Pocket

 

 

「JALもANAも両方良く利用している」

「どちらのマイルを貯めたらお得かわからない」

「JALカードとANAカードの2枚持ちはコストがかかってしまう」

 

このように、クレジットカードで貯めるマイルをJAL・ANAのどちらを貯めたらいいかわからないという方も多いでしょう。

 

JALマイルを貯めるならJALカード、ANAマイルを貯めるならANAカードなど、貯めるマイルの種類によって、マイルを貯めやすいクレジットカードも変わってきます。

 

しかし、中にはJALとANAの両方のマイルを貯めることができる万能のクレジットカードもあるのです。

 

貯める時にどちらのマイルにするか悩む必要のない、両方のマイルを貯めることができるクレジットカードをご紹介していきましょう!

 

参照:「ANAマイルかJALマイル貯めるならどっち?クレカ選びに迷った時の考え方

 

JAL/ANA両方をマイルを貯めれるおすすめクレジットカード

マイルを貯めることができるクレジットカードを選択するにあたって、JALとANAのどちらのマイルを貯めるかは非常に悩む点です。

 

ここでご紹介する、

 

SPGアメックス

スカイトラベラーアメックス

 

の2枚のクレジットカードは、JALとANAの両方のマイルを貯めることができる万能クレジットカード。

 

どちらのマイルを貯めるかなんて、もう悩む必要はないのです。

SPGアメックス

 

年会費

税別31000円

家族会員

税別15500円

ETC

無料

JALマイル還元率

1.0%

ANAマイル還元率

1.0%

旅行保険

最高1億円

空港ラウンジ

有り

 

最大1.25%でマイル獲得可能
実質無期限でマイルを貯めることができる
ホテルの上級会員資格を獲得できる

 

世界的ホテルチェーンの「スターウッドホテル&リゾートワールドワイド」とアメックスが提携して発行するクレジットカードが「SPGアメックス」です。

 

SPGアメックスはカードの利用でJAL/ANAの両方のマイルを最大1.25%の還元率で貯めることができます。

 

SPGアメックスの利用では1%の還元率でポイントを貯めることができますが、JAL/ANAをはじめとした航空マイルに等価で移行することができます。

 

1回のマイル移行手続きで20000マイル以上交換すると5000マイルがボーナスとして加算されますので、最大1.25%でのマイル獲得が可能なのですね。

 

航空機の利用であれば3%以上のマイル付与率を誇るカードもありますが、日常でのカード利用で1%以上のマイルを獲得できるのは大きなメリットとなりますよね。

 

それだけではなく、SPGアメックスのポイントの有効期限は、ポイント獲得の最終日から12か月間となっていますので、実質無期限でマイルを貯めることが可能なのです。

 

 

SPGアメックスは、特典航空券を利用して出かけた旅行先でもお得に利用することができる付帯サービスが充実しています。

 

カード特典として「SPGホテルやマリオットホテルのゴールド会員資格が無料付帯」しますので、ホテルの部屋のアップグレードやレイトチェックアウトなどの特典をうけることができます。

 

さらに、カード更新した翌年には土日祝・大型連休でも利用できる高級ホテルの無料宿泊券がもらえるため、利用日次第では年会費の元はかんたんにペイできちゃいます。

 

JAL/ANAのマイルを効率的に貯めることができるだけではなく、旅先でもお得になるのがSPGアメックスの大きなメリットとなるのです。

 

SPG 300x250

スカイトラベラーアメックス

 

年会費

税別10000円

家族会員

税別5000円

ETC

無料

JALマイル還元率

ANAマイル還元率

1%

旅行保険

最高3000万円

空港ラウンジ

有り

 

JAL/ANAの航空機利用で3%還元
ファーストフライトボーナスで5000マイル相当のプレゼント
空港ラウンジサービスも付帯したコストパフォーマンスに優れたカード

 

頻繁に航空機を利用される方のためにアメックスが発行するカードが「スカイトラベラーアメックス」です。

 

最も大きなメリットとなるのは、JAL/ANAを含めた提携航空の航空券の購入や旅行代理店の日本旅行アップルワールドの利用で還元率3%でポイントを貯めることができる点です。

 

アメックスのポイントはJALマイルには交換することはできませんが、ブリティッシュエアウェイズのマイルに移行してJALの特典航空券に交換することができます。

 

ブリティッシュエアウェイズのマイルでJAL特典航空券を交換した方が、国内線の特典航空券などの場合では少ないマイル数で交換できるメリットもあります。

 

また、ANAのマイルにはマイル移行手数(税別5000円)の年会費を支払うことで1対1の等価でマイルと交換することができます。

 

 

スカイトラベラーアメックスには上位カードとして「スカイトラベラープレミア」がラインナップされています。

 

スカイトラベラープレミアの年会費は税別35000円となっていますが、提携航空会社の航空券購入や旅行代理店の日本旅行アップルワールドの利用で還元率5%になるメリットがあります。

 

年会費の差額は税込27000円となっており、様々な角度から比較した結果、航空券やパッケージツアーなどで年間約48万円以上利用する方は、スカイトラベラープレミアをおすすめします!

 

sky_classic_300_250

貯めたポイントでJAL/ANA両方のマイルに交換できるクレジットカード

クレジットカードの中には、貯めたポイントをマイルに交換することができるカードもあります。

 

中には、ANAマイルかJALマイルのどちらかのマイルへの交換にしか対応していないクレジットカードも多く、JAL/ANAのどちらのマイルを貯めるかを選択しなくてはなりません。

 

ここでは、貯めたポイントをJAL/ANAのどちらのマイルにも交換することができるクレジットカードをご紹介していきましょう。

エムアイカード

 

年会費

初年度:無料

2年目以降:税別2000円

家族会員

無料

ETC

無料

JALマイル還元率

0.25%

ANAマイル還元率

0.125%

旅行保険

無し

空港ラウンジ

無し

 

三越伊勢丹の利用で最大10%還元
即日発行可能
年間の利用金額によってボーナスポイントがもらえる

 

三越伊勢丹の利用で大きなメリットをうけることができる「エムアイカード」

 

エムアイカードではカードの利用で貯めた「エムアイポイント」をJAL/ANAのマイルに交換することができます。

 

エムアイポイントからJALマイルへは、3000ポイント以上1000ポイント単位で交換が可能で、交換レートは2ポイント=1マイルとなっています。

 

ANAマイルへの交換は2000ポイント以上2000ポイント単位で交換することが可能で、交換レートは4ポイント=1マイルとなっています。

 

エムアイカードを利用した際のマイル交換率としては、JALマイルの方が有利になっているのですね。

 

エムアイカードでは、年間の利用金額が100万円以上になると三越伊勢丹でのポイント還元率が10%になる特典があります。

 

10%の還元率で貯まったポイントをJALマイルに交換すれば5%のマイル付与率、ANAマイルでも2.5%のマイル付与率を実現できるのです。

 

オリコカードザポイント

 

年会費

無料

家族会員

無料

ETC

無料

JALマイル還元率

0.5%

ANAマイル還元率

0.6%

旅行保険

無し

空港ラウンジ

無し

 

入会後半年はポイント還元率2倍
オリコモールのネットショッピングでお得
QUICPay対応でApplePayに登録可能

 

年会費無料でありながら、業界トップクラスの高還元クレジットカードである「オリコカードザポイント」

 

オリコカードザポイントの利用で貯めた「オリコポイント」はJAL/ANAのマイルに交換することが可能です。

 

交換レートも有利となっており、JALマイルへは1000ポイント=500マイルのマイル付与率0.5%、ANAマイルへは1000ポイント=600マイルのマイル付与率0.6%で交換することができます。

 

オリコカードザポイントでマイルを貯める場合は、ANAマイルの方が若干有利になっています。

 

オリコカードザポイントでは入会後半年はポイント還元率を2倍の2%で貯めることができるほか、オリコモールを経由したネットショッピングでボーナスポイントが加算される特典もあります。

 

オリコカードザポイントにはオリコモールの還元、iD・QUICPayの還元率が有利になる上位カード「オリコカードプレミアムゴールド」がラインナップされています。

 

オリコカードプレミアムゴールドでは、オリコカードザポイントよりもオリコモール・iD・QUICPayのポイント還元率がそれぞれ0.5%高くなっています。

 

ネットショッピング・ApplePayの利用を合わせて年間39万円以上利用する方は、オリコカードプレミアムゴールドの方がお得になるのですね。

 

DCカード Jizile

 

年会費

無料

家族会員

無料

ETC

無料

JALマイル還元率

0.75%

ANAマイル還元率

0.75%

旅行保険

最高1000万円

空港ラウンジ

無し

 

ポイント還元率1.5%の高還元カード
旅行保険も付帯しているコストパフォーマンスに優れたカード
ポイント有効期限が3年と長いので、マイル有効期限を最長6年で利用できる

 

DCカードがリボ払い専用カードとして発行するのが「DCカード Jizile」です。

 

DCカード Jizileは年会費無料のカードでありながら、通常ポイント還元率が1.5%という高還元のクレジットカードとなっています。

 

DCカード Jizileの利用で貯めたポイントはJALマイルに500ポイント=1250マイルで交換することが可能で、0.75%のマイル付与率となっています。

 

また、ANAマイルに直接交換することはできませんが、nanacoポイントを経由することでJALマイルと同じく0.75%のマイル付与率を実現できます。

 

年会費無料のカードでありながら、マイル付与率が0.75%というのは大きなメリットとなりますよね。

 

DCカード Jizileはリボ払い専用カードという点がデメリットに感じてしまう方もいるかも知れませんが、カスタマーセンターへの電話で一括払いのカードと同じように利用することができます。

 

恐らく、上記のことをした上でマイル付与率0.75%は年会費無料クレジットカードでNO.1です。

 

JALカードとANAカードの2枚持ちは損?

今回はJAL/ANA両方のマイルを貯めることができるクレジットカードを特集してご紹介してきました。

 

しかし、中にはJALカードとANAカードを2枚作ればいいだけじゃないかと思ってしまう方もいるかも知れませんね。

 

陸マイラーのお得なマイルの貯め方を指南するサイトなどでは、JALカードとANAカードを2枚持ちすることを推奨しているサイトも多く見かけられます。

 

しかし、JALカードとANAカードの2枚持ちは損になってしまう場合もありますので注意が必要になります。

 

 

第1に考えられるのは、年会費のかかるカードを持っていた場合は単純にコストが2倍になってしまう点です。

 

・JALが発行するJALカードは税別2000円の年会費

・ANAが発行するANAカードは税別2000円の年会費

 

がそれぞれ必要となってきますので、2枚持ちにした場合は最低でも年間4000円のコストがかかってしまうことになってしまいます。

 

さらに、還元率1.0%にしようと思ったら、どちらのカードもおよそ年間+3000円必要です。

 

また、JAL/ANAマイルを貯めるカードを別に持っていると、カードの利用で貯めることができるマイルが限定されてしまいます。

 

この場合、良く利用するカードによって、貯まるマイルが偏ってしまいますので、特典航空券を交換する際にも交換先が限定されてしまいますよね。

 

それだけではなく、支払い回数がJALカードとANAカードで月間2回になってしまいますので、管理をするのが面倒になってしまうという側面もあります。

 

ですので、JALカードとANAカードの2枚持ちをするのであれば、どちらか1枚に絞った方が損をすることが無いという考え方もできます。

 

どちらも貯めたいという欲張りな方は、今回ご紹介した両方のマイルを貯めることができるカードを利用すれば解決ですね!

JAL/ANAマイルの相互交換する方法ある?

JAL/ANAの両方を貯めることができなくても、JAL/ANAのマイルを相互交換することができれば便利なのにと思っている方も多いでしょう。

 

JALマイルとANAマイルはそれぞれ競合するポイント制度となりますので、普通に考えると相互交換は不可能と思いますよね。

 

実は、工夫をすればJAL/ANAのマイルを相互交換することはできないわけではありません。

 

JAL/ANAのマイルを相互交換するためには、

 

・JMB JQ SUGOCAカード

ソラチカカード

 

といった2枚のクレジットカードが必要となります。

 

JALマイルからANAカードに交換する場合には、

 

・JALマイルをJMB JQ SUGOCAのJQポイントに交換

・JQポイントをポイント交換サービスのGポイントに交換

・Gポイントをソラチカカードのメトロポイントに交換

・メトロポイントをANAマイルに交換

 

以上の手順でJALマイルをANAマイルに交換することが可能で、0.9倍の交換レートでANAマイルに交換することができます。

 

ANAマイルもJQカードを利用してJALマイルに交換することができますが、マイルが半減してしまいますので、損をしてしまいます。

 

あくまでも、方法としてできなくはない、という程度で考えておいた方がよさそうですね。

あなたはどっちのパターンでJAL/ANAマイルを貯めますか?

今回ご紹介してきたのは、

 

JAL/ANAの利用で両方のマイルを貯めることが出来るカード
貯まったポイントをJAL/ANAのマイルに交換出来るカード

 

の2つのパターンのクレジットカードです。

 

実際に飛行機を良く利用される方には前者のクレジットカードが有利でしょうし、陸マイラーには後者のクレジットカードがおすすめといえるでしょう。

 

いずれのパターンのカードでも、必要に応じてJAL/ANAのどちらのマイルを利用することができるのがメリットとなります。

 

どちらのマイルを貯めたらいいか悩んだら、どちらも貯められる万能クレジットカードを作っちゃいましょう!

 

 

 

純粋にマイルを貯めやすいクレジットカードをお探しの方は「マイルが貯まるクレジットカード比較ランキング!おすすめクレカは?」の記事も参考にしてくださいね。

 

Pocket