三井住友VISAカードの審査難易度は低い?審査期間から審査落ちの傾向まで解説!

Pocket

 

日本国内でのVISAプロパーカードと言っても良いのが「三井住友VISAカード」です。

 

非常にバランスの取れたカード構成と、旅行・出張の際にも便利な付帯サービスで人気を集めているクレジットカードのひとつでもある三井住友VISAカード。

 

しかし、比較的審査が厳格であると言われている銀行系クレジットカードである三井住友VISAカードは、審査のハードルも高めになっていると言われています。

 

多少審査の難易度が高いとしても、三井住友VISAカードは取得する価値のあるクレジットカードであることはいうまでもありません。

 

今回は、三井住友VISAカードの審査通過を目指す為に、三井住友VISAカードの審査について徹底解説していきましょう。

 

三井住友VISAカードの審査は甘い?

三井住友VISAカードは、審査難易度が最も高いと言われている銀行系のクレジットカードとなっており、審査難易度の高いクレジットカードと言われています。

 

しかし、それはあくまでも「三井住友VISAカードは銀行系だから、審査が厳しそう」というイメージでしかありません。

 

ここでは、多角度からの裏付けを基に、三井住友VISAカードの審査難易度の真実の部分を探っていきましょう。

申込資格で審査難易度を考察

三井住友VISAカードのカードラインナップは非常に幅広いものになっており、ハイステータスのプラチナカードから学生向けのカードまでラインナップされています。

 

各カードのランクによって申込資格は異なるものになっていますが、ここでは基本のカードとなる「三井住友VISAカード」申込資格を見ていきましょう。

 

三井住友VISAカードの申込資格は、高校生を除く満18歳以上の方となっています。

 

申込資格だけをみると、学生や専業主婦の方でも申し込みをすることができるクレジットカードということになりますね。

 

クレジットカードの審査においては、パート・アルバイトの方よりも、専業主婦の方や実家住まいの学生の方の方が審査に対して有利になっている傾向があります。

 

本人の収入よりも、同居をしている両親・配偶者の方の収入が審査に有利になってくるのですね。

 

三井住友VISAカードの申込資格を確認すると、フリーター・パート主婦の方でも申し込みは可能ですが、実際に審査に通過する可能性はどうか?というと厳しくなってくるかも知れません。

 

とはいえ、アルバイト勤務の方の審査通過の前例が全くないか?というと、決してそのようなことはありません。

 

アルバイト収入の方を申込資格でふるい落としていない、ということはアルバイトの方でも審査に通過する可能性は充分にあるということになるのですね。

三井住友カードという会社から審査難易度を考察

三井住友VISAカードの審査が比較的厳しいと言われている要因となっているのが、三井住友カードが三井住友銀行のグループ企業であることです。

 

クレジットカードの審査の難易度の高さは、クレジットカードを発行する会社の属性によって変わってくると言われています。

 

三井住友VISAカードは、クレジットカードの中でも最も審査の難易度が高いと言われている「銀行系」のクレジットカード。

 

こうした、三井住友カードの会社の属性からも、三井住友VISAカードの審査のハードルは高いと言われているのですね。

 

しかし、銀行系のクレジットカードとはいえ、一般カードの審査の難易度は驚くほど高いものではありません。

 

正社員として会社に勤務しており、他社での延滞などの無い方であれば、まず問題なく審査に通過することができるでしょう。

 

当然、流通系やハウス系のクレジットカードに比べると、誰もが審査に通過することができるクレジットカードという訳にはいきませんが、ハイステータスのクレジットカードほど極端に審査が厳しいという訳でもないのですね。

三井住友VISAカードの会員数で審査難易度を考察

日本で初めてVISAと提携をしたカードとしてのアイデンティティを持つ三井住友VISAカード。

 

歴史的にも日本のクレジットカード業界をけん引してきた三井住友VISAカードは、間違いなく日本を代表するクレジットカードのひとつと言って良いでしょう。

 

三井住友VISAカードの会員数は2014年現在で2,349万人となっており、クレジットカードを発行することができる世代人口の4人に1人が三井住友VISAカードを保有しているということになります。

 

この会員数をみると、三井住友VISAカードの審査が厳しいというのは、実際には噂の枠を出ていないのではないかと考察することができます。

 

口コミでの噂にあるように、審査の厳しいクレジットカードであれば、日本のクレジットカード保有者数の4分の1ものシェアを占めることができるでしょうか?

 

 

ここまで、三井住友VISAカードの申込資格・属性・会員数で審査の難易度を考察してきました。

 

三井住友VISAカードは銀行系のクレジットカードという属性情報から、審査のハードルが高いクレジットカードと言うイメージがありました。

 

しかし、三井住友VISAカードの申込資格の門戸の広さや、クレジットカード保有人口の4人に1人にあたる会員数をみると、決して審査の難易度が高いクレジットカードではないのではないかと考えられます。

 

実際に、アルバイト収入の方の場合でも三井住友VISAカードの審査を通過している実例もあり、比較的低収入の方でも発行されているクレジットカードとなっています。

 

当然、他社のクレジットカードで延滞や未払いの履歴がある方は審査通過が難しくなっていますが、それは三井住友VISAカードに限らず、どのクレジットカードでも同じことです。

 

ですので、三井住友VISAカードは比較的審査難易度も低く、チャレンジしやすいカードなのではないかと考察することができます。

 

特に、三井住友VISAカードでは、申込者の属性に合わせて様々なカードをラインナップしています。

 

自分の収入や求めるサービスに合わせて、柔軟にカードを選択することができるのですね。

三井住友VISAカードの審査落ちの傾向を口コミから考察

申込資格の幅の広さや会員数をみると、イメージよりも審査に通過しやすいクレジットカードであるとも言える三井住友VISAカード。

 

しかし、それでも申し込みをした方全てが三井住友VISAカードの審査に通過する訳ではなく、残念ながら審査落ちと言う結果になってしまう方もいます。

 

三井住友VISAカードの審査通過を目指す方にとっては、審査に通過した方の口コミを見るよりも、審査落ちになってしまった方の傾向を見た方が参考になるもの。

 

審査に落ちてしまった方の口コミから、審査落ちをしてしまう方の傾向を知ることで、三井住友VISAカードの審査の際に気を付けなければならないポイントが見えてくるのですね。

 

ここでは、三井住友VISAカードの審査に落ちてしまった方の口コミを見てみましょう。

 

・同日5件申し込みの内の4件目が三井住友VISAカードでしたが、結果否決。

・専業主婦、楽天カードで1年間クレヒスを積んだが否決。もう少しクレヒスを積んでから再挑戦したい。

・ほぼ同時にDCMXを申し込みし、DCMXは通過しましたが三井住友VISAカードは否決でした。

 

このように、三井住友VISAカードの審査に落ちてしまった方の口コミを見てみると、審査落ちになってしまう方の傾向が見えてきます。

 

専業主婦の方で楽天のクレヒスを積んだのに落ちてしまったという方は、専業主婦で複数枚のクレジットカードを保有することに難色を示されてしまったように思います。

 

本人も再チャレンジすると言っているように、もっと実績を積んで再チャレンジすれば審査通過の可能性は充分にあるでしょう。

 

しかし、他の2名の方はクレジットカードを申し込みする際のタブーを犯してしまっていることが分かるでしょうか?

 

クレジットカードの申し込みの際には、複数のクレジットカードを同時に申し込みすることは絶対にやってはいけないこととなっています。

 

クレジットカードの審査の際には他社での利用状況が審査通過の判断材料のひとつになります。

 

他社での利用状況には、既に契約して利用しているクレジットカードだけではなく、他社への申し込み状況も大きな判断材料となります。

 

複数のクレジットカードに同時に申し込みをした方の場合、返済能力に問題ありとして審査落ちになってしまう可能性が高くなってしまうのです。

 

口コミを投稿した方は、同日5件申し込み・ほぼ同時に申し込みと、複数枚のクレジットカードの申し込みをしていたことが審査落ちの原因になってしまっているのですね。

 

特に、三井住友VISAカードでは審査の際に申込者の返済能力を重視して審査が行われる傾向がありますので、複数社の同時申し込みはタブーとなっています。

三井住友VISAカードの審査期間は?

三井住友VISAカードは、申し込み〜カード発行までの手続きが非常にスピーディなクレジットカードとなっています。

 

審査の結果も基本的には当日知ることができますので、審査の結果を少しでも早く知りたいという方にもおすすめできるカードです。

 

ただし、申込者の属性によっては審査に数日〜1週間程度の期間が必要になってくる場合もあります。

 

審査期間が長くかかってしまいがちな方の傾向としては、

 

低収入の方
パート、アルバイトの方
既に複数のクレジットカードを保有している方

 

このような方の場合、三井住友VISAカードの返済に疑問が残ると判断されてしまい、審査期間が長くかかってしまう傾向があります。

 

しかし、審査期間が長くかかってしまっている場合は、審査通過にあまり悲観的にならなくても良いケースであるともいえます。

 

審査期間が長くかかっているということは、即時審査落ちになってしまわずに、三井住友VISAカードが審査に通過させようかどうか悩んでいるということ。

 

審査期間が長くかかってしまっている場合は、三井住友VISAカードからの連絡を期待して待つようにしましょう。

 

審査結果を待ち切れずに他社のクレジットカードに申し込みをしてしまうと、それが原因になってしまい、審査落ちになってしまうケースもあります。

 

審査期間が長くかかってしまっている場合は、必ず三井住友VISAカードの審査結果がでてから、次の行動に移すようにしましょう。

審査に時間がかかってしまっている場合は?

三井住友VISAカードでは、基本的には当日〜遅くとも翌日には審査の結果を知ることができます。

 

しかし、申込者の属性によっては数日〜1週間程度の審査期間が必要になってしまう場合があります。

 

私にも覚えがありますが、クレジットカードの審査の結果が出るのを待っている時というのは、試験の合否を待っている時のような緊張感がありますよね。

 

審査期間が長くなってしまっている場合、現在、自分の審査状況がどのようになっているかを知りたいという方も多いのではないでしょうか。

 

三井住友VISAカードを申込した方は、現在の自分の審査状況を「審査状況照会ページ」から確認をすることができます。

 

三井住友VISAカードの申し込みの際に発行された「お申し込み番号」と生年月日・電話番号の入力で現在の自分の審査状況を照会することができます。

審査落ちの方の傾向から学ぶ三井住友VISAカードの審査の通し方

今回は、三井住友VISAカードの審査に落ちてしまった方の口コミから、審査に落ちてしまう方の傾向を考察してきました。

 

三井住友VISAカードは、審査の際に申込者の返済能力を最も重視して判断されます。

 

ここでは、そうした審査落ちの方の傾向から三井住友VISAカードの審査の通し方を解説していきましょう。

申し込みの際には、必ず三井住友VISAカードに集中する

三井住友VISAカードの審査に落ちてしまった方の傾向で、非常に多いパターンになっていたのが、複数のクレジットカードに同時に申し込みをしてしまったケースです。

 

三井住友VISAカードに限らず、クレジットカードを申し込む際にはクレジットカードの同時申し込みはタブーとなっています。

 

クレジットカード会社は、審査の際に申込者の「個人信用情報」を参照して審査を行います。

 

個人信用情報には、申込者の過去のクレジットカードの利用履歴だけではなく、審査の申し込み・審査結果の情報も記録されてしまいます。

 

ですので、複数のクレジットカードに同時に申し込みをしている場合でも、審査の際にその事実が知られてしまうのですね。

 

複数の会社に同時に申し込みをしている方は「お金に困っている方」という判断をされてしまい、収入が充分でもその事実だけで審査に落ちてしまう可能性が高くなってしまいます。

 

審査の結果が不安な場合でも、三井住友VISAカードを申し込む際には1枚に集中をして申し込みをするようにしましょう。

他社での延滞・未払いが無いかを確認する

三井住友VISAカードは、収入よりも返済能力が審査の際に重視されています。

 

ですので、審査の際に他社での延滞や未払いがある場合は、充分な収入があっても審査に落ちてしまう可能性があります。

 

一般的には、直近6か月の間で3か月連続して支払いの延滞があった場合は、審査の通過が難しくなってしまいます。

 

延滞の心当たりがある方の場合は、6か月程度クリーンな返済を続けてからチャレンジをした方が無難でしょう。

三井住友VISAカードで1番審査に通り易いカードは?

三井住友VISAカードには、多種多様なカードラインナップが用意されており、申込者の属性に合わせてカードを申し込むことができます。

 

豊富なカードラインナップの中には、比較的審査に通り易いカードもあります。

 

それが、三井住友VISAエブリプラスです。

 

三井住友VISAエブリプラス

 

年会費

無料

家族会員

無料

ETC

初年度:無料

2年目以降:条件付き無料

旅行保険

無し

還元率

1.5%

 

ポイント還元率3倍
年会費永年無料
年間100万円までのショッピング保険

 

三井住友VISAエブリプラスは三井住友カードが発行するプロパーカードで、リボ払い専用カードとなっています。

 

三井住友VISAエブリプラスの最も大きなメリットとなっているのが、その審査難易度の低さにあります。

 

リボ払い専用カードであることから、他の三井住友VISAカードのカードラインナップに比べて取得しやすいカードとなっており、審査に通り易くなっています。

 

三井住友VISAには、学生向けのデビュープラス女性向けのアミティエカードなどの審査に通過しやすいカードがありますが、そうしたカードと比べても三井住友VISAエブリプラスのハードルは低くなっています。

 

また、三井住友VISAエブリプラスではリボ払いの利用でポイント3倍になる特典が用意されており、ポイントを非常に貯めやすい点もメリットとなっています。

 

まずは三井住友VISAエブリプラスを取得して、三井住友VISAカードのクレジットヒストリーを積むというのも良いのではないでしょうか。

三井住友VISAカードの取得を目指すなら、返済能力の信頼を積もう

今回は銀行系クレジットカードであることから、比較的審査の難易度が高いと言われている三井住友VISAカードの審査について考察してきました。

 

三井住友VISAカードの審査に落ちてしまった方の傾向としては、複数のクレジットカードに同時に申し込みをした方が多くなっています。

 

三井住友VISAカードの審査の際には、申込者の返済能力が重視されており、複数のクレジットカードを同時に申し込みしてしまうと、審査に落ちてしまう可能性が高くなってしまうのですね。

 

また、三井住友VISAカードの豊富なカードラインナップの中には、比較的審査に通過しやすい三井住友VISAエブリプラスのようなカードもあります。

 

まずは三井住友VISAエブリプラスを取得して、クレジットヒストリーを積めば、上位カードの審査にもチャレンジ可能になってくるのですね。

 

Pocket