Pocket

 

 

法人カードの最高峰のカードを1枚選べ、といわれたら多くの方が迷うことなく選ぶであろう「アメックスビジネスプラチナカード」

 

通常の申込みでは取得することができない「インビテーションカード」として、特別な企業にのみ保有を許されたクレジットカードです。

 

そのステータス・付帯サービスのどれをひとつとっても、最上級の法人カードといって差し支えない特別なカード。

 

経営者の方の中にも、いつかはアメックスビジネスプラチナカードを、と目指しておられる方は多いでしょう。

 

 

ここでは、年間13万円の年会費を安く感じさせる、アメックスビジネスプラチナカードの特典やサービスと、インビテーションをうける方法を徹底解説していきます。

 

 

目 次

アメックスビジネスプラチナカードとは

 

ステータスカードの代名詞「アメリカン・エキスプレス」が発行する法人カードとして、最上位カードとなるのが「アメックスビジネスプラチナカード」です。

 

アメックスのカードラインナップの中で最上の法人カードということは、クレジットカードの中でも最高峰の法人カードであるといっても良いでしょう。

 

個人向けのアメックスプラチナカードと同じく、プライオリティ・パスやプラチナ・コンシェルジュといった特別なサービスをうけることが可能。

 

そして、法人カードならではのビジネスサポートの内容も、アメリカン・エキスプレス独自の上質なサービス内容となっています。

 

ビジネスにおいては、優秀なビジネスコンサルタントを雇い入れたような手厚いサポートをうけることができます。

 

そして、ビジネスに特化した法人カードでありながら、プライベートでのベネフィットも充実しているのがアメックスビジネスプラチナカードの魅力です。

 

法人カードも「アメックスプラチナ」でなくてはならない理由が、そのサービスの充実度と文句なしのステータス性。

 

 

会社の品格をも向上させてくれる法人カードが、アメックスビジネスプラチナカードのアイデンティティなのです。

アメックスビジネスプラチナカードが選ばれる理由

アメックスビジネスプラチナカードの年会費は13万円(税別)。

 

普通の感覚からすると、法人カードを維持するのに13万円(税別)のコストなんて払えない!という方がほとんどでしょう。

 

しかし、アメックスビジネスプラチナカードのユーザーで年会費に不満を抱き、他社の法人カードに乗り換えたという方はほとんどいません。

 

13万円(税別)の年会費のもとをとっても余りある上質なサービス、それがアメックスビジネスプラチナカードの選ばれる理由となっているのです。

他社の法人カードでは得ることができない、アメックスだけのステータス性

法人カードもアメックスでなくてはならない、その大きな理由になっているのがアメックスだけで得ることができるステータス性でしょう。

 

「アメリカン・エキスプレス」といった名前の通り、創業時は運送業者として1850年にスタートしたアメックス。

 

1880年には世界で初めてとなる郵便為替事業を展開し、現在でも同社の主事業となる金融業へ参入しました。

 

100年以上の歴史を誇るアメックスが日本に登場したのは、1980年のバブル真っただ中のこと。

 

バブル期には、アメックスゴールドカードを持つことができることが最高のステータスとなったのです。

 

そうした歴史を持つアメックスが発行する、法人カード最上位のカードが「アメックスビジネスプラチナカード」

 

 

他のカードでは得ることができないステータス性が、アメックスビジネスプラチナカードを持つ理由ともなるのです。

プライオリティ・パスの無料付帯

 

空港利用者としては、憧れの対象ともなる「プライオリティ・パス」アメックスビジネスプラチナカードには無料で付帯します。

 

クレジットカードラウンジよりも、さらに便利な搭乗口付近に設けられた空港VIPラウンジを利用する権利を得ることができるプライオリティ・パス。

 

高付加価値のカードにはなくてはならないサービスです。

 

空港VIPラウンジではソフトドリンクや無線LANといったサービスに加え、アルコールの飲み放題や軽食を提供しているラウンジもあります。

 

また、マッサージ機やシャワースペースを利用することができるラウンジもあります。

 

搭乗までの待ち時間を、搭乗口近くやセキュリティゲート内の便利なVIPラウンジで、特別な時間を過ごすことができるのですね。

 

 

プライオリティ・パスには、ランクに応じて空港VIPラウンジの無料利用回数に違いがあります。

 

当然、アメックスビジネスプラチナカードに付帯するのは、最上位ランクとなる「プレステージ会員」です。

 

プレステージ会員は、年間何度でも空港VIPラウンジを無料で利用することが可能。

 

アメックスビジネスプラチナカードの会員だけではなく、同伴者も1名まで無料で利用することができますので、同行者とゆったりと飛行機の到着を待つことができるのです。

高級ホテルチェーンの上級会員資格が付帯

 

アメックスビジネスプラチナカードの会員には、世界に名だたる高級ホテルチェーンの上級会員資格を無料で取得することができる特典が付帯します。

 

取得可能な会員資格は、

 

スターウッド・ホテル&リゾート

スターウッド・プリファード・ゲスト・ゴールド会員

カールソンレジドールホテルズ

クラブ・カールソン・ゴールド・エリート

ヒルトン・ワールドワイド

ヒルトン・オナーズ・ゴールド会員

マリオット・リッツカールトン

ゴールド・エリート

 

といった、旅行好きの方なら誰でも名前を知っている高級ホテルチェーンの上級会員資格が付帯するのです。

 

通常、年間相当数の宿泊回数を満たしたVIP顧客に付与される上級会員資格。

 

部屋の無料アップグレードや、アーリーチェックイン・レイトチェックアウト・朝食無料などの特別なサービスをうけることができるのです。

 

ビジネスでの出張やプライベートで滞在するホテルで、VIP待遇のサービスをうけることができるのも、アメックスビジネスプラチナカードだけのメリットなのです。

 

ホテルの会員資格や優待に関する情報は「ホテル好き必見!クレジットカード保有で上級会員?一流ホテルでVIP待遇」で詳しく解説しています。

年に1回フリーステイギフトで高級ホテルに無料宿泊

 

アメックスビジネスプラチナカードでは、年に1回のカードの更新時に国内高級ホテルで利用できる無料宿泊券がプレゼントされます。

 

無料宿泊を利用することができるのは2名までとなっておりますので、プライベートでの旅行にも嬉しいですよね。

 

無料で利用できるホテルも特別なホテルばかりです。

 

2017年3月現在でフリーステイギフトを利用することができるのは、

 

・オークラホテルズ&リゾーツ

・ニッコー・ホテルズ・インターナショナル

・ハイアットホテルズ&リゾーツ

・ヒルトン・ワールドワイド

・プリンスホテルズ&リゾーツ

・ロイヤルパークホテルズ&リゾーツ

 

といった、名だたるホテルが対象となっています。

 

フリーステイギフトでは2名まで無料で宿泊することができますが、追加料金を支払うことで3名以上の方の宿泊も可能です。

 

仕事を離れ、家族サービスでの家族旅行にフリーステイギフトを利用するのも良いのではないでしょうか。

これだけで入会の価値あり!プラチナ・セレクタリー・サービス

 

個人向けのアメックスプラチナカードに付帯する「プラチナ・コンシェルジュ」と同等のサービスをうけることが出来るのが「プラチナ・セレクタリー・サービス」です。

 

プラチナ・セレクタリー・サービスは24時間・365日体制で会員の要望を叶えてくれるコンシェルジュサービスです。

 

国内外の旅行や宿泊の手配、プライベートなエンターテイメントのチケットの手配も丁寧に対応してもらうことができます。

 

クレジットカードのコールセンターでは、委託を受けた業者が対応することも多くなっていますが、プラチナ・セレクタリー・サービスではアメックスの正社員が対応します。

 

ですので、カードに関すること細かい疑問にも即座に答えてもらうことができ、上質なサービスをうけることができるのです。

 

アメックスビジネスプラチナカードの会員には、プラチナ・セレクタリー・サービスのためにカードをアップグレードした、という方も少なくないのです。

プラチナ・セレクタリー・サービスはどこまで要望をかなえてくれる?

会員の要望を、可能な限り叶えてくれるプラチナ・セレクタリー・サービス。

 

それを、最も物語るサービスが「パーソナル・インポート・サービス」でしょう。

 

パーソナル・インポート・サービスは、日本で未発売の商品を購入する際に、購入の代行を受け付けてくれるサービス。

 

海外で先行発売されたブランド品だけではなく、海外の雑誌で見かけた可愛いエコバックの購入をお願いすることも可能です。

 

金額の大小ではなく、顧客の要望を可能な限り叶えてくれる、事細かなサービス内容が魅力なのですね。

アメックスビジネスプラチナカードの価値あるサービス一覧

ここまででご紹介してきたサービス以外にも、アメックスビジネスプラチナカードには他のカードでは決してうけることができない上質なサービスが用意されています。

 

ここでは、アメックスビジネスプラチナカードの更なる価値のあるサービスを一覧にしてご紹介していきましょう。

国内リゾートアクセス

 

国内リゾートアクセスでは、国内外のホテルリゾートを手掛ける「星野リゾート」が展開するホテルで朝食または夕食無料などの特典をうけることができます。

 

「星野や」「リゾナーレ」ブランドのホテルでは、2名以上の宿泊で1回分の夕食が無料になります。

 

「界」ブランドのホテルでは、宿泊の際の朝食が1回分無料になる特典があります。

 

ホテルに宿泊する際の楽しみでもあるのが、食事ですよね。

 

特に星野や・リゾナーレでは夕食が無料になりますので、メリットは大きいでしょう。

国内ホテル・旅館での優待

アメックスビジネスプラチナカードでは星野リゾート以外の国内ホテルでも、プラチナ会員限定の特別な優待をうけることができます。

 

優秀な経営者はゆとりのあるライフスタイルを送っているもの、上質な休日があるからビジネスもパワフルに頑張ることができるのですね。

デルタスカイラウンジの無料利用

 

デルタラウンジの受付にて、有効期限内のビジネス・プラチナ・カード、パスポート、ご利用当日のデルタ航空の搭乗券を提示すると、 デルタ航空専用ラウンジ「デルタスカイクラブ」を基本カード会員様と追加カード会員様は無料でご利用いただけます。

 

ビジネスの成功のためには、出張の際にもゆとりのある時間が必要となるのです。

 

デルタ航空のマイルについては「デルタ航空のスカイマイルを選ぶワケ!最強のマイレージプログラム!」で詳しく解説しています。

優秀な空港サービス

カードの性質上、空港を利用される機会の多いアメックスビジネスプラチナカードでは、航空サービスが非常に充実しています。

 

自宅や会社から海外旅行の際に空港まで送迎してくれる「エアポート送迎サービス」

 

出発の際に空港まで、帰着の際は自宅まで手荷物を無料で配送してくれる「手荷物無料宅配サービス」など、より身軽に海外旅行に出かけられるサービスが用意されています。

ビジネス・プラチナ・ギフト・サポート

ビジネスマンには取引先やお客様にギフトを送らなくてはならないシーンも多くなります。

 

ビジネス・プラチナ・ギフト・サポートでは送り先の好みや予算に合わせて、質の高いギフトを手配してくれるサービスです。

 

いままで、社員や秘書に残業をさせて行わせていた業務をアメックスが代わりに行ってくれるのですね。

チケット・アクセス

アメックスビジネスプラチナカードでは、国内のエンターテイメントの様々なチケットをオンラインで予約・購入することができます。

 

中には、一般発売に先駆けて予約をすることができることもあり、通常では入手困難なチケットも手に入れることが可能なのです。

 

また、プラチナ会員限定の貸切公演や出演者との交流など、プラチナ会員にしかできない貴重な体験をすることもできるのです。

ダイニング・アクセス

 

アメックス厳選のレストランで2名以上のランチ・ディナーのコースを利用すると、1名分を無料で利用することができます。

 

ダイニング・アクセスで利用することができるのは、アメックス厳選の魅力的なダイニング。

 

大切な取引先や家族、恋人との食事を特別な空間で楽しむことができるのです。

ファイン・ダイニング

 

国内外の有名レストランの紹介・予約をすることができるサービスが「ファイン・ダイニング」です。

 

予約の取りにくい人気店でもアメックスビジネスプラチナカード会員なら1日1テーブルを確保することができ、上質な空間を楽しむことができます。

プリファードゴルフ

世界中の提携ホテルに宿泊すると、名門ゴルフコースでのプレー料金を無料で利用することができます。

 

ゴルフでの旅行などの際に非常にメリットの大きい特典となります。

 

また、ゴルフ好きの方には「プレミア・ゴルフ・アクセス」で、紹介無しでは通常利用することができない名門コースでプレーできる特典も付帯します。

プライベート・クルーズ

まさにプラチナカードの特典!といえるサービスが「プライベート・クルーズ」です。

 

30フィートオーバーのクルーザーを、クルー同伴で自分のクルーザーのように自由に利用することができるサービスになっています。

 

初回はクルーの方が操縦します。初回の料金は88,000円(クルー代・ガソリン代込)+消費税で利用できます。

 

クルーザーは自分で操縦することもできますので、ゲストをしっかりと楽しませることができますね。

ラグジュアリー・フライト

ラグジュアリー・フライトでは、浦安ヘリポートを発着するラグジュアリーなヘリコプターを優先的に予約することができます。

 

クルーザーだけではなく、ヘリコプターにまで優待が用意されている点が、さすがアメックスのプラチナカードといったところではないでしょうか。

アメックスビジネスプラチナと個人用アメックスプラチナとの違いは?

 

アメックスのプラチナクラスのカードとして発行されているのは、

 

  • 個人向けの「アメックスプラチナカード」
  • 法人、個人事業主向けの「アメックスビジネスプラチナカード」

 

と、個人用・法人用のラインアップがあります。

 

法人用のアメックスビジネスプラチナカードと、個人向けのアメックスプラチナカードは、年会費・基本的なサービス内容は同一なっています。

 

両者のカードの違いとなっているのは、付帯するベネフィットの違いとなっています。

 

アメックスプラチナカードには、年に1回のアメックスからの誕生日プレゼントやテニスやスキー保険などのサービスが付帯します。

 

また、ホテルの上級会員資格を得ることができるホテルチェーンも、アメックスビジネスプラチナカードにはない「シャングリ・ラ」の「ジェイド資格」が付帯します。

 

アメックスビジネスプラチナカードには、そうしたベネフィットが付帯していない代わりに、

 

・ビジネス調査代行サービス

・ビジネス情報サービス「ジーサーチ」

・クラブオフ

・ビジネス・コンサルティング・サービス

・メディカル・コンサルテーション

 

などの豊富なビジネスサポートをうけることができます。

 

やはり、個人向けのアメックスプラチナカードと、法人向けのアメックスビジネスプラチナカードでは求められるサービスも違うのですね。

 

個人向けアメックスプラチナカードについては「アメックスプラチナカード完全ガイド、特典・メリット・取得方法を徹底解説!」の記事をチェックしてください!

アメックスビジネスプラチナを取得するには?

 

アメックスビジネスプラチナカードは通常の申込みでは取得することのできない「インビテーション制」のカードとなっています。

 

アメックスからの招待がなければ持つことができない、選ばれた企業だけが持つことを許されたカードであることも、アメックスビジネスプラチナカードのステータスを高めています。

 

アメックスビジネスプラチナカードのインビテーションをうけるためには、

 

 

のどちらかのカードを申込み、利用することが必須の条件となります。

 

プラチナカードのインビテーションをうけるのであれば、ゴールドカードでなければいけないのでは?と思ってしまいますが、アメックスでは通常カード(グリーン)の利用者でもインビテーションは届きます。

 

そこで、気になってくるのがインビテーションの基準ですよね。

 

一説では「アメックスは会員のステータスを重んじるため、コンビニでは利用しない方が良い」といったうわさもありますが、特にその点は関係ないようです。

 

むしろ、アメックスビジネスカードを利用する回数が重視される傾向にあるようですので、あらゆる経費をアメックスで支払った方が有利でしょう。

 

また、1年間利用して更新のタイミングになった時に、コールセンターに直接「プラチナにグレードアップしたいのだけど」と問い合わせてみるのも近道となります。

 

アメックスでも「Apple Pay」登録可能に!

Apple Payの登場前から、参入を表明していたアメックスのクレジットカード。

 

この度、待ちに待ったアメックスブランドのカードのApple Pay対応が始まりました。

 

Apple Pay登録の対象となるのは、アメックスが発行するプロパーカード、および提携カードです。

 

アメックスのプロパー法人カードであるアメックスビジネスプラチナカードも当然Apple Payの登録に対応することになります。

 

キャッシュレス時代のビジネスのためには、モバイル決済サービスの利用も必要なもの。

 

 

アメックスがApple Payに対応したことで、ますます便利にカードを利用することができるのですね。

 

アメックスがApple Payに対応した内容は「待望のアメックスがApple Pay対応スタート!お得なキャンペーンも開催中!」で詳しく解説しています。

アメックスビジネスプラチナカードの基本情報

ここでは、アメックスビジネスプラチナカードの基本的な情報をまとめておきましょう。

 

 

年会費

税別130000円

家族会員

無料

ETC

無料

還元率

1%

旅行保険

最高1億円

 

アメックスビジネスプラチナカードには特別なベネフィットが用意されているだけではなく、当然のことながらクレジットカードの機能としても優れたカード構成となっています。

 

最高1億円の旅行保険や年間500万円までのショッピング保険などの付帯保険はもちろんのこと、ポイント還元プログラムもしっかりと用意されています。

 

メンバーシップリワードポイントの還元率を1%にする「メンバーシップリワードプラス」は無料で登録することができます。よって、実質無期限でマイルを貯めることが可能です。

 

メンバーシップリワードプラスに登録すると、ポイントのマイルへの移行が1対1の等価に優遇され、ポイントの有効期限も無期限で利用することができます。

 

ビジネスユースで利用するアメックスビジネスプラチナカードなら、特典航空券に必要なマイル数もすぐに貯めることができるでしょう。

あなたもアメックスビジネスプラチナカードを目指してみませんか?

年会費を支払う経済力があれば誰でも持てるカードでは決してない、選ばれた特別な企業だけを招待する「アメックスビジネスプラチナカード」

 

アメックスビジネスプラチナカードを持つ、ということはアメックスとの密接な付き合いを意味します。

 

経営者にとって、法人カードとはただのクレジットカードではなく、会社にとってのひとつのブランド力を示すものでもあります。

 

アメックスビジネスプラチナカードでしか、得ることができないステータスと優越感。

 

あなたの会社でも、アメックスビジネスプラチナカードのインビテーションを目指してみませんか?

 

 

Pocket