにはTSUTAYAのレンタル会員証機能も追加することができますので、財布の中をスリムに整理することもできるのですね。

 

JALカード Suica

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費 初年度:無料
2年目以降:税別2,000円
家族会員 無料
ETC 税別477円
国際ブランド JCB
申込資格 高校生を除く18歳以上の方
還元率 0.5%
旅行保険 最高1,000万円

 

カードの利用でJALマイルを貯めることができる
JALカードで唯一Apple Payに登録可能
JALビジネスきっぷの購入が可能

 

JALカードとSuicaが一体になったクレジットカードが「JALカード Suica」です。

 

JALカード Suicaの最も大きな特徴となっているのが、カードの利用で直接JALマイルを貯めることができる点となっており、税別2,000円でショッピングマイルプレミアムに登録することで1.0%還元でマイルを貯めることができます。

 

また、JCBブランドのJALカード SuicaはJALカードで唯一Apple Payに登録可能となっており、Apple Payの利用で効率良くJALマイルを貯めることが可能となっています。

 

JALカード Suicaには、Suicaが一体となっていますので、Suicaのチャージや切符・定期券の購入でビューサンクスポイントを貯めることができます。

 

カードの利用でJALマイル・ビューサンクスポイントの双方のカードを貯めることができますので、陸・空での利用でお得にポイントを貯めることができるのですね。

 

ビックカメラSuicaカード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費 初年度:無料
2年目以降:条件付き無料
家族会員
ETC 税別477円
国際ブランド JCB
VISA
申込資格 高校生を除く18歳以上の方
還元率 0.5%
旅行保険 最高500万円

 

年会費実質無料で利用可能
ビックカメラでの利用で10.5%のポイント還元
Suicaチャージでも1.5%の高還元

 

家電量販店大手のビックカメラとJR東日本が提携して発行しているクレジットカードが「ビックカメラSuicaカード」です。

 

ビックカメラSuicaカードでは、カードの利用で0.5%のビューサンクスポイントを貯めることが可能となっています。

 

ビックカメラでのお買い物の場合は、さらに10%のビックポイントを貯めることができますので、10.5%還元でのお買い物をすることが可能となっています。

 

また、ビックカメラSuicaカードにはSuicaが一体となっていますので、Suicaチャージでも1.5%の還元率でビューサンクスポイントが貯まります。

 

ビューサンクスポイントとビックポイントと言ったダブルポイントを貯めることができますので、非常にお得にポイント還元をうけることが可能となっているのですね。

 

JCBゴールドカード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費 税別10,000円
家族会員 無料
ETC 無料
国際ブランド JCB
申込資格 20歳以上で安定した収入のある方
還元率 0.5%
旅行保険 最高1億円

 

オンライン申込みで限定デザインのカードを即日発行可能
手厚い旅行保険、空港ラウンジサービスなどのバランスの取れた付帯サービス
JCBのクレジットヒストリーを積むことができる

 

JCBの発行するプロパーゴールドカードとして、バランスの良い上質なサービスを提供しているのが「JCBゴールドカード」です。

 

JCBゴールドカードの特徴としては、最高1億円で家族特約まで補償された手厚い旅行保険に加え、空港ラウンジサービスなども用意されたバランスの良い付帯サービスです。

 

ゴールドカード専用デスクなども用意されており、ゴールドカードにふさわしいサービスはさすがプロパーゴールドカードと言った充実度となっているのですね。

 

また、JCBゴールドカードを利用するメリットのひとつとして、JCBの最高峰「JCBザ・クラス」へのクレジットヒストリーを積むことができる点も挙げられます。

 

JCBゴールドカードではオンラインでの申込みで即日発行で限定デザインのカードを発行することができます。

 

 

通常、発行に期日が掛かってしまうゴールドカードを最短翌日受け取りで手に入れることができるのは大きなメリットとなりますよね。

 

JCBブランドならではのメリット

今回は、国産で唯一国際ブランドを持つJCBブランドのクレジットカードに限定しておすすめのクレジットカードをご紹介してきました。

 

プロパーカードから、提携カードまで幅広いカードをご紹介してきましたが、気になるカードはありましたでしょうか。

 

ここでは、JCBブランドのクレジットカードを利用することによるメリットをご紹介していきましょう。

プロパーカードならスタバ5倍・セブン3倍でポイントが貯まる

JCBのプロパーカードは「ORIGINALシリーズ」と言うラインナップで発行されています。

 

 

JCBORIGINALシリーズには、ORIGINALシリーズパートナーと言う特約店があり、JCBカードの利用でポイントをお得に貯めることができます。

 

代表的なORIGINALシリーズパートナーの店舗をご紹介してみましょう。

 

イトーヨーカドー 3倍
セブンイレブン 3倍
スターバックス 5倍
昭和シェル石油 2倍

 

このように、幅広い店舗でのポイント優遇をうけることができるのがJCBのプロパーカードの大きなメリットとなっています。

 

特に、セブンイレブン・スターバックスなど、生活に密着した店舗でのポイントを有利に貯めることができるのは嬉しいですよね。

nanacoへのクレジットチャージでポイントが貯まる

JCBブランドのクレジットカードは、電子マネーとの相性が良いのも大きな特徴となっています。

 

特に、nanacoへのチャージの場合はJCBブランドのみが対応していることも多くなっており、nanaco利用者には大きなメリットとなっています。

 

nanacoのクレジットチャージでポイント還元をうけることで、セブンイレブンでのnanacoの税金支払いなどで税金の支払いでポイント還元をうけることができます。

 

通常、税金の支払いの場合はポイント還元などをうけることができませんが、nanacoにクレジットカードでチャージをすることで、間接的にクレジットカードのポイントを貯めることができるのですね。

国内利用はほぼ網羅、ハワイなどメジャーな旅先ならOK

日本生まれの国際ブランドであるJCBは、国内での加盟店のシェアではNO.1となっており、全国ほぼ全てを網羅しています。

 

国内でのクレジットカード払いでは、JCBに未対応の店舗を探す方が難しいほどです。

 

少し前までは、JCBでは国内では使えるものの、海外では使える加盟店が少ないと言われていました。

 

現在ではJCBの加盟店の数も世界で2,000万店舗を超え、アジア圏やハワイなどのメジャーな観光地では問題なく利用することができます。

 

国内だけではなく、海外でも便利に利用できるクレジットカードとして活躍してくれるのですね。

JCBプラザラウンジで海外旅行の際にも安心

JCBブランドのクレジットカードでは、JCBのバランスの良い付帯サービスを便利に利用することができるメリットがあります。

 

豊富な付帯サービスの中でも、特に海外旅行の際に便利に利用できる付帯サービスとなっているのが「JCBプラザラウンジ」です。

 

海外の主要都市に設置されているJCBプラザラウンジでは、フリードリンクの提供や日本の雑誌・新聞の閲覧をすることができます。

 

また、日本語スタッフによる現地の案内などのサービスもうけられますので、不慣れな海外旅行の際の心強いパートナーになってくれるのですね。

Apple Payとの相性も良い

Apple Payが発表された当時のApple Payのアイキャッチ画像にはJCBゴールドカードが使用されていました。

 

そのことからもわかるように、JCBブランドのクレジットカードはApple Payとの相性も非常に良いカードとなっています。

 

iPhone7/Apple Watch Series2で利用できるApple Payでは、モバイル端末でのスマートな決済を可能にします。

 

相性の良いJCBブランドのクレジットカードをApple Payに登録すると、リアル店舗での決済はもちろんのこと、ウェブ・アプリでのApple Pay決済にも対応できるのですね。

プロパーカードならJCBザ・クラスを目指せる

JCBブランドのクレジットカードには、JCBのプロパーカードと提携カードの2種類のカードがあります。

 

その中でもプロパーのJCBカードを利用するメリットとして、JCBのクレジットヒストリーを積むことができる点があります。

 

JCBのクレジットヒストリーを積むと、JCBの最高峰であるJCBザ・クラスを目指すことができます。

 

 

最高の付帯保険と特別なベネフィットを備えた、まさに国産最高のカードであるJCBザ・クラスの取得を目指してみてはいかがでしょうか。

 

JCBザ・クラス(JCB the class)の特徴・取得方法・メリットを徹底解説!

国産が良いのは食品だけではなくクレジットカードも同じ

日本生まれの国際ブランドであるJCBブランドのクレジットカード。

 

JCBブランドのクレジットカードでは、国内の加盟店のほぼ全てを網羅しているだけではなく、主要な観光地でも便利に利用することができます。

 

また、電子マネーやApple Payとの相性も良く、クレジットカードと電子マネーを併用してお得にポイントを貯めたい方にもおすすめの国際ブランドとなっています。

 

JCBブランドのクレジットカードには、国産のクレジットカードらしく、日本人に嬉しい付帯サービスが豊富に用意されています。

 

やはり、日本人には日本国産のJCBブランドのクレジットカードがお得に使えるクレジットカードとなるのではないでしょうか。

 

Pocket