初めてのクレジットカードはどれを選んだらいいの?初心者向けおすすめクレカ厳選5枚

Pocket

 

この春から新生活をはじめ、はじめてクレジットカードを作ろうと思っている方も多いでしょう。

 

高校を卒業したら、クレジットカードの申込み資格を手にすることができます。

 

クレジットカードを作る、ということはひとつ大人の階段を登るようなものですよね。

 

とはいえ、初めてクレジットカードを作ろうと思う時は不安がいっぱいです。

 

私がはじめてクレジットカードを作った時には今ほどインターネットも普及していませんでしたから、ショップの店員さんに勧められるままにカードを作ってしまいました。

 

そのカードは、そのショップでしか利用することができないクレジットカードで「失敗した!!」と思ったものです。

 

このサイトをご覧の皆さんには、私と同じような失敗をして欲しくありません!

 

クレジットカードデビューにオススメの厳選カードの紹介、そしてクレジットカードの疑問にお答えしていこうと思います。

 

 

初めて作る方におすすめのクレジットカード厳選5枚

はじめてクレジットカードを作る時には、数あるクレジットカードの中からどのカードを選択すればいいのか分からないですよね。

 

ここでは、ファーストカードとしてオススメの当サイト厳選クレジットカードをご紹介していきましょう。

 

オススメポイントや、カードのお得な使い方もご紹介していきますので、カード選びにお役立てくださいね!

JCB EXTAGE

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

国際ブランド

JCB

申込み資格

高校生を除く18歳以上29歳以下の方

年会費

無料

還元率

0.5%

Apple Payの登録

 

29歳以下の若者だけが利用できる年会費無料カード
入会後3か月間はポイント3倍!
年間20万円以上の利用で翌年もポイント3倍!

 

「JCB EXTAGE」は18歳から29歳までの方限定で申込みをすることができる、ファーストカードにピッタリのクレジットカードです。

 

若者に限定したカードであることから、サービスも若者に嬉しいサービス内容となっています。

 

たとえば、JCB EXTAGEではJCBのチケットサービスを利用することができますので、スポーツやコンサートなど様々なチケットを割引価格で購入することができます。

 

他にもセブンイレブンやスターバックスの利用でポイントが3倍~5倍貯められます。

 

 

JCB EXTAGEの一番のメリットは、入会後3か月間は獲得ポイントが3倍になることです。

 

入会から3か月間はポイント還元率1.5%で利用することができますので、非常にお得にお買い物をすることができます。

 

それだけではなく、1年間のカードの利用額が20万円を超えると、翌年1年間もポイント3倍でカードを利用することが可能です。

 

ですので、JCB EXTAGEのお得な使い方は「可能な限り支払いをJCB EXTAGEに集中させる」ことです。

 

例えば、月間1万円程度のスマホ料金の支払いなどをJCB EXTAGEに設定すれば年間で12万円の利用実績をつくることができます。

 

他で払っている支払いをJCB EXTAGEで支払うようにするだけで、1年間ポイント3倍で利用できるならお得ですよね!

 

 

JCB EXTAGEでは期間限定で「最大12500円分のポイントプレゼントのある入会キャンペーン」も用意されています。

 

お得にはじめてのカードを作るチャンスとなっていますので、お見逃しなく!

 

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

国際ブランド

アメックス

申込み資格

高校生を除く18歳以上の方

年会費

無料(条件付き無料)

還元率

0.5%

Apple Payの登録

 

年会費無料実質無料のアメックスブランド
コストコで利用することができるクレジットカード
毎月5日・20日は「西友」「リヴィン」で5%オフ

 

初年度年会費無料・2年目以降も年間1回でもカードの利用があれば年会費無料で利用することができる「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」

 

全国の「西友」「リヴィン」で、毎月5日・20日にセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードを利用してお買い物をすると、お買い物金額が5%オフになる割引優待があります。

 

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードのお得な使い方としては、電子マネー「nanaco」との併用です。

 

ネットから無料で登録することができる「netアンサー」に登録し、セブンイレブン・イトーヨーカドーでセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードを利用すると、カードのポイントに加え、nanacoポイントが1%付与されます。

 

netアンサーに登録するだけで、永久不滅ポイント0.5%とnanacoポイント1%が還元されますので1.5%の還元率でカードを利用することができるのですね。

 

 

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードでは、カードの入会と利用で「最大30000円相当のポイントがもらえる入会キャンペーン」を開催しています。

 

入会の翌々月までに2万円の利用でポイントプレゼントと、キャンペーン条件もそれほど厳しくありませんので、最大3000円分のポイントをゲットするのも簡単です!

 

Orico Card THE POINT

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

国際ブランド

VISA・Master・JCB

申込み資格

高校生を除く18歳以上の方

年会費

無料

還元率

1%

Apple Payの登録

 

入会後6か月間はポイント2倍!
Amazonのお買い物で還元率3%
貯まったポイントはAmazonギフト券に交換

 

「高還元クレジットカード」の代名詞ともいわれている「Orico Card THE POINT」

 

通常還元率も1%と高還元ですが、入会後6か月間はポイント還元率が2倍になり、どこで利用しても2%のポイント還元をうけることができます。

 

Orico Card THE POINTは、オリコのカード会員向けのインターネットモール「オリコモール」の利用で0.5%~10%のボーナスポイントが加算されるメリットがあります。

 

Amazonの場合、オリコモールを経由していつも通りAmazonでお買い物をするだけで通常ポイントにプラスして1%のボーナスポイントが加算されるのです。

 

ですので、入会後6か月のポイントアップ期間中ならAmazonでは還元率3%でお買い物をすることができるのです

 

 

Orico Card THE POINTでは、カードの入会と利用で「最大8000円分のポイントをもらえるキャンペーン」を開催しています。

 

キャンペーンポイントもAmazonギフト券に交換してAmazonでのお買い物に利用することができるので、非常にお得なキャンペーンとなっているのですね。

 

楽天カード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

国際ブランド

VISA・Mastercard・JCB

申込み資格

高校生を除く18歳以上の方

年会費

無料

還元率

1%

Apple Payの登録

 

楽天市場で使えばいつでもポイント4倍
楽天Edy、楽天ポイントカードでポイント3重取り
ANAマイルへの交換とも相性が良い

 

楽天市場や、楽天ブックスなど「楽天」のサービスの利用でポイント2倍など、お得なメリットをうけることができるカードが「楽天カード」です。

 

楽天カードの利用で貯めることが出来るポイントは、共通ポイントとして便利に利用することができる「楽天スーパーポイント」

 

楽天スーパーポイントは2ポイントをANAマイル1マイルに交換することができますので、楽天のサービスでお得に貯めたポイントで特典航空券をゲットすることもできるのです。

 

楽天カードのお得な使い方は、楽天Edyと楽天ポイントカードとの併用です。

 

楽天カードを利用して楽天Edyにチャージすると、チャージで0.5%ポイントゲットに加え、楽天Edyの利用でもポイントを0.5%ゲットすることができます。

 

それだけではなく、楽天ポイント加盟店ではポイントカードの提示でポイントもゲットできるので、ポイントの3重取りも可能なのです。

 

 

楽天のキャンペーンは、テレビCMでも多く放映されていますのでご存じの方も多いのではないでしょうか?

 

楽天カードの入会と利用では「5000~最大8000円分のポイント」をもらうことができます!

 

Yahoo!JAPANカード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

国際ブランド

VISA・Mastercard・JCB

申込み資格

高校生を除く18歳以上の方

年会費

無料

還元率

1%

Apple Payの登録

 

人気の共通ポイント「Tポイント」を貯めることができる
Yahoo!ショッピング、ロハコの利用で3%還元
Apple pay対応開始!

 

人気の共通ポイント「Tポイント」を貯めることができるカードが「Yahoo!JAPANカード」です。

 

もっとも大きなメリットとなるのは、Yahoo!ショッピングやロハコといった「Yahoo!JAPAN」の提供するサービスで3%のポイント還元をうけることができる点です。

 

インターネットショッピングを楽しまれる若者層にはオススメできるクレジットカードといえるのです。

 

また、2017年3月1日よりApple Payの対応も開始されました!コンビニなど身近に利用できお店をスマホのみで決済できるのは嬉しいですね。

 

 

Yahoo!JAPANカードでは、最短2分でポイントをゲットできるスピーディな入会キャンペーンが開催されています。

 

新規にYahoo!JAPANカードを申込み、審査に通過すると即時3000ポイントが付与されます。

 

さらに、カードを一回でも利用すると4000ポイントが加算され、7000ポイントを入会キャンペーンで獲得することができるのです。

 

初めて作るクレジットカードに関するQ&A

当サイト厳選の、クレジットカードデビューにオススメの厳選クレカをご紹介してきましたが、クレジットカードについてもっと詳しく知りたい!という人もいらっしゃるでしょう。

 

ここでは、初めてクレジットカードを作るにあたっての疑問を「Q&A方式」でお答えしていきましょう。

Q.国際ブランドはどれを選べばいいの?

A.コストコ利用ならアメックス、というように加盟店で選ぼう

 

クレジットカードの申込みをする際に選択するのが「国際ブランド」です。

 

国際ブランドとは、その名のとおり「国際的なネットワークを持つクレジットカードブランド」ということ。

 

つまり、国際ブランドのついたクレジットカードを持つことで、世界中どこでもその国際ブランドの加盟店であればお買い物ができるということになります。

 

国際ブランドには、

 

・VISA

・JCB

・Mastercard

・アメックス

・ダイナースクラブ

 

といった種類があります。

 

お店の店頭に「VISA」「JCB」などのシールを貼っているのを見たことがあるかと思いますが、そのシールが「その国際ブランドでお買い物できますよ」という加盟店のしるしとなります。

 

日本国内では上記の国際ブランドであれば、ほぼ使えなくて困ることはありません。

 

しかし、日本のクレジットカード会社である「JCB」は世界的にみると利用できる国が限られてしまいます。

 

ひとつ例をあげると、アメリカ生まれの「大型倉庫」として人気のショッピングセンター「コストコ」で利用できるクレジットカードは「アメックス」のみとなっています。

 

このように、国際ブランドを選択する際は、

 

・海外で利用するか?

・自分のよく行くお店で利用するか?

・国際ブランド独自のサービスが付帯しているか?

 

などを判断の基準にすれば間違いないでしょう。

Q.還元率で選ぶ基準は何%?

A.ポイント還元率はどこでも「1%以上」のカードを選ぼう

 

「ポイント還元率」という言葉があります。

 

ポイント還元率とは、クレジットカードを利用した金額に対して「何パーセント相当」のポイントが付与されるか?というものです。

 

例えば、

 

・100円で1円相当のポイント付与=1%の還元率

・1000円で5円相当のポイント付与=0.5%の還元率

 

上記のようにポイント還元率は計算することができます。

 

クレジットカードの平均的な還元率は0.5%となっていますが、1%を超える還元率のカードも非常に多くなっています。

 

クレジットカードを選ぶ際は「還元率1%以上」をひとつの基準にしたいものです。

 

ポイント還元率でクレジットカードを選択する際に気をつけたい点は「どこで使っても還元率1%以上」であることです。

 

カードの中には、クレジットカードの発行元の会社などの「特定のお店の利用」でポイント還元率が優遇されるカードも少なくありません。

 

特定のお店だけではなく、どこでお買い物をしてもポイント高還元をうけることができるカードを選択するようにしましょう。

 

還元率が1%よりもっと高いクレジットカードはないの?という方は「高還元率クレジットカード特集!還元率2.0%超えるおすすめクレカまとめ」の記事をチェックしてくださいね!

Q.貯めたポイントの使い道は?

A.毎日のお買い物をお得にするか、マイルで「特典航空券」を狙うか

 

クレジットカードの利用で貯めることができるポイントは、貯まったポイントの使い道を考えなくてはいけません。

 

カードによっては、クレジットカードを発行する会社が提供するサービスにしか貯まったポイントを使えないカードもあります。

 

せっかくコツコツ貯めたポイントに使い道がないのではガッカリですよね。

 

オススメのポイントとしては「共通ポイント」に交換できるポイントを貯めることができるクレジットカードを選択すると間違いがないでしょう。

 

共通ポイントとは、

 

・Tポイント

・楽天スーパーポイント

・Pontaポイント

 

のように、幅広い店舗で利用することができるポイントのことです。

 

共通ポイントが貯まる、もしくは共通ポイントに交換できるポイントであれば、ポイントを毎日のお買い物でお得に利用することができるのです。

 

また、JALやANAなどの「航空マイル」に交換するのも、オススメのポイントの使い道です。

 

「マイルを貯めれば特典航空券に交換することができます」ので、クレジットカードの利用で貯めたポイントで「タダ旅行」をすることも可能なのです。

Q.年会費無料クレジットカード=ETC年会費無料?

A.年会費無料=ETCも無料とは限りません!

 

年会費が無料のカードであってもETCカードの年会費が無料であるとは限りません。

 

また、ETC年会費も無料で設定されているカードでも「新規発行手数料」がかかってくるケースがあります。

 

「新規発行手数料なら最初にかかるだけでしょ?」と軽く考えてしまうのは危険です。

 

なぜなら「新規発行手数料」が「カードの更新ごと」にかかってくることも少なくないからです。

 

年会費無料のカードを申込む際には、ETCも無料か?新規発行手数料はかからないか?

 

新規発行手数料が必要なら、更新の際にはどうなのか?

 

こうした点もチェックしておく必要があるのです。

 

クレジットカードもETCカードも全部年会費無料がいい!という方は「おすすめETCカード比較ランキング!!年会費無料や即日発行できるクレジットカードの中から厳選!」もチェックしてください!

Q.クレジットカードで絶対にしちゃいけない使い方教えて!

A.返済期日には余裕を持って!

 

クレジットカードの利用をはじめると、カードの利用状況や返済実績などが「個人信用情報機関」という機関に記録されます。

 

カード会社各社は、個人信用情報機関に申込み者の情報を照会して、審査の可否を決めるのです。

 

審査の際に不利な情報となってしまうのが「返済の遅れ」や「未納」です。

 

返済の遅れなどが頻発してしまっていると、いざ「ゴールドカード」や「プラチナカード」といった上位カードの審査に通過するのが難しくなってしまいます。

 

逆に、若い頃からクレジットカードをクリーンに使っていると「クレジットヒストリー」を積むことができます。

 

クレジットカードを利用する際には、カードを出すだけでお買い物ができてしまいますので、お金を払ったという実感が少ないかも知れません。

 

しかし、カードを利用する時には「返済」のことまでしっかりと考えて利用することが大切なのです。

 

返済期日には余裕を持って口座に入金をしておくようにしましょう!

初めてのカードも、年会費無料&高還元で間違いなし!

初めてのクレジットカードを作ろうと悩まれている方も、今回ご紹介した厳選クレジットカードの中で気になるカードはありましたでしょうか?

 

ファーストカードには、

 

年会費無料
1%以上の高還元
ポイントの使い道が豊富

 

といった条件を満たしているカードを選びたいものです。

 

クレジットカードを作るというのは、大人の仲間入りを果たすということでもあります。

 

「ご利用は計画的に」とはカードローンのCMコピーですが、クリーンな利用を続けてしっかりとクレジットヒストリーを積んでくださいね!

 

Pocket