銀行系クレジットカードは信頼感抜群!初心者・ステータス重視の方におすすめ

Pocket

 

「銀行系のクレジットカードって敷居が高そう」

「普段使っている銀行のクレジットカードってお得なの?」

 

クレジットカードの中でも、特に審査の難易度が高いと言われているのが銀行系クレジットカードです。

 

審査の難易度が若干高くなっている分、ステータス性・付帯サービスともに申し分の無いカード構成となっており、1枚は持っておきたいクレジットカードでもあります。

 

今回は、銀行系クレジットカードのメリットと、おすすめの厳選銀行系クレジットカードをご紹介していきましょう。

 

こんな方は銀行系クレジットカードがおすすめ

大手の都市銀行をはじめ、地方銀行などが発行する銀行系クレジットカードは、やはり銀行の発行するクレジットカードと言うこともあり、信頼性が高いことが大きな特徴となっています。

 

銀行系のクレジットカードには、銀行の発行するクレジットカードだけのメリットもあり、お得に利用することが可能となっています。

 

メインバンクが決まっている方
ステータス性の高いクレジットカードを持ちたい方
プラチナカードなどの上位カードの取得を目指したい方

このような条件に当てはまる方は、銀行系クレジットカードをおすすめできる方であると言えるでしょう。

 

銀行系クレジットカードの多くが、キャッシュカード一体型になっており、メインバンクのクレジットカードを利用することで財布の中のカード枚数を削減することができます。

 

また、クレジットカードを発行することで、銀行の手数料や金利が優遇されるカードもありますので、メインバンクのクレジットカードを発行することは大きなメリットとなります。

 

銀行系クレジットカードの多くが、よりステータス性の高いプラチナカードなどを発行しており、銀行系クレジットカードを利用することでインビテーションのためのクレヒスを積むことができます。

 

また、女性にアンケートを取った、男性に持っておいてもらいたいクレジットカードランキングでも「堅実そうに見える」と言う理由で銀行系クレジットカードは人気となっているのですね。

銀行系クレジットカードの特徴

銀行系クレジットカードの最も大きな特徴となっている点としては、やはり銀行が発行していると言うステータス性でしょう。

 

クレジットカードには大別して、

 

銀行系クレジットカード
流通系クレジットカード
信販系クレジットカード

 

の3種類のクレジットカードが発行されています。

 

その中でも、銀行系のクレジットカードは審査の難易度も最も高くなっていますが、社会的な信用と言う点では非常に信頼感のあるカードと言えるでしょう。

 

また、銀行系クレジットカードのもうひとつの特徴として、申込者の年齢層に合わせて様々なカードラインナップが用意されているのが特徴です。

 

銀行系クレジットカードにも、メインラインとなるクレジットカードのシリーズがありますが、学生向けや若年層向けのクレジットカードのラインナップも豊富に発行されています。

 

特に、銀行系クレジットカードでは、学生向けのカードラインナップが充実しており、ワンランク上のサービスを格安or無料で利用できる点が大きなメリットとなっています。

 

そうしたクレジットカードデビューにピッタリの銀行系クレジットカードを利用することで、将来的に上位カードを取得する為のクレジットヒストリーを積むことができるのも嬉しいですよね。

銀行系クレジットカードを保有するメリット・デメリット

流通系・信販系のクレジットカードに比べて、ステータス性の高いカードとなっているのが銀行系クレジットカードです。

 

しかし、ステータス性と言うのは主観の問題でしかありませんので、具体的にどのようなメリットがあるのかを知りたいところですよね。

 

ここでは、銀行系クレジットカードを保有することによるメリット・デメリットとなる部分を解説していきましょう。

銀行系クレジットカードを保有するメリット

銀行系クレジットカードを保有するメリットとしては、

 

特別なベネフィットが用意されている
メインバンクの金利や手数料が有利になる

このようなメリットをうけることができます。

 

国内では数多くの企業が、銀行と提携をすることでサービスを提供しています。

 

ですので、銀行系クレジットカードでは、そうした豊富なネットワークを利用して、特別なベネフィットを用意しているカードが多くなっています。

 

具体例を挙げると、三井住友VISAカードはユニバーサルスタジオジャパンのオフィシャルカードになっていますので、USJでの優待サービスをうけることができます。

 

また、ディズニーリゾートのオフィシャルカードであるJCBでは、パークチケットをお得にポイントで交換することができるなどのメリットがあります。

 

こうした、特別なベネフィットが用意されている点が、銀行系クレジットカードを利用する際の大きなメリットとなるのですね。

 

また、銀行系クレジットカードでは、キャッシュカードと一体型でカードが発行されることも多くなっています。

 

メインバンクが発行しているクレジットカードを利用することで、ATM手数料の割引や金利の優遇などのメリットもうけることができるのですね。

 

自分の利用している銀行が発行しているクレジットカードを一度確認してみてはいかがでしょうか。

銀行系クレジットカードを保有するデメリット

銀行系のクレジットカードを保有する際には、やはりメリットだけではなく、デメリットとなる部分も知っておかなければなりません。

 

銀行系クレジットカードのデメリットとなるのは、

 

年会費の負担が大きい
ポイントの還元率が低い

上記の2点の部分がデメリットとなってくるでしょう。

 

銀行系クレジットカードには、流通系のクレジットカードのように年会費無料のカードは少なくなっており、年会費の負担は実質的なデメリットになってきます。

 

ただし、一定の要件を満たせば年会費が無料になる銀行系クレジットカードもありますので、年会費の条件を良く確認してから申込みをするようにしましょう。

 

また、銀行系クレジットカードでは、平均的なポイント還元率が0.5%〜となっていますので、高還元率のクレジットカードと比べるとポイント還元が寂しくなってしまいます。

 

自分の良く利用する店舗やサービスでお得にポイントの還元をうけることができる、年会費無料のクレジットカードをサブカードとして併用するのが賢い利用方法と言えるかも知れませんね。

失敗しない銀行系クレジットカードの選び方

銀行系クレジットカードでは、特別なベネフィットや上質なステータス性を感じることができます。

 

反面、年会費の負担が若干大きくなってくる点や、ポイントの還元率が寂しくなっている点がデメリットとなってくるのですね。

 

ここでは、これから銀行系クレジットカードを作ろうと思っている方のために、失敗しない銀行系クレジットカードの選び方を解説していきましょう。

極力コストの安いクレジットカードを選ぶ

銀行系クレジットカードには、年会費無料のカードと言うのは少なくなっており、基本的には年会費の負担が必要なカードが多くなっています。

 

しかし、初年度年会費無料のクレジットカードや、一定の条件を満たすと年会費が無料になるカードも多くなっていますので、上手に使えば年会費を節約することも可能です。

 

銀行系クレジットカードを選択する基準としては、極力簡単な条件で年会費が無料になるカードを選択することが重要となっています。

 

具体例を挙げると、JCB一般カードなどは年間50万円以上の利用で年会費が無料になりますので、メインカードとして利用しておけば年会費無料にすることは難しくないでしょう。

優待サービスで年会費の元を取れるかを計算する

銀行系クレジットカードには、提携する企業の特別な優待サービスが付帯しています。

 

たとえ、年会費が必要なカードの場合であっても、そうした優待サービスを利用することで年会費の元を取ることが可能なカードも多くなっています。

 

中には、そのカードを持っていないと利用できないサービスなどを提供しているカードなどもありますので、そうしたカードは年会費以上の価値があるのではないでしょうか。

 

銀行系クレジットカードを選択する際には、目先のコストだけではなく、コストパフォーマンスが高いカードを選択することが重要です。

おすすめ銀行系クレジットカード厳選5枚

流通系・信販系のクレジットカードよりも、高いステータス性を誇る銀行系クレジットカード。

 

中には「これも銀行系クレジットカードだったの?」と思ってしまうようなカードもあります。

 

ここでは、特にお得に利用することができる、おすすめの銀行系クレジットカードをご紹介していきましょう。

三井住友VISAクラシックカード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費

初年度:無料

2年目以降:税別1,250円

家族会員

初年度:無料

2年目以降:税別400円

ETC

初年度:無料

2年目以降:税別500円(ただし、条件付き無料)

還元率

0.5%

旅行保険

最高2,000万円

 

リボ払いの利用で年会費無料で利用可能
ユニバーサルスタジオジャパンでの優待サービス有り
顔写真入りカードの発行で高いセキュリティ制

 

三井住友銀行グループの三井住友カードが発行する基本のカードとなっているのが「三井住友VISAクラシックカード」です。

 

三井住友VISAカードは初年度年会費無料で利用することが可能となっており、2年目以降も「マイ・ペイすリボ」などの利用で年会費無料で利用することが可能です。

 

年間に1円でもリボ払い手数料が発生すれば年会費無料で利用できますので、最小の手数料で年会費を節約することができるのは嬉しいですよね。

 

また、希望者にはカードの券面に顔写真入りのICカードを発行することができますので、より高いセキュリティ機能を発揮することができます。

 

三井住友VISAカードはユニバーサルスタジオジャパンのオフィシャルカードにもなっていますので、ワンデイパスの優待割引などを利用できるのも嬉しいですよね。

 

JCB一般カード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費

税別1,250円

家族会員

税別400円

ETC

無料

還元率

0.5%

旅行保険

最高3,000万円

 

年間50万円以上の利用で年会費無料
JCB ORIGINALシリーズ特約店でお得にポイントゲット
最短即日発行、翌日のカード受け取りが可能

 

「JCB一般カード」と言うと、銀行系クレジットカードと言うイメージがありませんが、JCBは三菱UFJ信託銀行、現三菱UFJニコス、現東京三菱UFJ銀行の3社が出資して設立された会社であり、銀行系クレジットカードにカテゴライズされます。

 

JCB一般カードは、オンラインでのカード申込みで初年度年会費無料で利用することが可能で、かつ年間50万円以上の利用で翌年の年会費も無料で利用することができます。

 

メインカードとして利用していれば、年会費実質無料のクレジットカードとして利用できるカードでありながら、非常に高いコストパフォーマンスを誇るカードでもあります。

 

JCB一般カードでは、JCB ORIGINALシリーズ特約店での利用でポイントが優遇されるメリットがあります。

 

JCB ORIGINALシリーズ特約店では、セブンイレブンでポイント3倍・スターバックスでポイント5倍など、身近な店舗でお得に利用することができるのも大きなメリットになりますよね。

 

VIASOカード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費

無料

家族会員

無料

ETC

無料

還元率

0.5%

旅行保険

最高2,000万円

 

オートキャッシュバックなので手間なくポイント還元
ETCカード、携帯電話の利用はポイント2倍サービス
VIASO eショップの利用でネット通販もお得

 

三菱東京UFJ銀行グループの三菱UFJニコスが発行するクレジットカードが「VIASOカード」です。

 

VIASOカードの大きなメリットとなっているのが、ETCカード・携帯電話をVIASOカードで利用すればポイントが2倍になると言う特典です。

 

ドコモ・au・ソフトバンク・Y!mobileの携帯電話料金がポイント2倍の対象となるだけではなく、インターネットプロバイダーの料金の利用もポイント2倍の対象となります。

 

VIASOカードの利用で貯めたポイントはオートキャッシュバックで還元されますので、ポイント交換の手間や有効期限切れの恐れが無い点も嬉しいですよね。

 

また、VIASO eショップ経由のネット通販の利用で、最大ポイント20倍の還元をうけることが可能となっており、ネット通販好きの方にもお得に利用できるカードとなっています。

 

MUFGカードゴールド

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費

初年度:無料

2年目以降:税別1,905円

家族会員

無料

ETC

無料

還元率

0.5%

旅行保険

最高2,000万円

 

空港ラウンジサービスが付帯
銀行系ゴールドカードの信頼度
リボ払いサービスの利用で年会費が半額に

 

三菱東京UFJグループの三菱UFJニコスが発行するクレジットカードが「MUFGカードゴールド」です。

 

MUFGカードゴールドは税別1,905円の格安ゴールドカードでありながら、空港ラウンジサービスまでが付帯した上質なゴールドカードとなっています。

 

自動付帯で最高2,000万円までの旅行保険も付帯していますので、海外旅行の際に利用するカードとしても最適のカードとなっています。

 

また、リボ払いサービス楽Payの利用で年会費が半額になる特典もありますので、税別1,000円弱でゴールドカードを利用することができるのですね。

 

格安年会費のゴールドカードとは言え、銀行系クレジットカードの信頼がありますので、格安ゴールドカードとは思えないステータス性も充分です。

 

ダイナースクラブカード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費

税別22,000円

家族会員

税別5,000円

ETC

無料

還元率

1.0%

旅行保険

最高1億円

 

文句無しのハイステータスカード
上質なベネフィットが付帯
空港サービスも万全で海外旅行用のクレジットカードにも最適

 

「ダイナースクラブカード」を発行しているのは、三井住友銀行グループの三井住友トラストクラブとなっていますので、ダイナースクラブカードも銀行系クレジットカードにカテゴライズされます。

 

ダイナースクラブカードは、他のカードでは得ることができない優越感と特別なベネフィットを叶えてくれるハイステータスカードとなっています。

 

特に、ダイニングサービスは秀逸となっており、エグゼクティブダイニングではコース料理1名分無料などの特別なサービスをうけることができます。

 

また、最高1億円まで補償の海外旅行保険や空港ラウンジサービスも充実しており、海外旅行の際に利用するカードとしても最適となっています。

 

空港ラウンジサービスでは、空港VIPラウンジを含めた世界のラウンジを利用できるダイナースクラブラウンジを利用することが可能となっています。

 

銀行系クレジットカードには、ステータスだけではなくメリットが満載

クレジットカードは大きく分けて、銀行系・流通系・信販系の3つのクレジットカードに分けることができます。

 

その中でも、やはりステータス性の高さでクレジットカードを選択するなら、銀行系クレジットカードがおすすめです。

 

銀行系クレジットカードには、その高いステータス性の魅力だけではなく、実質的なメリットも多くなっています。

 

今回ご紹介してきた銀行系クレジットカードには、それぞれ特別な優待サービスが用意されており、年会費以上のメリットを感じることができます。

 

コストの低さだけではなく、コストパフォーマンスでクレジットカードを選択する際には、銀行系クレジットカードは非常に優秀なクレジットカードとなるのですね。

 

Pocket