SPGアメックスとアメックスゴールドを比較!お得度高いのはどっち?

Pocket

 

海外旅行に出かける機会の多い方には、上質な空港サービスが付帯しているアメックスのゴールドカードは最適なカードとなっています。

 

「アメックスゴールド」といえば、元祖ゴールドカードとも言える圧倒的な人気を誇るゴールドカードですね。

 

また、世界的なホテルチェーン・スターウッドグループとアメックスが提携して発行する「SPGアメックス」は、ホテルに特化したベネフィットが魅力のカードです。

 

アメックスのプロパーゴールドカードであるアメックスゴールドと、スターウッドとの提携カードであるSPGアメックス。

 

今回は、いずれも優秀な両者のカードを比較して、どちらのカードがよりお得度が高いカードなのかを分析していきましょう。

 

SPGアメックスはどんなカード?

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

 

世界的なホテルチェーンのひとつ、スターウッドホテルとアメックスが提携して発行しているゴールドカードが「SPGアメックス」です。

 

SPGアメックスでは、アメックスならではの空港サービスをはじめとした上質な付帯サービスを利用することができます。

 

また、SPGアメックスの最も大きなメリットとして、スターウッドホテルの上級会員資格「SPGゴールド会員資格」を無料で取得することができる特典があります。

 

ゴールド会員資格では、スターウッドホテル利用の際の客室のアップグレードや、チェックアウト時間の延長などの特典をうけることができます。

 

毎年のカード更新の際には、スターウッドホテルグループで利用できる無料宿泊券がプレゼントされる、驚異的にお得な継続ボーナスもうけることが可能です。

 

旅行の際にホテルに特にこだわりたい方には、SPGアメックスは非常におすすめのカードとなるのではないでしょうか。

 

SPG

アメックスゴールドはどんなカード?

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

 

バブル期にはお金持ちの証として、多くの方の憧れの的となっていたゴールドカードが「アメックスゴールド」です。

 

現在では、アメックスのプロパーカードにもプラチナ・センチュリオンカードとさらに上位のカードが発行されています。

 

しかし、最上位カードでなくなっても、アメックスゴールドのステータス性は衰えておらず、持ちたいカードNO.1のカードであると言っても過言ではないでしょう。

 

もちろん、イメージとしてのステータス性だけではなく、カードの機能面や充実した付帯サービスの内容も優秀なカードとなっています。

 

特にアメックスゴールドには、VIPラウンジを含めた世界の空港ラウンジを利用できるプライオリティパスが付帯しており、航空機での旅行にも最適のカードとなっています。

 

圧倒的なステータス性と機能を併せ持った「ザ・ゴールドカード」と言えるカードが、アメックスゴールドなのですね。

 

SPGアメックスとアメックスゴールドを徹底比較

アメックスのプロパーゴールドカードであるアメックスゴールドと、スターウッドとの提携で発行されるSPGアメックス。

 

双方のカードともに、充実した付帯サービスと豊富なベネフィットが用意されている点が大きなメリットとなっています。

 

ここでは、SPGアメックスとアメックスゴールドを多角度から比較して、どちらのカードがより優秀なカードといえるのか検証してみましょう。

基本情報で比較

  SPGアメックス アメックスゴールド
年会費 税別31,000円 税別29,000円
家族会員 税別15,500円 無料
ETC 無料 無料
還元率 1.0% 1.0%
申込資格 20歳以上で定職のある方 25歳以上で定職のある方

 

SPGアメックスとアメックスゴールドを基本情報で比較すると、まず年会費の違いに目が行くのではないでしょうか?

 

本会員の年会費こそ大きな違いは無いものの、家族会員の年会費はアメックスゴールドが無料なのに対し、SPGアメックスでは税別15,500円の年会費が必要となっています。

 

夫婦で利用する前提でカードを作成する場合には、SPGアメックスとアメックスゴールドでは約20,000円弱の維持コストの差が生まれてしまうのですね。

 

また、申込みをすることができる年齢にも両者のカードでは違いがあります。

 

SPGアメックスの場合は20歳以上であれば申込みをすることができますので、ハイクラスのクレジットカードを若いうちから取得できる可能性があるのですね。

付帯保険で比較

ゴールドカード以上のカードを比較する場合の大きな判断基準のひとつにもなるのが、カードに付帯する付帯保険の補償内容の違いです。

 

SPGアメックスとアメックスゴールドでは、ともに国内旅行保険は利用付帯で最高5,000万円までの補償を受けることができます。

 

ここでは、両者のカードの海外旅行保険の内容を比較してみましょう。

 

  SPGアメックス アメックスゴールド
海外旅行付帯条件 自動付帯 自動付帯
死亡・後遺傷害 最高1億円 最高1億円
傷害治療 最高300万円 最高300万円
疾病治療 最高300万円 最高300万円
救援者費用 最高400万円 最高400万円
携行品損害 最高50万円 最高50万円
家族特約 最高1,000万円 最高1,000万円
賠償責任 最高4,000万円 最高4,000万円
乗継遅延費用 最高2万円 最高2万円
出航遅延・欠航・搭乗不能費用 最高2万円 最高2万円
受託手荷物遅延 最高2万円 最高2万円
受託手荷物紛失 最高4万円 最高4万円

 

このように、SPGアメックスとアメックスゴールドの海外旅行保険の補償内容は、全く共通の内容となっています。

 

海外旅行の際に利用する可能性の高い、傷害・疾病治療の補償金額はともに最高300万円となっており、海外旅行の際の急病やケガに備えることができます。

 

また、ゴールドカードの保険の判断基準のひとつにもなっている、家族特約の補償金額も両者ともに最高1,000万円が補償されています。

 

家族特約では、家族カードを持たない家族に対しても海外旅行保険を付帯させることができますので、家族旅行の際にも安心して利用することができるのですね。

 

また、両者のカードともに、ショッピング保険として年間500万円までの補償が付帯します。

 

限度額に一律の制限のないアメックスのゴールドカードでも充分安心できる額のショッピング保険が付帯しているのは大きなメリットになりますよね。

付帯サービスで比較

SPGアメックスとアメックスゴールドの大きなメリットとなっているのが、充実したベネフィットを誇る付帯サービスです。

 

ステータスカードでは、カードごとに特徴のあるサービスが用意されており、カードを比較するうえでの大切な判断材料のひとつにもなっています。

 

ここでは、両者のカードの付帯サービスの違いを比較してみましょう。

 

  SPGアメックス アメックスゴールド
空港ラウンジ
プライオリティパス
SPGゴールド会員
アメリカン・エキスプレス・
セレクト
オーバーシーズ・アシスト
エアポート送迎サービス
無料ポーターサービス
空港パーキングサービス

 

双方ともにアメックスのカードとなっていますので、共通して利用することができる付帯サービスが充実しています。

 

両者のカードでの独自の付帯サービスとなっているのが、プライオリティパスとSPGゴールド会員です。

 

SPGアメックスは、スターウッドホテルとアメックスが提携するカードとなっていますので、スターウッドホテルの上級会員資格・SPGゴールド会員資格を無料で取得することができます。

 

SPGゴールド会員資格の特典として、スターウッドホテルグループ利用の際の客室のアップグレードやチェックアウト時間の延長などのサービスをうけることができます。

 

アメックスゴールドにはVIPラウンジを含めた世界1,000か所以上の空港ラウンジを利用することができる、プライオリティパス・メンバーシップ会員が付帯します。

 

通常99$の年会費が無料で付帯するほか、1回27$のラウンジ利用料金も年間2回まで無料で利用することができますので、航空機での旅行の際に大きなメリットとなりますよね。

マイルの貯めやすさで比較

SPGアメックスとアメックスゴールドでは、共に1.0%の還元率でポイントを貯めることができますが、貯めることができるポイントが変わってきます。

 

SPGアメックスでは100円の利用で1ポイントのスターポイント
アメックスゴールドでは100円の利用で1ポイントのメンバーシップリワード

 

それぞれのポイントは、幅広い航空会社のマイルに移行することができますが、移行できる航空会社についても両者のカードで違いがあります。

 

SPGアメックスでは、ANA/JALを含めた30社以上のマイレージプログラムにポイントを移行することができます。

 

マイル移行手数料無料で1ポイント=1マイルのレートで交換することができますので、マイル付与率1.0.%でのマイル移行が可能となっているのですね。

 

それだけではなく、SPGアメックスでは20,000ポイントを一度にマイルに交換すると、ボーナスポイントとして5,000ポイントが付与される特典があります。

 

ボーナスポイントも全てマイルに交換したとすると、最大1.25%のマイル付与率でポイントをマイルに移行することが可能となっています。

 

 

対して、アメックスゴールドではANAを含めた15社のマイレージプログラムへのマイル移行が可能となっており、JALマイルへのポイント移行は不可となっています。

 

アメックスゴールドでは、税別3,000円の「メンバーシップリワード・プラス」に登録することで、1ポイント=1マイルのレートでポイントをマイルに移行することができます。

 

 

通常のマイル付与率はともに1.0%となっていますが、ボーナスマイル・マイルの移行先の幅広さを考えるとSPGアメックスの方がマイル獲得には優れたカードとなっているのですね。

カード更新特典で比較

SPGアメックスの最も大きなメリットと言っても良い特典が、カード更新特典となる「無料宿泊券」のプレゼントです。

 

SPGアメックスでは毎年のカードの更新の際に、スターウッドホテルグループで利用することができる無料宿泊券をプレゼントされます。

 

無料宿泊券は、最高ランクのカテゴリー7のホテルを除く、カテゴリー6までのホテルで2名までの一泊料金が無料になります。

 

無料宿泊券では高級ホテルのシェラトンなどでも利用することが可能となっており、繁忙期などでも利用できるブラックアウト日無しとなっています。

 

たとえば、シェラトン・グランデ・トーキョーベイに休前日に宿泊した場合、60,000円以上の宿泊料金が無料になりますので、無料宿泊券の特典のみで年会費のもとをとることができます。

 

カード更新特典としてプレゼントされる無料宿泊券を目的にSPGアメックスに入会している方も多いのではないでしょうか。

 

対して、アメックスゴールドには特にカード更新特典などは用意されていないので、カード更新特典ではSPGアメックスが圧勝と言うことになりますね。

ステータス性で比較

SPGアメックスとアメックスゴールドは、双方ともに充分すぎるほどのステータス性を誇っているゴールドカードです。

 

しかし、プロパーカードと提携カードと言う関係性を考えると、カードのステータス性で見た場合にはアメックスゴールドが有利になってくるでしょう。

 

アメックスゴールドは、アメリカン・エキスプレスのプロパーゴールドカードとなっており、アメックスのクレジットヒストリーを積むことができると言う強みがあります。

 

アメックスのクレジットヒストリーを積めば、さらに上位カードとなるプラチナ・センチュリオンカードのインビテーションをうけることが可能となってくるのですね。

 

SPGアメックスの利用では、アメックスのプロパーカードではありませんので、プラチナ・センチュリオンのインビテーションをうけることができません。

 

アメックスプラチナを目指すためには、まずアメックスゴールドを手に入れてクレジットヒストリーを積む必要があるのですね。

 

そうした意味でのステータス性を考えると、アメックスゴールドの方に軍配が上がると言っても良いでしょう。

SPGアメックスとアメックスゴールドを入会キャンペーンで比較

SPGアメックスとアメックスゴールドでは、それぞれカードの入会と利用でお得にポイントを獲得することができるキャンペーンを開催しています。

 

SPGアメックスではカードに新規入会のうえ、入会から3か月以内に10万円以上カードを利用すると10,000ポイントのスターポイントを獲得することができます。

 

また、2017年11月15日まではSPG参加ホテル・マリオットリワード参加ホテルでのカード利用で100円ごとに1ポイントのボーナスポイントが加算される特典があります。

 

 

対して、アメックスゴールドではオンラインでのカード入会で初年度の年会費が無料になる特典があります。

 

初年度年会費無料というと、よくあるキャンペーンと思ってしまうかも知れませんが、アメックスゴールドの年会費は税別29,000円

 

つまり、アメックスゴールドの入会キャンペーンは、3万円以上の価値のあるキャンペーン内容であると言うことができます。

 

 

SPGアメックスのキャンペーンで獲得できるポイントは、等価で航空各社のマイルに交換することができます。

 

マイルの価値は、交換する特典航空券のシートによって、2円~5円になると言われていますが、アメックスゴールドでは直接3万円のお得のあるキャンペーンとなっています。

 

実益を取るか、マイルを取るかでどちらのキャンペーンがお得かは変わってくるのではないでしょうか。

 

SPGアメックスのキャンペーンの詳細はこちら

SPG

 

アメックスゴールドのキャンペーンの詳細はこちら

SPGアメックスとアメックスゴールドで、よりお得カードはどっち?

今回は、スターウッドホテルとアメックスの提携カード「SPGアメックス」と、アメックスのプロパーゴールドカード「アメックスゴールド」のサービスの差を比較してきました。

 

付帯保険の内容や、付帯サービスなど共通の項目も多かった両者のカードですが、独自の特典などの部分では大きな違いがありました。

 

ここでは、今回の検証結果をまとめて、どちらのカードがより有利なカードかを考察していきましょう。

旅行好きな方はSPGアメックス

SPGアメックスの最も大きなメリットとなっているのが、年に1度の更新のタイミングで付与されるスターウッドホテルグループの無料宿泊券です。

 

無料宿泊券では、カテゴリー6までのホテルをブラックアウト日無しで無料で宿泊することができますので、それだけで年会費のもとが取れるほどの驚異的なサービスとなっています。

 

また、SPGアメックスではボーナスポイントも含めて、最大1.25%の高還元率で航空マイルを貯めることができる特典もあります。

 

JAL/ANAマイルを含めた30社以上の航空マイルをお得に貯めることができますので、特典航空券と無料宿泊券を活用して無料で高級ホテルでの旅行をすることも可能なのですね。

アメックスプラチナを目指す方はアメックスゴールド

SPGアメックスと比較すると、プライオリティパスは付帯しているものの、独自の特典と言う意味では弱くなってくるのがアメックスゴールドです。

 

しかし、アメックスゴールドには、クレジットカードのハイブランド・アメリカン・エキスプレスのプロパーカードであると言う、圧倒的なメリットがあります。

 

アメックスプラチナなどのさらに上位なカードのインビテーションをうけるためには、アメックスゴールドから利用する必要があるのですね。

 

また、アメックスゴールドでは家族カードを1枚まで無料で発行することができますので、夫婦で利用する場合にはコストを抑えることができるのも魅力となっています。

ハイステータスクレジットカードは年会費以上の価値がある!

今回は、ともにハイステータスのゴールドカードとなっている、SPGアメックスとアメックスゴールドのサービス・メリットの差を比較してきました。

 

ホテルやマイルなどのメリットを求めるならSPGアメックス、アメックスのゴールドカードとしてのステータスを求めるならアメックスゴールドと結論づけても良いのではないでしょうか。

 

SPGアメックスには無料宿泊券のカード更新時の特典があり、それだけで年会費のもとをとることが可能です。

 

また、アメックスゴールドでもプライオリティパスの付帯など、付帯サービスを使えば使うほど得をすることができます。

 

このように、ハイステータスのゴールドカードは、年会費こそ高額になっているものの、その年会費以上のお得なメリットがあるのですね。

 

双方のカードでは、お得な入会プレゼントを獲得することができる入会キャンペーンを開催していますので、この機会にお得にカードをゲットしてみてはいかがでしょうか。

 

 

SPGアメックスのお申込みはこちら

SPG

 

アメックスゴールドのお申込みはこちら

 

 

Pocket