エポスゴールドカードはインビテーションで年会費無料!価値あるゴールドカード

Pocket

 

マルイでの10%割引優待をはじめ、マルイでお買い物をする際にお得な特典が数多く用意されている「エポスカード」。

 

エポスカに上位カードとなるゴールドカードがラインナップされていることをご存じでしょうか?

 

エポスゴールドカードは、通常のエポスカードのワンランク上のサービスが提供されている非常にお得なゴールドカード。

 

さらに、エポスゴールドカードは、エポスカードからのインビテーションをうけた方は永年年会費無料で利用することができる、圧倒的にコストパフォーマンスに優れたカードなのです。

 

今回は、価値あるゴールドカード「エポスゴールドカード」の魅力と、カードの取得条件を徹底的に解説していきましょう。

 

 

エポスゴールドカードの取得条件は?

 

エポスゴールドカードを取得するためには、2種類の方法でカードを取得することができます。

 

ここでは、エポスゴールドカードの2種類の取得条件をまとめておきましょう。

エポスカードからのインビテーションで年会費永年無料

よりお得にエポスゴールドカードを取得することができる方法が、エポスカードからの「インビテーション」をうけることです。

 

インビテーションとは、一般のクレジットカードを利用している優良な顧客に、より上位となるカードの招待が送られることとなります。

 

エポスゴールドカードのインビテーションは、エポスカードが発行する一般カード「エポスカード」を利用中の方で、特定の取得条件を満たした方にインビテーションが送られます。

 

具体的なエポスゴールドカードのインビテーション条件は、

 

年間50万円以上のエポスカードの利用

 

が、インビテーションの条件となっています。

 

ただし、エポスカードでは明確なインビテーションの条件を公開しているわけではなく、あくまでも年間50万円のエポスカードの利用は目安となります。

 

年間50万円に満たない方の場合でも、エポスゴールドカードからインビテーションが届いたという実例もありますので、継続的なカードの利用が重要ということになるのですね。

 

逆に、年間50万円以上利用している方の場合で、インビテーションが届いていない方はカードデスクに問い合わせてみると、インビテーションをうけることができる可能性はあります。

 

エポスゴールドカードは、エポスカードの上位カードとして発行されているカードですので、エポスカードよりもワンランク上のサービスを提供しています。

 

上質なサービスを提供しているゴールドカードが、インビテーションをうけることで無料で利用することができるのですから、エポスカードをお持ちの方はインビテーションを目指さない手はないですよね。

申込みでも取得可能!2年目以降は年会費無料も可?

エポスゴールドカードは、インビテーション以外でも通常の申込みで取得することが可能です。

 

エポスゴールドカードの申込資格は原則学生を除く20歳以上の方で、ご本人に安定した収入のある方であれば申込みをすることができます。

 

インビテーションを受けずに通常の申込みでCardを取得した場合には、税別5,000円の年会費が必要になります。

 

ただし、年間50万円以上のカードの利用があれば翌年の年会費が無料になる特典がありますので、2年目以降は年会費実質無料のカードとして利用することが可能です。

 

とはいえ、初年度の年会費が必要になってしまいますので、よりお得にカードを利用するためにはエポスカードを利用してインビテーションをうけた方がお得です。

エポスゴールドカードの基本情報

エポスカードの上位カードとして発行されるのがエポスゴールドカードです。

 

エポスゴールドカードの年会費は税別5,000円となっていますが、エポスカードからのインビテーションをうけた方は年会費が無料になるメリットがあります。

 

また、通常の申込みでエポスゴールドカードを取得した方も、年間50万円以上のカード利用があれば年会費が無料になる年会費実質無料のカードとして利用することができます。

 

エポスゴールドカードには家族カードは設定されていませんが、ETCカードは無料で利用することが可能です。

 

エポスゴールドカードの限度額は50万円〜200万円までとなっており、ゴールドカードならではのパワフルな限度額も魅力となっています。

エポスゴールドカードの還元率

エポスゴールドカードの利用では、200円に1ポイントのエポスポイントを貯めることができます。

 

エポスポイントは1ポイント=1円として、マルイの商品券の交換や他社ポイントへの交換に利用することができるお得なポイントとなっていますので、通常還元率は0.5%となります。

 

ポイントは毎回の利用ごとの付与となりますので、ポイントにならない端数が毎回最大199円発生してしまいます。

 

効率よくポイントを貯めるためには、お買い物の際の端数に少し気を配る必要があるのですね。

 

通常、エポスポイントの有効期限はポイント獲得から2年間となっていますが、エポスゴールドカードの特典としてポイントの有効期限が無期限になる特典があります。

 

有効期限を気にすることなく、ゆっくりとポイントを貯めることができるのは大きなメリットとなりますよね。

 

また、エポスゴールドカードは電子マネーへのチャージにも比較的相性良く利用することができます。

 

楽天Edy
Suica
SMARTICOCA

 

といった電子マネーへのチャージで、200円に1ポイントのエポスポイントを貯めることが可能となっています。

 

電子マネーとの併用は、クレジットカードのポイントを効率的に貯めるコツにもなっています。

 

エポスゴールドカードで電子マネーを利用する際には、Apple Payに登録して利用することも可能です。

 

エポスゴールドカードには後払い式電子マネーのQUICPayが搭載されていますので、Apple Payの決済用のカードとして登録することが可能です。

 

Apple Payでお買い物をした際にはQUICPayの利用となり、0.5%の還元率でエポスポイントを貯めることができます。

 

エポスゴールドカードの国際ブランドはVISAとなっているため、Apple Pay利用の際にはサイト・アプリでの決済には対応していません。

 

ただし、QUICPay対応の店舗でApple Pay決済をすることができますので、非常に使い勝手のいいサービスとして利用することができるでしょう。

エポスゴールドカードの付帯保険

エポスゴールドカードには国内旅行保険は付帯していませんが、自動付帯で手厚い海外旅行保険が付帯している点が大きなメリットとなっています。

 

ここでは、エポスゴールドカードの海外旅行保険の詳細をご紹介していきましょう。

海外旅行保険

死亡・後遺障害

最高1,000万円

傷害治療

最高300万円

疾病治療

最高300万円

救援者費用

最高100万円

携行品損害

最高20万円

賠償責任保険

最高2,000万円

 

エポスゴールドカードの海外旅行保険は自動付帯で補償が付帯します。

 

死亡・後遺障害の補償金額こそ最高1,000万円と少額のものになっていますが、傷害・疾病治療の補償が最高300万円までの手厚い補償内容となっています。

 

実際に海外旅行の際に利用する機会が多い補償となるのは、やはり急病やケガの際に利用することができる傷害・疾病治療でしょう。

 

海外での診療の際には、日本では考えられないほどの治療費が必要になってしまうケースも少なくありません。

 

エポスゴールドカードの傷害・疾病治療の補償は自動付帯となっていますので、他のクレジットカードの補償と組み合わせて利用することも可能です。

エポスゴールドカードの付帯サービス

エポスゴールドカードには、ゴールドカードとして相応しい上質な付帯サービスが多く用意されています。

 

毎日の生活をワンランク上質なものに変えてくれるエポスゴールドカードの付帯サービスをご紹介していきましょう。

空港ラウンジサービス

エポスゴールドカードでは、国内外の人気の空港ラウンジを無料で利用できる空港ラウンジサービスが付帯しています。

 

ゴールドカードの付帯サービスとして、付いてて嬉しいサービスの代表格ともいえるサービスが空港ラウンジサービス。

 

エポスゴールドカードでは、日本国内の主要20の空港ラウンジに加えて、ハワイ・ホノルル空港、韓国・仁川空港の空港ラウンジを利用することができます。

 

空港ラウンジでは、ソフトドリンクや軽食のサービスだけではなく、アルコールを提供しているラウンジもあります。

 

搭乗までの待ち時間を有意義に過ごせる優越感は、ゴールドカードを保有するステータスのひとつでもありますよね。

国際線手荷物サービス

海外旅行や出張の際には、空港までの手荷物も多くなってしまうものです。

 

特に、帰国時にはお土産なども増えており、公共交通機関を利用して帰宅する際などには負担になってしまいますよね。

 

エポスゴールドカードでは国際線のフライトの利用時に、帰着空港から自宅までの手荷物を無料で配送してくれる国際線手荷物サービスを利用することができます。

 

疲れて帰国した際にも身軽に家まで帰ることができるのは非常に嬉しいサービスになりますよね。

レストラン・ホテルの優待

ゴールドカードの価値を決めるサービスは、ダイニングやホテルのベネフィットであると言っても過言ではないでしょう。

 

エポスゴールドカードには、ゴールドカード専用のレストラン・ホテルの優待サービスが用意されています。

 

大阪・名古屋の都市圏の約70店舗の提携レストラン・ダイニングでは、エポスゴールドカード専用の優待メニューが用意されています。

 

また、提携ホテルでの優待メニューを利用することも可能になっており、特別な時間を過ごすことが可能となっています。

 

一般のお客さんでは決してうけることができない特別なサービスをうけることができる点が、ゴールドカードを保有する理由のひとつにもなるのですね。

各種優待サービス

エポスカードというと、マルイでお得な特典を受けることができるカードとして認識しておられる方も多いかも知れません。

 

しかし、エポスゴールドカードではマルイだけではなく、様々な店舗でお得に利用することができるメリットが数多く用意されているのです。

 

ここでは、エポスゴールドカードに付帯する、様々な店舗での優待特典をご紹介していきましょう。

 

くいもの屋わんで飲食代金10%オフ
ロイヤルホストで飲食代10%オフ
シダックスで室料30%オフ
アパホテルでチェックアウト1時間延長
ビックエコーで室料30%オフ

 

このように、全国の様々な施設で優待割引やカード会員限定の特典をうけることが可能となっています。

 

このほかにも各地域でのお店でお得になる特典が数多く用意されていますので、マルイのユーザーでなくともお得にカードを利用することができるのですね。

エポスゴールドカードのメリット

エポスゴールドカードには、手厚い旅行保険や、レストラン・ホテルでのベネフィットなどのゴールドカードならではの特典が数多く用意されています。

 

このほかにも、エポスゴールドカードならではの、カードをお得に利用することができるメリットがあります。

 

ここでは、エポスゴールドカードを利用することでのメリットをご紹介していきましょう。

やっぱりマルイでお得なエポスカード

やはり、エポスゴールドカードの最も大きなメリットとなるのは、マルイ各店での優待割引の特典でしょう。

 

カード入会後1ヶ月間は、マルイでのカード利用のお買い物がいつでも10%オフでお買い物ができる特典があります。

 

入会から1ヶ月が経過した後も、年間4回「マルコとマルオの7日間」という優待セールに招待され、カードを利用したショッピングで10%オフでお買い物をすることが可能です。

 

マルコとマルオの7日間の優待セール期間中は、マルイの店舗でのお買い物だけではなく、マルイのネット通販でのお買い物も対象となっています。

 

セール時期に忙しくてマルイの店舗にお買い物に行くことができない方でも、特典をうけることができるというのは大きなメリットになりますよね。

年間の利用金額に応じてボーナスポイント。最大1.5%還元も!

エポスゴールドカードの通常還元率は0.5%と、クレジットカードの還元率としては非常に平均的な還元率となっています。

 

ゴールドカードなのに0.5%の還元率は寂しいなぁと感じてしまった方も多いのではないでしょうか。

 

ただし、エポスゴールドカードには年間の利用金額に応じたボーナスポイントが付与されており、最大1.5%のポイント還元も可能となっています。

 

年間の利用金額と付与されるボーナスポイントは、

 

年間50万円以上のカード利用

2,500ポイント

年間100万円以上のカード利用

10,000ポイント

 

このように、年間100万円以上のカード利用があれば、通常の獲得ポイントに加えて10,000ポイントのボーナスポイントを獲得することが可能です。

 

100万円利用した際の通常獲得ポイントは5,000ポイントとなりますので、合計15,000ポイントとなり、還元率1.5%を実現させることができるのですね。

エポスゴールドカードのデメリット

エポスゴールドカードには、非常に手厚い補償内容の海外旅行保険が付帯しています。

 

しかし、それに反してショッピング保険が付帯していない点がエポスゴールドカードのデメリットとなるといっても良いでしょう。

 

マルイでの10%還元などの特典をうけることができるエポスゴールドカードは、高額なお買い物に利用する機会も多くなってくるのではないでしょうか。

 

そうした商品の盗難や破損の際の補償となるショッピング保険が付帯していない点は、エポスゴールドカードの残念な点であるといえます。

エポスカードとのサービスの差を比較

エポスカードの上位カードとして発行されているエポスゴールドカード。

 

エポスカードのクレジットヒストリーを積むことでインビテーションをうけることができるエポスゴールドカードには、通常カードと比較してどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

ここでは、エポスカードとエポスゴールドカードのサービスの差を比較してみましょう。

 

 

エポスカード

エポスゴールドカード

年会費

無料

税込5,000円

家族会員

発行無し

発行無し

ETC

無料

無料

還元率

0.5%

0.5%

旅行保険

最高500万円

最高1,000万円

空港ラウンジ

無し

有り

 

エポスカードのゴールドカードとして発行されているのがエポスゴールドカードです。

 

ですので、エポスカードに比べて旅行保険が充実しており、空港ラウンジサービスが付帯しているなどの特典も用意されています。

 

それだけではなく、エポスカードではポイントの有効期限が2年間となっていますが、ゴールドカード特典としてポイントの有効期限が無期限になっている特典もあります。

 

エポスゴールドカードはエポスカードからのインビテーションをうけることで、永年年会費無料で利用することができるゴールドカード。

 

エポスカードを利用している方は、ぜひエポスゴールドカードのインビテーションを目指してみてはいかがでしょうか。

エポスゴールドカードはこんな方におすすめ(まとめ)

エポスカードからのインビテーションをうけることで、永年年会費無料で利用することができるエポスゴールドカード。

 

年会費無料のゴールドカードが欲しい方
マルイで良くお買い物をされる方
年間100万円程度のカード利用がある方

 

このような方には、非常に有利に利用することができるゴールドカードとなっています。

 

マルイでの10%割引優待をはじめ、様々な店舗での優待を受けることができるエポスゴールドカード。

 

年間100万円以上の利用では、10000ポイントのボーナスポイントを獲得する事ができますので、1.5%の高還元でポイントを貯めることも可能となっています。

 

マルイのユーザーだけではなく、幅広いユーザーの方が有利に利用うることができる優秀なゴールドカードになっているのですね。

 

エポスカードの申し込み・詳細はこちら

 

 

Pocket