Apple Pay利用してる?毎日が便利になるアップルペイの使い方ガイド

Pocket

 

「Apple Payってかっこ良いけど難しそう」

「Apple Payって本当に便利なの?」

 

2016年10月に、待望の日本でのサービス対応がスタートした、iPhone7/Apple Watchで利用することができるモバイル決済サービス「Apple Pay」

 

Apple Payに興味はあるものの、なんだか難しそうだし、何がお得になるのか分からないから使っていないという方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、Apple Payには毎日の生活を激変させるような快適なサービスが用意されています。

 

ここでは、いまさら誰にも聞けないApple Payで利用できる快適サービスを徹底的に解説していきましょう。

 

また、メリットや登録におすすめのクレカは「Apple Payのメリットは?アップルペイで利用できるクレジットカードまとめ」で詳しく解説しています。

 

 

Apple Payがある快適生活

iPhone7/Apple Watchで利用することができる、話題のモバイル決済サービスが「Apple Pay」です。

 

最近は、Apple PayのテレビCMも放映されていますので、Apple Payと言うサービスがあるらしいと気になっている方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、具体的にApple Payでどのように生活が快適になるのか分からないという方も少なくないのではないでしょうか?

 

ここでは、Apple Payを導入することで実際に生活がどのように快適になってくるのかを解説していきましょう。

iPhoneで改札をスルー

Apple Payには、JR東日本が提供する交通系電子マネー「Suica」を登録して利用することができます。

 

Apple PayにSuicaを登録すると、Touch ID・パスコードの入力不要で起動する「エクスプレスカード」として登録されます。

 

駅の改札のSuicaをタッチする端末にiPhone端末をかざすだけで、Touch ID・パスコードの入力無しでApple Payが起動して改札をスルーすることができます。

 

iPhoneがスリープ状態でも問題なくApple Payを利用することができますので、スムーズに駅の改札を通過することができるのですね。

 

正常に改札でApple Payを読み取った場合は、本体が振動して「ピッ」という確認音で知らせてくれますので、読み取りミスを防ぐことができます。

 

Apple PayでSuicaを利用した場合には、iPhoneの通知機能で支払った金額と残高を知らせてくれます。

 

また、Apple Payのアプリで、いつでもSuicaの残高を知ることができますので、残高不足で改札で止められてしまうことを防ぐことができるのですね。

いつでもどこでもチャージ

SuicaをApple Payに登録しておけば、Apple Payのアプリ上でSuicaのチャージ・オートチャージの設定をすることができます。

 

駅の改札を利用する前にApple PayのアプリでSuica残高を確認して、残高が不安な場合は即時チャージして改札を通過することができるのです。

 

混み合う時間帯に駅を利用する際に、券売機にならんでSuicaにチャージするのは手間がかかってしまうものですよね。

 

それだけではなく、改札が混み合う時間帯に残高不足で止められてしまったら最悪です。

 

後ろに並んでいる人の白い目に耐えながら、後ろに並びなおすというのは、絶対に避けたいですよね。

 

SuicaをApple Payに登録しておけば、電車の車内でSuicaの残高を確認して、不足しそうならチャージすることができますので、出口の改札で残高不足で止められてしまうことはありません。

 

通勤・通学で駅を利用する方にとっては、非常に便利にApple Payを利用することができるのですね。

キャッシュレスでコーヒーが買える

出先やランニング中に自動販売機で缶コーヒーが飲みたいと思ったけど、小銭を持ってないから諦めたという経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

 

iPhone7/Apple WatchにApple Payを登録しておけば、小銭を持っていない時でも自販機でコーヒーを買うことができます。

 

Apple Payでは、電子マネー対応型の自動販売機にiPhone7/Apple Watchをかざすだけでコーヒーが買えます。

 

出先に財布を持って出るのを忘れた!という方は多いかも知れませんが、スマホを持たずに外出するということは少ないでしょう。

 

特に便利に利用することができるのが、Apple Watchを付けてランニングを楽しんでいる時です。

 

Apple Watchには、レコーディング機能などのランニングに便利な機能が実装されており、ランニングにApple Watchを活用している方は多いでしょう。

 

ランニング中に小銭が無い場合でも、Apple PayをApple Watchに登録しておけば、自販機でスポーツドリンクなどを買うことができるのですね。

ランチの支払いもスマート

Apple Payを登録しておけば、ランチの際にもスマートに支払いをすることができます。

 

Apple Payは電子マネー対応のレストラン・カフェでも使用することが可能となっており、スマホ1台でクレジットカードを財布から出さずに支払いをすることができます。

 

たとえば、デートの際などに財布からクレジットカードを出すのにモタモタしていたら、あまりスマートではありませんよね。

 

さっとスマホを取り出してランチの支払いをすることができるApple Payなら、相手に遠慮させずにスマートに支払いを完了させることができるのです。

 

また、デートの際にはApple Payを利用することで、クレジットカードを相手に見られずに済むというメリットもあります。

 

女の子は男性が支払いの際に出すクレジットカードを目ざとく査定しているもの。

 

流通系のクレジットカードなどを利用していてカッコつかない場合でも、iPhoneでさっと支払いをしていればスマートでデキる男を演出できますよね。

 

ランチの支払いの際にApple Payを利用する際には、わざわざApple Payのアプリを立ち上げる必要はありません。

 

読み取りの端末にiPhoneをかざして、Touch IDをタッチするだけで支払いが完了しますので、スピーディにランチの支払いをすることができるのです。

移動時のタクシーも小銭いらず

降車の際の小銭のやり取りが面倒なタクシーを利用する際にも、Apple Payがあれば快適に利用することができます。

 

電子マネー対応のタクシーの場合、Apple Payを利用して小銭を出さずに支払いをすることができますので、スムーズに支払いを完了させることができます。

 

目的地によっては、後続車に迷惑をかけてしまうこともあるタクシーの降車時に、スムーズに支払いをすることができるのは嬉しいですよね。

 

また、Apple Payではタクシー配車アプリ「全国タクシー」と非常に相性が良く、快適にタクシーを利用することができます。

 

全国タクシーは、iOSのアプリ上でタクシーを配車することができる便利なアプリとなっています。

 

アプリ上では現在近くにいるタクシーの位置を知ることもできますので、タクシーを利用する際には非常に便利に利用することができます。

 

全国タクシーでは、支払い方法として事前にApple Payを登録しておくことができます。

 

Apple Pay支払いを登録しておくと、全国タクシーで呼んだタクシーの降車時に支払いを必要とせず、目的地に着いたらサッと降車することができるのですね。

アプリ内でTouch IDでかんたん決済

Apple Payはリアル店舗での決済に加えて、様々なアプリの決済方法としても利用することができます。

 

支払い方法に「Apple Pay」を選択することができるアプリの決済に利用することができますので、アプリでのお買い物や課金の際にも快適に支払いをすることができます。

 

クレジットカードでアプリ内の支払いをする際には、セキュリティコードの入力などが必要な場合が多くなっています。

 

Apple Payでは、アプリでの支払いの際もTouch IDで簡単に決済をすることができますので、スピーディに支払いをすることができるのですね。

 

Apple Payでは、指紋認証ができないと決済することができないTouch IDでの決済になりますので、非常にセキュリティ制の高い支払いをすることが可能となっています。

 

クレジットカードのセキュリティコードを入力する必要なく決済を完了することができますので、安全にアプリでの支払いを完了することができるのです。

 

シンプルでスムーズな支払いと、高いセキュリティ機能を併せ持っている点が、Apple Payの大きな魅力にもなっているのですね。

ネットショッピングの支払いもOK

Apple Payではアプリの決済だけではなく、様々なネットショッピングの支払いにも利用することができます。

 

ネットショッピングの決済方法に「Apple Pay」が設定されているショップであれば、クレジットカード情報を入力せずにApple Payで支払いをすることができます。

 

ネットショッピングの支払いの際でもTouch IDを利用してワンタッチで支払いをすることができますので、スムーズにネットショッピングを楽しむことができます。

 

スムーズかつ高いセキュリティ制で利用することができるApple Pay決済は、これからのネットショッピングの決済方法の中心になっていくことは間違いないでしょう。

Apple Payはこんなことができる

Apple Payを導入することによって、いかに毎日の生活を快適なものにすることができるかを解説してきました。

 

しかし、具体的にApple Payで何ができるようになるのか、まだピンときていない方もいらっしゃるかも知れません。

 

ここでは、実際にApple Payでどのようなことが可能になるのかを解説していきましょう。

3タイプの電子マネーが使える

Apple Payには決済方法として、

 

QUICPay
iD
Suica

 

といった、3タイプの電子マネーを登録することができます。

 

実際にApple Payを利用する際には、QUICPay・iD・Suicaに対応した加盟店でApple Payを利用することができます。

 

支払いをする際には「Apple Payで」ではなく、登録している電子マネー(QUICPay・iD・Suica)で支払う旨を店員さんに伝えると決済が可能になります。

 

Suicaをお持ちの方の場合は、Apple Payに登録しておくのが非常に便利です。

 

Apple PayにSuicaを登録すると、Touch ID・パスコードの入力が不要な「エクスプレスカード」として登録されますので、改札をiPhone1台でスルーできます。

 

駅構内や駅ビル内にはSuicaで支払いをすることができる店舗や自販機が多くなっていますので、通勤・通学時の買い物もスマートにすることができるのですね。

 

また、QUICPayのみでの決済が可能な店舗、iDのみの決済が可能な店舗でも双方のカードをApple Payに登録することが可能となっていますので、店舗によって使い分けることが可能です。

 

キャラクターの異なる3つの電子マネーを登録することができることで、より幅広いシーンでApple Payでの決済を可能にしているのですね。

8枚のクレジットカードが登録できる

Apple Payには、Suicaカードを含めて8枚のクレジットカードを登録することができます。

 

Apple Payの決済用のクレジットカードとして利用するクレジットカードは、iPhoneの「Wallet」で登録することができます。

 

Suicaカードを含めて最大8枚のクレジットカードをWalletに登録することで、8枚のクレジットカードを便利に使い分けることができます。

 

Apple PayはQUICPay・iD・Suicaといった3タイプの電子マネーを利用することができますので、それぞれの電子マネーを搭載したクレジットカードを登録しておくことで、よりお得に使いこなすことができます。

 

Apple Payにはメリットの異なる8枚のクレジットカードを登録することができますので、アプリの操作で瞬時に利用するクレジットカードを変更することが可能です。

 

Apple Payを利用する際には、クレジットカードのポイントプログラムに準じてポイントの還元をうけることができます。

 

ですので、お得にポイント還元をうけることができる店舗やサービスが異なるクレジットカードをApple Payに登録しておくことで、効率よくポイントの還元をうけることができるのですね。

 

8枚のクレジットカードを財布の中に入れていたら、財布がかさばってしまって仕方ないですよね。

 

ポケットの中に入るiPhoneの中に、スマートに8枚のクレジットカードを入れて持ち歩くことが可能なのです。

セキュリティが強固

Apple PayにはSuicaを含めた8枚のクレジットカードを登録することが可能です。

 

しかし、それだけのクレジットカードを登録するとなると、不安になってくるのがセキュリティ制は大丈夫なのか?という点ですよね。

 

そのセキュリティ制こそが、Apple Payを利用する最も大きなメリットになると言っても決して過言ではありません。

 

Apple Payにクレジットカードを追加する際には、スマホで番号を入力する代わりにiPhoneのカメラ機能を利用してカードをスキャンすることでカードが登録されます。

 

クレジットカードの画像データはデバイスに保存されることなく、瞬時に暗号化されてAppleのサーバーに送られますので、ネット上にデータが残るリスクを最小限に抑えることができます。

 

また、決済に利用する際にもApple Payのセキュリティ制は非常に高いものになっています。

 

iD/QUICPay対応の店舗でApple Payで支払いをする際には、Touch IDまたはパスコードの入力が必要です。

 

万一第3者が不正にApple Payを利用しようとしても、指紋認証かパスコードの入力が無ければ支払いをすることができませんので、不正利用の防止をすることができますよね。

 

特に、ネットショッピングやアプリで支払いをする場合には、クレジットカードの番号やセキュリティコードを入力する必要なく、Touch IDなどを利用して決済することができますので、安全に利用することができます。

 

Apple Payを登録したiPhoneやApple Watchを紛失してしまった際にも慌てることはありません。

 

iPhoneやApple Watchを登録したパソコンで「iPhoneを探す」を設定するだけで、即時にApple Payが使用不能になりますので、万一の紛失の際にも安心です。

 

また、オンラインでApple Payに登録したクレジットカード情報を削除することもできますので、データ抜き取りなどの被害も防ぐことができるのです。

Apple Payを利用するためには

毎日の生活を便利に快適なものに変えてくれるApple Pay。

 

8枚のクレジットカードを1台のiPhoneに登録することが可能となっており、それぞれのクレジットカードを使い分けてお得にお買い物をすることができます。

 

Apple Payを利用する為にはAppleデバイスにApple Payを設定する必要があります。

 

Apple Payを利用することができるのは、

 

iPhone7
iPhone7 Plus
iPhone6s
iPhone6s Plus
iPhone6
iPhone6 Plus
iPhone SE
Apple Watch Series 2

 

などで利用することができます。

 

ただし、iPhone6s以前のiPhoneでは店舗でのApple Pay決済には対応しておりませんので、Apple Payの全ての機能を利用する為にはiPhone7以降が必要となります。

 

Apple Payを利用する為には、iOS10.1以上であることが条件となっていますので、それ以前のiOSを利用している方の場合はOSのアップデートが必要です。

 

OSのアップデート完了後「Wallet」を起動すると「Apple Pay」の項目が追加されています。

 

Apple Payを設定する際に、はじめにしなければならないのがApple Payの決済に利用するクレジットカードの登録です。

 

登録することができるのは、SuicaまたはiD/QUICPayを搭載したクレジットカードのみとなっています。

 

また、現状ではVISAブランドのクレジットカードをApple Payに登録すると、店舗での決済のみの対応となり、アプリ・ウェブでの決済には対応しませんので注意が必要です。

 

カードの追加は、クレジットカード番号や氏名を入力する必要はなく、起動したカメラアプリでクレジットカードをスキャンするだけで登録が完了します。

 

登録が完了すると、クレジットカードによってiDまたはQUICPayが自動的に割り当てられ、使用が可能になります。

 

Apple Payの設定が完了したら、あとは街にiPhoneを持ち出して快適なApple Payライフを楽しんでみましょう!

これからのキャッシュレス時代にApple Payは無くてはならないサービス

いまだに財布の中に高額の現金を入れて持ち歩いているのは日本人だけだといわれています。

 

日本の治安の良さをうかがい知ることができる点でもありますが、世界的にはキャッシュレス化の波は確実に押し寄せているのですね。

 

日本でも、今後急速にキャッシュレス化が進んでいくのは想像に難くありません。

 

様々なシーンで快適に利用することができるApple Payは、今後のキャッシュレス時代になくてはならないサービスになってくるのはいうまでもありません。

 

早い段階でApple Payを導入して、時代の波に乗り遅れないようにしましょう。

 

Pocket