Pocket

 

「法人カードも高ステータスのカードを使いたい」

「マイルが貯まる法人カードがあればいいのに」

 

社長の方であれば、会社の経費決済に法人カードを利用している方も多いのではないでしょうか?

 

法人カードは会社の顔になるものでもあり、どうせ利用するなら法人カードも高ステータスのカードを利用したいですよね。

 

しかし、高ステータスのカードは年会費などの保有コストも高くなってしまいますので、会社の経費を圧迫してしまうこともあります。

 

ダイナースクラブカードの「ビジネスアカウントカード」なら、格安の年会費でありながら1.0%の高還元率でマイルを貯めることができるなど、付加価値の多い法人カードとして利用することができます。

 

社長の個人用のダイナースクラブカードに格安で追加することが可能な、ダイナースクラブカードのビジネスアカウントカードを特集してご紹介していきましょう。

 

ダイナースクラブカードなら格安でビジネスアカウントを追加可能

数あるクレジットカードの中でも、特にトップクラスのステータス性を誇るカードとなるのが「ダイナースクラブカード」です。

 

ダイナースクラブカードでしかうけることができない豊富なベネフィットや上質な付帯サービスで、社長の個人用のクレジットカードとしても非常に人気の高いカードとなっています。

 

ダイナースクラブカードには、個人用のクレジットカードとしての上質なサービスが用意されているだけではなく、個人用のクレジットカードに「ビジネスアカウントカード」を追加することができます。

 

ビジネスアカウントカードは、税別2000円という格安の年会費で追加することが可能な法人カードとなっています。

 

格安のビジネスカードでも2000円の年会費で持てるカードが少ない中で、ダイナースクラブの法人カードが税別2000円で作成できるというのは大きなメリットとなりますよね。

 

ビジネスアカウントカードではカードの利用代金を法人口座からの引き落としに設定することができますので、完全に個人用の支払いと法人用の支払いを分けることが可能です。

 

事業用の支出を分けることは経費管理の観点からも有効ですので、格安のコストの法人カードであるビジネスアカウントカードは非常に使えるカードとなります。

 

ビジネスアカウントカードを追加することができるのは、

 

ダイナースクラブカード
ダイナースクラブプレミアムカード
ANAダイナースカード
BMWダイナースカード

となっており、上質な社長の個人用カードと、ビジネス支出用の法人カードを分けることが可能になっています。

 

エグゼクティブ層の社長が使用する法人カードとして相応しいカードが、ダイナースクラブのビジネスアカウントカードとなっているのですね。

ダイナースクラブカードでビジネスアカウントを申込むには

プライベートの出費とビジネスの経費を明確に分けることができる、ダイナースクラブのビジネスアカウントカード。

 

それでは、実際にビジネスアカウントを申込むにはどのような手続きが必要になってくるのでしょうか?

 

ダイナースクラブのビジネスアカウントカードは、ダイナースクラブカード・ダイナースクラブプレミアムカードなどをお持ちの方であれば、すぐに作成することができます。

 

ビジネスアカウントカードの申込みは、

 

カードデスクに電話をして申込みをする
資料をダウンロードして郵送で申込みをする

と、いった方法で簡単に申込みをすることができます。

 

特に、ダイナースクラブの専用カードデスクは、他のクレジットカードのカードデスクと比較しても対応が迅速で丁寧なことで知られています。

 

既にダイナースクラブのクレジットカードをお使いの方の場合、カードデスクに電話をしてビジネスアカウントカードの申込みをするのが手軽でしょう。

 

ビジネスアカウントカードは、申込後、約1週間程度で郵送で自宅に届きます。

ビジネスアカウントカードはどんな方が申込みをすることができる?

ダイナースクラブのクレジットカードを既にお持ちの方であれば、ビジネスアカウントカードを申込みすることができます。

 

法人カードというと、会社の経営者しかニーズが無いように思いがちですが、ビジネスアカウントカードはサラリーマン・自営の方でも申込みをすることができます。

 

サラリーマンの方の場合であっても、個人の出費とビジネスの出費を分けることによるメリットは多いにあります。

 

ビジネスでの出費を個人の出費と分けて管理をしておくことで、確定申告の際などに節税効果を期待することができます。

 

また、ビジネスアカウントカードは、ダイナースクラブの個人用クレジットカードに追加で申込みをすることができるカードです。

 

ですので、通常では法人カードの審査に通過しにくいフリーランスや自営業の方でも、法人カードを手軽に作成できるメリットがあるのですね。

 

このように、ダイナースクラブのビジネスアカウントカードは、会社を経営している社長だけではなく、様々な方が便利に使用することができる法人カードとなっているのです。

ビジネスアカウントカード申込みの際の注意点

ビジネスアカウントカードは、ダイナースクラブのクレジットカードをお持ちの方でなければ申込みをすることができません。

 

ダイナースクラブのクレジットカードをお持ちでない方が、ビジネスアカウントカード単体での申込みをすることはできませんので、ビジネスアカウントカードを作成する際にはダイナースクラブのクレジットカードと同時申込みをする必要があります。

 

ダイナースクラブカードを申込みする際には、ビジネスアカウントカードを同時に申込むことができます。

 

ビジネスアカウントカードを利用する予定のある方の場合、本カード申込みの際に同時で申込みをしておいた方がスムーズに申込みすることができます。

 

ダイナースクラブカードなら、社長の個人用のクレジットカードと、ビジネス用の法人カードを同時に発行することができますので、非常に合理的ですよね。

 

ダイナースのビジネスアカウントカードのメリット

誰もが認める、最高のステータス性を誇るダイナースクラブカードの法人カードとして利用することができる「ビジネスアカウントカード」。

 

ビジネスアカウントカードは格安の年会費で追加することができる法人カードというメリットがありますが、ダイナースクラブのクレジットカードを使用する層のユーザーは、低コストで利用することができるというだけでは納得しないでしょう。

 

ここでは、ダイナースクラブのビジネスアカウントカードにしかないメリットを解説していきましょう。

誰もが認めるステータス性

ダイナースクラブのビジネスアカウントカードの券面デザインは、ダイナースクラブのロゴが入った上質なデザインのカードとなっています。

 

法人のクレジットカードの場合、単純な経費支払い用の決済カードとしての機能よりも、会社のステータスを示す役割が多いように思います。

 

上質な法人カードは、その会社のステータスそのものも向上させてくれる、身分証明のような役割を果たしてくれるのですね。

 

そうした、会社で使用する法人カードにもステータスの高いカードを利用したい社長には、ダイナースクラブのビジネスアカウントカードがピッタリです。

 

誰もが認めるステータスカードの最高峰であるダイナースクラブの法人カードを利用していることで、会社のステータスにとってプラスの要素になることは言うまでもないでしょう。

個人用の口座と事業用の口座を完全に分割

ダイナースクラブのビジネスアカウントカードは個人カードの追加カードでありながら、法人口座などから引き落としが可能で、支払いを完全に分割することが可能となっています。

 

支払い口座を完全に分割することが可能ですので、ビジネス用の口座で明確に事業資金を管理することができるのですね。

 

会社を経営している社長はもちろんのこと、法人格を持たないフリーランスやサラリーマンの方でもビジネス用の経費の支払いを分割したいという方は多いのではないでしょうか。

 

ダイナースクラブのビジネスアカウントカードの大きなメリットとなるのは、個人用のダイナースクラブカードに手軽に追加することができる点です。

 

サラリーマンの方でも法人カードを持つことができますので、個人用の支出とビジネス用の支出を完全に分割することができるのですね。

 

ビジネスアカウントカードでは、個人用のカードの利用明細書とは別になった利用明細書を発行することも可能です。

 

ビジネスで使用した経費が一目瞭然で分かりますので、税務などの際に経費を入力する際などにも非常にシンプルに計算をすることができます。

ビジネス経費でマイルを貯めることができる

ダイナースクラブカードの大きなメリットのひとつとなっているのが、カードの利用で1%の還元率でマイルを貯めることができる点です。

 

ダイナースクラブカードの利用では、100円の利用で1ポイントのダイナースクラブリワードポイントを貯めることができます。

 

ダイナースクラブリワードポイントは、各種航空会社のマイルに1ポイント=1マイルの等価で交換することができますので、100円の利用で1マイルを貯めることができるのですね。

 

ビジネスアカウントカードでは、経費の支払いの際に本カードと同じようにダイナースクラブリワードポイントを貯めることができます。

 

事業用の経費の支払いで効率的にマイルを貯めることができますので、経費の支払いで貯めたマイルでタダ旅行に出かけることも充分に可能なのです。

 

法人カードではポイントプログラムすら用意されていないカードも多くなっていますので、1%の高還元でマイルを貯めることができる点は大きなメリットとなりますよね。

ETCカードも利用可能

ビジネスアカウントカードでは、必要に応じてETCカードを追加することも可能です。

 

1枚のビジネスアカウントカードにつき、5枚までETCカードを発行することができますので、社用車やビジネス用の車両をお使いの法人でも便利に利用することができます。

 

事業内容によっては、会社の経費支払いの中で高速料金が多くを占める法人も少なくないでしょう。

 

ETC料金もしっかり法人口座での支払いに分割することができますので、経費管理をよりスムーズにすることができるのですね。

プレミアムカードのインビテーションにも有利になる?

ダイナースクラブのクレジットカードには、インビテーションを受けなければ保有することができない「ダイナースクラブプレミアムカード」が存在します。

 

ダイナースクラブのブラックカードとなるプレミアムカードでは、他のクレジットカードでは決してうけることができない上質なベネフィットと特別な優越感を得ることができます。

 

ダイナースクラブプレミアムカードのインビテーションをうけるためには、ダイナースクラブカードを所有し、しっかりと利用実績を積むことが重要となってきます。

 

ビジネスアカウントカードを利用するメリットとして、ビジネスアカウントカードの利用分もインビテーションの判断材料となる、という点があります。

 

インビテーションをうけるためには年間の利用金額が大きな判断材料になりますが、会社経費の支払いを合算することでプレミアムカードのインビテーションの近道ともなるのですね。

ダイナースのビジネスアカウントカードのデメリット

個人用のダイナースクラブカードに手軽に追加することが可能で、マイルを貯めながら事業用の経費を分けることができるダイナースクラブのビジネスアカウントカード。

 

圧倒的なステータスを誇るダイナースクラブの法人カードとして利用できるビジネスアカウントカードには欠点は無いのでしょうか?

 

ここでは、ダイナースクラブのビジネスアカウントカードのデメリット面を分析していきましょう。

ビジネスアカウントカードでは社員カードを発行することができない

ビジネスアカウントカードの最も大きなデメリットとなる面は、社員カードを追加することができない点でしょう。

 

法人カードという利用方法を考えると、社員の経費支払いにも積極的に利用したいので、社員カードが追加できない点はデメリットとなり得ます。

 

あくまでも、ダイナースクラブのビジネスアカウントカードは、社長個人のビジネス経費の支払い用としてのカードとして考えた方が良いかも知れませんね。

 

 

 

ダイナースクラブカードの基本情報

 

年会費

税別22000円

家族会員

税別5000円

ETC

無料

還元率

0.5%

旅行保険

最高1億円

空港ラウンジ

有り

 

文句無しの高ステータスカード
ダイナースクラブラウンジで旅行・出張の際にも安心
クレジットカード最高峰のベネフィット

 

高ステータスカードの代名詞的なカードと言っても差し支えの無いクレジットカードが「ダイナースクラブカード」です。

 

クレジットカードに詳しくない方でも名前は知っているという、文句無しの知名度を誇り、最も社長に選ばれているクレジットカードのひとつにもなっています。

 

当然、ダイナースクラブカードが選ばれているのは、ステータス性などのブランド力だけではありません。

 

ダイナースクラブカードには、数あるクレジットカードの中でも最高峰のベネフィットが用意されており、年会費以上のお得なサービスをうけることが可能となっているのです。

 

ダイナースクラブカードでは、世界の空港に「ダイナースクラブラウンジ」を設置しており、旅行や出張の際の搭乗待ちの時間も非常に有意義な時間を過ごすことが可能です。

 

また、国内外の旅行保険も最高1億円までの補償をうけることができ、空港でのポーターサービスなども充実した、旅行の際にも非常に頼りになるクレジットカードでもあります。

 

また「食事をする人の為のカード」というカード名称の通り、非常にお得なダイニングサービスをうけることも可能です。

 

ダイナースクラブカードには「エグゼクティブダイニング」と言うベネフィットが用意されており、加盟するレストランでの2名以上のコース料理の利用で、1名分が無料になるサービスが提供されています。

 

エグゼクティブダイニング1つの付帯サービスで、年会費のもとを取ることが充分に可能な驚異的にお得なサービスとなっているのです。

 

ダイナースクラブのビジネスアカウントカードを作成するためには、ダイナースクラブカードの保有が必須の条件となっています。

 

まだ、ダイナースクラブカードをお持ちでない方は、社長の個人用のカードとしてダイナースクラブカード・ビジネス用にビジネスアカウントカードを同時に作成するのも良いのではないでしょうか。

ダイナースのビジネスアカウントカードはこんな方におすすめ(まとめ)

文句無しの高ステータスカード「ダイナースクラブカード」に、格安の税別2000円で追加することが可能なビジネスアカウントカード。

 

社長の経費決済用のカードとして
フリーランス、自営業の方のビジネスカードとして
社長個人用のゴールドカードも同時に作成したい方

などには、ダイナースクラブのビジネスアカウントカードは非常におすすめの法人カードとなっています。

 

個人用のダイナースクラブカードの追加カードとして発行することができるビジネスアカウントカードは、法人格を持たない個人でも作成することができます。

 

ダイナースクラブカードそのものが、他のカードには無い特別なサービスをうけることができるカードとなっていますので、社長の個人用のゴールドカードとしてもピッタリのカードなのですね。

 

 

 

ダイナースの審査について知りたい方は「ダイナースクラブカードの審査基準は年収?クイック診断やおすすめポイントを徹底解説!」で詳しく解説しています。

 

また、ダイナースプレミアムに興味のある方は「ダイナースプレミアムカードを1年で取得した方法!」の記事も併せてチェックしてくださいね!

 

Pocket