Pocket

 

 

「来月からアメリカに留学に行くんだけど、どのクレジットカード作ればいい?」

「アメリカ留学でお得になるクレジットカードってあるの?」

 

アメリカは日本よりもキャッシュレス化が進んでおり、海外留学の際にはクレジットカードが必須のアイテムであるといえるでしょう。

 

しかし、学生の場合、留学前にクレジットカードを作るのが初めてという方も多いと思います。

 

ここでは、学生だからこそ得になる、留学先に持って行くべきクレジットカードを特集してご紹介していきましょう。

 

 

アメリカ留学に行く学生が選ぶべきクレジットカードおすすめ5枚

アメリカではクレジットカードが身分証の代わりにもなると言われていますので、アメリカ留学をする際にはクレジットカードが必須アイテムとなります。

 

不安なこともあるアメリカ留学をサポートしてくれる、付帯サービスが用意されているクレジットカードも多く、クレジットカードは海外留学の際の良きパートナーとなってくれるのです。

 

ここでは、アメリカ留学に行く学生に特におすすめできる厳選クレジットカード5枚をご紹介していきましょう。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカード

 

年会費

税別3000円

家族会員 

税別1000円

ETC 

無料

国内還元率 

0.5%

海外還元率 

1.0%

旅行保険 

最高3000万円

Apple Pay登録 

可能

 

26歳まで年会費無料で利用できる
海外利用でのポイント還元率2倍
海外アシスタンスサービスで海外でのトラブルも安心

 

セゾンカードとアメックスが提携して発行する「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカード

 

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードの大きなメリットが、26歳まで年会費無料で利用することができる点となっており、学生のクレジットカードにはピッタリのカードと言えるのではないでしょうか。

 

また、アメックスブランドのカードということで、万全のトラベルサポートを受けることができるのもセゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードの特徴となっています。

 

留学先での様々な不安やトラブルを日本語スタッフにより丁寧にサポートしてもらえる海外アシスタンスサービスは、慣れない海外での留学にも非常に役立つサービスとなります。

 

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカードでは海外でのカード利用で1.0%の高還元率でお買い物をすることもできます。

 

特にアメリカでは加盟店の多いアメックスのクレジットカードですので、留学の際の頼れるパートナーになってくれますね。

 

海外旅行保険の手厚さも留学生から選ばれているポイントとなっています!

 

%e3%82%bb%e3%82%be%e3%83%b3%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%80%80300x250

三井住友VISAデビュープラス

 

年会費

初年度:無料 

2年目以降:税別500円(ただし年間1回以上のカード利用で無料)

家族会員 

発行無し

ETC 

初年度:無料 

2年目以降:税別500円(ただし年間1回以上のETC利用で無料)

国内還元率 

1.0%

海外還元率 

1.0%

旅行保険 

無し

Apple Pay登録 

可能

 

海外での優待サービスが魅力
エアライン&ホテルデスクでチケットの手配もらくらく
満26歳でプライムゴールドカードに自動ランクアップ

 

世界1位の加盟店の数を誇り、海外での利用でも安心なVISAの学生向けクレジットカードとして人気を集めているのが「三井住友VISAデビュープラス」です。

 

三井住友VISAデビュープラスは実質年会費無料で利用できるだけではなく、満26歳を超えた更新月で自動的に「プライムゴールドカード」にランクアップする特典があります。

 

また、三井住友VISAデビュープラスに入会後6か月間は2.5%の還元率、それ以降も1%の還元率で利用することができる、高還元率のポイント還元をうけることができるカードでもあります。

 

留学先でお得に三井住友VISAデビュープラスを利用して、帰国後26歳を過ぎるとゴールドカードに自動的に切り替わるというのは大きな特典になりますよね。

 

豊富な優待特典が魅力の三井住友VISAデビュープラスですが、特に留学に役立つ付帯サービスとなるのが「GlobePassクーポン」です。

 

GlobePassクーポンでは海外での免税店やレストランで特別な優待をうけることができますので、アジア圏に留学の際にはもっておきたいカードとなりますよね。

 

JALカード navi

 

年会費

無料

家族会員 

発行無し

ETC 

無料

国内還元率 

1.0%

海外還元率 

1.0%

旅行保険 

最高1000万円

Apple Pay登録 

無し

 

JALカードツアープレミアムに在学中は年会費無料で登録可能
カードの利用で直接マイルが貯まる
フライトボーナスマイルでどんどんJALマイルが貯まる

 

JALカードが学生用のクレジットカードとして発行しているのが「JALカード navi」です。

 

JALカード naviの大きな特徴となっているのが、カードの利用で直接JALマイルを貯めることができる点です。

 

通常のカード利用では1.0%のマイル付与、JAL特約店でのカード利用では2.0%以上の高還元率でマイルを貯めることができるのですね。

 

在学中は学生特権としてカードを年会費無料で利用することができるだけではなく、通常年会費が税別2000円必要な「JALカードツアープレミアム」を無料で利用することもできます。

 

JALカードツアープレミアムでは割引運賃でのJAL航空機の搭乗の際も100%の区間マイルを貯めることができますので、留学の際のフライトでどんどんフライトマイルを貯めることが可能です。

 

学生ライフカード

 

年会費

無料

家族会員 

発行無し

ETC 

無料

国内還元率 

0.5%

海外還元率 

5.0%

旅行保険 

最高2000万円

Apple Pay登録 

可能

 

海外でのカード利用分の5.0%を現金キャッシュバック
自動付帯の海外旅行保険が手厚い
卒業後も年会費無料で使用可能

 

ライフカードが学生専用のクレジットカードとして発行している「学生ライフカード

 

学生ライフカードには自動付帯で最高2000万円までの海外旅行保険が付帯していますが、特に「傷害・疾病治療」が最高200万円までと手厚いのが特徴となっています。

 

傷害・疾病治療が最高200万円まで補償されますので、高額になりがちな海外での急病やケガの際にも安心できますよね。

 

また、学生ライフカードは入会後1年間ポイント1.5倍の0.75%還元で利用できるほか、海外での利用分の5.0%を現金でキャッシュバックしてもらえる特典もあります。

 

海外留学中の生活費でお得にキャッシュバックをうけることができるのは非常に嬉しいメリットになりますよね。

 

学生ライフカードには学生専用窓口も用意されており、留学中の細かな疑問のサポートをうけることも可能です。

 

エポスカード

 

年会費

無料

家族会員 

発行無し

ETC 

無料

国内還元率 

0.5%

海外還元率 

0.5%

旅行保険 

最高500万円

Apple Pay登録 

可能

 

手厚い旅行保険で保険上乗せカードとしても便利
海外トラベルサポートで現地情報をゲット
即日発行可能だからお急ぎの場合でも安心

 

マルイでのお買い物で大きなメリットをうけることができる「エポスカード

 

入会後1ヶ月間はマルイでのお買い物で10%還元でお買い物ができるエポスカードは即日発行が可能となっていますので、留学用のクレジットカードを急いで用意したい方にも安心です。

 

特にエポスカードが海外留学に行く学生におすすめなポイントとして、充実した旅行保険があげられます。

 

最高270万円の疾病治療保険は自動付帯で補償されますので、保険の上乗せ用のカードとして1枚持っていきたいカードなのですね。

 

また、留学先から日本語での現地の案内をうけることができる「海外トラベルサポート」も便利に利用することができます。

 

アメリカ留学時に使うクレジットカード選びの注意点

ここまで、アメリカ留学でお得になる様々な付帯サービスが充実したクレジットカードをご紹介してきました。

 

しかし、結局何を基準にしてアメリカ留学の際のクレジットカードを選択すればいいのかわからない、という方もいるでしょう。

 

ここでは、アメリカに留学に行く際のクレジットカード選びの注意点を解説していきましょう。

国際ブランド選び

クレジットカードには、世界のどこでも加盟店であれば利用することができる「国際ブランド」が設定されています。

 

国際ブランドというとわかりにくくなってしまうかも知れませんが、

 

・VISA

・MasterCard

・JCB

・アメリカン・エキスプレス

 

などが国際ブランドということになります。

 

たとえば、VISAの国際ブランドを持ったクレジットカードであれば、世界のどの国に行っても「VISA」の加盟店であればクレジット決済が可能になるのですね。

 

日本国内でクレジットカードを利用する場合においては、ほぼ全ての国際ブランドのクレジットカードを利用することができますので、それほど国際ブランドにこだわってクレジットカードを選ぶ必要はありません。

 

しかし、アメリカ留学の際に利用するクレジットカードを選択する際には、国際ブランドも大きな選択基準となってきます。

 

クレジットカード大国であるアメリカでは、VISAやMasterCard・そしてアメリカン・エキスプレスの加盟店は非常に多くなっています。

 

ただし、日本のクレジットカード会社である「JCB」の加盟店は、やはり少なくなっているのです。

 

アメリカ留学の際のクレジットカードには、VISAとMasterCard、VISAとアメックスというように、国際ブランドの異なるクレジットカードを選択するのがおすすめです。

為替レート

クレジットカードをアメリカで利用する際には、現地では米$で決済し、支払いは日本円で支払いをする形になります。

 

その際に頭に入れておかなくてはならないのが「為替レート」です。

 

クレジットカードをアメリカで利用した場合の為替レートは、

 

・国際ブランドによる「基準レート」

・クレジットカード会社による「外貨取り扱い手数料」

 

以上の2つの換算レートによって計算されます。

 

クレジットカードの為替レートは為替市場によって変動してきますが、VISA/Masterでは1.6%~2.5%程度の幅で推移しています。

 

為替レートに大きく関わってくるのは、国際ブランドの違いによる基準レートとなっており、2017年現在ではMasterCardがVISAよりも若干有利になっています。

 

ただし、為替レートは変動するものですので、複数の国際ブランドのクレジットカードを保有し、その時の為替レートが有利なクレジットカードを利用することが重要となっています。

海外利用時の還元率

クレジットカードの中には、日本国内でのポイント還元率と海外利用でのポイント還元率が異なるクレジットカードもあり、海外利用時でのポイント還元率も大きな判断材料となります。

 

アメリカ留学時のクレジットカード選びには、各クレジットカードの海外利用時の還元率もチェックする必要があるのですね。

 

特に、海外利用時の還元率が優れているのが「学生ライフカード」です。

 

学生ライフカードでは、海外でのカード利用額の5.0%をキャッシュバック還元される特典がありますので、留学時のお買い物をお得に利用することができるのですね。

 

また、海外で利用するクレジットカードにはマイルをお得に貯めることができるクレジットカードもおすすめです。

 

三井住友VISAデビュープラス」は入会後6ヶ月間の還元率が2.5%と非常に高いので、短期留学生なら留学中の利用分は全て高還元でポイントが貯められますね!

90日以内の短期留学なら海外旅行保険の補償内容もチェック

クレジットカードには、付帯保険として「海外旅行保険」が付帯されているカードも多くなっています。

 

海外旅行時の万一に備えることができる海外旅行保険ですが、海外旅行の際だけではなく、短期の海外留学の際にも旅行保険を利用することが可能です。

 

クレジットカードの海外旅行保険の補償の条件は、90日以内の海外の滞在までと幅広い範囲になっていることが多く、90日以内の短期留学であれば海外旅行保険での補償をうけることができます。

 

海外旅行保険でクレジットカードを選択する際には、最大の補償金額よりも「傷害治療」「疾病治療」の補償額に重点を置いて選択するようにしましょう。

 

健康保険証が利用できないアメリカでの通院の際には、日本では考えることができないほどの治療費を請求されるケースもあります。

 

傷害治療・疾病治療の補償が手厚い海外旅行保険が付帯したクレジットカードは、アメリカ留学の際の万一の補償となるのですね。

 

短期留学で保険の事まで考えるなら「セゾンブルーアメックス」や「エポスカード」がおすすめです。

アメリカでも使えるデビットカード

アメリカ留学の際には、クレジットカードだけではなくデビットカード」もおすすめできる決済方法となります。

 

デビットカードは後払い式のクレジットカードとは違い、銀行口座の残高から即時引き落としで決済をすることができる安全なカードです。

 

口座の残高に残っている金額しか使用することができませんので、使い過ぎを防止することが可能となっているだけではなく、万一の盗難や紛失の際にも安心して利用することができます。

 

日本と比べると治安に不安の残るアメリカの留学の際には、安全に利用することができるデビットカードの利用もおすすめであるといえるかも知れませんね。

 

また、デビットカードはクレジットカードではありませんので、15歳以上の方であればだれでも作ることができます。

 

クレジットカードを作ることができない18歳未満の方でもデビットカードは作ることができますので、高校生の方のアメリカ留学の際にも利用することができます。

 

 

日本国内で利用することができるデビットカードとしては、

 

・J-Debitのデビットカード

・VISA/JCBの国際ブランドのあるデビットカード

 

の2種類のデビットカードを利用することができますが、海外で利用できるデビットカードは国際ブランドの付いたデビットカードのみとなっています。

 

国際ブランドの付いたデビットカードは金融機関各社で発行していますが、アメリカ留学におすすめのデビットカードは「 三菱東京UFJ-VISAデビット 」です。

 

三菱東京UFJデビットカードは国際ブランドが特にアメリカで加盟店の多いVISAになっていますので、留学先でカードが使えるお店が無くて困ってしまうという心配もありません。

 

また、三菱東京UFJデビットカードの利用では毎月の利用金額の0.2%がキャッシュバック還元される特典もありますので、滞在中もお得にお買い物をすることができるのですね。

 

三菱東京UFJデビットカードでは、カードを利用したお買い物はもちろんのこと、ATMを利用して現地の現金を引き出すことも可能です。

 

それだけではなく、万一の不正利用時にも連絡から60日前までさかのぼって損害を補償してもらうことができますので、不安な海外での利用にもピッタリのデビットカードなのですね。

 

短期留学ならキャッシュパスポートもおすすめ

短期留学の際に、留学中だけに利用できる決済方法として手軽なのが「キャッシュパスポート」です。

 

【参照】キャッシュパスポートは海外旅行や留学生におすすめ!クレカ以上のメリットも!

 

キャッシュパスポートは、クレジットカードのように審査もなく、チャージした金額だけを利用できる、チャージ式プリペイドカードとして利用することができます。

 

キャッシュパスポートを利用する際には、必要なだけのお金を入金して利用します。

 

MasterCard加盟店でクレジットカードと同じ感覚で利用することができますので、アメリカ留学の際にも様々な店舗で便利に利用することができます。

 

それだけではなく、ATMを利用した現地通貨の引き出しも可能となっていますので、面倒な両替の手間なく現地の現金を手にすることも可能です。

 

キャッシュパスポートの大きなメリットとなるのが、スペアのカードが用意されている点です。

 

通常クレジットカードやデビットカードの場合は、カードの紛失などの際にはカードを利用することができません。

 

キャッシュパスポートにはスペアのカードが用意されていますので、万一カードを紛失してしまった場合にもスペアで買い物を続けることができます。

 

日本国内では想像できないほどカードの盗難被害が多いアメリカでは、非常に便利に利用することができるのではないでしょうか。

 

アメリカ留学でクレジットカードはメリットだらけ!

カード大国であるアメリカでは、決済方法の中心がクレジットカードになっており、アメリカ留学の際にはクレジットカードは必須のアイテムとなってきます。

 

海外でのクレジットカード使用には、お得なポイント還元や特別な優待サービスと言ったメリットがたくさん用意されています。

 

また、アメリカではクレジットカードが身分証明書の代わりになることもあり、クレジットカードを保有していることが信用にも繋がるのですね。

 

高校生の方でクレジットカードを作ることができない方には、

 

・デビットカード

・キャッシュパスポート

 

などの15歳から作れるカードもありますので、自分のニーズに合わせたカードを留学前に用意しておくようにしましょう。

 

関連記事

海外旅行保険付きクレジットカード3枚徹底比較!自動付帯で年会費無料クレカはコレだ!

海外旅行で本当に役立つおすすめのクレジットカードは?国際ブランド・為替レート・保険の心配全て解決!

ハワイ旅行もコレで安心!ハワイでお得&おすすめのクレジットカード5枚

 

Pocket