お得なETCカードの条件とは?無駄なくポイントが貯まるおすすめETCカード

Pocket

 

 

「高速を頻繁に利用するから、お得なETCカードが欲しい」

「ETCカードって何か違いがあるの?」

 

高速道路の料金所をスムーズに通過することができるETCカードでは、一般の料金所に並んでいる車を尻目にスマートに高速道路を利用することができます。

 

頻繁に高速道路を利用する方の中には、出来るだけ高速料金をお得に利用することができるETCカードを作りたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、そもそもETCカードの違いによってサービスの内容に大きな違いがあるのでしょうか?

 

実は、ETCカードはクレジットカードによってサービスの内容が大きく変わってしまうものなのです。

 

今回は、お得なETCカード選びの為に、どのようなETCカードがお得に利用することができるカードなのかを解説していきましょう。

 

お得なETCカードの条件とは?

高速道路を良く利用される方にとっては非常にメリットの多いETCカードのサービス。

 

ここでは、お得なETCカードの条件を解説する前に、ETCカードを利用することで受けることができる共通のメリットをおさらいしておきましょう。

 

全てのETCカードで共通して受けることができるメリットとしては、

 

ETCマイレージが貯まる
ETCの割引制度を利用することができる
ETC2.0の割引が適用される

 

この中でも、ユーザーにとって非常に恩恵が高いのが休日・深夜などのETC割引でしょう。

 

しかし、ETCマイレージ・ETC2.0の割引については、あまりご存じない方も多いのではないでしょうか。

 

まず、ETCマイレージは高速道路公団が提供するポイントサービスで、登録をすることで全てのETCカードで利用することができます。

 

通行料金に応じてETCマイレージが貯まり、貯まったマイレージを通行料金の還元額に交換することができます。

 

ETCマイレージの還元率は約10%と高還元になっていますので、まだETCマイレージに登録していない方はすぐに登録しておくようにしましょう。

 

次に、2016年4月からサービスが開始した「ETC2.0の割引」について解説していきましょう。

 

ETC2.0では、都心部を通過するよりも、郊外の圏央道を迂回した方が高速料金が割引になる、変動制の割引制度のことです。

 

都心部の渋滞を避けるために新たに施行された制度となっており、時間に余裕のある方には非常にお得な制度となっています。

 

このように、高速道路料金をお得に利用することができるのが、ETCカード共通のメリットとなっているのですね。

 

それでは、ETCを発行するクレジットカードによって異なる、お得なETCカードの条件とはどのような点になっているでしょうか?

 

お得なETCの条件は、

 

ETCを保有する為のコストがかからないこと
ETCの利用でもクレジットカードのポイントを貯めることができること

 

この2点お条件を満たしたETCカードが、お得なETCカードの条件であるといえるでしょう。

 

クレジットカード自体の年会費は無料でも、ETCカードの年会費は必要というカードも多くなっていますので、完全にETCカードをコスト0円で維持できるカードを選択することが重要です。

 

また、ETCの利用でもクレジットカードのポイントを貯めることができるカードであれば、非常に効率良くポイントを貯めることができるのですね。

 

そうした条件を踏まえながら、おすすめのお得なETCカードを発行できるクレジットカードをご紹介していきましょう。

ETCカードでポイントがザクザク貯まるクレジットカード

お得なETCカードの条件となるのは、ETCの保有コストがかからないこと、またETCの利用でクレジットカードのポイントを貯めることができることが挙げられます。

 

特に、ETCの利用でポイントを貯めることができるカードなら、ETCマイレージと合わせてダブルでポイントを貯めることも可能となっているのですね。

 

ここでは、そうした条件に当てはまる、ETCカードの利用でポイントをザクザク貯めることができるクレジットカードをご紹介していきましょう。

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

 

年会費

税別1950円

家族会員

無料

ETC

無料

ETC新規発行手数料

無料

還元率

1.0%

旅行保険

最高2,000万円

 

ETCカードが無料で1.0%還元
入会後6か月間はポイント2倍で利用可能
ネット通販、iDの利用でもお得にポイント還元

 

オリコの発行するプロパーゴールドカードである「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」

 

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDの最も大きな魅力となっているのは、やはり高還元でのポイント還元でしょう。

 

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDではETCの料金支払いの際でも、通常還元率と同じく1.0%のポイントを貯めることが可能となっています。

 

それだけではなく、入会後半年間はポイントが2倍になる特典もありますので、入会後半年間のETCの利用では2.0%の還元率でETCを利用することも可能となっています。

 

また、Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDではオリコモールを経由したネット通販や、iDの利用でボーナスポイントが優遇されるメリットもあります。

 

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDはApple Payに登録することもできますので、Apple PayでのiDの支払いでお得にポイントを貯めることができるのですね。

 

Orico Card THE POINT

 

年会費

無料

家族会員

無料

ETC

無料

ETC新規発行手数料

無料

還元率

1.0%

旅行保険

無し

 

ETCカードが無料で1.0%還元
入会後6か月間は2.0%でETC利用可能
ネット通販の利用でポイントがザクザク貯まる

 

上記でご紹介したOrico Card THE POINT PREMIUM GOLDの通常カードとなるのが「Orico Card THE POINT」です。

 

年会費無料の通常カードとは言え、Orico Card THE POINTは非常にお得なメリットが豊富なクレジットカードとなっています。

 

年会費無料のカードでもETCは有料というカードは多いですが、Orico Card THE POINTではETC年会費も無料となっていますので、完全にコストゼロでETCカードを維持することができます。

 

また、Orico Card THE POINTでもOrico Card THE POINT PREMIUM GOLDと同じく入会後半年間はポイントが2倍に優遇されており、ETC利用で2.0%の還元をうけることが可能です。

 

Orico Card THE POINTでは、会員向けのネットショッピングモール「オリコモール」の経由で、Amazonで2.0%還元など、お得にネット通販を楽しむことができます。

 

楽天カード

f7ba9399-e11f-4903-85f1-6d3dd7746551

 

syousai

koushiki

年会費

無料

家族会員

無料

ETC

税別500円

ETC新規発行手数料

無料

還元率

1.0%

旅行保険

最高2,000万円

 

ETCの利用で1.0%満額ポイント還元
楽天ポイントクラブのランクアップでETC年会費が無料に
楽天市場の利用でポイントいつでも4倍

 

年会費無料のクレジットカードの中でも、絶大な人気を誇っているカードが「楽天カード」です。

 

楽天カードではETC年会費が税別500円となっていますが、楽天ポイントクラブのランクがプラチナ・ダイヤモンド以上になるとETC年会費を無料で利用することができます。

 

プラチナ会員の達成条件は、半年間で2000ポイント・15回以上のポイント獲得でランクアップ対象となりますので、楽天カードをメインカードで利用すれば、条件達成は難しくないでしょう。

 

楽天ETCカードの利用では、通常のクレジットカード利用と同じく1.0%のポイントを満額獲得することができます。

 

また、楽天カードの大きなメリットとして、楽天市場でのお買い物がいつでもポイント4倍になる特典もあります。

 

ネット通販が好きな方にもおすすめできるクレジットカードであると言って良いのではないでしょうか。

 

VIASOカード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費

無料

家族会員

無料

ETC

無料

ETC新規発行手数料

税別1,000円

還元率

0.5%

旅行保険

最高2,000万円

 

ETC利用料金はポイント2倍、1.0%還元可能
2年目以降はETC年会費、更新手数料ともに無料
貯まったポイントはオートキャッシュバックで手間なし

 

貯まったポイントをオートキャッシュバックしてくれるので、ポイントの失効の心配なく手間なく利用できる「VIASOカード」

 

VIASOカードでは、ETC料金の支払い分はポイントが2倍に優待されますので、1.0%の高還元でETCを利用することができます。

 

唯一のデメリットとなっているのは、ETCの新規発行手数料に税別1,000円が必要な点ですが、2年目以降の更新手数料・年会費などは必要ありません。

 

初年度のみ税別1,000円の新規発行手数料を支払うことで、2年目以降はコストゼロでクレジットカードとETCカードを維持することができるのですね。

 

また、ETC料金だけではなく、携帯電話料金・インターネットプロバイダー料金の支払いでもポイント2倍の対象となります。

 

dカード GOLD

 

年会費

税別10,000円

家族会員

無料

ETC

無料

ETC新規発行手数料

無料

還元率

1.0%

旅行保険

最高1億円

 

ETCの利用で1.0%ポイント還元
ETC新規発行手数料、年会費無料
ドコモケータイ料金の10%がポイント還元

 

ドコモケータイ料金の10%がポイントバックされることで、ドコモユーザーに非常に大きなメリットのある「dカード GOLD」

 

dカード GOLDではETCの利用料金が1.0%の還元率でポイントを貯めることが可能となっています。

 

カードの利用で貯めることができるポイントは、今後さらに共通ポイントとして使い易くなるdポイント

 

dポイントでドコモケータイ料金を支払うこともできますので、高速料金の利用で貯めたポイントでケータイ料金を節約することも可能となっています。

 

また、ゴールドカードとしても、最高1億円の旅行保険や空港ラウンジサービスなどの納得の付帯サービスが付いていますので、満足できますよね。

 

ETCカード利用した時のポイント付与条件は必ずチェック!

今回は、ETCカードをお得に利用することができるクレジットカードを特集してご紹介してきました。

 

お得なETCカードの条件として、ETCカードの利用でクレジットカードのポイントを貯めることができること、と言う条件があります。

 

各クレジットカードでは、カードの利用でお得にポイントを貯めることができるポイントプログラムが用意されています。

 

それなら、ETCカードの利用でもポイントを貯めることができるんじゃないの?と思ってしまうでしょうが、全てのカードに当てはまる訳ではありません。

 

ETCカードのポイント付与条件は、クレジットカードによって変わってくるのですね。

 

ETCカードを利用した際のポイント付与条件は、

 

通常還元率と同じ満額のポイントを獲得することができる
ETCカードの利用分はポイント倍率が優遇される
ETCカードの利用分はポイントが減額される
ETCカードの利用ではポイントが付与されない

 

このようにポイント付与条件が分かれてしまいます。

 

意外と、ETCカードの利用でポイントが減額される、またはポイント付与そのものが無いカードと言うのは多くなっています。

 

当然、上記の条件でお得なETCカードの条件に当てはまるカードと言うと、ポイント満額獲得・またはポイント倍率がアップするカードということになりますよね。

 

ETCカードを選択する際には、クレジットカードの還元率はもちろんのこと、ETCカードを利用した際のポイント還元率にも着目する必要があるのです。

 

お得に利用できるETCカードを探すのであれば、ETC利用時のポイント還元率が1.0%を超えるカードを選べば間違いが無いでしょう。

カードの利用で貯めることができるポイントにも着目しよう

お得に利用することができるETCカードを選択する際のコツとなるのは、ETCを利用した際のポイント還元率が優れているカードを選択することです。

 

せっかくETCの利用でザクザクポイントを貯めることができたとしても、貯まったポイントが使い道のないものではあまり意味がありませんよね。

 

クレジットカードの利用で貯めることができるポイントは非常に多岐に渡るものになっていますが、共通ポイントや共通ポイントに交換することができるポイントを貯めるのがおすすめです。

 

共通ポイントは、様々なポイント加盟店で1ポイント=1円として現金同様に利用することができます。

 

ポイントの使い道に困ってしまうことが少なくなりますので、ポイントが失効してしまうようなケースも少なくなるでしょう。

 

また、1ポイントあたりの価値を考えると、JAL/ANAなどの航空会社のマイルに交換することができるポイントもおすすめです。

 

1マイルあたりの価値が2円〜5円になると言われているマイルなら、ETCで貯めたポイントをお得に活用することができるのですね。

ETCカードの新規発行手数料!更新毎にかかる!?

お得に利用することができるETCカードを選択する際の条件になってくるのが、ETCカードの保有でコストがかからないカードを選択することです。

 

クレジットカードの中には、本カードの年会費は無料でもETCカードの年会費は必要になってくるというカードは少なくありません。

 

ですので、お得なクレジットカードを選択する際にはETC年会費も無料のクレジットカードを選択することが重要です。

 

しかし、注意が必要になってくるのはETC年会費は無料でも新規発行手数料が必要になってくるカードです。

 

ETCカードの中にはETCカードを発行する際に、新規発行手数料が必要になってくるカードがあります。

 

新規発行手数料が必要なクレジットカードの中には、

 

新規発行時の1回にのみ新規発行手数料が必要になる
クレジットカードの更新の度に発行手数料が必要になる

 

このような2つのパターンのカードがありますので注意が必要となっています。

 

新規発行時の1回にのみ新規発行手数料が発生するクレジットカードの場合、費用が必要なのは初回の1回のみとなり、2年目以降はコスト0円でETCカードを維持することができます。

 

ただし、更新の度に発行手数料が必要なETCカードの場合、年会費無料とは名ばかりで毎年ETCカードを維持するために費用が必要になってしまうのですね。

 

クレジットカードの中には、ETCカードの年会費を無料に見せる為に、毎年更新手数料を設定しているクレジットカードもあります。

 

ETCカードのコストを考える際には、新規発行手数料の条件にも着目をする必要があるのですね。

一定の条件を満たせばETC年会費が無料になる条件付き無料のETCもある

ETCカードの中には、通常では年会費が設定されているものの、一定の条件を満たせば年会費が無料になる条件付き年会費無料のETCカードもあります。

 

今回ご紹介したETCカードの中では、ポイントプログラムの会員ランクが一定以上になれば年会費無料になる楽天ETCカードが条件付き年会費無料のETCカードに当たりますね。

 

楽天ETCカードの場合は、6か月でポイント2000ポイント・15回以上の獲得でETC年会費が無料になるプラチナ会員を取得することができますので、年会費無料のハードルは高くはありません。

 

その他にも、年間1回でもETCカードの利用があればETCカードの年会費が無料になる年会費実質無料のETCカードを発行しているカードも多くなっています。

 

こうした条件付き年会費無料のETCカードの年会費を無料にする条件は、比較的優しいものになっていますので、条件付き年会費無料のETCカードを選択するのも賢い選択です。

お得なETCカードを手に入れて、メリットいっぱいのドライブを楽しもう

高速道路を利用する方にとっては、いまや必須のアイテムと言っても良いETCカード。

 

ETCマイレージや休日・夜間でのETC割引など、ETCカードを利用することでドライバーは様々なメリットをうけることができます。

 

クレジットカードの追加カードとして利用できるETCカードですが、実は各クレジットカード会社でETCカードのサービスには大きな違いがあります。

 

お得なETCカードを選択する際のポイントになってくるのが、

 

ETCカードの保有でコストのかからないカード
ETCの利用で1.0%以上のポイント還元をうけることができるカード

 

このような条件を満たしたETCカードを選択するようにすれば、失敗の無いETCカード選びをすることができるでしょう。

 

Pocket