ファクタリングは法人の救世主?融資とは違う新しい資金調達方法!

Pocket

 

「今月から来月にかけて、資金繰りがかなり厳しい…」

「銀行からの融資を断れた…」

 

スタートアップ企業の方、中小企業を経営されている方で、このような「キャッシュフロー」の悩みを持たれている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

「資金繰り」「キャッシュフローの改善」という単語が出たときに、私たちがパッと思いつくのは「銀行の融資」です。

 

ですが、銀行からの融資を断られてしまったら・・・

 

そこで今回は、スタートアップのフェーズの経営者の方、中小企業の経営者の方向けに、銀行融資以外の資金繰りの手段、「ファクタリング」について紹介していきたいと思います。

ファクタリングとは?そして、ファクタリングがおすすめの方は?

ファクタリングとは

ファクタリング」とは、企業が抱える売掛金や受取手形などを専門のファクタリング業者へ売却することで、売掛金を早期資金化できる仕組みを指します。

 

現代では様々なビジネスモデルが登場し、更には複雑化が進んできて、ひとつの案件において多くの企業が関与しての進行になることが非常に多くなりました。

 

そういった背景もあって、売掛金(既に請求書を出しているが、支払い時期の都合によりまだ入って来ていないキャッシュ)がかさんで手元の自由になるキャッシュが圧迫される…というケースに陥る企業も増えてきています。

 

そのようなときに、有効な手段が「ファクタリング」です。

 

専門のファクタリング業者に依頼し、一定の手数料を支払うことによって、売掛金を即現金化することが出来るのです。

 

ファクタリングをとてもシンプルに説明すると、「売掛金の早期回収を行って、手元で自由に使える現金を得る」ということです。

 

売掛金が結構大きな額になる月に実施すると、その効果はとても大きなものになるでしょう。

ファクタリングがオススメの人は、どんな人?

資金繰りの手段として「ファクタリング」の活用がオススメの方は、以下のようなタイプ・状況の方々です。

 

年に1回~数回、大きな資金需要のタイミングが発生する企業の方
まだ資金が潤沢でなく、一時的なつなぎ資金が必要な時期がある企業の方
新規事業を立ち上げたところで、初動のランニング資金が心もとないという場合
売掛先の入金がずれてしまい、「資金繰りが厳しくなった・・・」という場合
決算対策などで、決算のタイミング前に現金や預金を確保したいという場合
銀行、取引先に知られず資金調達したい、という場合
納税資金(法人税、消費税、源泉所得税、他)支払い時に、キャッシュが圧迫される体質にある企業の方

 

こうしてみると、ファクタリングが有効活用できるシーンは結構ありそうですね。実際に活用イメージを持たれた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ですが、ファクタリングを行う際に「絶対ここは確認してほしい」というポイントが2つあります。

 

1つは、「ファクタリングを依頼する業者をしっかり選定すること」。

 

そして2つ目は、「ファクタリングのメリット・デメリットを含めての仕組み把握する」ということ。

 

ファクタリングのサービスを提供する業者はたくさんありますが、サービスの仕組みや手数料はそれぞれ異なります。

 

なかには基本手数料を低く見せて追加費用を後からどんどん取ってくるブラックな業者も、残念ながら存在します。

 

また、ファクタリングはあくまで「売掛金の早期回収」が大目的であり、最終的にキャッシュが増えるわけではありませんし、融資ともまた別のものです。

 

仕組みを知らずに進めてしまうと、あとで「こんなはずではなかった・・」といった結果になることもあるかもしれません。

 

そこでここからは、「ファクタリングを依頼するときのオススメ会社」、そして、「ファクタリングの仕組み、デメリット・デメリット」について順に説明していきましょう。

おすすめファクタリング会社

資金調達プロ

 

会社名 株式会社ユービジョン (設立:2010年4月)
本社所在 東京都
対象地区 全国
最低取扱額 100万円
最高取扱額 1億円
資金化までのスピード 最短即日

 

資金調達プロ」は、株式会社ユービジョンが展開するファクタリングの一括見積もりサービスです。

 

厳密に言うと、「資金調達プロ」がファクタリングサービスを行うのではなく、利用者の問い合わせから、見積もりと併せてオススメのファクタリングサービスを紹介していきます。

 

「一括見積もり」ということで、複数のファクタリング会社から相見積もりを取ることができます。ですので、手数料が一番安いファクタリング会社であったり、実績を比較して一番信頼できそうなファクタリング会社を見つけられる可能性が高くなる、ということですね。

 

資金調達プロのオススメポイント
全国対応でかつ来店不要、登録も非常にシンプルで「まずは試しに」といったスタンスで使いやすい。
一括見積もりで提携しているファクタリング会社1,000社以上。多くのフィルタリング会社から比較検討できる。
「利用会社数1万社」、「資金繰りの改善率は93%以上」と実績も豊富。

 

三共サービス

 

本社所在 東京都
対象地区 全国
最低取扱額 50万円
最高取扱額 3,000万円
資金化までのスピード 最短2日

 

三共サービス」は、株式会社三共サービスが運営するファクタリングサービス。

 

業界内では老舗ということもあり、利用者からの評判・信頼も高く、安心して依頼できるファクタリング会社です。

 

三共サービスの特徴としては、「最短2日」でのスピード資金化、そして最低取扱額も50万からと、小規模案件もしっかり対応してくれる、といったところでしょう。

 

また、同ホームページでも「業界最安の手数料」を謳っており、ファクタリングのコスト・手数料が気になる方にもうってつけの依頼先と言えるかもしれませんね。

 

三共サービスのオススメポイント
他のファクタリング会社と比較して、ファクタリング手数料が安め。
(2社間ファクタリングの場合は5%~の手数料、3社間ファクタリングの場合は1.5%~)
最短2日でのスピード資金化が可能。最低取引額も50万~と、手軽に依頼できる。
設立から長い期間が経っており、サービス存続性、利用者の満足の声からも信頼感が強い。

 

トップ・マネジメント

 

会社名 株式会社トップ・マネジメント (設立:2009年1月)
本社所在 東京都
対象地区 全国
最低取扱額 30万円
最高取扱額 1億円 ※一社につき3,000万円
資金化までのスピード 最短即日

 

トップ・マネジメント」は、経理・財務・経営に関するコンサルティング業務も行っている株式会社トップ・マネジメントが運用しているファクタリングサービスです。

 

設立は2009年と、ファクタリング会社の中でも比較的事業歴の長い会社です。

 

トップ・マネジメントの特徴は、手数料が2社間、3社間ともに1.0%~と、業界の中でもかなり低コストの設定となっているところです。

 

併せて、個人事業主も受け付けているところ、3~6ヶ月の長期売掛金も対応しているところなど、ご利用される対象の方を幅広く設定するところも特徴です。

 

最低取扱額も30万からと、かなり低めになっていますね。

 

トップ・マネジメントのオススメポイント
他のファクタリング会社と比較して、ファクタリング手数料がかなり安い。
(2社間、3社間ファクタリング共に1%~の手数料)
最短即日でのスピード資金化が可能。最低取引額も30万~と、手軽に依頼できる。
これまでの実績社数3万件。個人事業主も対応しており、幅広く利用者を受け付けている。


ファクタリングサービスを行っている会社は多数ありますが、初めての相談の際は、上記3社のいずれかにしておけば、まず間違いはないでしょう。

 

あとは各サービスのホームページを確認し、より皆さんとの相性であったり、心象の良いと感じるところから進めてみると良いでしょう。

 

ファクタリングを利用する際に、必ず知っておいて欲しいこと

さて、オススメのファクタリング会社を紹介したところで、「早速問い合わせてみよう!」となる前に、再度ファクタリングの仕組みについて理解を深めていきたいと思います。

「ファクタリング」と「融資」はここが違う

「資金調達」というとどうしても「融資」が思い浮かびますが、ファクタリングと融資は全くの別物です。

 

まず、ファクタリングは売掛金を前倒しで現金化する仕組みですので、前掛け金以上のキャッシュを得ようとすることは当然できません

 

また、「融資」は借り入れになりますので、いずれは返さなくてはいけません。

 

ですが「ファクタリング」は借り入れではなく、イメージとしては入金予定の売掛金を買い取ってもらう仕組みとなっています。

 

ファクタリングと融資の比較を表にしてみましょう。

 

  融資 ファクタリング
調達する額の
おおよそイメージ
1,000万円~3億円程度
(サービス内容や審査によって変動)
売掛債権の額の範囲内
(※月商以上は調達できません)
バランスシートでの考え方 借入金として、「負債」となる。 借入ではないので、負債にはならず、現金(資産)の増加となる。
調達コスト(手数料)の目途 低め。調達金額の2%~20%
(コストは1年間で支払っていく)
高め。調達金額の5%~25%
(コストは30~45日間に支払う)
売掛先が破たんした場合のリスク 責任を負う。融資提供側で償還請求権がある。 責任を負わない。償還請求権がない。
※契約内容によっては責任を負う場合もあり。
審査期間 遅い。1~2ヶ月 早い。1日~1週間

 

融資は比較的調達額が大きくなりますが、ファクタリングの調達額はあくまで売掛債権の額の範囲内。更には、ファクタリングは審査期間が迅速な分、調達コスト(手数料)がやや高めです。

 

これらの比較から、現在必要とされる資金調達が、「融資」と「ファクタリング」のどちらが適切なのかをまず検討したうえで、アクションを起こしていったほうが良いでしょう。

「ファクタリング」は、「電子手形」とは違う?

2009年からスタートした、紙の手形に替わる新たな支払方法として普及を続ける「電子手形」。

 

支払いの際もデジタルのやり取りで完結でき、手間やコストを節約できるとのことで注目を集めています。

 

たまに、ファクタリングと電子手形を混同されている方がいらっしゃるのですが、両者は全くの別物です。

 

たしかに、電子手形はサービスや商品の納入が行われたタイミングで発行されますが、その手形によってすぐに入金されるわけではなく、あくまで取引時に定められた支払いサイトのタイミングに則って入金されます。

 

つまり、電子手形は「お金の請求─支払い─入金」

 

といった一連の流れを手間なく進めていく為の仕組みであって、ファクタリングのような売掛金の早期回収を行う仕組みではない、ということですね。

ファクタリングには、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがある

続いてファクタリングの仕組みとして押さえておきたいのは、「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」です。

 

それぞれの特徴に付いて、説明していきましょう。

 

  説 明
2社間ファクタリング

あなたの企業と、ファクタリング業者との2社間で取引をおこないます。
ファクタリング業者に売掛債権を買い取ってもらい、その後取引先から債権の支払いを受けたら、ファクタリング業者へ支払って完了です。

メリットとしては、2社間で完結できますので、取引先や銀行に知られることなく資金を調達することができます。デメリットとしては、3社間ファクタリングより手数料は多くかかります。

3社間ファクタリング

あなたの企業と、ファクタリング業者と、そして売掛先企業(お客様企業)の3社間で取引を行います。
※ 当然ながら、3社間でファクタリングを実施する場合は取引先の了承が必要です。
ファクタリング業者から売掛債権を買い取ってもらった後、取引先からファクタリング業者へ売掛債権の支払いを行う──という流れです。

メリットとしては、2社間ファクタリングと比べ手数料がかなり安くなることです。デメリットとしては、取引先の承認が必要となることです。つまり承認してもらうためのコミュニケーションコストや、「資金繰りが大変なのかな」といった印象を与えるリスクが発生する、ということですね。

 

簡単に説明すると、「取引先に知られずに進められるが手数料が高くなる」のが2社間ファクタリングで、「手数料は安くなるが取引先の了承が必要となる」のが3社間ファクタリングです。

 

「資金調達額をできるだけ大きくしたい」、「コンスタントにファクタリングを継続していきたい」という場合は3社間ファクタリングから、「なるべく取引先の迷惑はかけずに進めていきたい」「すぐにファクタリングを実施したい」という場合は2社間ファクタリングから検討していくと良いでしょう。

ファクタリングを利用する際の、大まか流れ

次に、ファクタリングを利用する際の手順・流れについて説明していきます。


ファクタリングの準備から含め、ファクタリングが完了するまでは大きく6つのステップがあります。

ファクタリングの準備

ファクタリングを申し込む前に、以下の準備・確認をしておくとその後の流れがスムーズになります。

 

対象の売掛金の安定性を証明できる資料(取引を始めたばかりの売掛金は信用力が低く審査で落ちる可能性がある)
自分、相手共に法人格であることの確認
※ 個人事業主からの依頼を受け付けているファクタリング会社もあります。
※ また、相手(売掛先)がクレジットカード債権、信販の割賦債権はの場合でもファクタリングは可能です。
希望する調達資金額が、売掛金の範囲内であることの確認
ファクタリング会社の選定(その会社に出向かうことができるか)
※ 多くのファクタリング会社では、審査や契約時にファクタリング会社での手続きを必要としています。

ファクタリング会社の選定と申し込み

ファクタリング会社の選定をします。前述の「オススメファクタリング会社」をご参考ください。

その後、選定されたファクタリング会社に申し込みを行います。

ファクタリング申請用の必要書類の提出

ファクタリングを申し込んだ後は、ファクタリング会社側で審査の準備を進めます。その際に、申込側で以下の書類の提出が必要となります。

 

詳細は、問い合わせを行うファクタリング会社にご確認ください。

 

身分証明書(運転免許証、パスポートなど)
会社案内(パンフレットなど)
登記簿謄本 2通
印鑑証明書 2通
定款
決算申告書 
※3期分求められる場合が多いです。
※ 勘定科目明細まで記載されているものが望ましいです。
資金繰り表(現在から6ヶ月先までのもの)
直近の売掛金一覧表
譲渡希望の売掛金を証明するもの(原則請求書。ない場合は注文書など)
売掛先企業との取引基本契約書
取引に係る全ての銀行口座情報と明細
※通帳のコピー、原本等が必要
公租公課の納付状況を証明するもの(「納税証明書その3の3、「社会保険料納付証明書」等)

ファクタリング会社の審査、およびファクタリング契約内容の確認

必要書類の提出後、ファクタリング会社側で審査が開始されます。

 

この間に、ファクタリングの契約内容(手数料、償還請求権の有無等)をしっかり確認しておくようにしましょう。

 最終審査面談、契約締結、入金

書類審査が通過された後、ファクタリング会社との最終審査面談を経てそのまま契約が締結され、入金されます。

 

書類審査が通っても、ファクタリング実施が正式に決まるのはその後の面談のタイミングになります。

 

最後まで気を抜かずに臨みましょう。

譲渡された売掛金が入金された際に、ファクタリング会社にその金額を支払う(※ 2社間ファクタリングの場合)

2社間ファクタリングの際は、売掛先企業はそのまま入金してきますので、その金額をファクタリング会社に支払います。

 

──これで、ファクタリングの手続きは終了です。

ファクタリングの手数料は、どれくらい? 

続いては、ファクタリングの手数料について説明していきます。

 

ファクタリングの手数料の相場は、2社間取引の場合は売掛金の6~30%ほど

 

パーセンテージの幅が広いのは、「その売掛金が本当にちゃんと入ってくるのか」という信用度によって変動するためです。

 

例えば初めてのファクタリング取引であった場合や、売掛金自体が新規の取り組みのものであった場合はどうしても信用度は下がり、手数料は高めとなるのでご注意ください。

 

3社間取引の場合は、ファクタリングの手数料の相場は売掛金の1~5%ほどです。

 

2社間取引と比べるとかなり安いですね。

 

また、ファクタリングの契約の際は手数料のほかに以下のような費用が発生する場合があります。

 

手数料の割合含め、申し込むファクタリング会社に事前にしっかり確認するようにしましょう。

 

事務手続き費用 10,000円程度
収入印紙代
(※金額により異なります)
4,000円程度
債権譲渡登記費用
(※登記の必要がある場合のみ発生)
60,000円~70,000円程度
登記抹消費用
(※登記後、抹消を行う場合)
30,000円程度
公正証書
(※契約内容によります)
81,800円

ファクタリングの審査基準は?

ファクタリングにも審査があることはお伝えしましたが、その審査基準はファクタリング会社によってまちまちです。

 

そこで、ファクタリング審査で一般的に重要視される項目を紹介していきましょう。

 

項目 重要度 説明
資金繰り表 ★★★ ここ1~3年間の資金繰りが特に悪くないかどうかを確認します。
売掛先の与信 ★★★★ 売掛先の信用力が高いかどうかを確認します。
売掛先との取引履歴 ★★★ 売掛先との取引履歴が長いほど、信用度は高まります。
売掛金の利益率 ★★ 利益率がファクタリング手数料より高いほうが、審査に通りやすくなります。
入金サイト ★★★ 入金サイトが短い方が、審査に通りやすくなります。
反社会的勢力や性風俗業界でないかの確認 ★★★★ 反社会的勢力や性風俗業界の場合は、ほぼ審査には通りませんのでご注意ください。
面談の様子 ★★★★ 面談では、経営者(あなた)の人格や、財務の把握状況を確認します。経営者の人格が誠実であるかであったり、きちんと財務状況を把握しているか、といった点も大きく審査に影響してきます。

 

上記の項目から、ファクタリング会社は「この会社はどれだけ信用度が高いか」を見ていきます。

 

そしてその信用度によって、手数料の料率も変動してきますので、事前にしっかりと準備して、かつ説明が出来るようにしておきましょう。

ファクタリングのメリット・デメリット

ここまでで、ファクタリングの仕組みは大分ご理解いただけたのではないでしょうか。


最後におさらいもかねて、ファクタリングのメリット、デメリットについてまとめてみましょう。

ファクタリングのメリット

売掛金の早期資金化ができる(即日~3日)。
売掛先の財務状況が悪くなり、倒産した場合も支払いリスクは発生しないように進められる。
借り入れではないので、負債扱いにならない。貸借対照表(バランスシート)に計上されない
2社間ファクタリングの場合、取引先に知られないで売掛金を売却出来る。

ファクタリングのデメリット

そもそも売掛金がない場合は資金調達ができない。また、売掛金以上の資金調達は不可。
ファクタリング会社への手数料が発生する。かつ、手数料は融資よりも高め。
3社間ファクタリングの場合、売掛先企業の承諾が必要。

まとめ ファクタリングは、「即効性の高い」資金調達方法

ここまでお読みになって、いかがでしたでしょうか。

 

実はファクタリングの歴史はとても古くからあり、14世紀後半(今から約600年ほど前)にはすでにイギリスで売掛債権の支払い保証(ファクタリング)を生業としていた人々がいたそうです。

 

欧米においては、ファクタリングはスタンダードな資金調達手法として、多くの企業が活用し続けています。

 

逆に日本では「資金調達といえば銀行融資」という認識が強く、ファクタリングはそこまで浸透しませんでした。

 

何故日本と違って、欧米でファクタリングが広く活用されているのか──、それは、ファクタリングは他の手法にはないメリットがあって、特に国境を越えてのグローバル・ビジネスにおいてはそのメリットを大きく発揮できたからでしょう。

 

ファクタリングは、非常に即効性の高い資金調達手法です。

 

そして、スピードの速い現代のビジネスシーンにおいては、その速度感はときに、とても重要となります。

 

皆さんが資金調達やキャッシュフローで悩まれた際に、今回の記事が少しでもお役に立てることを、心より願っています。

 

 

 

Pocket