楽天カードとオリコカードザポイントはどっちが使い易い?8項目で比較!

Pocket

 

 

クレジットカードを選ぶなら、年会費無料でポイントをお得に貯められるカードが良い!

 

そうした方に支持を集めているクレジットカードが、楽天カードオリコカードザポイントです。

 

楽天カードとオリコカードザポイントは、ともに永年年会費無料で利用することが可能となっており、カードの利用で高還元のポイントをザクザク貯めることができるカード。

 

そして、双方のカードともにネット通販でよりお得にポイントを貯めることができるというメリットも共通しています。

 

今回は、楽天カードとオリコカードザポイントのどちらが使い易いカードなのか、徹底的に比較していきましょう。

 

 

楽天カードはどんなカード?

年会費永年無料1.0%のポイント還元、そして楽天市場での利用ではいつでもポイント4倍とコストパフォーマンスに優れた楽天カード。

 

楽天カードは審査に通り易いクレジットカードであることでも人気を集めており、パート主婦の方などにも人気のあるクレジットカードとなっています。

 

楽天カード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費

本会員:無料 家族会員:無料

還元率

1.0%

 

インターネットサービス大手の楽天グループが発行する楽天カード。

 

カードの利用では1.0%の還元率で楽天スーパーポイントを貯めることが可能となっており、クレジットカードに楽天ポイントカード・楽天Edyの機能を付帯することも可能です。

 

最も大きなメリットとなるのは楽天のサービス利用時のポイントアップの優待でしょう。

 

楽天市場の利用ではいつでも通常の4倍の還元率でお買い物をすることが可能となっており、非常にスピーディにポイントを貯めることが可能です。

楽天カードの利用者の声

ここでは、実際に楽天カードを利用した方の声を聞いてみましょう。

 

・大学時代から6年間愛用しています。学生時代でも年に3,000ポイントは余裕で貯まっていました。

・楽天カードの魅力は、楽天スーパーポイントを現金感覚で利用できる点だと思います。

・インターネットで支払い変更や後払いリボの設定ができるので便利。

 

やはり、楽天カードの口コミ情報を見てみると、ポイントの貯まり易さに満足している方の声を多くみることができます。

 

また、楽天カードでは会員ページで簡単に後払いリボの設定ができますので、支払いにも余裕を持って利用することができるのですね。

 

オリコカードザポイントはどんなカード?

楽天カードと同じく、永年年会費無料ポイント高還元での獲得が魅力のオリコカードザポイント。

 

高還元クレジットカードの代名詞と言われるほど、充実したポイント還元のサービスが圧巻のクレジットカードとなっています。

 

オリコカードザポイント

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費

本会員:無料 家族会員:無料

還元率

1.0%

 

高還元クレジットカードの代名詞となっているオリコカードザポイント。

 

通常還元率は1.0%と平均的な還元率ですが、カード入会後6か月間はポイント還元率が2倍にアップするので、ザクザクポイントを貯めることができます。

 

また、オリコカード会員向けのインターネットモール「オリコモール」経由でのネット通販で2.0%以上の還元率でお買い物をすることができます。

オリコカードザポイントの利用者の声

続いては、オリコカードザポイントを実際に利用している方の声を聞いてみましょう。

 

・どの口コミでも評判が良かったので利用してみました。デザインがマットブラックでカッコ良く、iDとQUICPayがコンビニで役に立っています

・永年無料で1%還元は良い方だと思う。ポイント交換先が多いのも便利で嬉しいポイント。

・ポイント還元率が良いと聞いて作りました。仕事で出張が多いので、新幹線・飛行機で利用していますが、ポイントがかなり貯まります。

 

オリコカードザポイントの口コミでもポイント還元率に喜ぶ声を多く見ることができました。

 

オリコカードザポイントには後払い式電子マネーのiD/QUICPayを搭載していますので、電子マネーの利用でも効率的にポイントを貯めることができます。

 

楽天カードとオリコカードザポイントを8項目で徹底比較

ともに永年年会費無料のクレジットカードで、ポイント還元に優れたカードである楽天カードとオリコカードザポイント。

 

ネット通販でお得に利用することができる点など、共通するメリットも多い両者のカードですが、本当に使い易いのはどちらのカードなのでしょうか。

 

ここでは、楽天とオリコカードザポイントの使い勝手を8項目で徹底的に比較してみましょう。

基本情報で比較

 

楽天カード

オリコカード
ザポイント

年会費

無料

無料

家族会員

無料

無料

ETC

税別500円

無料

還元率

1.0%

1.0%

旅行保険

最高2,000万円

無し

Apple Pay登録

可能

可能

 

楽天カードとオリコカードザポイントを基本情報で比較してみると、違いがあるのがETC年会費旅行保険です。

 

旅行保険については、事項で詳しく説明していきますが、楽天カードではETC発行に税別500円の年会費が必要となっています。

 

楽天ETCの年会費は、楽天ポイントクラブの会員ランクがプラチナ・ダイヤモンド以上になると無料で利用することが可能です。

 

プラチナ会員達成の条件は6か月で2,000ポイント、15回以上のポイント獲得で達成となりますので、ハードル自体は高くありません。

 

両者のカードともに、非常にコストパフォーマンスに優れたカードであるということができますね。

付帯保険で比較

クレジットカードの選択基準のひとつともなるのが付帯保険の違いです。

 

ここでは、楽天カードとオリコカードザポイントの付帯保険を比較していきましょう。

 

 

楽天カード

オリコカード
ザポイント

海外旅行保険付帯条件

利用付帯

死亡・後遺障害(海外)

最高2,000万円

傷害治療(海外)

最高200万円

疾病治療(海外)

最高200万円

救援者費用(海外)

最高200万円

携行品損害(海外)

最高20万円

賠償責任(海外)

最高2,000万円

国内ショッピング保険

海外ショッピング保険

年間50万円

 

オリコカードザポイントには旅行保険やショッピング保険と言った付帯保険は付帯されていません。

 

楽天カードは利用付帯ではあるものの、最高2,000万円の海外旅行保険・海外でのショッピング保険が付帯していますので、付帯保険の面では楽天カードが有利ということになりますね。

付帯サービスで比較

 

楽天カード

オリコカード
ザポイント

バーチャルカード

海外お土産宅配サービス

空港パーキング優待

国内レンタカー

海外レンタカー

空港防寒具預かりサービス

手荷物宅配サービス

国内外パッケージツアー

チケットサービス

楽天Edy

iD

QUICPay

 

楽天カードとオリコカードザポイントを付帯サービスで比較してみると、様々な点で違いがあることが分かります。

 

ネット通販の際にセキュリティの面で安心して利用することができるバーチャルカードが双方利用可能なのは、ネット通販に特化したカードならではというところでしょう。

 

また、オリコカードザポイントではiD/QUICPayを利用することができますので、電子マネー決済の際にも非常に便利に利用することができます。

ポイント還元で比較

楽天カードとオリコカードザポイントの共通したメリットとなっているのがポイント還元率の高さです。

 

ここでは、両者のカードをポイント還元率の面で比較してみましょう。

 

 

楽天カード

オリコカード
ザポイント

付与される
ポイント

楽天スーパーポイント

オリコポイント

ポイント付与

100円に
1ポイント・1.0%

100円に
1ポイント・1.0%

付与条件

月額累計端数切捨て

月額累計端数切捨て

有効期限

最終利用日の翌年同月末

12か月後の月末

 

このように、ポイント還元率と付与条件には大きな違いはありません。

 

両者のカードの差となっているのが、ポイントの有効期限です。

 

楽天カードはポイントの最終利用日の翌年同月となっていますが、最終利用日には1ポイントでもポイントが加算された日も含みます。

 

ですので、楽天カードでは年間1回以上カードを利用すれば、ポイントを有効期限実質無料で利用することができるのですね。

 

ただし、オリコカードザポイントでは、カードの入会から6か月間はポイントの有効期限が2倍になる特典があります。

 

ポイント還元で比較すると、

 

有効期限で選ぶなら楽天カード
入会からすぐにポイントを大量獲得したいならオリコカードザポイント

 

このように分けることができるのではないでしょうか。

電子マネーで比較

楽天カードとオリコカードザポイントでは、それぞれカードの利用だけではなく、電子マネーのチャージでもポイントを貯めることが可能となっています。

 

クレジットカードのポイントを効率的に貯めるためには、電子マネーとの併用は必須の条件ともいえるでしょう。

 

ここでは、楽天カード/オリコカードザポイントの電子マネーとの相性を比較してみましょう。

 

 

楽天カード

オリコカード
ザポイント

楽天Edy

0.5%

nanaco

JCBのみ1.0%

Suica

1.0%

1.0%

SMART ICOCA

1.0%

1.0%

iD

1.0%

QUICPay

1.0%

 

このように、両者の対応している電子マネーには違いがあることが分かりますね。

 

楽天カードではJCBブランドを選択した場合のみ、nanacoのチャージでポイント還元をうけることができます。

 

また、オリコカードザポイントではiD/QUICPayの利用で1.0%のポイントを貯めることができますが、楽天カードは基本的にiD/QUICPayには対応していません。

 

ただし、楽天カードはApple Payに登録する際にはQUICPayとして割り当てされますので、Apple PayをQUICPayの加盟店で利用することが可能です。

ネット通販で比較

楽天カードとオリコカードザポイントの共通のメリットとなっているのがネット通販でのポイント優待の魅力です。

 

それぞれ、ネット通販でポイントの倍率がアップする特典があり、ネットショッピング好きの方にも支持を集めているクレジットカードとなっているのですね。

 

ここでは、それぞれのネット通販での還元率の違いを比較してみましょう。

 

 

楽天カード

オリコカード
ザポイント

楽天市場

4.0%

2.0%

楽天ブックス

2.0%

2.0%

Amazon

1.0%

2.0%

Yahoo!ショッピング

1.0%

2.0%

dショッピング

1.0%

3.5%

セブンネットショッピング

1.0%

3.0%

 

楽天カードで圧巻なのは、やはり楽天市場利用時の4.0%還元です。

 

楽天カードを保有しているだけでポイント4倍の特典をうけることが可能で、さらに楽天市場のアプリを利用すると5.0%還元でのお買い物も可能です。

 

対してオリコカードザポイントでは、会員向けインターネットモール「オリコモール」経由でのネット通販の利用で幅広いサイトでのポイント優待をうけることができます。

 

利用するネット通販を特に決めていない方は、オリコカードザポイントが非常にお得に利用できるのではないでしょうか。

審査で比較

楽天カードとオリコカードザポイントは、ともに審査に非常に通過しやすいクレジットカードとしても知られています。

 

両者のカードともに申込資格は「高校生を除く18歳以上の方」となっており、申込みの際の門戸は非常に広くなっていることが分かりますよね。

 

口コミ情報でも、両者のカードは低収入の方でも審査の通過率が非常に高くなっており、作りやすいカードとなっていることが実例でもわかります。

 

ただし、オリコカードザポイントを発行するオリコは自動車ローンなどのローン商品も多く提供する保証会社となっています。

 

オリコは自社ブラックに厳しい会社としても知られており、オリコのローン商品で失敗をしてしまった方などは審査通過が難しくなってしまうでしょう。

 

楽天カードは、過去に延滞履歴などがある方でも、限度額を抑えてカードを発行してくれる実例がありますので、若干楽天カードの方が作りやすくなっているのではないでしょうか。

楽天カードとオリコカードザポイントのキャンペーンを比較

クレジットカードを作成する際の楽しみのひとつにもなってくるのが、入会キャンペーンでのポイントプレゼントですよね。

 

一度に大量のポイントを獲得することができる入会キャンペーンは、年会費無料のクレジットカードとしては大きなメリットになりますよね。

 

ここでは、楽天カードとオリコカードザポイントの入会キャンペーンを比較してみましょう。

 

楽天カード

入会・利用で最大5,000ポイント

オリコカードザポイント

入会・利用で最大8,000ポイント

 

このように、入会キャンペーンでもらうことができるポイント数を比較すると、オリコカードザポイントの方が有利となっています。

 

ただし、楽天カードはカードの入会とカードの1回以上の利用でポイントを獲得することができるのに対し、オリコカードザポイントでは細かい条件が設定されています。

 

オリコカードザポイントで最大8000ポイントを獲得するためには、

 

カード入会で1,000ポイント
カード入会後翌々月末までに5万円以上のカード利用かつ、携帯電話料金の支払いで1,500ポイント・電気料金の支払いで1,000ポイント・キャッシング枠の設定で500ポイント
カード入会後翌々月末までに15万円以上のカード利用で3,000ポイント
マイ月リボの登録および5万円以上のカード利用で1,000ポイント

 

上記の条件を満たすことで最大8,000ポイントの獲得が可能となっています。

 

電話料金・電気料金をオリコカードザポイントで支払いをすることに問題が無ければ、オリコカードザポイントの8,000ポイント獲得は難しくないでしょう。

 

簡単に入会キャンペーンのポイントを獲得したいのであれば、楽天カードの入会キャンペーンの方がお得かも知れませんね。

 

楽天カードとオリコカードザポイントどっちが使い易い?

ここまで、楽天カードとオリコカードザポイントの2枚のクレジットカードを、基本情報からキャンペーンまでの8項目で徹底的に比較してきました。

 

一見するとよく似たキャラクターの両者のカードですが、細かい情報で比較をしていくと、サービスの違いが見えてきましたね。

 

ここでは、比較してきた項目を基に、どっちのカードが使い勝手が良いかをまとめていきましょう。

楽天のサービスを良く利用する方は楽天カード

楽天カードの最も大きなメリットとなっているのは、楽天市場でのポイント4倍の優待サービスであることはいうまでも無いでしょう。

 

また、楽天市場だけではなく、楽天ブックス楽天トラベルと言った楽天のサービスの利用では基本2倍でポイントを獲得することができます。

 

貯まった楽天スーパーポイントは楽天のサービスでも利用することができますので、楽天のサービスを良く利用する方には大きなメリットとなるでしょう。

 

楽天カードは審査にも通過しやすいクレジットカードとなっており、他社のクレジットカードの審査に落ちてしまった方でも審査にチャレンジするメリットはあるのではないでしょうか。

 

楽天カードの申込みはこちら

日常的にまんべんなく利用したい方はオリコカードザポイント

オリコカードザポイントは、iD/QUICPayを搭載しているなど、クレジットカードとしての機能が非常に優れているのが特徴のひとつです。

 

カード入会後6か月間はポイントを2倍で獲得することができますので、メインカードとして利用すれば半年間で相当数のポイントを貯めることができるでしょう。

 

会員向けのネット通販モール「オリコモール」では、幅広いネット通販での利用でポイントが貯まるメリットがあり、ネット通販好きの方にもおすすめできるクレジットカードとなっています。

 

リアルとネット通販でまんべんなくお得に利用することができるのが、オリコカードザポイントの大きなメリットとなっているのですね。

 

オリコカードザポイントの申込みはこちら

年会費無料クレジットカード頂上決戦!結果は?

今回は、年会費無料のクレジットカードの中でも特に人気の高い、楽天カードとオリコカードザポイントを8項目の細かい視点で比較してきました。

 

年会費永年無料・ネット通販でお得に利用できるメリットなど、共通するメリットの多い両者のカード。

 

楽天のサービスを多く利用する方には楽天カード
日常的にメインカードとして利用するならオリコカードザポイント

このように分けることができるのではないでしょうか。

 

年会費無料クレジットカードの頂上決戦とも言える今回の比較、カード選びの参考にしていただけると幸いです。

 

Pocket