Pocket

 

法人経営者の方であれば、会社の経費支払いに「法人カード」を利用しておられる方も多いでしょう。

 

しかし、現在のお使いの法人カードの機能に皆さん満足していらっしゃるでしょうか?

 

中には法人立ち上げの際に作った、一般法人カードを今でも使っているという経営者の方もいるかも知れませんね。

 

会社の経営が順調に進み、黒字経営になったら持ちたいカードが「法人ゴールドカード」です。

 

会社の経営状況に合わせた上質なカードに切り替えて、さらなるビジネスのブーストアップを目指していきましょう。

 

 

法人ゴールドカードおすすめ5枚

まずは、黒字経営の社長におすすめの法人ゴールドカードを5枚ご紹介していきましょう。

 

一般法人カードでは得ることができないサービスと、満足感のある付帯サービスが魅力の法人ゴールドカード。

 

ただの決済機能としてのクレジットカードではない法人ゴールドカードの魅力を解説していきましょう。

エグゼクティブ ゴールド フォービズ

 

年会費

初年度:無料

2年目以降:税別2000円

追加カード

無料

3枚まで発行可能

ETC

無料

還元率

0.5%

旅行保険

最高2000万円

空港ラウンジ

無し

限度額

最高300万円

 

ポイントアップで還元率最大1.1%
圧倒的なコストパフォーマンス
国際ブランドで選べるビジネスサポート

 

初年度年会費無料・2年目以降も税別2000円という、圧倒的なコストパフォーマンスを誇る「エグゼクティブ ゴールド フォービズ」

 

高還元クレジットカードを数多く発行するオリコカードの法人ゴールドカードだけあって、やはり魅力となるのはポイント還元率の高さです。

 

エグゼクティブ ゴールド フォービズの利用では、通常0.5%の還元率で「暮らスマイル」を貯めることができます。

 

それだけではなく年間のエグゼクティブ ゴールド フォービズの利用金額に応じてポイントアップしていく特典があり、

 

・年間50万円以上:翌年1.5倍・0.75%

・年間100万円以上:翌年1.7倍・0.85%

・年間200万円以上:翌年2倍・1%

 

と、最大200万円以上のカード利用で翌年の還元率が1%になり、さらにエグゼクティブ ゴールド フォービズの特典で通常還元率に20%加算されますので、最大1.1%の還元率でカードを利用することができます。

 

法人カード最高クラスのポイント還元率を誇るエグゼクティブ ゴールド フォービズで、経費支払いをお得にすることができるのですね。

 

さらに、入会キャンペーンでは最大6500円相当のポイントも獲得できちゃいます!

 

アメリカンエキスプレス・ビジネス・ゴールドカード

 

年会費

税別31000円

追加カード

税別12000円

発行枚数制限なし

ETC

無料

還元率

1%

旅行保険

最高1億円

空港ラウンジ

有り

限度額

一律の制限無し

 

文句なしのステータス性
上質なビジネスサポート
最高1億円の充実した旅行保険

 

老舗クレジットカードブランド「アメリカン・エキスプレス」の発行する「アメリカンエキスプレス・ビジネス・ゴールドカード」は、社長に持ってもらいたいカードNO1の法人カードです。

 

法人カードはある意味では会社の顔となるものでもあり、ステータス性も求めたいスペックのひとつとなります。

 

そうした意味では、アメックスのブランド力というのは文句なしのステータスを誇っており、会社のイメージを向上させてくれるブランド力がありますよね。

 

もちろん、ビジネスに利用する法人カードはブランドイメージだけでは役に立ちません。

 

T&E系クレジットカード最高峰ともアメックスの法人ゴールドカードであるアメリカンエキスプレス・ビジネス・ゴールドカードは、空港ラウンジサービスや旅行保険などが非常に充実しています。

 

特に、最高1億円の旅行保険では、国内の旅行時の航空機遅延費用なども補償されており、出張の多い会社の法人カードにも便利に使ってもらうことができます。

 

また、アメリカンエキスプレス・ビジネス・ゴールドカードは「ビジネスコンサルティングサービス」をはじめとした上質なビジネスサポートも魅力となっています。

 

単なるクレジットカードとしてではなく、ビジネスのパートナーとしてサポートしてくれるカードがアメリカンエキスプレス・ビジネス・ゴールドカードなのです。

 

アメリカンエキスプレス・ビジネス・ゴールドカードでは最大30000ポイントが獲得できるお得な入会キャンペーンが開催中です。

 

下記のバナーからの申込みでキャンペーンが適用されます。

 

JCBゴールド法人カード

 

年会費

税別10000円

追加カード

税別3000円

発行枚数制限無し

ETC

無料

還元率

0.5%

旅行保険

最高1億円

空港ラウンジ

有り

限度額

最高250万円

 

バランスのとれたシンプルなサービス
ゴールドカード専用デスク
税理士に無料相談ができる

 

JCBの発行する「JCBゴールド法人カード」は、非常にバランスのとれたカード構成が魅力の法人ゴールドカードです。

 

年会費も税別10000円と低コストでありながら、空港ラウンジサービス・最高1億円の旅行保険・ゴールドカード専用デスクといったゴールドカードにふさわしい付帯サービスが充実しています。

 

JCBゴールド法人カード独自のサービスとしては「JCB暮らしのお金相談ダイヤル」で税理士やファイナンシャルプランナーに無料相談ができるサービスがあります。

 

ビジネスでの経理管理はもちろんのこと、社長個人の資産運用の相談にも乗ってもらえますので、資産形成の良きパートナーなってくれるのではないでしょうか。

 

また、JCB会員が使える「JCBプラザ」が世界の主要都市に設置されており、日本語スタッフによる現地の案内や日本国内の新聞などを海外で閲覧することができます。

 

海外出張が多い会社の法人カードとしても非常におすすめの法人ゴールドカードがJCBゴールド法人カードなのですね。

 

JCBゴールド法人カードでは、初年度年会費無料+最大7000円分プレゼントキャンペーンが実施中です!

 

CP_300_250

三井住友ビジネスゴールドカード

 

年会費

税別10000円

追加カード

税別2000円

20枚まで発行可能

ETC

初年度:無料

2年目以降:条件付き無料

還元率

0.5%

旅行保険

最高5000万円

空港ラウンジ

有り

限度額

最大300万円

 

Visa、Masterの両方の国際ブランドを持つことができる
USJの1デイパスの割引優待
豊富な福利厚生サービス

 

豊富なビジネスサービスと充実した福利厚生が魅力の「三井住友ビジネスゴールドカード」

 

三井住友ビジネスゴールドカードのもっとも大きな特徴となるのが、Visa・Masterのふたつの国際ブランドのカードを同時に発行することができる点でしょう。

 

三井住友ビジネスゴールドカードの年会費は税別10000円となっていますが、Visa・Masterの両方のカードを発行した場合でも税別12000円で利用することができます。

 

Visa・Masterの国際ブランドそれぞれにキャラクターの異なったビジネスサポートが付帯しており、双方の国際ブランドを利用できることで、より充実したサポートをうけることができるのです。

 

また、Visaカードのメリットとして「Visaビジネスグルメオファー」を利用することが可能で、全国の有名レストランを優待価格で利用することができます。

 

三井住友カードは「ユニバーサルスタジオジャパン」の公式クレジットカードでもあり、USJの1デイパスの割引優待などをうけることができるのも魅力となっています。

 

ビジネスもプライベートもしっかり充実させたい方に、三井住友ビジネスゴールドカードはおすすめの法人ゴールドカードといえるでしょう。

 

三井住友ビジネスゴールドカードでは、申込するだけでもれなく最大VJAギフトカード8000円分プレゼントされるお得なキャンペーンが開催中です!

 

300x250

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカード

 

年会費

税別20000円

追加カード

税別3000円

4枚まで発行可能

ETC

無料

還元率

0.5%

旅行保険

最高1億円

空港ラウンジ

プライオリティパス

限度額

最高1000万円

 

プライオリティパスに無料登録
ビジネスアドバンテージで経費削減
年会費が半額になる優遇特典あり

 

税別20000円という圧倒的なコストパフォーマンスでプラチナ法人カードを持つことができるのが「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカード」です。

 

ゴールド法人カードよりも、さらに上質な付帯サービスを受けることが出来るプラチナ法人カードを格安で保有することができるのがセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカードの大きなメリットとなります。

 

税別20000円という年会費でも充分にリーズナブルですが、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカードを年間200万円以上利用すると、翌年の年会費が半額になる年会費優遇特典も用意されています。

 

また、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカードの最も大きなメリットとなるのが「プライオリティパス」の付帯です。

 

世界中の空港VIPラウンジを、年間何度でも使い放題になるプライオリティパス・プレステージ会員を無料で登録することが可能で、海外出張の多い会社の法人カードとして適したクレジットカードであるといえるでしょう。

 

プレステージ会員の年会費は通常399$となっていますので、プレステージ会員の年会費の半額以下でセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカードを持つことができるのですね。

 

JALマイルを貯めるカードとしても優れており「セゾンマイルクラブに登録するだけ」JALマイルが最大1.125%で貯めることができます。

 

年会費とサービスのバランスに非常に優れた、コストパフォーマンスの高い法人カードであるといえるのですね。

 

%e3%82%bb%e3%82%be%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%81%e3%83%8a%e3%80%80300x250

経費が多い会社こそ還元率にこだわろう!

ここまで、当サイト厳選の法人ゴールドカードをご紹介してきましたが、気になる法人ゴールドカードはありましたでしょうか?

 

法人ゴールドカードを選択する際のひとつの基準にしてもらいたいのが、カードを利用してお買い物をした際の「還元率」です。

 

法人一般カードの多くはポイントプログラムそのものが用意されておらず、単純な決済機能としてのクレジットカードとして利用されていた方も多いのではないでしょうか。

 

法人ゴールドカードでは、ほぼ全てのカードにポイントプログラムが採用されており、経費の支払いをお得にポイントで還元してもらうことができます。

 

たとえば、月間の経費支払いが100万円の会社の場合、0.5%の還元率のカードだと5000ポイント1%還元だと10000ポイントも毎月獲得することができるのです。

 

法人ゴールドカードそれぞれで、ポイントの使い道は豊富に用意されています。

 

使い勝手の良いギフトカードや共通ポイントに交換ができたり、航空マイルに交換することもできるなど、経費の支払いで貯まったポイントをお得に利用することができるのですね。

 

会社の経費支払いで貯まったポイントで、マイルの特典航空券を交換してタダ旅行に出かけることも充分に可能なのです!

 

参照:「ポイント還元率の高い法人カードは?個人事業主・法人の方におすすめの3枚

会社の経費で効率的にポイントを貯める方法

法人ゴールドカードを利用して会社の経費支払いでポイントを効率的に貯めていくには、とにかく支払える経費は法人カードを利用して決済することがポイントとなります。

 

たとえば、

 

・事務用品

・会社の通信費

・社用車の維持費

・接待交際費

 

など、法人カードを利用して支払うことができる経費はたくさんあります。

 

中には、商品仕入れそのものを法人カードで決済することが可能な職種の方もいるのではないでしょうか?

 

経費支払いを法人カードで決済できる金額が多いほど、還元されるポイントも多くなり、ポイント還元のメリットを最大にうけることが可能になるのです。

 

また、クレジットカードが利用できないシーンでも、電子マネーは利用できるというケースも多々あります。

 

電子マネーへのチャージでポイントが付与される法人ゴールドカードを利用して、電子マネーと併用するのもポイントを効率的に貯めていく賢い使い方となるのですね。

利用限度額はいくらまで必要?

法人カードを選択していく中で判断基準として考えておかなくてはならないポイントが、法人カードの利用限度額です。

 

利用限度額は、クレジットカードを利用することができる上限の金額のことを指します。

 

クレジットカードの利用限度額を「1ヶ月に利用できる金額」と思っている方も多いかも知れませんが、実はこれは誤った認識です。

 

クレジットカードの利用限度額は「支払われていない金額の上限」となります。

 

具体的な例を挙げて説明すると、利用限度額100万円の場合で、支払いが末締め・翌15日払いの法人ゴールドカードの場合、月末までに80万円利用すると、翌月の15日に80万円を支払うまで残りの20万円しか利用限度額が無いということになります。

 

また、上記の例の場合、15日の支払い日までに20万円を利用して80万円を支払っても、限度額は80万円しか残りません。

 

あくまでも、利用限度額は月間でリセットされるわけではなく、クレジットカードを利用して支払いが完了している金額の残金となるのです。

 

ですので、経費の支払いが毎月100万円の会社の場合、限度額が100万円の法人カードを選択すると、支払い前に限度額オーバーになってしまうケースがあります。

 

法人カードの限度額は、毎月の経費の2倍以上をカバーできるものが必要となってくるでしょう。

 

参照:「限度額の高いおすすめの法人カードは?クレジットカードの限度額を上げる2つのポイント!

法人カードは何枚必要?発行枚数もチェック

法人カードを選択する際には、追加カードの発行可能枚数も頭に入れて判断をする必要があります。

 

法人カードを利用して会社の経費管理を簡素化していくためには、経費支払いを極力法人カードに集約して決済をする必要があります。

 

社員にも追加カードを使用させて、会社の経費支払いを法人カードで決済をさせることで、ポイントを効率的に貯めることができるメリットもあるのです。

 

また、出張費や交通費などの立て替えを無くし、法人カードで決済をさせることで、社員の負担も減り、領収書の管理などの雑務もなくなります。

 

ですので、法人カードを選択する際には、決済権のある社員にいきわたる枚数の追加カードを発行できるカードを選択する必要があるのです。

黒字経営なら法人ゴールドカードはマスト!会社もさらにステップアップ!

法人ゴールドカードには、空港ラウンジサービスや豊富な限度額といった、一般法人カードにはないサービスが充実しています。

 

それだけではなく、グルメやレジャーなどの福利厚生やビジネスサポートといった、クレジットカードの機能以上のサービスをうけることも可能です。

 

法人ゴールドカードは、単なる決済機能としてのカードではなくビジネスのパートナーともなるもの。

 

黒字経営の法人には、その会社にふさわしい上質な法人ゴールドカードがマストアイテムとなるのです。

 

法人ゴールドカードを利用して、今以上に会社をステップアップさせていきましょう!

 

 

今回は法人ゴールドカードにフォーカスして紹介しましたが、まだまだ年会費の経費が惜しいと思う方は、「年会費無料の法人クレジットカード特集!本当に損しない法人カードの選び方」の記事もチェックしてくださいね!

 

Pocket