イオンゴールドカードは年会費無料のゴールドカード!特典や取得条件は?

Pocket

 

「ゴールドカードを利用したいけど、高額な年会費は払いたくない」

「いつも利用しているスーパーでお得になるゴールドカードが欲しい」

 

年会費無料の通常カードに比べ、高額な年会費が必要になってくるのがゴールドカードです。

 

年会費はできるだけ節約をしたいけど、年会費無料のクレジットカードではサービス内容が物足りないと思ってしまう方は多いのではないでしょうか?

 

そうした方におすすめをすることができるゴールドカードが「イオンゴールドカード」です。

 

イオンゴールドカードは、イオンカードからの招待を受けることで年会費無料で利用することができるゴールドカード。

 

今回は、イオンの最上位カード「イオンゴールドカード」の魅力と、カードを取得する為の条件を解説していきましょう。

 

 

イオンゴールドカードの取得条件は?

 

イオンカードのゴールドカードとして発行されているカードが「イオンゴールドカード」です。

 

イオンゴールドカードは通常の申込みでは発行をすることができず、イオンカードからの招待をうける必要があります。

 

イオンからのインビテーションをうけることで、イオンゴールドカードは年会費無料で利用することができるお得なゴールドカードなのですね。

 

ここでは、イオンゴールドカードの取得条件をまとめておきましょう。

 

イオンゴールドカードを発行するためには、イオンカードの一般カードを利用してインビテーションをうける必要があります。

 

イオンゴールドカードのインビテーションをうけることができるカードは、

 

イオンカード
イオンカード(WAON一体型)
イオンカードセレクト

 

といった3種類のカードが対象となっています。

 

イオンカードのカードラインナップにはこのほかにも「イオンJMBカード」「イオンSuicaカード」などの提携カードがありますが、そうした提携カードはインビテーションの対象になりませんので注意が必要です。

 

ですので、イオンゴールドカードのインビテーションをうけるためには、上記の3種類のカードのいずれかを発行して取得条件を満たす必要があります。

 

イオンゴールドカードの具体的な条件は、イオンカード及びイオンカード(WAON一体型)とイオンカードセレクトで条件が異なります。

 

イオンカード及びイオンカード(WAON一体型)の場合の取得条件は、

 

年間のカード利用金額が100万円以上
カード入会からのカード累計利用金額が500万円以上
年間のカード利用件数120件以上で、かつ利用金額が80万円以上
イオングループでのカード利用が年間60万円以上

 

といった条件を満たせば、イオンゴールドカードのインビテーションをうけることができます。

 

イオンカードセレクトでは、上記の取得条件に加えて、

 

イオン銀行の住宅ローンを利用している
イオン銀行の定期預金残高が500万円以上
イオン銀行に投資信託残高がある
イオン銀行で個人年金保険を契約している

 

このような、イオン銀行での利用条件を満たしている場合でもイオンゴールドカードのインビテーションの対象となります。

 

取得条件は全て満たしている必要はなく、中にはイオンカード取得数か月で100万円以上のカード利用をしたらインビテーションが届いたという実例もあります。

 

ハイステータスのプラチナカードなどと比べると、やはりインビテーションの条件のハードルも低くなっているのですね。

イオンゴールドカードの基本情報

イオンゴールドカードは、通常の申込みでは取得することができず、カード取得の為にはイオンからのインビテーションをうける必要があります。

 

つまり、イオンゴールドカードを持つ事が許された方というのは、イオンカードがお得意様と認めた方ということになるのですね。

 

ですので、イオンゴールドカードには、通常のイオンカードに比べて特別な優待サービスが数多く用意されているにも関わらず、年会費無料で利用することができる特典があります。

 

カードを発行するイオンカードとしては、年会費を無料にしてでもゴールドカードを使って欲しいと思っているということになるのですね。

 

カード年会費は本会員の年会費だけではなく、家族カードも3枚まで無料で発行することができます。

 

一般のイオンカードに比べてワンランク上のサービスをうけることができるゴールドカードのサービスを、家族全員で共有することができるのは大きなメリットになりますよね。

 

また、ETCカードの利用についても無料で追加することができますので、カードを利用するにあたっての経費は全て無料で利用することができることになります。

 

イオンゴールドカードの限度額は100万円〜200万円になっており、イオンカードからアップグレードした瞬間に80万円から150万円に限度額がジャンプアップしたという前例もあります。

 

ゴールドカードにふさわしいパワフルな限度額を利用することができる点も、イオンゴールドカードの大きな魅力となっているのですね。

イオンゴールドカードの還元率

イオンゴールドカードの利用では、200円に1ポイントのときめきポイントを貯めることができます。

 

ときめきポイントはオリコポイントに交換して、WAONのチャージなどにもお得に利用することができる便利なポイントとなっています。

 

ときめきポイント1ポイント=1円として利用することができますので、通常還元率は1.0%でカードを利用することができることになりますね。

 

また、毎月10日は「ときめきWポイントデー」となっており、カードの利用200円ごとに2ポイントのときめきポイントが付与されます。

 

ときめきポイントは、毎回のお買い物ごとにポイントが計算されますので、お買い物の際の端数には気を付けておきたいですよね。

 

ポイントの有効期限はポイント獲得の翌誕生日月10日となっており、最長でも1年間となっています。

 

ですので、貯まったときめきポイントは定期的にWAONにチャージしておくなどして、ポイントを失効しないように利用するようにしましょう。

イオンゴールドカードと電子マネー

イオンゴールドカードは、決して電子マネーとの相性が良いクレジットカードではありません。

 

イオンゴールドカードでは、Suica・SMARTICOCAへのクレジットチャージで400円に1ポイントのポイント還元がありますが、還元率はわずか0.25%となっています。

 

また、楽天Edyやnanacoといった電子マネーへのチャージではポイント付与の対象になりませんので、電子マネーチャージ用のクレジットカードとしては不向きでしょう。

 

ただし、イオンゴールドカードは、iPhone7等で利用することができるApple Payに対応していますので、Apple Payの決済用のカードとして登録することができます。

 

イオンゴールドカードをApple Payの決済用のカードに登録すると、iD加盟店でのApple Pay決済に利用することができます。

 

Apple Payでの利用では、クレジットカードの利用と同じように0.5%のポイント還元をうけることができますので、電子マネーへのクレジットチャージよりも有利にポイントを貯めることができます。

 

イオンゴールドカードを利用するうえで、電子マネーとの併用をする際にはApple Payと併用をするのが最もお得な利用方法となるでしょう。

イオンゴールドカードの付帯保険

イオンゴールドカードには、ゴールドカードにふさわしく充実した付帯保険が用意されています。

 

年会費無料で利用できるゴールドカードでありながら、手厚い旅行保険が付帯しているのもイオンゴールドカードの大きなメリットとなっているのですね。

 

ここでは、イオンゴールドカードの旅行保険の詳細を解説していきましょう。

国内旅行保険

国内旅行保険付帯条件

利用付帯

死亡・後遺障害

最高3,000万円

入院日額

5,000円

通院日額

3,000円

 

イオンゴールドカードの国内旅行保険では、航空券やツアー代金をイオンゴールドカードで支払った際の利用付帯で補償が付帯します。

 

最高3,000万円の補償に加えて入院・通院の補償までが付帯した、手厚い補償内容となっています。

海外旅行保険

海外旅行保険付帯条件

自動付帯

死亡・後遺障害

最高3,000万円

傷害治療

最高200万円

疾病治療

最高100万円

救援者費用

最高100万円

携行品損害

最高30万円

賠償責任

最高3,000万円

 

イオンゴールドカードの海外旅行保険では、最高3,000万円までの補償が自動付帯で付帯します。

 

特に、傷害治療の補償額は最高200万円までと手厚いものになっており、医療費が高額になりがちな海外旅行の際にも安心して利用することができます。

ショッピング保険

イオンゴールドカードで購入した商品が、万一盗難・破損してしまった場合の損害を補償するショッピング保険が付帯します。

 

最高で年間300万円までの商品事故の補償をうけることができますので、海外で高額な商品を購入する際などにも安心してカードを利用することができます。

イオンゴールドカードの付帯サービス

イオンゴールドカードには、手厚い旅行保険に加えて豊富な付帯サービスが用意されています。

 

有料のゴールドカードと比較しても決して遜色無い内容の充実した付帯サービスが、イオンゴールドカードの大きな魅力ともなっているのですね。

 

ここでは、イオンゴールドカードのお得な付帯サービスの内容をご紹介していきましょう。

イオンラウンジサービス

イオンゴールドカードのユーザーは、やはりイオンで頻繁に買い物をされる層の方が多くなっているのではないでしょうか。

 

イオンでのお買い物の際に便利に利用することができる付帯サービスが「イオンラウンジサービス」です。

 

大規模店のイオンの店内には、買い物中の休憩に利用することができるイオンラウンジが設置されています。

 

イオンラウンジではイオンのドリンクやお菓子が提供されており、買い物中にゆっくりと休憩をすることができます。

 

ラウンジといっても決して堅苦しい空間ではなく、買い物中のお客さんが談笑しているカフェのような空間でくつろぐことが可能です。

 

イオンラウンジサービスを利用することができるのは、イオンゴールドカードの会員やイオンの株主優待を受けた方だけの特典となっています。

 

イオンゴールドカードの会員は、本会員と同伴者3名までがラウンジを利用することができますので、家族でのお買い物の際にもゆったりラウンジでくつろぐことができるのですね。

羽田空港エアポートラウンジ

ゴールドカード以上のクレジットカードに求めたい付帯サービスとなっているのが、空港ラウンジの無料サービスでしょう。

 

イオンゴールドカードでは、羽田空港内に設置されたエアポートラウンジを無料で利用することができます。

 

利用可能なラウンジは、

 

第一旅客ターミナル

エアポートラウンジ(中央)

エアポートラウンジ(北)

エアポートラウンジ(南)

第二旅客ターミナル

エアポートラウンジ(南)2F

エアポートラウンジ(北)3F

エアポートラウンジ(北ピア)4F

 

このように、羽田空港内に設置された6か所のエアポートラウンジを無料で利用することができます。

 

エアポートラウンジでは、フリードリンクや雑誌・新聞の閲覧、喫煙室なども用意されており、搭乗までの待ち時間を有意義に過ごすことができます。

 

また、ビジネスコーナーが設置されているラウンジでは、無料のLANでデスクを利用して仕事をすることも可能となっています。

 

年会費無料で利用することができるゴールドカードでありながら、空港ラウンジサービスまで付帯しているというのは大きなメリットになるのではないでしょうか。

イオン旅行マーケット

イオンゴールドカードの会員は、イオンカード会員専用の旅行サイト「イオン旅行マーケット」を利用することができます。

 

イオン旅行マーケットでは、大手旅行会社の提供するお得な旅行プランを特別価格で購入することができます。

 

毎日のお買い物だけではなく、特別な旅行の際にもお得に利用できるのがイオンゴールドカードの大きなメリットとなっているのですね。

イオンワールドデスク

イオンゴールドカードでは、海外旅行の際に非常に役立つサービスとして「イオンワールドデスク」を利用することができます。

 

イオンワールドデスクでは、旅先での現地情報の収集やホテル・レストランの案内など、不慣れな海外旅行の際に嬉しいサポートを受けることができます。

 

また、一部有料サービスにはなりますが、ホテルやレストランの予約、そして現地通訳の手配までを依頼することが可能です。

 

イオンワールドデスクは、ちょっとしたコンシェルジュサービス感覚で利用することができるサービスになっているのですね。

イオンゴールドカードのメリット

イオンゴールドカードでは、ゴールドカードならではの付帯サービスを利用することができますが、やはり何よりも大きなメリットとなるのは生活に密着したお得なサービスでしょう。

 

ここでは、毎日のお買い物でお得になる、イオンゴールドカードのメリットをご紹介していきましょう。

イオン各店でのお買い物優待

イオンゴールドカードでは、毎月20日・30日のイオンのお客様感謝デーでの買い物で全国のイオングループでのお買い物が5%オフになる特典があります。

 

5%の割引優待を受けることができるのは、全国のジャスコ・マックスバリュ・サティ・ビブレといったイオングループの店舗が対象となります。

 

お客様感謝デーでの割引は、イオンゴールドカードの提示・またはWAON・iDでの支払いが割引の対象となります。

 

日常的に利用するスーパーマーケットでの割引優待をうけることができるのは、非常にお得なサービスとなっていますよね。

WAONの支払いでポイント5倍!

イオンゴールドカードは、毎月10日の利用でお得にポイントを貯めることが可能となっています。

 

毎月10日はときめきWポイントデーとなっており、イオンゴールドカードの利用で通常の2倍のポイントを貯めることができます。

 

また、毎月10日はイオングループの対象店舗でのWAON払い・クレジットカード払いで通常の5倍のポイントを貯めることが可能です。

 

イオンゴールドカードを持っている方にとっては、10日・20日・30日と「0」の付く日はイオンでお得にお買い物ができるタイミングとなるのですね。

 

また、JALやコスモ石油などの「ときめきポイントクラブ」の加盟店でのカード利用では、いつでもポイント2倍でカードを利用することができます。

 

こうした加盟店やポイント優待デーを利用すれば、イオンゴールドカードは非常に効率的にポイントを貯めることが可能となっているのですね。

イオンゴールドカードのデメリット

イオンゴールドカードでは、ポイントの付与条件がデメリットの部分になってきます。

 

イオンゴールドカードでは、カードの利用ごとに200円に1ポイントのときめきポイントが付与されます。

 

ですので、カードの利用ごとに最大199円がポイントにならずに切り捨てられてしまいますので、ポイント付与の効率が良いとはいえません。

 

ポイントを効率的に貯めるためには、200円未満の端数をできるだけ出さないように工夫してカードを利用する必要があるのですね。

 

また、ときめきポイントの有効期限は最長でも12か月と、有効期限の面でも決して有利ではありません。

 

ある程度のポイント数が貯まったら、WAONに交換しておくなど、ポイントを失効しないように気を付けて利用するようにしましょう。

イオンゴールドカードはこんな方におすすめ(まとめ)

イオンカードのインビテーションを受けた方のみが、年会費無料で招待されることを許されたイオンゴールドカード。

 

既にイオンカードをお持ちの方
イオン各店でお買い物をする機会が多い方
イオンカードセレクトを利用中で、イオン銀行を利用している方

 

このような条件に当てはまる方は、イオンゴールドカードのインビテーションを目指してみてはいかがでしょうか。

 

年会費無料で利用することができるゴールドカードでありながら、空港ラウンジや付帯保険などのゴールドカードならではの豊富な付帯サービスが用意されているイオンゴールドカード。

 

コストを全くかけることなく利用することができるゴールドカードですので、インビテーションをうけることができればアップデートしない手はありませんよね!

 

イオンカード セレクトの申込みはこちら

 

 

Pocket