Pocket

 

世界最大のファーストフードチェーン店である「マクドナルド」

 

マクドナルドを利用している方の中には「マックでもクレジットカードが使えたらいいのに」と思ったことがある方も多いのではないでしょうか?

 

今まで、マックでは現金・もしくは一部の電子マネーしか利用することができず、クレジットカードを利用することはできませんでした。

 

実際に私も現金を持ち歩いていなかった時に、クレジットカードを使えるかマックに問い合わせて、利用できなかった為にファミリーレストランに食事に行った覚えがあります。

 

今回、2017年3月21日のリリースで、全国のマクドナルドでクレジットカードが可能になるというニュースが発表されました!

 

ますます便利にマクドナルドを利用することができる、マクドナルド全店のクレジットカード対応開始のニュースを解説していきましょう。

 

 

マクドナルド全店でクレジットカード決済が可能に!

2017年3月21日にマクドナルドから発表されたニュースリリースで、マクドナルド全店でクレジットカード決済が可能になるというニュースが発表されました。

 

2020年の東京オリンピック開催をにらんだ対応で、日本よりもキャッシュレスが進んでいる海外からの来客に対応する目的での決済対応となっています。

 

三井住友カードとの提携により、2017年下半期より順次「Visa」「Master」をはじめとしたクレジットカードの決済に対応することを発表。

 

また、クレジットカードだけではなく利用することができる電子マネーの種類も拡大していく予定になっており、ますますマクドナルドでのお買い物を便利に利用することが可能になります。

 

従前マクドナルドでは、現金と一部の電子マネーでしか決済をすることが出来ませんでしたが、2020年の東京オリンピックに向けたキャッシュレス時代への対応策の一環といえるでしょう。

 

マクドナルドといえば、先日もdポイントカードの全国店舗での対応が発表され、話題を集めたばかり。

 

ユーザー目線に立ったサービスの導入を次々と行っている姿勢が、マクドナルドが支持されている理由ともなっているのではないでしょうか。

2017年3月21日より順次決済可能となるサービス

2017年3月21日に発表されたニュースリリースでは、マクドナルドは三井住友カードとの提携により、クレジットカードをはじめとした様々な決済方法に対応していくことを発表しました。

 

ここでは、2017年の下半期以降、具体的に決済可能となるサービスを解説していきましょう。

2017年3月までに決済可能だったサービス

マクドナルドでは、従前は現金と一部の電子マネーのみでの決済が可能となっていました。

 

2017年3月までに決済可能だった電子マネーのサービスは、

 

・iD

・WAON

・楽天Edy

 

と3つの電子マネーのサービスに限られていました。

 

そのため、マクドナルドでクレジットカードを利用する為には、iD機能の付いたクレジットカードを利用するか、楽天Edyなどにクレジットチャージをしてから利用する必要があったのです。

 

逆説的にいうと、一旦電子マネーへのチャージを経由してでも、マクドナルドでクレジットカードを利用することにはメリットがあることだったのですね。

2017年下半期から決済可能となるサービス

2017年下半期からは、クレジットカードをはじめとして、様々な電子マネーや「NFC」を利用した決済サービスの利用が可能になります。

 

ここでは、マクドナルドで順次決済可能となるサービスをまとめておきましょう。

 

クレジットカード

Visa

MasterCard

JCB

ダイナースクラブ

ディスカバー

アメックス

交通系電子マネー

Kitaca

Suica

PASMO

TOICA

manaca

ICOCA

SUGOCA

nimoca

はやかけん

電子マネー

nanaco

QUICPay+

チャージ型プリペイドカード

JCBPREMO

NFC

VisapayWave

MasterCardコンタクトレス

J/Speedy

アメリカンエキスプレスコンタクトレス

 

このように、ほぼ全ての国際ブランドのクレジットカードをはじめ、様々なサービスが2017年の下半期から順次サービス対応スタートします。

 

具体的なサービスの開始日などは発表されていませんが、国内の決済サービスのほぼ全てをマクドナルドで利用することが可能になると言っても良いのではないでしょうか。

 

特筆すべきは、日本国内ではまだ馴染みの薄い「NFC」での決済サービスにも対応を予定している点です。

 

スマートフォンなどのワンタッチで決済を行うことが可能な電子決済「NFC」は海外では主流の決済サービスのひとつとなっています。

 

日本国内では2016年10月に日本に初上陸した「ApplePay」が馴染みのあるNFCのサービスなのではないでしょうか。

 

日本国内のファーストフード店で、海外で主流のNFCの決済に対応するケースは稀となっており、その点からもマクドナルドが2020年のオリンピックを意識していることが分かりますよね。

 

因みに、SuicaやQUIC Pay払いが対応予定となっていることから、マクドナルドでもApple Pay(アップルペイ)は確実に対応するでしょう。

 

参照:「Apple Payのメリットは?アップルペイで利用できるクレジットカードまとめ

マクドナルドでクレジットカードが使えるメリット

それでは、マクドナルドでクレジットカード決済が利用することできることで、具体的にはどのようなメリットをうけることができるのでしょうか?

 

第一に考えることができるのは、キャッシュレスで決済することができることでスムーズにお買い物をすることができる点です。

 

特にお昼や夕方の混み合う時間に、小銭要らずでスムーズに決済をすることができるのは大きなメリットとなりますよね。

 

それでは、その他にもマクドナルドでクレジットカード決済が可能になることによるメリットを考えてみましょう。

マクドナルドでいつものクレジットカードのポイントを貯めることができる

マクドナルド全店でクレジットカード決済が可能になることで、最も大きなメリットとなるのがクレジットカードのポイントを貯めることができる点でしょう。

 

つい先日、マクドナルドの全国でdポイントカードが対応になったことでマクドナルドでもポイントを貯めやすくなりましたが、やはりいつものクレジットカードのポイントを貯めたいという方も多いでしょう。

 

2017年3月まででは、マクドナルドで直接貯めることができるポイントは「dポイント」「楽天ポイント」の2種類のみでした。

 

ですので、マクドナルドでクレジットカードのポイントを貯めるためには、iDを利用する楽天Edyにクレジットチャージをしてからマクドナルドでお買い物をする必要があったのです。

 

マクドナルド全店でクレジットカード決済の対応が開始されれば、その手間もなくなり、直接クレジットカードの利用でポイントを貯めることが可能になります。

 

中には、電子マネーへのチャージでポイントが付かないクレジットカードをお使いの方もいるでしょう。

 

そうしたクレジットカードでも、マクドナルドの利用でポイントを貯めることができるという点が、最も大きなメリットになるのではないでしょうか。

2017年下半期には、マクドナルドのキャンペーンに期待!

2017年3月に、dポイントが全国のマクドナルドで対応を開始した際は「dポイント5倍」というお得なキャンペーンが開催されました。

 

dポイント5倍キャンペーンは2017年5月31日までの開催となっておりますので、dポイントカードをお使いの方はまだまだお得にマクドナルドでお買い物をすることができます。

 

2017年の下半期から、クレジットカードをはじめとした様々な決済サービスがマクドナルドで対応することで期待できるのが「お得なキャンペーン」です。

 

マクドナルドでは、dポイントカードのように対応を開始したサービスには、認知度を上げるために大々的なキャンペーンを開催してきた歴史があります。

 

そうした実績からも、2017年の下半期にはクレジットカードタイアップキャンペーンなどを期待しても良いのではないでしょうか。

 

参照:「マクドナルドでdポイント5倍キャンペーン開始!dポイントが貯まる、使える!

マクドナルドでお得なおすすめのクレジットカード5枚

まだ具体的な対応の日付は決まっていないものの、マクドナルドで2017年下半期から対応が始まる決済サービスの中で最も早い対応開始が期待できるのがクレジットカードです。

 

ここでは、マクドナルド全店でのクレジット決済対応を前に、マクドナルドでお得なおすすめクレジットカード5枚をご紹介していきましょう。

 

それぞれのカードに、マクドナルドで利用した際の独自のメリットがありますので、マクドナルド全店でクレジットカード対応がスタートする前に手に入れておきましょう。

dカード

 

 

年会費

無料

家族会員年会費

無料

ETC

無料

還元率

1%

旅行保険

無し

Apple Pay

iD対応

 

iD利用のお買い物はマクドナルドで3%割引!
dポイントカード付帯でマクドナルドとの相性抜群
ローソンのお買い物でも3%OFF

 

携帯キャリア大手のドコモが発行する「dカード」は、今マクドナルドでお買い物をするクレジットカードとして最も大きなメリットをうけることができるクレジットカードです。

 

dカードの利用では1%の還元率で「dポイント」を貯めることが可能となっており、貯めたdポイントはマクドナルドで1ポイント=1円として利用することが可能です。

 

dカードにはdポイントカードが一体となっておりますので、マクドナルドでのお買い物の際にはdポイントカードにポイントを貯めることも可能です。

 

それだけではなく、マクドナルドではdカードのiDでお買い物をするとお買い物金額が3%割引になる特典があります。

 

さらにマクドナルドでのiDの利用では、2%のポイント還元をうけることもできますので、マクドナルドでは合計5%の還元をうけることができる優秀なカードとなっているのです。

 

dポイントカードの全国対応を記念して、現在マクドナルドでは2017年5月31日までの期間限定でdポイント5倍キャンペーンを開催しています。

 

キャンペーン期間中にdカードのiDを利用してマクドナルドでのお買い物をすると、

 

・dポイント5倍=5%

・iDのポイント=2%

・iD利用特典の割引=3%

 

と合わせて10%のポイント還元をうけることができるのです。

 

CMでも話題のマクドナルドの「ヤッキー」は200円ですが、実質180円でヤッキーを食べることができるのですね。

 

Orico Card THE POINT

 

 

年会費

無料

家族会員年会費

無料

ETC

無料

還元率

1%

旅行保険

無し

Apple Pay

QUIC Pay対応

 

入会後半年間は2%の還元率でカードを利用できる
iD搭載なので今すぐマクドナルドで利用することができる
オリコモールでネットショッピングもお得に

 

高還元クレジットカードの代名詞でもある「Orico Card THE POINT」も、マクドナルドでクレジット決済が可能になればメリットの多いクレジットカードのひとつです。

 

Orico Card THE POINTはカードの入会後半年間、ポイント還元率が通常の2倍の2%で利用することができます。

 

ですので、入会後半年間のうちにマクドナルドでOrico Card THE POINTを利用すると、2%のポイント還元率でお買い物をすることができるのですね。

 

Orico Card THE POINTにはiDの機能が付帯していますので、マクドナルド全店でのクレジットカード対応を待たずにiDを利用してマクドナルドでお買い物をすることができるクレジットカードでもあります。

 

2017年下半期からの順次対応を待たずして、クレジットカードでマクドナルドの利用ができるのもOrico Card THE POINTのメリットといえますね。

 

マクドナルドでの利用だけではなく、Orico Card THE POINTはネットショッピングでもお得に利用することができるメリットもあります。

 

Orico Card THE POINTではオリコカードの会員向けのインターネットネットショッピングモール「オリコモール」を利用することでポイントアップの特典があります。

 

入会後半年のポイント2倍の特典とあわせると、Amazonでのお買い物を3%の高還元率で利用することも可能なのですね。

 

リクルートカード

 

 

年会費

無料

家族会員年会費

無料

ETC

無料

還元率

1.2%

旅行保険

最高2000万円

Apple Pay

QUIC Pay対応

 

1.2%の高還元率の魅力!
電子マネーとの相性も抜群
ポンパレでマックカードをお得にゲット

 

年会費無料のクレジットカードで最強の還元率を誇るクレジットカードが「リクルートカード」でしょう。

 

なんといっても魅力となるのは、通常還元率1.2%という脅威の高還元率を誇っている点です。

 

マクドナルド全店でクレジットカード決済が対応されれば、マクドナルドで1.2%の還元率でお買い物をすることができるのですね。

 

また、リクルートカードの大きな魅力となっているのが、電子マネーとの相性の良さです。

 

・nanaco

・楽天Edy

・Suica

 

といった電子マネーへのチャージでも1.2%のポイント還元をうけることができるのは、リクルートカードの大きな魅力となりますよね。

 

現在でもマクドナルドは楽天Edyでの決済に対応していますので、リクルートカードで楽天Edyをチャージして使えば、今すぐマクドナルドでリクルートカードを利用することも可能です。

 

楽天Edyを利用したお買い物では0.5%の楽天スーパーポイントの還元もうけることができますので、ダブルポイントの獲得も可能なのです。

 

また、マクドナルドではnanaco払いも対応予定となっているので、nanacoを利用している方にもおすすめです!

 

リクルートカード

楽天カード

 

 

年会費

無料

家族会員年会費

無料

ETC

無料

還元率

1%

旅行保険

最高2000万円

Apple Pay

QUIC Pay対応

 

楽天Edyは今すぐマクドナルドで使える
貯まった楽天スーパーポイントを利用してマクドナルドでお買い物
楽天市場でポイント4倍

 

ネットサービス大手の楽天グループの発行する「楽天カード」も年会費無料のクレジットカードの中で特に人気の高いクレジットカードのひとつです。

 

楽天カードには楽天Edyの機能を付帯させることが可能で、楽天カードから楽天Edyにチャージして利用することで、今すぐマクドナルドで利用することができます。

 

マクドナルドでは、楽天ポイントカードにも対応していますので、カードの利用で貯まった楽天スーパーポイントを1ポイント=1円としてマクドナルドのお買い物に利用することができます。

 

マクドナルドでのお買い物だけではなく、楽天カードの大きなメリットとなるのは楽天市場の利用でポイントが4倍になる特典があることです。

 

ネット通販やマクドナルドが好きな若い方におすすめのできる、バランスのとれたクレジットカードであるといえるでしょう。

 

ビックカメラSuicaカード

 

 

年会費

無料

家族会員年会費

発行無し

ETC

税別477円

還元率

0.5%

旅行保険

最高1000万円

Apple Pay

QUIC Pay対応

 

Suica付帯で下半期のSuica対応に期待
ビックカメラでのダブルポイントの獲得
Suicaのオートチャージでポイント3倍

 

ビックポイントカードとビューSuicaカードが一体になった「ビックカメラSuicaカード」

 

2017年3月21日以降の下半期にマクドナルド全店で決済対応となるサービスの中に、交通系電子マネーのSuicaも含まれています。

 

Suicaの対応が開始されれば、マクドナルドでのお買い物でもビックカメラSuicaカードを利用することが可能になり、マクドナルドでSuicaの「ビューサンクスポイント」を貯めることが可能になります。

 

ビックカメラSuicaカードの最も大きなメリットとなるのが、Suicaへのチャージや切符の購入などで通常の3倍のポイントを獲得することができる点です。

 

それだけではなく、ビックカメラでの利用ではビックポイントとビューサンクスポイントをダブルで獲得することができるメリットもあります。

 

マクドナルドでSuicaを利用することが可能になれば、ビックカメラSuicaカードはますます便利に使えるクレジットカードになりますね。

 

マクドナルド全店でのクレジット決済対応は本格的なキャッシュレス時代の幕開け!

2017年3月21日にマクドナルドから公式にニュースリリースで発表された「マクドナルド全店でのクレジット決済対応開始」

 

2020年の東京オリンピック開催に向けて、他社に先駆けた形でキャッシュレス決済の対応を開始したマクドナルド。

 

ファーストフード業界最大手のマクドナルドがクレジット決済に対応したことで、他社でも同様の動きが予想されます。

 

マクドナルド全店でのクレジット決済対応は、これからますます加速していくキャッシュレス時代の幕開けでもあると言えるでしょう。

 

クレジットカードをどのようにお得に利用していくか、それがこれからのキャッシュレス時代にお得にお買い物をする絶対条件となってくるのです。

 

Pocket