陸マイラーが選ぶべきクレジットカードおすすめ7枚!ベストな保有枚数は?

Pocket

 

 

「毎日のお買い物でお得にマイルを貯めたい」

「どのマイルを貯めるのが一番お得なの?」

 

人によっては、全く飛行機に乗らずに年間数万マイルを貯める方もいるという「陸マイラー」の世界。

 

クレジットカードの利用で貯めたポイントの交換先として人気が高いのは、やはりお得な特典航空券に交換することができる航空マイルです。

 

しかし、ひとくちにマイルが貯まるカードとは言っても、JAL/ANAなどの私たちに馴染みの深いマイルをはじめ、様々な種類のマイルを貯めることができるクレジットカードがあるもの。

 

今回は、陸マイラーが持っておくべき7枚のクレジットカードと、陸マイラーデビューの為のポイントを解説していきましょう。

 

陸マイラーにおすすめのクレジットカード7枚

実際に航空機に乗らずに大量のマイルを貯める陸マイラーにとっては、マイルを貯めるメインの手段となるクレジットカード選びは最も重要なポイントのひとつとなります。

 

しかし、数多くあるマイルやクレジットカードの中から、どのクレジットカードを選択するのがベストなのか分からないという方も多いでしょう。

 

ここでは、陸マイラーにおすすめの厳選クレジットカードをご紹介していきましょう。

SPGアメリカン・エキスプレスカード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費

税別31,000円

家族会員

税別15,500円

ETC

無料

旅行保険

最高1億円

還元率

1.0%

空港ラウンジ

有り

 

各航空マイルにマイル還元率1.25%での以降が可能
SPGゴールド会員資格が付帯
年に1回高級ホテルの無料宿泊特典が付帯

 

世界的なホテルチェーン・スターウッドホテルとアメックスの提携カードとして発行されている「SPGアメリカン・エキスプレスカード」

 

SPGアメリカン・エキスプレスカードの利用では、通常のアメックスのクレジットカードとは違い、スターウッドの「スターポイント」が付与されます。

 

スターポイントはANAマイルやデルタスカイマイルなどをはじめとした、各航空マイルに手数料無料で1対1のレートで移行することができるお得なポイントです。

 

SPGアメリカン・エキスプレスカードの利用では1%の還元率でスターポイントを貯めることができますが、20,000ポイント以上の一度のマイル交換で5,000ポイントがプレゼントされます。

 

20,000ポイントの交換で25,000マイルを獲得することができますので、1.25%の高還元率でマイルを貯めることができるのですね。

 

また、SPGアメリカン・エキスプレスカードはスターウッドホテルの上級会員資格「ゴールド会員」が無料で付帯する特典もあります。

 

年に1回、スターウッドホテルチェーンの高級ホテルでの無料宿泊券がプレゼントされますので、特典航空券で出かけた旅先での宿泊料金も無料で旅行を楽しむことができるのですね。

 

SPG

デルタ・アメリカン・エキスプレスゴールドカード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費

税別26,000円

家族会員

税別12,000円

ETC

無料

旅行保険

最高1億円

還元率

1.0%

空港ラウンジ

有り

 

年間100万円以上の利用でマイル1.5%還元可能
カードの利用で直接マイルを貯められるから手間が無い
デルタ航空の「ゴールドメダリオン資格」が付帯

 

世界的航空アライアンス「スカイチーム」に所属するデルタ航空とアメックスが提携して発行する「デルタ・アメリカン・エキスプレスゴールドカード」。

 

デルタ・アメリカン・エキスプレスゴールドカードでは、カードの利用で直接デルタ航空のスカイマイルを貯めることができます。

 

スカイマイルは、スカイチーム所属20社の航空会社のマイルに交換することができるほか、スカイマークの特典航空券に交換することが可能となっており、日本人にも使い易いマイルのひとつです。

 

デルタスカイマイルの特典航空券の交換は燃油サーチャージ無料という点も人気のポイント無駄に費用をかけたくない陸マイラーにも人気です。

 

また、年間100万円以上のカードの利用で、通常の10,000マイルの付与と合わせて5,000マイルのボーナスマイルが付与されますので、1.5%の還元率でのマイル獲得が可能です。

 

デルタ・アメリカン・エキスプレスゴールドカードの大きなメリットとなっているのが、デルタ航空の上級会員資格「ゴールドメダリオン資格」が無料で付帯する点です。

 

ゴールドメダリオンの特典として、デルタスカイラウンジの使用特典や、シートのアップグレードなどの優待を受けることが可能で、実際の搭乗の際にも特別なサービスをうけることができます。

 

オリコカードザポイントプレミアムゴールド

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費

税別1,950円

家族会員

無料

ETC

無料

旅行保険

最高2,000万円

還元率

1.0%

空港ラウンジ

無し

 

JAL/ANAマイルに移行手数料無料で交換可能
入会後半年間はポイント2倍
オリコモール経由のネット通販で2.5%以上のポイント還元可能

 

カードの利用でどんどんポイントを貯めることができる「オリコカードザポイントプレミアムゴールド」も、陸マイラーには人気のクレジットカードのひとつです。

 

オリコカードザポイントプレミアムゴールドでは、JALマイルに1:0.5・ANAマイルに1:0.6のレートで移行手数料無料でポイントを交換することができます。

 

交換レートが有利なANAのマイルでも、0.6%の還元率となりますので、一見するだけではそれほどマイル還元率は高くありません。

 

しかし、オリコカードザポイントプレミアムゴールドでは、そもそものポイント還元率が非常に優れているという、非常に強いメリットがあるのです。

 

カード入会後半年間はポイント還元率が2倍になりますので、その期間に獲得したポイントをANAマイルに交換すると1.2%の高還元となるのですね。

 

それだけではなく、オリコカードザポイントプレミアムゴールドではオリコモールを経由したネット通販やiD・QUICPayの利用でボーナスポイントが付与される特典もあります。

 

日常的なネット通販や、Apple Payの利用で効率良く貯めたポイントをマイルに交換することができるのは大きなメリットとなりますよね。

 

ANA VISA ワイドゴールドカード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費

税別14,000円

家族会員

税別4,000円

ETC

初年度:無料

2年目以降:税別500円

旅行保険

最高5,000万円

還元率

0.5%

空港ラウンジ

有り

 

ポイントはマイルに移行手数料無料で1ポイント=10マイルで交換可能
年間のボーナスマイルで1.48%のマイル還元可能
「ソラチカルート」で1.7%還元も!

 

ANAのマイルを貯める陸マイラーにとっては必携のクレジットカードとなっているのが「ANA VISA ワイドゴールドカード」です。

 

ANA VISA ワイドゴールドカードでは移行手数料無料で1ポイントをANAマイル10マイルに交換することができますので、通常マイル還元率は1.0%となっています。

 

ANA VISA ワイドゴールドカードには、年間の利用金額に応じてボーナスポイントを獲得することが可能です。

 

ボーナスポイントのマイル交換レートは1:3と通常ポイントの交換レートよりは低くなっていますが、最大で0.18%のマイルを加算することができます。

 

また、リボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」の利用でさらに0.3%のマイルを加算することができますので、合計1.48%のマイル還元をうけることが可能なのですね。

 

また、ボーナスマイルはGポイント・ソラチカカードを経由する「ソラチカルート」の利用で1ポイントあたり4.5マイルで交換することが可能です。

 

ソラチカルートの利用には、ソラチカカードが必要になりますが、ANAマイルを貯める陸マイラーには愛用している方も多いのですね。

 

リクルートカード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費

無料

家族会員

無料

ETC

無料

旅行保険

最高2,000万円

還元率

1.2%

空港ラウンジ

無し

 

貯まったポイントはPonta経由でJALマイルに交換可能
年会費無料のクレジットカードで0.6%のマイル還元率
電子マネーへのチャージでもお得にポイント還元

 

クレジットカードのコストをかけたくない陸マイラーの方に人気のクレジットカードが「リクルートカード」です。

 

リクルートカードの利用では1.2%のリクルートポイントを貯めることができますが、リクルートポイントは人気の共通ポイントPontaポイントとの相互交換が可能です。

 

Pontaポイントは1:0.6の交換レートでJALマイルに交換することができますので、リクルートカードでは0.6%の還元率でマイルを貯めることができます。

 

リクルートカードは年会費無料のクレジットカードの中では最強クラスの還元率1.2%を誇っており、電子マネーのチャージなどでも効率的にポイントを貯めることができます。

 

年会費無料のクレジットカードで気軽に陸マイラーをスタートしたい方にとっては、リクルートカードは非常に効率的なアイテムとなるのではないでしょうか。

 

楽天カード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費

無料

家族会員

無料

ETC

税別500円

旅行保険

最高2,000万円

還元率

1.0%

空港ラウンジ

無し

 

ポイントを1:0.5のレートでANAマイルに交換可能
楽天市場の利用で4%のポイント還元可能
ANAマイルを実質有効期限無期限で貯められる

 

年会費無料のカードで気軽に陸マイラーをはじめたい方には「楽天カード」もおすすめのクレジットカードとなります。

 

楽天カードの利用で貯めることができる楽天スーパーポイントは、2ポイント=1マイルのレートでANAマイルに交換することができます。

 

年会費無料のクレジットカードで 0.5%のマイル還元率は非常に高い水準となっており、効率的にマイルを貯めることが可能です。

 

楽天カードのメリットとして、楽天市場の利用でいつでも4%のポイント還元が可能という特典があります。

 

楽天市場の利用で貯めたポイントをANAマイルに交換すれば、1%の還元率でマイルを貯めることができますので、ネット通販好きな方もお得にマイルを貯めることができます。

 

楽天スーパーポイントは、年間1回でもポイントの加算があれば有効期限実質無期限となりますので、ANAマイルを実質無期限で貯めることも可能となっているのですね。

 

マイレージプラスセゾンカード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費

税別1,500円

家族会員

無料

ETC

無料

旅行保険

最高3,000万円

還元率

0.5%

空港ラウンジ

無し

 

マイルアップメンバーズ登録で1.5%還元
コスモ石油での給油で2%還元可能
実質無期限でマイルを貯めることができる

 

ユナイテッド航空とセゾンカードが提携して発行するクレジットカードが「マイレージプラスセゾンカード」です。

 

マイレージプラスセゾンカードでは、通常1,000円につき5マイルのユナイテッド航空マイルを貯めることができます。

 

それだけではなく、別途年会費5,000円でマイルアップメンバーズに加入すると、マイル還元率が1,000円に15マイルとなり、1.5%の還元率にアップします。

 

ユナイテッド航空のマイルは、スターアライアンス加盟の28社の航空マイルに交換することも可能で、ANAの特典航空券にも交換することが可能となっています。

 

しかも、ANAの特典航空券より低い最低5000~(片道)マイル数で交換できます。

 

マイレージプラスセゾンカードではポイントの有効期限が実質無期限となっていますので、各航空会社のマイルを実質無期限で貯められるメリットもあります。

 

交換できる航空会社の幅も広く、陸マイラーの方にとっても人気の高いクレジットカードとなっているのですね。

 

陸マイラーにクレジットカードは何枚必要?ベストな保有枚数は?

実際に航空機に搭乗することなく、クレジットカードの利用でマイルを貯める「陸マイラー」。

 

陸マイラーの方がマイルを貯める際に必須のアイテムとなってくるのがクレジットカードですが、それだけに陸マイラーの方のクレジットカードの保有枚数は多くなってしまいがちです。

 

上級者の陸マイラーの方のカード保有枚数は30枚を超えている方もザラで、平均的な保有枚数を見ても7枚〜10枚以上のクレジットカードを保有している方が多くなっています。

 

陸マイラーの方のクレジットカードの保有枚数が多くなる要因としては、

 

キャンペーンでのマイル獲得を狙い、新規のカード枚数が多くなる
クレジットカードによって、貯めることができるマイルが変わってくる
同じマイルを貯める際にも、クレジットカードによってお得な店舗が違う

 

陸マイラーの方がマイルを貯める、最もお得なタイミングとなるのがクレジットカードの入会キャンペーンです。

 

クレジットカードの入会キャンペーンは、通常数百万円利用しなければもらうことができないようなポイントを一度にもらえるチャンスとなっています。

 

ですので、陸マイラーの方はポイントを求めてカードを発行し続けているので、自然とカードの枚数そのものも多くなってしまうのですね。

 

また、クレジットカードによって貯まるマイル、貯めやすいサービスなども変わってきますので、複数枚のカードを併用することは重要です。

 

しかし、クレジットカードの保有枚数が増えすぎてしまうと、年会費などの負担も大きくなってしまいますし、セキュリティの観点からもあまりおすすめはできません。

 

ベストな保有枚数としては、

 

貯まるマイルの違うメインのカード2枚
年会費無料のサブカードそれぞれ2〜3枚

 

このように、常時5枚程度の保有枚数に抑えておくことが有効でしょう。

 

メインのカードに加えて、ネット通販などでお得になるサブカードを2枚〜3枚用意しておけば、毎日のお買い物で効率的にマイルを貯めることが可能なのですね。

 

陸マイラーデビュー!失敗しないクレジットカードの選び方

これから陸マイラーデビューをする方の中には、どのクレジットカードを利用してマイルを貯めようかと悩んでいる方も多いでしょう。

 

陸マイラーにとっては、クレジットカードはマイルを貯めるための必須アイテムとなりますので、クレジットカード選びによってマイルの貯まる速度も変わってくるものです。

 

ここでは、これから陸マイラーデビューをする方のために、失敗しないクレジットカード選びのポイントをご紹介していきましょう。

マイル移行上限・手数料に注意

マイルを貯めるクレジットカードを選択する際には、マイルの還元率を基準にクレジットカードを選択する方は多いでしょう。

 

マイル還元率でクレジットカードを選択する際には、マイルの還元率だけではなく、マイルの移行上限や移行手数料に気を付ける必要があります。

 

クレジットカードの中には、マイルに移行する際に年間の移行上限が定められていたり、移行に手数料が発生してしまうカードがあります。

 

特に、マイル移行手数料が必要なカードの場合は、還元率が少し少なくても移行手数料が無料のクレジットカードを利用する方がお得になるパターンも多くなっています。

 

マイル還元率でクレジットカードを選ぶ際には、移行手数料も含めた総合的なマイル還元率で判断をするようにしましょう。

同時に複数枚のカードを申込むのは危険

陸マイラーを目指す際に、やはり最も多くマイルを獲得することができるタイミングは入会キャンペーンのポイントプレゼントとなります。

 

ですので、陸マイラーデビューをすると、自然とクレジットカードの保有枚数が多くなってしまいますが、カードの申込みの際には少し注意が必要です。

 

クレジットカードの申込みの際には、同時に複数枚のクレジットカードを申込むことはタブーとなっています。

 

申込みが同じ期間に重複してしまうと、返済能力に不安アリと判断されてしまい、それだけでクレジットカードの審査に落ちてしまうこともあります。

 

クレジットカードの申込みは、月間に多くても1枚〜2枚・半年に6枚程度にとどめておいた方が無難です。

毎日の買い物でお得に特典航空券をゲット!陸マイラーデビューしてみませんか?

実際に飛行機に搭乗することなく、クレジットカードの利用でお得にマイルを貯める陸マイラー。

 

クレジットカードの中には、お得にマイルを貯めることができるポイントプログラムが用意されているカードも多く、毎日のお買い物でお得にマイルを貯めることができます。

 

陸マイラーデビューをする際には、メインのカードと年会費無料のサブカードを2〜3枚利用して、5枚程度のカードを常時利用するのがベストの保有枚数といえます。

 

入会キャンペーンのポイント目当てで作ったクレジットカードは、定期的にリストラをして、スタメンクレジットカードを決めることも重要です。

 

クレジットカードのポイントは、マイルに集中すると面白いくらいのスピードで貯まるものです。

 

あなたも毎日のお買い物で特典航空券をゲットできる陸マイラーデビューをしてみませんか?

 

Pocket